映画「ウォークラフト」 感想

  • 2016/07/19(火) 23:13:20

             34468675_2220545013_102large.jpg
今回見に行った映画は「ウォークラフト」、海外で大ヒットしているネトゲを実写化した作品だ。
世界興行収入としては歴代で最も売れたゲーム原作の映画だが、日本での上映館は少ない。
これは日本だけこのゲームが売れていないからだと思う、もう少し話題になってもいい作品だ。

34468675_2220545011_79large.jpg
内容は、国が滅びの危機に瀕しているオークが禁断の魔法を使い人間界へ攻めてくる展開だ。
人間側も魔法でオークを撃退しようとするが、オーク側に人間と交渉しようと考える者が現れる。
人間の代表とオークの代表が会談を持つが、更なる悲劇を生む事となる争いは激化していく。

34468675_2220545009_198large.jpg 34468675_2220545006_106large.jpg
人間とオークの勇者同士が友情を結ぶのかと思っていたら、オーク娘と愛情の方を結ぶとは。
剣と魔法のファンタジー世界を描く作品は好きだが、内容的には目新しい物は無かったかな。
メインキャラが死んだり、死ぬと思ったヤツが生き残ったりと、予想しにくい展開ではあったが。

34468675_2220545005_241large.jpg 34468675_2220545004_133large.jpg
人間とオークのどちら側にも感情移入しにくかったな、立場が50/50で描かれているからかも。
一応の決着はついたが明らかに続いていく流れだし、興行収入を考えると続編はありそうだな。
おそらく日本では話題にならないと思うが、こういった世界観が好きなら見てもいいと思うよ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する