映画「ハンガー・ゲーム」感想

  • 2012/10/17(水) 20:37:19

               34468675_1799975621_249large.jpg
バトル・ロワイヤルやバトルランナーと似ていると言われる「ハンガー・ゲーム」を見に行ってきた。
もちろん製作側はバトル・ロワイヤルを参考にした事は全く無いと言っているが、真相は分からない。
原作小説はアメリカの若者に異常に売れたそうだが、やはりこういった設定の作品は受けるのだろう。

34468675_1799975619_105large.jpg
内容は、主人公のカットニスがハンガー・ゲーム(12地区から選ばれた男女一組がテレビ中継される中で最後の1人になるまで殺し合いを強制される)に選ばれた妹の代わりに立候補するという展開だ。
選ばれた24人は12地区を収める政府に連れて行かれ、2週間の訓練後にゲームに参加させられる。

34468675_1799975618_210large.jpg 34468675_1799975613_183large.jpg
設定はいいんだが主人公目線で話が進むため、他の参加者の掘り下げが全くなかったのが残念だ。
同盟を組んだりするのは分かるが、その相手を簡単に信用し普通に睡眠を取るってのはどうなんだ?
そういった意味では殺し合いなのに緊張感があまり無い、ただの荒くれ連中が襲ってくる感じだった。

34468675_1799975609_77large.jpg 34468675_1799975608_196large.jpg
カットニスと一緒に戦ったピーターと故郷に居る彼女の恋人との三角関係の方が緊張感があるかも。
政府側の過剰な介入も気になった、彼らの演出で殺し合いもせずに死んでいく連中がもったいない。
そんな感じで脚本に問題があるように感じたなあ、まあ来年公開予定の2も一応見るつもりだけどね。


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する