映画「センコロール コネクト」 感想

  • 2019/07/31(水) 22:19:50

   
センコ00
今回見た映画は「センコロール コネクト」、漫画家の宇木敦哉がほぼひとりで作った作品だ。
2009年に第1作が制作され2014年には2作目が公開予定だったが、今年まで延期されていた。
続編となるセンコロール2と合わせての上映となったが、1作目を見ていないので丁度良かった。

センコ01 センコ02
内容は、少年・テツが操る変身能力を持つ生物を偶然見つけたセンコが、同じく謎の怪物を従えた少年・シュウとの戦いに巻き込まれる展開で、シュウを追う政府機関の人間も絡んでくる。
1作目だけでは世界観の説明はほとんど無かったので、今回2本同時上映にしたのは正解だ。

センコ03 センコ04
基本的に同人アニメのノリで描きたい物を映像化した感じだな、2は多少分かりやすくなったが。
その分やりたい事をやっているのが伝わってきた、特に怪物同士の戦いはよく動いていたね。
一部の層には受けそうだけど大多数の視聴者は置いてきぼりかも、ただそれを良しとしてそう。

センコ05 センコ06
メインキャラに魅力を感じないのも厳しいかな、センコはその見てくれと違って意外と可愛いが。
声優は手堅いキャストを揃えているので問題は無い、ただ今回も完結せずに続くのはなあ。
趣味の作品だから完結しなくてもいいかってスタンスなのかな、興味があれば行ってみては。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

アニメ感想 フルーツバスケット 第17話 他

  • 2019/07/30(火) 21:26:01

   
○フルーツバスケット 第17話
やさぐれていたありさが透の親友になりたいと言った場面は印象的だね、今回もいい話だった。
あの母親を亡くすのは相当ショックだよなあ、彼女が由希たちに会えて本当に良かったと思う。
中坊のヤンキー娘たちがありさに憧れる流れはほっこりした、咲メインの話もいつか見たいな。
34468675_2313780762_218large.jpg 34468675_2313780761_135large.jpg
34468675_2313780760_54large.jpg 34468675_2313780759_15large.jpg

○荒ぶる季節の乙女どもよ。 第4話
何気にカップリングが決まってきた感じもあるが、和紗と泉に関しては簡単に進みそうもないな。
眼鏡を外した部長の変わりようは正にマンガだ、レポートを書いてきた天城はいいヤツだね。
逆に百々子に近づいてきた元同級生は分からないなあ、山岸先生とひと葉は色々危なそうだ。
34468675_2313730464_229large.jpg 34468675_2313730462_168large.jpg
34468675_2313730461_111large.jpg 34468675_2313730460_231large.jpg

○女子高生の無駄づかい 第4話
一番まともだと思われていた「マジメ」が実は全然まともじゃなかった、ヤバい子ばかりだな。
「ロボ」とお近づきになりたいようだが変な方向で印象付けられていて笑った、母親も大変だ。
相変わらず田中はうるさいな、彼女が居ない方が面白いと言われるが居ないのも寂しいかもw
34468675_2313730450_104large.jpg 34468675_2313730449_165large.jpg
34468675_2313730448_150large.jpg 34468675_2313730447_183large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第3話
○まちカドまぞく 第4話
△うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 第4話
△彼方のアストラ 第4話
△通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? 第3話
△とある科学の一方通行 第3話
△Dr.STONE 第4話
△魔王様、リトライ! 第4話
△炎炎ノ消防隊 第3話
△異世界チート魔術師 第3話
△グランベルム 第4話
 総評
ダンまちは酒に打ち勝ったリりはよく頑張った、まちカドまぞくはご先祖もいい感じでポンコツだ。
うちの娘はラティナの友達が皆いい子で安心した、アストラは歌要員と言えばやはりはやみん。
お母好きは母の胸に顔を埋めるって考えられん、一方通行はエステルが結構世間知らずだ。
34468675_2313730458_196large.jpg 34468675_2313730452_51large.jpg
34468675_2313730465_237large.jpg 34468675_2313730446_144large.jpg
34468675_2313730457_115large.jpg 34468675_2313730451_195large.jpg


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「X-MEN: ダーク・フェニックス」 感想

  • 2019/07/29(月) 20:17:13

   
ダーク・フェニックス01
今回見に行った映画は「X-MEN: ダーク・フェニックス」、X-MENの関連作品では12作品目だ。
また若い頃のプロフェッサーXやマグニートーを主軸に据えたシリーズでは、4作品目となる。
配給は初めてディズニーが行っており、X-MENシリーズはこれが最後の作品となるそうだ。

ダーク・フェニックス02
内容は、アポカリプスと戦い人類を救ってから10年が経過した時代、強力な能力を持つX-MENメンバーのジーンが宇宙で起きた事故が原因で能力を制御出来なくなり暴走し始める展開だ。
仲間を殺してしまったジーンはX-MENと対立し、彼女の能力を狙う組織と接触を持ってしまう。

