映画「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」 感想

  • 2017/02/24(金) 23:31:53

               34468675_2245478686_14large.jpg
今回見に行った映画は「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」、原作者である川原礫の書き下ろし完全新作で、時系列的にはTVシリーズの後の話が描かれている。
最近は総集編やOVA先行上映のような形態ばかりなのに、2時間弱の新作上映は凄いと思う。

34468675_2245478685_23large.jpg 34468675_2245478684_166large.jpg
内容は、フルダイブするVRではなく現実世界で遊ぶARのオーディナル・スケールのプレイヤーが増えていく中、ゲームをプレイしたSAO帰還者の記憶が失われていく事件が起きる展開だ。
事件にはオーディナル・スケールの最強ランカーが関わっており、キリト達も巻き込まれていく。

34468675_2245478682_87large.jpg 34468675_2245478678_89large.jpg
最新システムのARやオーディナル・スケールの秘密に徐々に近付いていく流れは面白かった。
キリトとアスナの絆の深さを改めて感じたね、SAOの記憶が薄れてもお互い想い合う姿がいい。
SAOでは見られなかった最終決戦、そして集まってくる仲間達という王道展開は最高だった。

34468675_2245478676_56large.jpg 34468675_2245478674_147large.jpg
アスナがラスボスと戦っている時にあのキャラが寄り添ってくれたシーンには、うるっときたね。
今までのシリーズの総決算を見せてくれた感じだ、そして改めて新章へという終わり方だった。
正に劇場版という映画で非常に満足度が高かった、TVシリーズを見ていたなら行くべきだね。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する