映画「スター・トレック イントゥ・ダークネス」感想

  • 2013/09/18(水) 00:41:54

               34468675_1997709627_247large.jpg
今回見た映画はスター・トレック イントゥ・ダークネス、2009年に公開された新シリーズの続編だ。
昔大人気だったTVシリーズのリメイクではなく平行世界という設定なので、旧作キャラも登場する。
旧作を今さら見る気はないが、新シリーズの1作目は面白かったので今回も期待して見に行った。

 34468675_1997103387_205large.jpg
内容は、テロで上官を殺されたカーク船長が犯人のジョン・ハリソン中佐を追ってエンタープライズ号でクリンゴン帝国の本星クロノスへ乗り込み、ハリソンを巡る陰謀に巻き込まれていくという展開だ。
旧作で人気だった悪役カーンも登場して乱戦になり、エンタープライズ号も危機を迎えることとなる。

34468675_1997103385_1large.jpg 34468675_1997103383_8large.jpg
相変わらず融通の利かないスポックとカークとの会話が楽しい、性格は真逆なのにいいコンビだ。
エンタープライズ号の乗組員も前作と同じメンバーが揃い、それぞれに見せ場が用意してあった。
ワープ中の戦闘や宇宙空間へのカーク船長の打ち出し、スポックとカーンの肉弾戦など見所も多い。

34468675_1997103382_10large.jpg 34468675_1997103381_210large.jpg
やはり人気キャラだけあってカーンの悪役ぶりはかっこよかった、それに対抗するカーク達もいい。
今作だけでも内容は分かるが前作も見た方がより楽しめると思う、個人的にはかなり面白かった。
上映時間の2時間10分もちょうどいい長さだったし、スペースオペラ好きにはぜひお勧めしたいね。


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する