荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋 レポ

  • 2018/10/11(木) 07:54:38

   
ジョジョ01
ジョジョの奇妙な冒険の連載開始30周年を記念して、国立新美術館で原画展が開催された。
オレが国立新美術館へ行くのは新海誠展以来かな、今回は入場するのに事前予約が必要だ。
昨年仙台で開催されたジョジョ展は盛況だったが、この日も予約者だけでもかなりの人だった。

ジョジョ02

ジョジョ03 ジョジョ04
会場内はかなりの広さで一面に原画が展示されており、皆が列に並んでじっくり鑑賞していた。
個人的に嬉しかったのが、第1部から第8部のジョジョリオンまで均等に展示してくれたことだ。
第3部以降の人気が高いので、オレの好きな第2部などの原画が少ないのではと危惧していた。

ジョジョ05 ジョジョ06
ジョジョ07 ジョジョ08
ジャンプを買ってジョジョの第1話を読んだ当時は、正直ここまで続くとは思わなかったなあ。
実際打ち切りの可能性もあったけど、波紋で盛り上がりスタンドで人気が不動となったそうだ。
最近の荒木先生の絵柄だとジョナサンやジョセフに見えないが、絵は変わっていくものだしね。

ジョジョ09 ジョジョ10
ジョジョ11 ジョジョ12
他にもジョジョ立ちの彫像の展示もあったが、ジョジョ立ちという言葉もメジャーになったなあ。
大きなパネルのみ撮影OKだったが、以前展示された等身大フィギュア等もあれば良かったな。
今回の見どころのひとつは荒木先生描き下ろしの等身大イラストで、非常に見応えがあった。

ジョジョ13
この作品の制作風景が映像で流されていたが、こういう事に挑戦出来るあたりまだまだ若いね。
絵を引き延ばすのではなく実際に描くのが凄い、ディオの股間に石仮面があるのは笑ったがw
ジョジョ30年の歴史が感じられる原画展で満足したよ、こういった原画展が増えるといいなあ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する