映画「グレートウォール」 感想

  • 2017/05/06(土) 22:33:13

              34468675_2251905785_174large.jpg
今回見に行った映画は「グレートウォール」、マット・デイモンが主演の戦争アクション映画だ。
万里の長城を舞台に武将同士が戦う作品だと思われがちだが、実際は全く異なるジャンスだ。
予告を見ていれば気が付くと思うが、相手を映さない宣伝手法はワールド・ウォーZに似ている。

34468675_2251905783_21large.jpg
内容は、火薬を求めて中国へ渡ったウィリアムが万里の長城で戦に巻き込まれていく展開だ。
60年周期で襲ってくる饕餮(とうてつ)と呼ばれる化物の大群を退けるためウィリアムも戦う。
帝都を襲撃するため次々に押し寄せてくる饕餮を倒すには、群れを率いる女王を倒すしかない。

34468675_2251905782_72large.jpg 34468675_2251905780_204large.jpg
完全にモンスター映画だったね、中国の戦国時代らしい戦い方で饕餮と戦う様子が面白い。
中国軍の司令官リン・メイが颯爽としていて綺麗だったな、それに対し武骨なウィリアムもいい。
生き残るだろうと思っていた登場人物が死んだり、逆に生き残ったりと最後まで読めなかった。

34468675_2251905777_61large.jpg 34468675_2251905775_143large.jpg
しかし饕餮の凶悪さを考えると60年前に撃退したのが信じられないな、それくらい圧倒的だった。
リンとウィリアムの恋愛描写が入るかと思ったが、そこを入れないあたりが中国物だと思ったよ。
全く期待せずに見に行ったんだけどかなり楽しめたね、モンスター映画が好きならお勧めだよ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する