映画「ゼーガペインADP」 感想

  • 2016/10/31(月) 22:27:48

               34468675_2232827102_79large.jpg
今回見に行った映画は「ゼーガペインADP」、10年前に放送されたアニメを再編集した作品だ。
ヒロインは花澤香奈が高校生の頃に演じていた役で、舞台挨拶でも当時を振り返っていた。
正直内容はほぼ覚えてないから総集編でも全く問題ない、そもそも新作カットか分からないし。

34468675_2232827101_104large.jpg 34468675_2232827100_39large.jpg
内容は、普通の高校生キョウが今見ている世界が仮想空間であり、本当の人類は科学者ナーガが広めたウイルスで滅び記憶のみが幻体としてデータに残されていると知る展開だ。
幻体は対抗組織「セレブラム」を作り、キョウもゼーガペインのパイロットとして戦う事になる。

34468675_2232827096_231large.jpg 34468675_2232827094_106large.jpg
元々ループ系の作品は好きなので、かなり端折っているが改めて見直してみると面白かった。
声優陣も撮り直しをしていて、当時色々言われたざーさんの演技は格段に変わっていると思う。
新たな解釈も多くされていて、終わってみると普通の総集編では無かった事に気が付くだろう。

34468675_2232827093_76large.jpg 34468675_2232827092_1large.jpg
この映画を見た後は間違いなくTVシリーズが見たくなると思う、完全にそういった構成だった。
そういう意味では総集編も作って欲しいと思う内容だったね、リョーコの見せ場は少なかったし。
ゼーガペインの知識が無くても十分楽しめると思うし、興味があるなら見に行く価値はあるよ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する