アニメ感想 昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第12話  他

  • 2017/03/29(水) 23:40:07

◎昭和元禄落語心中 -助六再び篇- 第12話(終)
八雲が亡くなって数年後、信乃助は噺家として立派に成長したし妹も愛嬌があって可愛かった。
新たに八雲を襲名する与太郎も風格が出ていたな、小夏が八雲の弟子を名乗っていて嬉しい。
多くの噺家の人生を見させてもらって感慨深い最終回になったね、心に残る作品だったと思う。
34468675_2248405115_167large.jpg 34468675_2248405113_218large.jpg
34468675_2248405110_227large.jpg 34468675_2248405107_8large.jpg

○セイレン 第12話(終)
今日子のエピソードは王道恋愛アニメを貫いていて、最後のエピソードにして正解だったと思う。
幼馴染という近い関係から恋人になった二人が初々しい、毛糸パンツ等の細かいネタも好きだ。
全体を通して常木がいい味を出していたね、出来れば姉ちゃんの番外話も作って欲しいなあ。
34468675_2248405146_29large.jpg 34468675_2248405144_30large.jpg
34468675_2248405141_240large.jpg 34468675_2248405135_193large.jpg

○うらら迷路帖 第12話(終)
きらら系らしく可愛さに特化した作品で内容はほとんど覚えていないが、それで構わないと思う。
しかし十番地を卒業したら先生が変わるのは意外だ、2期があればニナと佐久は居ないわけか。
ちょっとしたエロい場面を毎回入れてきた姿勢は評価したいね、何だかんだで楽しく見れたよ。
34468675_2248405160_104large.jpg 34468675_2248405158_63large.jpg
34468675_2248405156_171large.jpg 34468675_2248405153_183large.jpg

△政宗くんのリベンジ 第12話(終)
最後まで主人公とヒロインが好きになれなかった、互いが自分勝手な理屈のみで動いている。
どう考えたって周りの女子の方がいい子なのに、復讐という謎の論理でグダグダやっていた。
最終話もカラオケ歌っていい雰囲気になって終わりって、偽者とは結局どうなったんだろうね。
34468675_2248405130_231large.jpg 34468675_2248405126_101large.jpg
34468675_2248405124_86large.jpg 34468675_2248405123_181large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○クズの本懐 第11話
○幼女戦記 第11話
○小林さんちのメイドラゴン 第11話
○ALL OUT!! 第24話
△双星の陰陽師 第49話
△AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION- 第12話
△スクールガールストライカーズ 第12話
△CHAOS;CHILD 第11話
 総評
クズ本懐はここで先生大勝利は予想外、幼女は歴史を知っているだけにデグにはきついか。
メイドラゴンはこたつでぬくぬくする姿が微笑ましい、ALLOUTは赤山の諸々の様子がホモい。
双星は素直になった紅緒が可愛かったな、AKIBA’S TRIPはシリアスでもノリは変わらないな。
34468675_2248405150_25large.jpg 34468675_2248405117_98large.jpg
34468675_2248405131_73large.jpg 34468675_2248405118_160large.jpg
34468675_2248405164_30large.jpg 34468675_2248405148_237large.jpg


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する