映画「トゥームレイダー ファースト・ミッション」 感想

  • 2018/04/03(火) 22:56:03

   
トゥーム01
今回見に行った映画は「トゥームレイダー ファースト・ミッション」、ゲームが原作の作品だ。
過去にアンジェリーナ・ジョリーが主役を演じていたシリーズで、今作で新たにリブートされた。
個人的に主役のララ・クラフトはアンジーの印象が強いので、そこを覆せるのか興味もあった。

トゥーム02
内容は、バイク便のライダーとして働いていたララ・クラフトが失踪した冒険家の父リチャードが遺したメッセージを受け取り、彼が向かったと思われる日本の神話上の孤島を目指す展開だ。
卑弥呼の力が眠ると言われるその島では、闇組織「トリニティ」が奴隷を使い発掘を行っていた。

トゥーム03 トゥーム04
ララの目的が父親の痕跡を探す事なので、トゥームレイダーらしい冒険っぽさは薄かったかな。
アクションも目新しさは無かったが、卑弥呼の墓の探掘はインディージョーンズっぽくて楽しい。
日本の孤島が舞台のはずだが日本っぽさは皆無なので、そこは期待しない方がいいと思う。

トゥーム05 トゥーム06
個人的にはララ・クラフトの魅力をあまり感じられなかったな、アンジーには色気もあったしね。
映画のタイトルやラストシーンから続編をやる気満々だけど、果たして制作されるのだろうか。
普通のアクション映画という感じになったのが残念だ、もう少しワクワク感を出して欲しかった。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する