阿佐ヶ谷アニメストリート オープニングレポ 後編

  • 2014/04/21(月) 00:15:06

34468675_2065688297_206large.jpg

34468675_2065688296_202large.jpg 34468675_2065688295_100large.jpg
カフェでもう1店賑わっていたのはGoFaカフェ&ギャラリー、薄桜鬼目当ての女性で一杯だった。
GoFaは渋谷で定期的に原画展などを行っており、オレもかんなぎ展やゆるゆり展に行った事がある。
おそらくこの店も定期的にコラボ作品を変えていくと思うが、基本的には女性向けが多くなりそうだ。

34468675_2065688294_142large.jpg 34468675_2065688293_116large.jpg
最もオタオタしい連中が集まっていたのがPikatto Anime、オープン前からすでに行列が出来ていた。
この日にイラストレーターのkarory氏のサイン会があり、整理券を貰うために集まっていたようだ。
かなり有名な人らしいんだけど正直全然知らなかった、一般の通行客が奇異な目で見ていたよw

34468675_2065688290_243large.jpg 34468675_2065688288_231large.jpg

34468675_2065688285_62large.jpg 34468675_2065688284_125large.jpg
ゲーム「ゴッドイーター」のニコニコ生放送をやっていたGame lifeには声優の広橋涼が来ていた。
コスプレ衣装のレンタルや化粧までやってくれる「Cosenia」は、その場で撮影出来て楽しいかもね。
会員制のアニメカフェや凝ったアニメ風アクセサリーのショップなど、珍しい店も軒を連ねている。

34468675_2065688282_196large.jpg 34468675_2065688281_200large.jpg

34468675_2065688280_104large.jpg 34468675_2065688279_71large.jpg
「ノーゲーム・ノーライフ」が放送中のアニメ制作会社MADHOUSEの直営店は人が少なめだった。
物販量も多くなかったしちょっとした原画を見るのに1,000円以上の購入では、割に合わないと思う。
東北地方の萌えキャラ「東北ずん子」の専門店なんてのもあった、なぜここに出店したのだろうか。



ひと通り紹介してきたが、見て分かるようにオタに特化した通りではなくコア層の取り込みは厳しい。
ただ中野から近いしサブカル好きは呼べるかも、あとはどれだけイベントを打っていくかによると思う。
阿佐ヶ谷には毎週行ってるから定期的に寄れるとは思うが、コラボメニューの更新状況によるかな。

   34468675_2065688278_121large.jpg

                阿佐ヶ谷アニメストリートの後は44sonicも宜しく


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する