映画「Wake Up, Girls! Beyond the Bottom」 感想

  • 2015/12/19(土) 08:43:28

                34468675_2190503645_239large.jpg
今回見てきた映画は「Wake Up, Girls!Beyond the Bottom」、先日公開された青春の影の続編だ。
上映時間は前編と同じく1時間なので、正直どうせならまとめて1本の映画にして欲しかったところだ。
前作は話の途中という感じで後輩の内容次第で評価も決まるため、期待と不安が半々くらいだった。

34468675_2190503644_211large.jpg
内容は、東京デビューを果たしたが思うように活躍出来ないWUGが早坂に渡された新曲「少女交響曲」で改めてアイドルの祭典で優勝を目指す展開で、同時に菜々美が脱退を悩む姿も描かれる。
またI-1クラブのセンター争いに敗れた志保は、I-1の派生ユニット「ネクストストーム」を結成する。

34468675_2190503641_215large.jpg 34468675_2190503639_185large.jpg
とにかく1時間という枠に詰め込んだ感じで非常に慌ただしい、あまりにも尺が足りなさ過ぎたと思う。
将来に悩む菜々美、ネクストストームの成長、アイドルの祭典の予選や決勝など全て中途半端だ。
WUGらしさを探していたはずだが、多くの事が何となく解決してそのまま勝ち上がっていった感じだ。

34468675_2190503637_153large.jpg 34468675_2190503633_28large.jpg
アイドルの祭典の結果を見せないまま終わっても良かったと思う、ライブパートも少なめだったし。
ただきちんと物語を完結させた事は評価してもいいかな、途中経過は各々で想像するしかないね。
やっぱり2期でじっくりとやって欲しかったなあ、個人的に好きな作品だしもう少し頑張って欲しかった。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する