映画「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ 青い瞳のキャスバル」 感想

  • 2015/03/14(土) 09:19:26

                 34468675_2142476382_66large.jpg
今回見た映画は「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅰ 青い瞳のキャスバル」 、2週間限定の上映だ。
いわゆる“ファーストガンダム”の前日譚にあたる作品で、既に出版されている原作のアニメ化だ。
ファーストガンダム原理主義者ではないが、今の作画クオリティでこの作品を見られるのは幸せだ。

34468675_2142476378_226large.jpg

34468675_2142476376_29large.jpg 34468675_2142476372_61large.jpg
内容は、何者かの手により暗殺されたジオン・ダイクンの遺児キャスバルとアルテイシアが、ランバ・ラルやクラウレ・ハモンの力を借りてザビ家の手を逃れ地球へ脱出しようとする展開だ。
キャスバルの子供時代がメインではあるが、冒頭ではシャアがルウム戦役を戦う姿も描かれている。

34468675_2142476370_88large.jpg 34468675_2142476368_196large.jpg
最初の戦闘シーンは圧巻だったね、黒い三連星からも一目置かれるシャアの凄さが伝わってきた。
ガンダムの作品内で語られたエピソードを目の当たりにして、どんどん作品に惹き込まれていった。
ザビ家の連中は本当に皆クセがあるなあ、あの世界で生き残るにはドズルもガルマも善人過ぎた。

34468675_2142476363_51large.jpg 34468675_2142476361_181large.jpg
キャスバルの誇り高い姿も印象に残ったが、今回のメインはやはりランバ・ラルとハモンだろうな。
特にハモンのかっこよさは半端なかった、この作品を見た後にまた「哀・戦士」を見直したいところだ。
ファーストガンダムが好きな人なら間違いなく楽しめると思うが、そうじゃない人の感想も気になるね。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する