映画「寄生獣 完結編」 感想

  • 2015/04/29(水) 08:39:38

                34468675_2151201893_222large.jpg
今回見た映画は「寄生獣 完結編」、今回の上映に合わせて前編が地上波で放送されたばかりだ。
放送していたアニメは3月末に最終回を迎えたが、まだその印象が残っているのがネックではある。
特にミギーの声は完全に平野綾のイメージが付いたため、阿部サダヲの声に違和感を感じそうだ。

34468675_2151201892_16large.jpg
内容は、第1部で母親を乗っ取ったパラサイトを倒した新一を他のパラサイト達が狙ってくる展開だ。
人間の子供を生み育てている田宮良子と市長の広川の意見も対立し始め事態は昏迷を深めていく。
基本的には原作通りの展開だが、後藤との最終決戦への流れは尺的に大きく変更になっていた。

34468675_2151201891_198large.jpg 34468675_2151201890_97large.jpg
やはり危惧していた通りミギーの声に慣れなかった、アニメを見てない一般の人は問題なさそうだが。
田宮が赤ん坊を渡す場所を動物園にしたり、最終決戦の場をゴミ処理場にしたのは演出過多では。
ただ橋本愛の可愛さはやはり印象に残ったね、新一と愛し合うシーンがカットされなくて良かったよ。

34468675_2151201888_101large.jpg 34468675_2151201887_125large.jpg
浦上のやばさは全然出てなかったな、新一と面識がない状態ではラストも正直盛り上がりに欠ける。
全く内容を忘れていた第1部の時のようにフラットに見れば、また違う感想が出たかもしれないが。
ストーリーを全く知らない人ならいいけど、原作やアニメで内容を知ってるなら行かなくてもいいかな。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する