映画「機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦」 感想

  • 2017/09/19(火) 22:45:23

   
34468675_2265906903_248large.jpg
今回見た映画は「機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦」、約1年ぶりの新作だ。
前作まで4部作続いた「シャア・セイラ編」と変わり、今回から前後編でルウム会戦が描かれる。
オレが行った日は、安彦総監督と池田秀一・銀河万丈・古谷徹・古川登志夫が登壇してくれた。

34468675_2265906901_79large.jpg 34468675_2265906900_38large.jpg
内容は、地球連邦を圧倒するモビルスーツを完成させたジオン公国が宣戦を布告し反ジオンのスペースコロニー共和国群の制圧にとりかかる展開で、そのままルウム会戦に繋がっていく。
ジオンは抵抗するサイド2の市民を毒ガスで虐殺し、コロニーを地球に落とす計画を実行する。

34468675_2265906899_40large.jpg 34468675_2265906897_202large.jpg
ガンダムが放送された頃ピンとこなかったコロニー落としの悪辣さが、丁寧に描かれていたね。
復讐のためには手段を選ばないシャアと、作戦を拒否して降格するラルの差が印象的だった。
そんな作戦を平然と立案するギレンの冷酷さと優秀さは、登場キャラの中でも群を抜いている。

34468675_2265906896_142large.jpg 34468675_2265906895_22large.jpg
何気に本編に出てきたキャラが脇役で登場するのは嬉しいね、セイラの戦いはハードだった。
後に赤い彗星と呼ばれるきっかけとなったシャアの戦いが、次回どう描かれるのか楽しみだ。
安彦総監督は次回作以降のガンダム本編も作る気満々だったし、ぜひとも売れて欲しいなあ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

KOTOKO ライブ 『Fight!!』~げーソン VS あにソン・夏の陣~ レポ

  • 2017/09/18(月) 23:32:22

   
34468675_2265421165_178large.jpg
今回参加したライブは、KOTOKOの 『Fight!!』~げーソンVSあにソン・夏の陣~ の最終公演だ。
KOTOKOの単独ライブに行くのは、メジャーデビュー10周年記念ライブ以来だから2年振りだ。
今回はツアータイトル通り、ゲーソンとアニソンの対決というタイアップ曲特化のライブだった。

34468675_2265421163_138large.jpg

https://ameblo.jp/abekan-at-earth/entry-12305322473.html
セットリスト

セットリストは前半がゲーソンで後半がアニソンという括りになっていて、非常に分かりやすい。
KOTOKOが過去に歌ったゲーソンはあまりに量が多く、全て網羅するのはかなり難しいと思う。
事前にセトリの固定曲は把握していたため予習しておいたが、それが無かったらやばかったな。

34468675_2265421162_55large.jpg 34468675_2265421160_236large.jpg
後半のアニソンでは、あまり聞けない神無月の巫女のED曲「agony」を聴けたのは嬉しかった。
完結記念でハヤテの曲が多めだったね、アクセルワールドの「→unfinished→」は熱かった。
ライブの締めはシャナの「Light My Fire」、安定の鉄板曲でラストを飾るに相応しい曲だと思う。

34468675_2265421159_132large.jpg

個人的にはゲーソンで電波曲を数曲入れて欲しかったな、今回は爽やか系の曲ばかりだった。
今回歌わなかったアニソンも含め、年越しライブ「げーソンVSあにソン・冬の陣」でねって事か。
fripのサトさんがシクレで来たのは嬉しかったな、久々のKOTOKO単独ライブは楽しかったよ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

アニメ感想 ブレイブウィッチーズ 第13話(TV未放送話)   他

  • 2017/09/17(日) 00:37:42

○ブレイブウィッチーズ 第13話(TV未放送話)
本編の第7話と第8話の間の物語で、502部隊と一緒に行動するエイラーニャが描かれている。
サーニャと二人きりになりたいエイラに次々と邪魔が入るが、サーニャは可愛いし仕方ないね。
改めて501部隊は精鋭揃いだったんだなと思ったね、完全にエイラーニャのためのOVAだった。
34468675_2265421517_134large.jpg 34468675_2265421515_92large.jpg
34468675_2265421514_159large.jpg 34468675_2265421513_38large.jpg

○天使の3P! 第10話
小梅と柚葉とは前回きれいに別れたのに次の回に引っ越してくるって、凄まじい急展開だな。
三人娘は桜花を応援している感じだったのに、気が付けば全員が響を狙い始めていて笑った。
しかし小学生女子と何の躊躇もなくデート出来る男って凄いと思うわ、ロリ大喜びな回だった。
34468675_2265421506_196large.jpg 34468675_2265421505_226large.jpg
34468675_2265421504_62large.jpg 34468675_2265421501_80large.jpg

○恋と嘘 第11話
ここのところ飄々としている感じに見えた高崎だが、結婚式を見て感情が昂ってしまったようだ。
二人のキスを見たら莉々奈の対応もああなるよな、彼女は自分の想いを認識してるのだろうか。
原作は続いているから完全に決着はしないんだろうけど、ラストの選択がどうなるか楽しみだ。
34468675_2265421494_114large.jpg 34468675_2265421492_86large.jpg
34468675_2265421490_254large.jpg 34468675_2265421488_115large.jpg

