『描く!』マンガ展 レポ

  • 2016/05/23(月) 20:21:34

            34468675_2213480136_36large.jpg
GW中に帰省していたオレは暇を持て余していたが、偶然地元でこの企画展が開催中なのを知った。
日本各地を回っている企画展のようで、これはちょうど良いと思いすぐに豊橋美術館へ向かった。
美術館の駐車場は満車で近くのパーキングに停めたが、さすが連休中だけあって人も多かったな。

                  34468675_2213480133_206large.jpg
この展示のコンセプトは、マンガの「描く」「見せる」「楽しむ」という部分に着目し、マンガ家の作画技術を原画、資料等を通して紹介し、その時代背景を様々な視点から見つめ直す事のようだ。
初期の展示は手塚治虫や石ノ森、赤塚らトキワ荘勢が中心で、彼らの功績の凄さを改めて感じた。

34468675_2213480130_40large.jpg 34468675_2213480126_43large.jpg
34468675_2213480122_22large.jpg 34468675_2213480119_120large.jpg
大御所では、ゴルゴ13のさいとう・たかを、風と木の詩の竹宮恵子の展示数もかなり多めだった。
さいとう・たかをの原画や竹宮恵子のイラストは見応えがあったね、二人とも今も現役なのが凄い。

34468675_2213480116_160large.jpg 34468675_2213480112_96large.jpg
34468675_2213480106_161large.jpg 34468675_2213480102_248large.jpg
他には島本和彦、PEACH-PIT、あずまきよひこ、平野耕太らの原画もずらりと展示してあった。
中でも島本の展示は燃えよペンが中心だったので、今回の企画展にぴったりの作品だと思ったよ。

34468675_2213480099_110large.jpg 34468675_2213480093_179large.jpg
34468675_2213480089_154large.jpg 34468675_2213480085_145large.jpg
正直それほど期待していなかった企画展だったけど、予想以上に色々と堪能出来て面白かったね。
エントランスには今回展示していた漫画家の作品が読めるように置いてあり、時間潰しにも良かった。
親子連れで来ている客も多かったし、懐かしい漫画作品もこうやって受け継がれていくと嬉しいね。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する