映画「HELLO WORLD」 感想

  • 2019/10/09(水) 21:55:19

   
ハロワ01
今回見た映画は「HELLO WORLD」、劇場版SAOの伊藤智彦氏が監督を務めたアニメ作品だ。
3DCG映像を2Dキャラに寄せた映像になっていて、脚本は小説家の野崎まどが執筆している。
公開前には舞台となった京都で試写会イベントなども行われており、かなり力が入っている。

ハロワ02 ハロワ03
内容は、平凡な高校生・堅書直実の前に未来の自分だと名乗る青年が現れ、この先同級生の一行瑠璃と恋人になるが、初めてのデートの時に落雷で彼女と死別すると伝えられる展開だ。
自分の世界が仮想上の世界だと知った直実は、それでも瑠璃を守るため青年と準備を始める。

ハロワ04 ハロワ05
とにかく瑠璃が可愛かったね、最初はとっつきにくいんだけど徐々に親しくなる様子が良かった。
ストーリーは散々宣伝している通りどんでん返しありきなので、中盤からはかなり分かりにくい。
もう少しストレートな話にした方が見やすかったな、オチは悪くないけど繋がりがピンとこないし。

ハロワ06 ハロワ07
サブキャラはもう少し活躍させても良かったと思う、特に三鈴は序盤だけの登場では勿体ない。
直実は努力家で好感が持てただけに残念だ、個人的にはラストシーンはもう少し見たかった。
意外と評価は高い作品だしオレ以上に楽しめる人も多いと思う、興味があれば行ってみては。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する