映画「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」 感想

  • 2018/10/28(日) 09:31:27

   
34468675_2297170499_36large.jpg
今回見に行った映画は「劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~」、人気アニメの劇場版だ。
原作もアニメも見ているオレはこの作品が好きだが、さすがに映画になるとは思わなかった。
何だかんだでアニメも6期までやっているし、根強いファン層に支えられた作品なんだと思う。

34468675_2297170498_91large.jpg 34468675_2297170496_113large.jpg
内容は、夏目レイコを知る女性の親子と偶然知り合った夏目が知らないうちに謎の妖怪と関わってしまう展開で、その影響でニャンコ先生は複数に分裂し、多軌は行方不明になってしまう。
今作には田沼たち同級生や犬の会の面々、名取などオールスターキャストが登場していた。

34468675_2297170495_228large.jpg 34468675_2297170494_105large.jpg
津村親子がとてもいい雰囲気の親子で、夏目との穏やかな交流は見ていて心地がよかった。
皆から多軌の記憶が抜け落ちていく不穏な流れに、何が起きているのか続きが気になったね。
そんなノリを癒してくれる分裂し小型化したニャンコ先生、不覚にも可愛いと思ってしまったよ。

34468675_2297170493_171large.jpg 34468675_2297170492_70large.jpg
優しい妖怪と人との繋がり、色々な伏線の回収の仕方も含めて夏目友人帳らしい内容だった。
過去と向き合い成長した夏目の姿など、ずっとこの作品を追っているならより楽しめると思う。
単品としても普通に面白いので、夏目友人帳に興味がある人は見に行ってみてはどうだろう。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する