たまゆら聖地巡礼 in 竹原(2012年7月24日)

  • 2013/05/24(金) 00:49:52

  
34468675_1713710114_36large.jpg

                   竹原市役所の看板が大きい!

昨年たまゆらの聖地巡礼として横須賀に行く事があり、スタンプラリーやコラボメニューを楽しんだ。
しかし何かしらの物足りなさを感じたのも否めない、やはりたまゆらの聖地といえば竹原なのだから。
という訳で、今回シバケンさんの募集にのって広島の竹原までたまゆらの聖地巡礼に行く事にした。
34468675_1713710111_71large.jpg 34468675_1713710106_209large.jpg

34468675_1713710103_75large.jpg 34468675_1713710101_93large.jpg

34468675_1713710100_17large.jpg 34468675_1713710098_11large.jpg
竹原駅に着いてすぐに見つけたおかえりなさいと書かれた駅の出口、聖地に来た実感がわいたね。
商店街にはももねこ様の像が建てられ、ももねこまんじゅうなどアニメにちなんだ物が点在していた。
ただ商店街にはほとんど人影が無くシャッターを閉めた店ばかりで、ここの商店街の厳しさも感じた。


たまゆらの聖地はとにかく撮影ポイントが多かったね、日記ではその一部だけを貼っておこうと思う。

竹原市街並み保存地区
竹原市内で一番のポイントはやはり日の丸写真館だと思う、オープニングの西方寺もいい場所だ。
ももねこ様の登場するポイントや憧憬の広場など見所も多く、竹原市街並み保存地区全てが聖地だ。
34468675_1713710095_183large.jpg 34468675_1713710093_186large.jpg

34468675_1713710090_14large.jpg 34468675_1713710088_104large.jpg

34468675_1713710086_238large.jpg 34468675_1713710085_25large.jpg
憧憬の路に使用する竹トンネルはさすがに無かったな、これから行く人は祭りの時期がいいかもね。
喫茶たまゆらのモデルである喫茶ゆかりは現在休業中、たまゆらコラボメニューが食べたかった。
34468675_1713710080_19large.jpg 34468675_1713710079_235large.jpg

34468675_1713710078_168large.jpg 34468675_1713710076_189large.jpg

34468675_1713710075_12large.jpg 34468675_1713710074_231large.jpg

旧笠井邸
保存地区内にある旧笠井邸は作品内で「私たち展」が開催された所だ、ここは押さえておきたい。
当日は全国の聖地巡礼のプロフェッショナルが旧笠井邸に集まって貸切イベントを開催していたためオレ達は入れない予定だったが、イベント開始前の準備中に特別に少しだけ中に入らせてもらえた。
34468675_1713710072_182large.jpg 34468675_1713710065_253large.jpg

34468675_1713710064_181large.jpg 34468675_1713710061_20large.jpg

34468675_1713710058_142large.jpg 34468675_1713710057_35large.jpg

お好み焼きほり川
初日の晩飯はお好み焼きほぼろのモデルになっているほり川で取る事にした、広島名物だしね。
ここのメニューには作中に登場する「ほぼろ焼き」があり、もちろんオレはそれを食べる事にした。
残念ながら店内にちもさんは居なかったが、ほぼろ焼きが美味しくてボリュームもあり満足出来たよ。
34468675_1713710054_242large.jpg 34468675_1713710050_4large.jpg

34468675_1713710048_241large.jpg 34468675_1713710047_127large.jpg



34468675_1713710043_222large.jpg 34468675_1713710041_107large.jpg
聖地巡礼2日目はフェリーに乗り大崎下島へ、たまゆらフェリーもいたし朝からテンションが上がる。
ところがここでまさかのハプニング!何と急に大崎下島行きのフェリーが欠航になってしまったのだ!
まさかの事態にとりあえず竹原市内の巡礼地を回ることに、道の駅にもたまゆらコーナーがあった。

大崎下島
2日目は前日にイベントを開催していた聖地巡礼のプロフェッショナル達が多く同行していたこともあり急遽レンタカーを借り分譲して大崎下島へ行く事になった…この辺の行動力はさすがだと思ったよ。
麻音の実家の旅館があり4人が初めて出会った舞台でもある大崎下島、何とか行けて良かったよ。
麻音の実家の看板のモデルになっているなごみ亭で食べたあなごめしは、なかなか美味しかった。
34468675_1713710039_34large.jpg 34468675_1713710038_159large.jpg

34468675_1713710036_126large.jpg 34468675_1713710026_88large.jpg

34468675_1713710023_228large.jpg 34468675_1713710021_164large.jpg
この島の見所は展望台かな、徒歩だと結構きつい場所にあるんである意味レンタカーで良かったよ。
ちなみに大崎下島はももからの手紙の舞台でもあるんだけど、それ目当ての人は皆無だったと思うw
しかし思ったより観光客が多かったなあ、ただ聖地巡礼の同業者らしき連中は見当たらなかったよ。
34468675_1713710015_143large.jpg 34468675_1713710010_209large.jpg

34468675_1713710009_118large.jpg 34468675_1713710004_5large.jpg

34468675_1713710000_129large.jpg 34468675_1713709995_210large.jpg

下蒲刈島
島といえば初日には下蒲刈島にも行ってきた、こちらは志保美の写真展が開催された場所になる。
歩道の整地などがきちんとしてあってきれいな街並だったが、こちらは観光客は全く居なかったよ。
34468675_1713709990_20large.jpg 34468675_1713709984_168large.jpg

34468675_1713709978_81large.jpg 34468675_1713709973_176large.jpg

34468675_1713709970_45large.jpg 34468675_1713709968_242large.jpg

これで2日間のたまゆら聖地巡礼は終了、行きたかった場所はほぼひと通り回る事が出来て満足だ。
新たにスタートする第2期では、今回オレ達が訪ねた舞台がどれだけ登場してくるのか楽しみだね。


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する