Earth Colors 東地和生美術監督作品展 レポ

  • 2017/03/30(木) 23:24:18

34468675_2248403746_73large.jpg
多くのP.A.WORKS作品の背景を手掛けるフリーの美術監督東地和生の作品展に行って来た。
書籍「Earth Colors 東地和生美術監督作品集」を記念したもので、会場はかなり賑わっていた。
攻殻機動隊SAOなどの美術監督補佐もしていたそうだが、やはりP.A作品の印象が強い人だ。

34468675_2248403744_48large.jpg 34468675_2248403743_196large.jpg
展示の最初はAngela Beats!のアートから、ピアノを海の上に置く綺麗なアートは描き下ろしだ。
個人的にはAngela Beats!の背景は印象が薄いんだよね、パネルを見てもピンとこなかったな。

34468675_2248403741_128large.jpg 34468675_2248403740_148large.jpg
34468675_2248403739_253large.jpg 34468675_2248403737_185large.jpg
逆に花咲くいろはのパネルは印象的な場面が多い、舞台である湯涌温泉に行ったからかもね。
ぼんぼり祭りの幻想的な雰囲気をこの絵から思い出すね、西岸駅には結局行けてないなあ。

34468675_2248403735_17large.jpg 34468675_2248403734_106large.jpg
34468675_2248403733_152large.jpg 34468675_2248403732_162large.jpg
鎌倉や江ノ島を舞台にしたTARITARIも印象深いね、巡礼した日は台風が来る直前だったな。
江ノ島が登場する作品も増えたけど、これだけ綺麗な風景で描写した作品は無いと思うなあ。

34468675_2248403731_64large.jpg 34468675_2248403730_56large.jpg
        34468675_2248403729_187large.jpg      34468675_2248403728_150large.jpg
海の印象がとても強い凪のあすから、東地和生作品の集大成のような風景が多く登場した。
今回のキービジュアルも凪あすの描き下ろしだね、三重県の聖地巡礼もいつか行ってみたい。

34468675_2248403727_150large.jpg 34468675_2248403726_192large.jpg
Charlotteは覚えている背景は部室ばかりだな、Angela Beats!と一緒で学校描写が多いしね。
それ以前にアニメが微妙だったからなあ、作品内容がもう少し良ければ思い入れも違ったかも。

34468675_2248403725_7large.jpg
こうして見ると、やっぱり緑や水の多い場所を舞台にした作品の背景を描いて欲しい人だね。
またP.A.WORKSが背景に力を入れた作品があれば、美術監督もやってくれるんじゃないかな。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する