映画「寄生獣」 感想

  • 2014/12/06(土) 07:39:03

                   34468675_2123759248_71large.jpg
今回見に行った映画は「寄生獣」、人気漫画の実写版で現在放送中のアニメ版も意外と評判がいい。
ハリウッドが実写化に動いていたが実現せず、版権が日本に戻った事でアニメや実写が制作された。
過去の漫画の実写化と同じように前評判は良くないが、こういった作品は見てみないと分からない。

34468675_2123759246_208large.jpg
内容は、ある日突然発生した謎の生物が人間の脳に寄生して他の人間の捕食を始めるという話で、その生物が右手に寄生してしまった新一はその生物(ミギー)と共に他の寄生生物と戦う事になる。
原作と違って母子家庭であったり出てこないキャラがいたりするが、そこは別物と考えるしかない。

34468675_2123759245_107large.jpg 34468675_2123759243_110large.jpg
ミギーの声を阿部サダヲが担当しているが違和感はないし、パラサイト同士の戦闘もよく出来ていた。
染谷将太には、母親が殺された事による新一の変化をもう少し分かるように演じて欲しかったかな。
ヒロインの里美を演じている橋本愛がとにかく可愛い、原作よりも明るい感じの少女で気に入ったね。

34468675_2123759242_58large.jpg 34468675_2123759241_114large.jpg
観客に引かれないようグロさは思ったより控えめだ、4月公開の後編に向けてきれいに終わっていた。
原作ファンがどう感じるかは分からないが個人的には手堅く作ってあったと思う、十分楽しめたよ。
まあ無理に勧めるつもりは無いけど迷ってるなら行ってもいいんじゃないいかな、後編も見に行こう。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する