映画「デッドプール」 感想

  • 2016/06/12(日) 07:43:26

               34468675_2216143098_132large.jpg
今回見に行った映画は「デッドプール」、マーベルのヒーローコミック作品の中でも異端の主人公だ。
正直映画化が発表されるまでは全く知らないヒーローだったが、アメコミではかなりメジャーらしい。
CMではコメディ要素が多めに感じたが、予備知識も無いままあまり期待せずに見に行く事にした。

34468675_2216143096_190large.jpg
内容は、元傭兵のウェイドは彼女と婚約するも末期ガンと診断されてしまい、ガンの治療と引き換えに人体実験の被験者となることを決め、施設でフランシスという男に薬品を投与されてしまう展開だ。
彼は変異するための拷問を受け不死身となるも醜く変貌したため、デッドプールとなって復讐を誓う。

34468675_2216143093_152large.jpg 34468675_2216143092_61large.jpg
本人が言うように全くヒーローらしくない主人公だね、下ネタ使いまくりであちこちで笑ってしまった。
敵はもちろん彼女や友人も変人ばかりで、まともなX-MENメンバーの二人の方が異端に見えたよ。
アクション描写は割ときつめだが逆に爽快感すら感じたね、観客に語りかけるメタネタも面白かった。

34468675_2216143089_66large.jpg 34468675_2216143086_12large.jpg
シリアスなヒーロー作品が多いだけにこの映画には意表を突かれた、アメコミにも色々あるんだなあ。
X-MENシリーズの名前を随所に出していたし、今後はそちらのシリーズにもゲスト出演とかありそう。
ノリが良くて楽しかったけど変化球のような作品だし続編はどうかな、とりあえず見て損は無いかと。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する