映画「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1「罪と罰」」 感想

  • 2019/02/03(日) 16:09:36

   
サイコ01
今回見に行った映画は、「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System」の第一章だ。
全三部構成でそれぞれ主役を変えて制作されるそうで、第一章は霜月と宜野座が主役だった。
劇場版で最後だと思っていたから続編が作られたのは嬉しいね、上映期間はかなり短いけど。

サイコ02 サイコ03
内容は、公安局ビルに突入した暴走車に乗っていた夜坂泉の取調べを刑事課が行なおうとしたところ即時の送還が決定、疑いを持った霜月は宜野座達と送還先の調査に向かう展開だ。
夜坂の居た潜在犯隔離施設サンクチュアリでは、様々な捜査妨害を受けて窮地に陥っていく。

サイコ04 サイコ05
常守と狡噛が中心だったサイコパスにおいて、霜月が主役の話が作られるとは思わなかった。
霜月と宜野座はよりバディらしくなってきたね、常守と比較されてきた霜月の成長も感じられた。
今回はシビュラシステムはあまり関わらないのかなと思ったが、やはりそうはいかなかったな。

サイコ06 サイコ07
アクションも見応えがあったね、機械に乗った敵を相手に生身で戦う宜野座はかっこよかった。
常守と狡噛が出てなくても、サブキャラだけで十分面白いものを作れるのがよく分かったよ。
2月中旬には第二章も始まるし、過去作も見てきた人は早めに行った方がいいんじゃないかな。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する