映画「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」 感想

  • 2017/06/22(木) 22:43:47

   
34468675_2257392011_44large.jpg
今回見た映画は「KING OF PRISM -PRIDE the HERO-」、昨年ヒットした劇場アニメの続編だ。
「プリティーリズム」シリーズの公式スピンオフ作品だが、今では本家以上に有名になっている。
あまりに評判が良くて前作を見に行ったオレはその内容に圧倒され、今回も見に行く事にした。

34468675_2257392009_80large.jpg 34468675_2257392008_163large.jpg
内容は、Over The Rainbowが活動休止となって数ヶ月、持ち歌の「Pride」を奪われスランプに陥るヒロやエーデルローズを離れたカズキを尻目に、プリズムキングカップの幕が開く展開だ。
一方シュワルツローズの策謀で莫大な債務を負ったエーデルローズも窮地に立たされていく。

34468675_2257392006_200large.jpg 34468675_2257392004_77large.jpg
ルヰのシンに対する愛、仁にジュネを奪われる聖など見所も多いが、個人的ににはプリズムショー会場を破壊するアレクと復活させるカヅキのストリート勢による超絶バトルが最高だった。
そしてKING OF PRISMが決まったあとの3人の再集結、ここで多くの女性客が涙を流していた。

34468675_2257392002_48large.jpg 34468675_2257392000_115large.jpg
雰囲気的にこれで完結という感じだね、レインボーライブから追っていた人は感慨深いだろう。
劇場版しか見ていないオレでも色々気になるしね、しかし最後まで圧倒されっ放しだったなあ。
今回見たのは通常上映だったから応援上映にも行こうかな、そんな気分になる作品だったよ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する