映画「サイレントヒル リベレーション」感想

  • 2013/07/20(土) 07:52:33

               34468675_1970723629_231large.jpg
今回見に行った映画は、2006年公開のサイレントヒルの続編「サイレントヒル リベレーション3D」だ。
言うまでもなくコナミのホラーゲームの映画化で、この映画はサイレントヒル3の実写映画化となる。
オレは原作はやったことはないが、前作はクリーチャーの造形や雰囲気など非常によく出来ていた。

34468675_1970723627_86large.jpg 34468675_1970723626_202large.jpg
内容は前作から数年後となっており、サイレントヒルから救出されたシャロンが主人公となっている。
名前を変え隠れ住んでいたシャロンだが、サイレントヒルの住人に発見され父親が誘拐されてしまう。
父親を救うべくサイレントヒルへ向かうシャロン、そこで彼女は自分の出生の秘密を知る事となる。

34468675_1970723625_186large.jpg 34468675_1970723622_236large.jpg
前作を見ていなくても大丈夫だが、なぜ母親が居ないのか等前作を見ておいた方が楽しめると思う。
ただ多くのクリーチャーは前作と変わらないし、設定にこだわり過ぎてホラー要素が思ったより薄い。
得体のしれない街と不気味なクリーチャーが売りなのに、そういった雰囲気があまり無くなっていた。

34468675_1970723621_132large.jpg 34468675_1970723620_58large.jpg
わざわざ3Dにする意味は無かったんじゃないかな、この映画にそういった映像は期待していない。
アメリカでは興行的に失敗したが日本でも厳しいだろうね、前作の方が遥かに面白かったと思う。
次に続くような終わり方だったけどもう製作されないんじゃないかな、個人的には残念な続編だった。


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する