映画「攻殻機動隊 新劇場版」 感想

  • 2015/07/06(月) 07:43:56

                34468675_2163757087_103large.jpg
今回見に行った映画は「攻殻機動隊 新劇場版」、攻殻機動隊の25周年記念作品として制作された。
今作はテレビ放送されたARISEシリーズの世界観・ストーリーラインを受け継いだ作品となっている。
個人的にはARISEシリーズはいまひとつだったので、正直かなりハードルを下げて見に行ってきた。

34468675_2163757086_90large.jpg

34468675_2163757085_150large.jpg 34468675_2163757082_189large.jpg
内容は公安9課が創設される前の話で、素子達は独立部隊として総理暗殺事件の捜査にあたる。
首謀者の捜索には素子が所属していた「501機関」も絡んできて、事件は更に混迷を深めていく。
事件の全貌を理解し危機に瀕した素子はバトー達全員に命令する、「自分のゴーストに従え」と・・・

34468675_2163757079_66large.jpg 34468675_2163757076_64large.jpg
素子達の凄さを見せた直後にそれを嘲笑うかのような謎の敵登場、この辺の構成は上手かった。
事件の捜査を進めていくと次々にキーとなりそうなキャラが出てきて、最後まで真の敵は見えない。
その間にあちこちから敵の手が彼女達に伸びアクション要素も満載と、とにかく息つく暇が無かった。

34468675_2163757073_52large.jpg 34468675_2163757070_13large.jpg
少々マンネリ感があった攻殻シリーズだけどやはり内容次第で変わるものだね、非常に面白かった。
ARISEシリーズを見ておいた方がもちろんいいけど、この作品単体でも理解出来るんじゃないかな。
攻殻機動隊が好きなら見て欲しい、見た事が無い人でも今作だけで雰囲気は十分伝わると思うよ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する