映画「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅲ 暁の蜂起」 感想

  • 2016/06/07(火) 22:25:36

               34468675_2215165982_63large.jpg
今回見に行った映画は「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅲ 暁の蜂起」、四部作の第三弾となる。
二週間限定の上映のためか客入りはなかなかの物だった、何だかんだでガンダムファンは根強い。
後付け感もあるシリーズだが割り切って見た方がいいと思う、無理に粗探しする必要も無いしね。

34468675_2215165981_4large.jpg
内容は、キャスバルがシャア・アズナブルと身分を偽り士官養成学校に入隊し、成長していく展開だ。
学校では抜群の成績を残すシャアはそこでガルマ・ザビと出会い、彼を利用しつつ成りあがっていく。
時代は連邦とジオンの開戦前で、徐々に一年戦争へ繋がっていく過程はなかなか見応えがあった。

34468675_2215165975_17large.jpg 34468675_2215165974_32large.jpg
しかしザビ家hの復讐を果たすためとはいえ、本物のシャアを陥れる手段はかなり悪辣だったな。
ガルマとの関係は彼を利用するためだが、友情も少なからず感じていた所が垣間見えて良かった。
池田秀一が10代の声を当てるのにはやはり無理があると思うが、聴いていると次第に慣れてしまう。

34468675_2215165972_234large.jpg 34468675_2215165969_27large.jpg
ただ年齢もあるんだろうけど、あまりに声が冷静過ぎて感情の起伏があまり感じられないんだよね。
ドズルの妻になるゼナの勇ましさは意外だった、今後ガルマがシャアを信頼してしまうのも当然かも。
今回はガンダムの内容を知っている人ほど楽しめたのでは、第四弾とルウム戦役編共に楽しみだ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する