映画「カリフォルニア・ダウン」 感想

  • 2015/09/28(月) 20:30:00

                34468675_2177674539_40large.jpg
今回見に行った映画「カリフォルニア・ダウン」、カリフォルニア州で起きる大地震を描いた作品だ。
主演はWWEプロレスのスターで映画俳優としても大成功したロック様、彼の作品を見るのも久々だ。
日本では公開延期が続き宣伝もあまりされなかった、未だに題材として自主規制がかかるのだろう。

34468675_2177674537_138large.jpg
内容はレスキュー隊員のレイの家族がカリフォルニア州で大地震に巻き込まれ、救いに行く話だ。
この手のパニック映画はストーリーはあって無いようなものなんで、そこはあまり気にしなくていい。
ビルから脱出した直後の崩壊などお約束がてんこ盛りで、辻褄を気にしていたらつまらないと思う。

34468675_2177674532_147large.jpg 34468675_2177674528_154large.jpg
大地震の描写は迫力満点だったね、こういうハリウッド映画のCG技術には日本は到底かなわない。
ビルや道が崩壊し津波が押し寄せる様は凄まじい、ぶっちゃけこんな地震が起きたら生き抜けない。
個人的にはレイの娘ブレイクが可愛くてかなりいい感じだった、タンクトップ姿で乳が揺れる揺れるw

34468675_2177674525_154large.jpg 34468675_2177674522_103large.jpg
基本的には破壊しつくされる街の様子を見る映画かな、それでもレイ達の脱出劇も見応えはあった。
パニック映画は昔から好きなので十分楽しめたが、次々にトラブルが起きるから疲れてしまうかも。
ロック様の妙技でバッドエンドにはならないし、この手の映画に拒絶感が無ければ面白いと思うよ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する