ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム展 レポ

  • 2015/08/23(日) 00:29:02

34468675_2172052319_50large.jpg
今回行ってきたのは、六本木の国立新美術館で開催されたニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム展だ。
90年代以降のマンガ・アニメ・ゲームを集めた企画展で、内容は下記の8つのテーマに別れていた。

第1章 現代のヒーロー&ヒロイン
第2章 テクノロジーが描く「リアリティー」―作品世界と視覚表現
第3章 ネット社会が生み出したもの
第4章 出会う、集まる―「場」としてのゲーム
第5章 キャラクターが生きる=「世界」
第6章 交差する「日常」と「非日常」
第7章 現実とのリンク
第8章 作り手の「手業」


とにかく幅広い有名作品の展示がされていて、有名なオタクコンテンツの歴史展のような雰囲気だ。
デジタル技術やゲーム機の進化、アイドルアニメなど現在のキャラクターコンテンツ、東方やFF、バイオなども試遊出来るし、エヴァの全話同時放送やミクライブの映像などかなり展示数が多かった。

34468675_2172052287_235large.jpg

34468675_2172052315_102large.jpg 34468675_2172052309_168large.jpg
漫画の原画も展示してあったが少女漫画が多めで、これらの作品を選んだ基準が気になるところだ。
マクロスの板野サーカスの原画パネルや攻殻機動隊の人形、アイカツのエリアなどとにかく広い。
アイマス、最彼、ひぐらし、ストII、ハルヒ、らき☆すたetc、ここまで雑多な展示は正直初めて見た。

34468675_2172052303_115large.jpg 34468675_2172052300_127large.jpg
34468675_2172052292_18large.jpg 34468675_2172052288_8large.jpg
真っ当に全部見ていたら結構な時間がかかりそうだ、ここまで大きな展覧会だとは思わなかった。
現代のオタク文化をまとめて突っ込んだだけと言えなくもないが、個人的には満足な内容だったよ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する