映画「スター・ウォーズ フォースの覚醒」 感想

  • 2016/01/07(木) 23:23:49

                 34468675_2193381345_149large.jpg
今回見に行ってきた映画は「スター・ウォーズ フォースの覚醒」、非常に思い入れの強いシリーズだ。
ルーカスフィルムをディズニーが買収した事で制作が決定した本作は、ルーカスが関わっていない。
そういった部分に不安は残るが、それ以上にスター・ウォーズを見られるという喜びの方が強かった。
34468675_2193381342_236large.jpg
内容は、エンドアの戦いから約30年後、銀河帝国の残党「ファースト・オーダー」が再び銀河に脅威をもたらしており、レイアは「レジスタンス」を結成して姿を消してしまったルークを探すという展開だ。
ルークの居所が記された地図を巡り、元ストーム・トルーパーのフィンと孤独な少女レイが出会う。

34468675_2193381339_1large.jpg 34468675_2193381335_208large.jpg
全体的なストーリーはEP4~EP6をオマージュしたような流れで、そこまで合わせなくてもと思った。
ダースベイダー的な立場のカイロ・レンは小物感が強かったが、今後大物らしくなれるのだろうか。
レイとフィンは悪くなかったが、ジェダイの素養も無さそうなフィンがライトセイバーを使うのはなあ・・・

34468675_2193381332_165large.jpg 34468675_2193381328_86large.jpg
本作にはハン・ソロやレイア、チューバッカ等も登場、やはり彼らが居るとスター・ウォーズらしくなる。
とにかく賛否両論起きているがオレは十分楽しめたよ、どうしても皆ハードルが高くなるんだろうな。
気になる部分もあったけど間違いなくスター・ウォーズだった、まずは三部作きっちり作って欲しいね。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する