映画「トランスフォーマー/ロストエイジ」 感想

  • 2014/08/19(火) 22:57:54

                 34468675_2098313396_74large.jpg
今回見に行った映画は「トランスフォーマー/ロストエイジ」、気がつけばこのシリーズも4作目だ。
主役キャストは前3作と全員入れ替わっており、今回のキャスト陣は3作分の契約をしているそうだ。
今作には中国資本が大きく入っており、作中の舞台の3分の1は中国で中国企業とのコラボも多い。

  34468675_2098313394_176large.jpg
内容は、前作から4年経ち人間側のオートボット否定派の対等で徐々に仲間が殺されていくオプティマスと冴えない発明家のケイトが出会い、オートボットを付け狙う敵の黒幕を探していくという展開だ。
前作に倒されたメガトロン達の死体は人間側に回収され、人造トランスフォーマーが開発されていく。

34468675_2098313391_238large.jpg 34468675_2098313389_229large.jpg
上映時間は3時間弱でとにかく長かった、しかもストーリーの起承転結がおかしな感じで長く感じる。
個人的には何それ?という展開の連続で疲れてしまった、そもそも人間同士のアクションとかいらん。
ただトランスフォーマー同士の戦いの映像はさすがの凄さだし、ストーリーに色々言うのは野暮かも。

34468675_2098313386_185large.jpg 34468675_2098313385_124large.jpg
そうは言ってもとにかく突っ込みどころが満載で、特に人間側の描写は理解し難いものが多かった。
中国押しも予想以上でさすがに鼻に付いた、まあ中国の映画市場が巨大だからってのは分かるが。
トランスフォーマーが凄いアクションで戦うという部分だけで言えば最高だが、それ以外は厳しいわ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する