怪盗アニメ考察(2011年8月21日)

  • 2013/01/09(水) 00:29:11

今回はルパン三世展に行ったという事で、怪盗物のアニメについて書いてみようと思う。
ありふれた題材だと思いきや意外と怪盗物のアニメは少ない、まあ泥棒は基本悪党だしね。
探してみたところ10作品ちょっとしかなかった、少女漫画系が多いのも特徴かもしれない。

34468675_1278921602_179large.jpg 34468675_1278921581_135large.jpg
 
34468675_1278921562_67large.jpg 34468675_1278921546_67large.jpg

        34468675_1278921542_169large.jpg 34468675_1278921524_232large.jpg

 王ドロボウJING
 怪盗きらめきマン
 怪盗セイント・テール
 快盗天使ツインエンジェル
 怪盗レーニャ
 神風怪盗ジャンヌ
 キャッツ・アイ
 ついでにとんちんかん
 D・N・ANGEL
 MOUSU
 まじっく快斗


ただ目的があって盗みを働くって作品がほとんどなんだよね、純粋な泥棒ってのは少ない。
対象が青少年である以上悪人が主役では厳しいか、怪盗が憧れの職業じゃあまずいしね。
特にツインエンジェルなんて正義の味方みたいなもんだよな、“快盗”表記だしまあいいか。
逆に探偵物の作品はかなり多いが、その辺は娯楽作品の王道みたいなもんだからだろう。

    34468675_1278921514_11large.jpg

実は上記作品の中で現金を盗み出す怪盗っていないんだよね、やはり生々しいからかな。
ほとんどが美術品や何か曰くのある品を盗む感じだ、現金を盗むのはルパン三世くらいか。
個人的には完全に悪党が主人公の怪盗物も見てみたいな、アニメには出来ないだろうけど。

                  34468675_1278921922_232large.jpg

ちなみに上記作品でオレが全話見たものはひとつもない、だいたいは途中で切ってしまう。
原作は全部読んだものも多いけど、いかんせんアニメになるとどうも合わないんだよなあ。
探偵物は今後もどんどん新しい作品が生まれるだろうけど、怪盗物は難しいかもしれない。
そういう意味でも、ルパン三世というコンテンツは今後も大切にしていって欲しいものだね。


人気ブログランキングへ

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する