映画「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」 感想

  • 2014/12/18(木) 23:51:00

                  34468675_2125751899_92large.jpg
今回見に行った映画は「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」、放送終了後に新たに作られた続編だ。
地上波放送では地球に帰還して完結しているため、ヤマトの帰還途中を描いた作品になっている。
リメイクして今の世代にも認知された宇宙戦艦ヤマト、こうした形の旧作リメイクは続いて欲しい。

34468675_2125751896_98large.jpg
内容は、イスカンダルでコスモリバースを受け取り地球へ帰還するヤマトが宇宙の蛮族ガトランティスと遭遇、彼らの攻撃を避け不時着した惑星で古代達一部クルーがヤマトへ戻れなくなる展開だ。
地球人とガミラス人が分かりえるのかがテーマになっており、今回それに一役買うのが桐生美影だ。

34468675_2125751893_199large.jpg 34468675_2125751890_170large.jpg
謎の施設に閉じ込められた古代達とガミラス人達が協力して少しずつ近づいていく様子は良かった。
特にガミラスの指揮官フォムトが印象に残った、終盤のヤマトとガミラスの共闘は盛り上がったな。
スポットの当たった桐生もなかなか可愛かった、ガトランティスの存在はヤマトの続編に繋がるかも。

34468675_2125751888_199large.jpg 34468675_2125751886_2large.jpg
内容的には本筋から外れた話だったかもしれないが十分面白かった、蛇足かなという気もするが。
ただヤマトが続いていくなら逆にキーとなる話かもね、個人的にはヤーブに出てきて欲しかったな。
ヤマト2199が好きだったなら見ておいて損はないよ、まあDVDの発売を待ってもいいと思うけどね。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する