映画「ターミネーター: 新起動」 感想

  • 2015/07/24(金) 01:10:46

                34468675_2166570958_207large.jpg
今回見に行った映画は「ターミネーター: 新起動」、4ではCG出演のみだったシュワちゃんも復活だ。
このシリーズは3、4の評判はイマイチなので、今回の新起動で立て直しを図りたいところなのだろう。
今のところ三部作として検討されているようだが、あくまで今作が成功するかどうかにかかっている。

34468675_2166570953_79large.jpg 34468675_2166570951_63large.jpg
内容は、未来世界からジョン・コナーの母サラ・コナーを守るため1984年に送られたカイル・リースが、何故か戦士となっているサラ・コナーや彼女を守るプログラムをされたT-800と出会う展開だ。
この時代には第1作と同様にサラを殺すためのT-800も送られてくるが、更にT-1000まで襲ってくる。

34468675_2166570949_39large.jpg 34468675_2166570947_73large.jpg
ジョン・コナーの危機により第1作の歴史が塗り替えられ、新たなシリーズが始まる形になっていた。
T-800は年数と共に肌も劣化していくという設定なかなか上手い、新旧T-800の対決はなかなかだ。
ただ再スタートの意図が強くてストーリーに無理がある気がする、ジョンの扱いは正直微妙に感じた。

34468675_2166570944_4large.jpg 34468675_2166570943_39large.jpg
三部作を考えているわりにはきれいに終わってるんだよね、ここから引っ張るのもどうかなあと思う。
もちろん続けるための要素はあるけど、これ以上やると未来は変わらないという結論になってしまう。
まあシュワちゃんがやる気だから続きはありそうだけどね、その時は何だかんだで見に行きそうだ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する