映画「ドラゴンボールZ 復活の「F」」 感想

  • 2015/04/25(土) 05:00:25

                34468675_2150579240_56large.jpg
今回見に行った映画はドラゴンボールZ 復活のF、今作も脚本は原作者の鳥山明が手掛けている。
正直ドラゴンボールのオリジナルストーリーには全く興味が無いが、前作の「神と神」は面白かった。
前作を見た理由は鳥山明が続編として自ら関わったからで、そういう意味では今回も楽しみだった。

34468675_2150579239_75large.jpg

34468675_2150579238_112large.jpg 34468675_2150579236_159large.jpg
内容は、悟空とベジータが破壊神ビルス達の元で修行をしている頃、ドラゴンボールで復活したフリーザが復讐のため地球にやってくる展開で、地球側は悟飯やピッコロ達が立ち向かう事となる。
フリーザは修行でパワーアップしてさらに強大になっており、改めて悟空との壮絶なバトルが始まる。

34468675_2150579232_111large.jpg 34468675_2150579227_101large.jpg
前作はビルスという新キャラに魅力があり、バトルだけでなくストーリーも楽しめたが今回は微妙だ。
強い敵が登場して修行して倒すというありきたりな話で、目新しいのは敵がフリーザという事だけだ。
ぶっちゃけバトルなんて誰と戦っても似たようなものだし、これなら1時間の映画でいいじゃないか。

34468675_2150579224_195large.jpg 34468675_2150579223_197large.jpg
やはり前作が例外だったのかな、悟天やトランクス、18号ではなく亀仙人が戦うってのもどうなんだ?
人気キャラを前座で戦わせ悟空とベジータが美味しいところを持っていく、あまりにも鉄板過ぎた。
元々ドラゴンボールの映画も好きな人なら楽しめるのかもしれないけど、オレにはむいてなかったよ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する