映画「ホビット 思いがけない冒険」感想

  • 2012/12/22(土) 00:16:06

                 34468675_1852159068_208large.jpg
今年最後の映画鑑賞はホビット 思いがけない冒険、ロード・オブ・ザ・リングの前日譚となる作品だ。
監督は前作同様ピーター・ジャクソンで、キャストに関しても前作のメンバーがかなり出演している。
今作は当初二部作で製作されていたが最終的に三部作構成となった、上映時間も3時間と長めだ。

    34468675_1852159066_130large.jpg
内容は、前作の主人公フロドの養父ホビットのビルボが魔法使いガンダルフに誘われ、13人のドワーフと共に邪竜スマウグに奪われた彼らの祖国エレボールを奪還するために出発するという展開だ。
道中はドワーフの宿敵オークが襲ってきたり、トロールやゴブリンと戦ったりと険しい道のりとなる。

34468675_1852159065_7large.jpg 34468675_1852159061_52large.jpg
3D用の最新カメラで撮影されただけあって映像は綺麗だったね、3D大画面向きの映画だと思う。
上映時間中は次々にモンスターが襲ってくる感じで、息つく暇は無いタイプの作品になっていた。
個人的には、ビルボがゴラムから指輪を盗んで脱出するまでシーンが緊迫感もあって良かった。

34468675_1852159059_49large.jpg 34468675_1852159058_139large.jpg
ドワーフ達の故郷奪還前の序章という内容だったが、ビルボは仲間との絆も深め大きく成長したね。
ロード・オブ・ザ・リングが好きなら行く価値はあるね、この手のファンタジーが好きなオレは楽しめた。
次回は邪竜スマウグとの戦いやオークとの決着戦も描かれるのだろう、2013年の12月公開予定だ。


人気ブログランキングへ  

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する