映画「Wake Up, Girls! 青春の影」 感想

  • 2015/10/12(月) 23:42:49

                34468675_2179697778_89large.jpg
今回見に行った映画は「Wake Up, Girls! 青春の影」、TV最終話の後日談を描いた作品の前編だ。
WUGの劇場版と言えば、結成エピソードの劇場公開が第1話のTV放送と同じ日だったのを思い出す。
あの頃から色々叩かれたりアイマスやラ!と比較されたり、紆余曲折しながらもここまでやってきた。

34468675_2179697777_181large.jpg 34468675_2179697775_116large.jpg
内容は、早坂に提供された「7Girls War」が評価され東京で活動を始めたWUGの姿が描かれている。
意気揚々と東京で仕事を開始したものの、新曲は売れずファンも増えず“WUGらしさ”で悩む展開だ。
副題の青春の影でほぼ予想していた通りの内容だった、ここから後編で「タチアガレ!」という訳だ。

34468675_2179697774_152large.jpg 34468675_2179697770_205large.jpg
WUGの物語に同時にI-1clubの物語も描かれていたが、これが最終的に繋がっていくといいんだが・・・
個人的に印象に残ったのは、アカペラでタチアガレを歌ったところとみにゃみのお風呂シーンかな。
WUGが落ちていく描写ばかりでテンションが上がる瞬間はほぼ無い、完全に溜め回のような感じだ。

34468675_2179697769_67large.jpg 34468675_2179697768_113large.jpg
そもそも前編だけでは評価出来ないんだよね、面白かったけどこれ1本では映画として成り立たない。
はっきり言えば前後編で分けた意味が全く分からない、完全に商売を考えたうえでの措置だと思う。
前後編をまとめたら盛り上がったんだろうなあ、とりあえず12月公開の「Beyond the Bottom」待ちだ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する