○プリンセス・プリンシパル 第10話
養成所時代のアンジェとドロシーの同期だった委員長の話だが、もう少し見たいキャラだった。
アンジェと競い合っていた彼女の憧れの人がドロシーだったというのは、予想外で良かったな。
ドロシーはスパイらしさが薄い子だと思う、プリンセス絡みはここから大きな騒動になりそうだ。
34468675_2265421522_88large.jpg 34468675_2265421521_229large.jpg
34468675_2265421520_164large.jpg 34468675_2265421518_75large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○賭ケグルイ 第10話
○異世界食堂 第11話
○ナイツ&マジック 第11話
△セントールの悩み 第10話
△Re:CREATORS 第21話
△ボールルームへようこそ 第10話
△Fate/Apocrypha 第11話
△僕のヒーローアカデミア 第35話
△戦姫絶唱シンフォギアAXZ 第10話
△妖怪アパートの幽雅な日常 第11話
 総評
賭ケは夢子の性格を読んだ豆生田が鋭かった、異世界食堂はカレーパンが晩飯はきついね。
ナイツマは敵の技術者がかなり優秀だと思う、セントールは前回と同じアニメとは思えないな。
レクリは颯太がセツナの何を理解して創作したのかと、ボールルームは雫のドヤ顔が良かった。
34468675_2265421497_69large.jpg 34468675_2265421509_158large.jpg
34468675_2265421525_111large.jpg 34468675_2265421511_166large.jpg
34468675_2265421512_230large.jpg 34468675_2265421527_133large.jpg


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い」 感想

  • 2017/09/15(金) 23:53:58

   
34468675_2265421045_165large.jpg
今回見た映画は「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い」、人気アニメの劇場版だ。
TV版プリヤはすでに4期まで放送されているが、そこで明かされなかった前日譚となっている。
正直よくこの話をやるところまで辿り着けたなあと感心するね、初日はどの劇場も混んでいた。

34468675_2265421043_174large.jpg
内容は、士郎と切嗣が冬木市で遭遇した災害を鎮めた少女・美遊を連れ去り人類救済の方法を模索する展開で、切嗣から任を受け継いだ士郎は美遊を道具と見なせず葛藤する事になる。
一方聖杯を召喚し滅びに向かう世界の救済を望むジュリアンは、その器となる者を探していた。

34468675_2265421041_196large.jpg 34468675_2265421040_10large.jpg
タイトルはプリズマ☆イリヤだが中身は士郎と美遊の物語なので、知らずに見に行くと驚くかも。
美遊のために成長し摩耗していく士郎はかっこよかったな、美遊が兄を慕う理由がよく分かる。
TV版では特に何とも思わなかった美遊だが、見終わった後はとても愛おしい存在となったよ。

34468675_2265421039_248large.jpg 34468675_2265421038_109large.jpg
並行世界へ飛ばされイリヤと出会えたのは幸運だったと思う、あの生活は兄の望みなんだな。
映画を見終わったあとに改めてプリヤの無印から見たくなったね、見方が全然変わりそうだ。
イリヤの出番はほぼ無いけど良作だった、プリヤを見てなくてもここから始めるのもありかも。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

アニメロサマーライブ2017 レポ

  • 2017/09/14(木) 22:15:15

   
34468675_2264956809_126large.jpg
今年で13年目を迎えたアニメロサマーライブ、今回は出演アーティストも豪華だと評価が高い。
ここ数年出ていなかった人気アーティストの復帰や、アニメユニットの参加が大きかったと思う。
けもフレの注意事項動画は驚いたね、荷物チェックで入場が遅れて見れなかった人もいそう。



http://anisama.tv/2017/special/setlist.php
セットリスト

例年通り、開催日ごとの個人的な感想を何とか5つに絞って羅列してみた。

1日目
初っ端のシクレSOS団!これが今年のアニサマの中で一番の衝撃だった。
ゆかりんとOxTのバラライカはインパクトが強かった、やらないかの印象ばかりの曲だが。
恋アクでAqoursの盛り上がりが更に加速、初見も多かった模様。
みのりんの雪、無音、窓辺にてが終わった瞬間なぜか涙がこぼれてきたオレ。
FLOWのタイアップオンリーライブの開催告知あり、何とか行きたい。
34468675_2264956808_227large.jpg

34468675_2264956806_175large.jpg 34468675_2264956805_227large.jpg

 2日目
東山奈央の初ライブは日本武道館での開催決定、初日のSOS団に続く衝撃。
まめぐの星間飛行はやはりいい、復帰ライブはメドレーだったからフルで嬉しかった。
スフィアはとにかく飛びまくった、最前列の恩恵で遥が目の前に!
みのりん×みもりんのDon't say "lazy"は良かったが、歌って欲しい人達は別にいた。
シクレの氷川きよしは完全に予想の斜め上、ずんどこ節のきよしコールは最高だった。
34468675_2264956804_139large.jpg

34468675_2264956803_179large.jpg 34468675_2264956802_239large.jpg

 3日目
シクレのMay'nが登場した瞬間、やっぱりと思った。
水瀬いのりと小倉唯の尊さ。
無いと思っていたRising Hope、先輩への敬意あるコメント、LiSAの凄さを改めて感じた。
奈々の存在感はやはり圧倒的、ただトリを飾るセトリだったかは疑問も残る。
ラストの合唱で、弟と肩を組んで歌う真礼をすみぺが引き剥がして抱きつくシーンは最高。
34468675_2264956801_25large.jpg

34468675_2264956799_207large.jpg 34468675_2264956798_172large.jpg

だらだらと書き連ねてしまったが、久しぶりにアニサマの本気が感じられた3日間だったと思う。
最近は何だかんだで行ったら楽しいんだよね、というレベルだったが今回は心から楽しかった。
個人的には初日が一番楽しかったがこの辺は人によるしね、そして来年も行こうと誓ったのだ。
34468675_2264956796_89large.jpg


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村