FC2ブログ

映画「ちはやふる-結び-」 感想

  • 2018/03/27(火) 22:01:18

   
ちはや01
今回見た映画は「ちはやふる-結び-」、2016年に上映された上・下の2作に続く完結編となる。
人気漫画ちはやふるの実写映画として広瀬すずを主役に上映された前作は、中々好評だった。
漫画やアニメの実写化は好まれない傾向があるが、今回の完結編はどう評価されるだろうか。

ちはや02
内容は、3年生となった千早達かるた部が新たに後輩を加えて全国大会優勝を目指す展開だ。
その過程でかるたを辞めてしまった太一は、かるた名人の周防と知り合い教えを乞う事になる。
一方、千早と太一の幼馴染の新は瑞沢かるた部と大会で戦うため自らもかるた部を結成する。

ちはや03 ちはや04
完結編と謳っただけあって非常にきれいにまとまっていた、特に終盤の全国大会決勝は熱い。
原作ファンの目線で驚いたのは、後輩やライバル校などの設定をうまくミックスしていた事だ。
原作のいい所取りをした感じでそれがピッタリとはまっている、特に周防名人は最高だった。

ちはや05 ちはや06
登場時点では嫌な感じのキャラが、徐々に好感の持てるキャラになっていくのは前作同様だ。
青春全てをかけろと言われた太一の青春全てをかけた結末は、涙なしでは見られなかった。
前作の上・下を見たなら絶対に行っておくべき映画だと思う、そのうえで原作も読んでみては。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する