映画「ベイマックス」 感想

  • 2015/01/24(土) 07:39:21

                 34468675_2133674708_128large.jpg
今回見に行ったのは「ベイマックス」、ディズニーの長編アニメーションで原作はマーベルコミックだ。
どうも原作のアメコミ作品「ビッグ・ヒーロー・シックス」は、あまり売れたマンガでは無かったらしい。
CMではヒーロー物ではなく感動作と宣伝していたため、想像した映画と違ったという人も居たようだ。

34468675_2133674705_28large.jpg
内容は、天才少年のヒロが発明したマイクロボットが何者かに奪われその際に兄タダシが命を落としてしまう展開だ、ヒロは兄が制作した介護ロボのベイマックスと共に犯人を捕らえる決意をする。
しかしマイクロボットを使用する敵は強く、ヒロはタダシの友人達とも協力してヒーローになっていく。

34468675_2133674702_207large.jpg 34468675_2133674701_246large.jpg
ベースが戦隊ヒーローであるため主人公の名前など日本的要素があちこちに散りばめられていた。
ベイマックスとの楽しいやり取りから中盤のヒロの葛藤、別れなど非常に分かりやすい展開だと思う。
映像はさすがに文句の付けようがないし、劇場版ドラえもんのようなストレートな王道作品だった。

34468675_2133674699_249large.jpg 34468675_2133674698_59large.jpg
奇をてらった部分は無いため物足りなさを感じる人も居るかもしれないが、そこは好みの問題だ。
仲間内の評価が一様に高かったので見に行ったが、年齢性別問わず安心して見られる作品だった。
ラストは続編を匂わす終わり方だったし、個人的にも面白かったから続きがあればまた見に行くよ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する