映画「ゴブリンスレイヤー -GOBLIN’S CROWN-」 感想

  • 2020/02/17(月) 00:52:41

   
00.jpg
今回見に行った映画は「ゴブリンスレイヤー -GOBLIN'S CROWN-」、人気アニメの劇場版だ。
ゴブリンに襲われる冒険者に救いが無くて話題になったが、特にメインの二人は印象的だった。
基本的にゴブリンを倒すだけで派手な展開は期待出来ないけど、どうまとめてくるのだろうか。

01.jpg
内容は、仲間の冒険者とゴブリン討伐に向かった令嬢剣士の救出依頼を受けたゴブリンスレイヤーが、女神官や妖精弓手達いつものパーティーとゴブリンの巣食う洞窟へ向かう展開だ。
助け出された令嬢剣士はトラウマを払拭するため、ゴブリンスレイヤー達と敵の要塞へ向かう。

02.jpg 03.jpg
いつも通りゴブリンを殲滅するのが目的のゴブスレさんなので、劇場版らしい展開は特に無い。
令嬢剣士の陵辱シーンはほぼ描かれなかったが、あの状況から立ち直れるのは中々凄いな。
TV版終盤のような絶望感も無くてあっさりしてたね、ゴブスレ達がやられるイメージも無いし。

04.jpg 05.jpg
ただ女神官だけでなく他の3人ともかなり仲間らしくなってきたと思う、6人の息はピッタリだった。
令嬢剣士も仲間になりそうだったけど今回だけのゲストっぽいね、一応牛飼娘も少し登場した。
個人的には劇場でなくてもレンタルでいいくらいの話かな、ファンなら普通に楽しめると思うよ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する