アニメ感想 キリングバイツ 第12話(終)  他

  • 2018/04/05(木) 07:52:38

   
○キリングバイツ 第12話(終)
深夜アニメらしいエロ&バイオレンスで面白かったな、お嬢様が凌辱されるシーンは良かった。
野本を殺すよう指示された瞳の笑顔と涙は印象的だ、瞳の祠堂への信頼はそれほどなのか。
ラストに新しい主人公の顔見せをしてきたが2期は厳しいんだろうなあ、原作の続きを読むか。
34468675_2282301169_64large.jpg 34468675_2282301168_228large.jpg
34468675_2282301167_237large.jpg 34468675_2282301165_205large.jpg

○ハクメイとミコチ 第12話(終)
ハクメイの恩人にひと目会おうと奮闘する二人の様子を見て、改めていいコンビだなと思った。
緑尾老に手を振るハクメイの晴れやかな笑顔が、今の生活に満足している証拠なんだろうね。
過去のキャラが総登場してきたのは最終回らしかったな、最後まで雰囲気のいい作品だった。
34468675_2282301158_250large.jpg 34468675_2282301157_231large.jpg
34468675_2282301155_53large.jpg 34468675_2282301154_41large.jpg

○博多豚骨ラーメンズ 第12話(終)
当初は群像劇だと思っていたが、林が博多に流れ着いて仲間と居場所を見つける話だった。
中だるみしたところもあったけど、林が過去と向き合う事になった終盤戦は盛り上がったね。
しかし博多は殺し屋だらけで怖いな、もう少し女性受けすると思ったけどキャラが濃かったか。
34468675_2282301146_215large.jpg 34468675_2282301145_238large.jpg
34468675_2282301144_48large.jpg 34468675_2282301143_95large.jpg

○3月のライオン 第43、44話(終)
最後まで安定していて正にNHKアニメという感じの良作だった、その分話題性には欠けるけど。
将棋、零の家族、三姉妹との交流、いじめ、その時の内容によって雰囲気が全く異なっていた。
当初に比べて零に少年らしさが感じられるようになって良かったね、とりあえず一区切りかな。
34468675_2282301153_132large.jpg 34468675_2282301152_246large.jpg
34468675_2282301151_196large.jpg 34468675_2282301150_244large.jpg

△恋は雨上がりのように 第12話(終)
きれいな話で悪くは無かったんだけど起伏も少なかったかな、もう少し短く出来る内容だった。
店長とあきらのお互いが一歩踏み出すきっかけになったけど、恋愛模様はもやっとしたままだ。
その辺はもう少しはっきりさせて欲しかったなあ、もうひとつ決め手に欠ける作品だった印象だ。
34468675_2282301142_159large.jpg 34468675_2282301141_64large.jpg
34468675_2282301139_113large.jpg 34468675_2282301138_28large.jpg

△デスマーチからはじまる異世界狂想曲 第12話(終)
チート能力を持ってるはずの主人公に無敵感が感じられず、スカッとする場面が少なかった。
徐々にハーレムを形成していくのは構わないが、その流れが微妙で主人公の魅力も薄い。
内容もファンタジー物なのに地味だしもっと王道でいいと思う、ポチタマが唯一の癒しだったか。
34468675_2282301163_146large.jpg 34468675_2282301162_211large.jpg
34468675_2282301161_150large.jpg 34468675_2282301160_195large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○ダーリン・イン・ザ・フランキス 第12話
○ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第12話
○アイドリッシュセブン 第15話
△グランクレスト戦記 第12話
△Fate/EXTRA Last Encore 第10話
△BEATLESS ビートレス 第10話


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する