映画「ドント・ブリーズ」 感想

  • 2016/12/20(火) 07:44:23

               34468675_2238473013_54large.jpg
今回見に行った映画は「ドント・ブリーズ」、ジャンルとしてはホラー・スリラー映画になると思う。
公開前は全く知らない作品だったが、王様のブランチで予告映像を見て一気に行きたくなった。
アメリカでは意外とヒットしたらしいが、この手の作品は日本ではあまり宣伝されないからなあ。

34468675_2238473011_208large.jpg
内容は、不良少女のロッキーが仲間達と3人で大金を持っているらしい視覚障害の老人宅へ盗みに入る展開で、彼女達を見つけた老人は超人的聴覚と殺人スキルを持ち合わせていた。
その老人は家の鍵を釘で打ちつけ、彼女達が逃げられないようにして犯人を狩り出そうとする。

34468675_2238473009_194large.jpg 34468675_2238473006_128large.jpg
もちろん強盗に入った主人公は自業自得ではあるが、ジジイもサイコパス過ぎてヤバかった。
いくら目が見えなくてもあれほど筋肉ムキムキの男が現れたら、さすがに死を意識するよなあ。
暗闇で息を潜めて怪人から隠れるというスタンスは、ある意味王道のホラー映画だったと思う。

34468675_2238473002_60large.jpg 34468675_2238472998_205large.jpg
普通ならジジイの肩を持ちたくなるが、この男が危なすぎて主人公達に生き延びて欲しくなる。
助かったと思ったら逆転され、最後にハッピーエンドかバッドエンドになるのかが全く読めない。
思った以上によく出来たサスペンスホラー映画だったね、この手の映画が好きならお勧めだよ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する