映画「魔法少女リリカルなのは Reflection」 感想

  • 2017/08/12(土) 08:38:16

   
         34468675_2261956897_170large.jpg
今回見に行った映画は「魔法少女リリカルなのは Reflection」、なのは本編としては5年ぶりだ。
最近は成長したなのはやフェイトばかりだったので、やはり小学生時代が見られるのは嬉しい。
今作が前後編となる事を上映数日前に知ったが、じっくりと良作を作ってくれるなら文句は無い。

34468675_2261956896_38large.jpg
内容は、「闇の書事件」も解決して穏やかな日常を過ごしていたなのは達だが、別次元から自分の住む星と父親の命を救うため夜天の書(闇の書)を狙って少女キリエがやってくる展開だ。
なのは達はキリエに敗北するも、危ない所を新たに別次元から来た少女アミティエに救われる。

34468675_2261956894_188large.jpg 34468675_2261956893_245large.jpg
バトルシーン満載でこれぞなのはって感じだったな、各キャラそれぞれ見せ場があって楽しい。
なのはが相変わらず力押しな子で安心したね、逆にフェイトはどんどん優しい子になってきた。
新キャラの二人はゲーム版に出ていた子のようで、色々引っ掻き回してくれる活躍ぶりだった。

34468675_2261956892_32large.jpg 34468675_2261956891_168large.jpg
久々にアリサとすずかとの親交も描かれたのは嬉しかったな、しかし皆いい暮らししてるなあw
王道な作りなので外れは無いけど予想は超えてこないかも、もっと強い白い悪魔が見たいよ!
ここから更に戦いが過熱するという所で終わってるし、来年公開の後編Detonationが楽しみだ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する