アニメ感想 TARI TARI 第8話 他(2012年8月25日)

  • 2012/09/09(日) 14:28:00

◎TARI TARI 第8話
夢が潰えかけた紗羽にアドバイスを送る和奏が、今までの経験を踏まえかなり大人になっていた。
紗羽のために競馬学校に電話をかける親父は良かったな、それでも素直になれない紗羽が可愛い。
残念ながらスタンプラリー開催中に江ノ島へ聖地巡礼には行けそうもないけど、必ず行こうと思う。
34468675_1748950905_159large.jpg  34468675_1748950867_116large.jpg

34468675_1748950866_181large.jpg  34468675_1748950865_163large.jpg

○織田信奈の野望 第7話
今回は信奈と別行動をとった良晴だが同行者が幼女ばかりだったな、しかも新キャラも幼女だし。
ねねも含め幼女ハーレムを形成しつつあるな、しかしこの作品は美少女とオヤジしかいないのかね。
だんだんと史実と離れ始めたがそうでないと面白くないしね、個人的には光秀がかなり可愛かった。
34468675_1748951759_110large.jpg  34468675_1748951757_196large.jpg

34468675_1748951756_72large.jpg  34468675_1748951755_248large.jpg

○人類は衰退しました 第8話 
前話の続きで時系列としては助手さんがやって来る話だが、少し展開が分かりにくかったと思う。
わたしが遠くに飛ばされた時の少年は若い時の爺さんのようだが、彼とわたしの絡みが面白かった。
セクハラ攻撃へのわたしのリアクションは良かったな、そして最後に助手さんが喋ったのには驚いた。
34468675_1748951754_56large.jpg  34468675_1748951753_22large.jpg

34468675_1748951752_235large.jpg  34468675_1748951750_145large.jpg

△こいけん! ~私たちアニメになっちゃった!~
携帯ゲームをアニメ化した作品で、戸松、名塚、新谷、愛生、喜久子姉、釘宮、丹下が声の担当だ。
恋愛ゲームのはずなのに、7人がアイドルとなって武道館でデビューするまでを描く謎の展開だった。
この7人ユニットの曲を聴けたのはいいが武道館ってやっぱりちょろいw、ぶっちゃけ微妙なアニメだ。
34468675_1749970363_6large.jpg  34468675_1749970362_233large.jpg

34468675_1749970361_90large.jpg  34468675_1749970360_38large.jpg

その他のアニメの最新話評価
○ゆるゆり♪♪ 第8話
○キングダム 第12話
○仮面ライダーフォーゼ 第47話
○輪廻のラグランジェ season2 第7話
○だから僕は、Hができない。 第7話
○はぐれ勇者の鬼畜美学 第7話
○トータル・イクリプス 第8話 
○氷菓 第18話
○宇宙兄弟 第21話
○機動戦士ガンダムAGE 第44話
○えびてん 公立海老栖川高校天悶部 第6話

総評
ゆるゆりはまったりした回だと思っていたらEDが狂気だった、キングダムはシンの強さが光ったな。
フォーゼは最終回に向けて一気に盛り上がってきた、ラグランジェは細目がラスボスになるのかも。
僕Hは調子にのった良介が予想通りやられたな、はぐれ勇者は異世界編も続くとは思わなかった。
TOEはようやく次回はBETAとの戦闘になりそうだ、氷菓は文化祭編から一転して地味な話だった。
宇宙は合格者発表を引っ張るなあ、AGEはフリットが終始一貫してるな、えびてんはパロ控えめだ。
34468675_1748951761_81large.jpg  34468675_1748951746_190large.jpg

34468675_1748951765_55large.jpg  34468675_1748951762_81large.jpg

34468675_1748951763_155large.jpg  34468675_1748951749_197large.jpg

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する