映画「アイアム ア ヒーロー」 感想

  • 2016/05/04(水) 08:26:54

              34468675_2210824916_130large.jpg
今回見に行った映画は「アイアム ア ヒーロー」、人気のゾンビパニック漫画を実写化した作品だ。
漫画の実写化は題材にもよるが不評な場合が多い、そういう意味でこの作品は難しいと思っていた。
それでもゾンビ映画好きであるオレとしては行かざるを得ない、そんな感じで期待せずに見に行った。

34468675_2210824915_79large.jpg
内容は、ある日ゾンビのような食人鬼と化す謎の奇病が蔓延し、売れない漫画家の鈴木英雄が必死に逃げ延びる展開で、その道中に出会った比呂美と二人で安全な場所を目指していく事になる。
その後英雄と「半感染」状態となった比呂美は、アウトレットモールに立てこもる人達と合流していく。

34468675_2210824913_181large.jpg 34468675_2210824912_69large.jpg
正直ここまで真っ当なゾンビ映画を日本が作れるとは全く思わなかった、いい意味で裏切られたね。
ZQN(ゾキュン)と名付けられたゾンビの頭をライフルで撃ちまくるし、襲われる人間の描写もいい。
自他共に認めるヘタレな英雄が懸命に生き抜こうとする姿は良かったね、正に等身大の主人公だ。

34468675_2210824911_40large.jpg 34468675_2210824909_163large.jpg
撮影のスケールも大きかったし海外で評価されたのもよく分かる、大泉洋の演技も良かったと思う。
ヒロインの比呂美も存在感があったし可能なら続編も見たいところだけど、この手の作品は厳しいか。
中身は最初から最後まで完全にゾンビ映画なんで、この手の作品が好きな人はぜひ見て欲しいね。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する