ダーク・フェニックス03 ダーク・フェニックス04
ダークな内容なのは構わないが全体的に地味な印象だ、戦闘シーンもあまり見せ場がない。
プロフェッサーXが言葉足らずなせいで内輪もめしてるだけに思えた、ジーンも魅力を感じない。
個人的に好きなミュータントが早々と離脱したのが辛い、まあ1作目に繋がる訳ではないしね。

ダーク・フェニックス05 ダーク・フェニックス06
X-MEN最後のシリーズという事で大団円っぽくなったけど、今ひとつ腑に落ちない感じだった。
敵もアポカリプスに比べてもパワーダウン感は否めないし、正直蛇足な話だった気もしてきた。
今後X-MENは他のマーベル作品に合流していくのかな、かなり先の事にはなるだろうけどね。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

小畑健展 NEVER COMPLETE レポ

  • 2019/07/28(日) 11:49:44

   
小畑01
今年で漫画家生活30周年を迎えた小畑健、その展覧会が開かれる事となり初日に行ってきた。
オレは彼が「CYBORGじいちゃんG」でデビューした頃が、一番少年ジャンプにはまった時代だ。
その頃の彼は絵は上手いが面白くないという印象で、おそらくそれが大方の見方だったと思う。

小畑02
土方茂としてデビューした彼が漫画原作者と組み「小畑健」と改名したのは、その2年後だった。
特に「ヒカルの碁」を描き始めたのは大きかったと思う、本人もターニングポントだと言っていた。
あの辺りから画風も、少年漫画らしい絵柄から徐々に今のリアルよりの絵柄に変わってきた。

小畑03 小畑04
小畑05 小畑06
本人も自分らしい作画でいいんだと思ったそうで、そこから「DEATH NOTE」に繋がったわけか。
「DEATH NOTE」の連載後に「バクマン」の絵柄で連載してるんだから、本当に作画力が高い。
今連載中の「プラチナエンド」は1巻をちょろっと読んだだけなんだけど、完結したら読もうかな。

小畑08 小畑07
小畑09
https://shonenjumpplus.com/episode/10834108156668356542
今回の展示は原作第1話の原画が多く展示してあり、カラーイラストも含め見応えがあったよ。
絵コンテが発表されている「DEATH NOTE」続編の読み切りも、冒頭部分が展示してあった。
「バクマン」の二人のように、原作と小畑作画が最高にマッチした作品をこれからも読みたいね。

小畑10


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

アニメ感想 からかい上手の高木さん2 第3話 他

  • 2019/07/26(金) 23:50:02

   
○からかい上手の高木さん2 第3話
回を増すごとにイチャイチャ指数が上がっていく高木さん、駄菓子屋デートでもウキウキだね。
所々で高木さんが照れてる場面があったのは良かったな、一瞬本心が見えるところがいい。
西片が呼び捨てになった経緯も高木さんの誘導の仕方がさすがだね、壁殴り代行が必要だ。
34468675_2313496673_8large.jpg 34468675_2313496672_100large.jpg
34468675_2313496671_204large.jpg 34468675_2313496670_134large.jpg

○転生したらスライムだった件 OVA
漫画版の第12巻に同梱されたOVAで、リムルクッションの材料を取りにハイキングへ行く話だ。
OVAらしい箸休め的なノリで、シオンやシュナ、ソーカ達だけでなく野郎共の水着回でもあった。
ミリムは予想通り水着になっても変わらなかったな、2期も決まってるし相変わらず人気だね。
34468675_2313496669_91large.jpg 34468675_2313496668_45large.jpg
34468675_2313496665_2large.jpg 34468675_2313496664_82large.jpg

○戦姫絶唱シンフォギアXV 第3話
パヴァリア結社残党は、オオカミにドラキュラとくればやはり三人目はフランケン属性だよね。
翼は目の前で幼女が惨殺されたてトラウマを抱えるかと思ったが、さすが防人は意志が強い。
ラストで判明したラスボスの正体は予想外だった、翼が最後どんな結論を出すのか楽しみだ。
34468675_2313496691_109large.jpg 34468675_2313496689_149large.jpg
34468675_2313496686_145large.jpg 34468675_2313496685_11large.jpg

○ダンベル何キロ持てる? 第4話
さすがに勢いは落ちてきたというか慣れてきた感じはあるけど、今回も安定して面白かったな。
ジムのコアタイムはあるあるだね、ケンガンアシュラネタの小津俊夫はキャラが濃くて笑った。
水着回なのに泳がずに筋トレとはさすがだ、何だかんだで付き合ってくれる先生はいい人だな。
34468675_2313496684_123large.jpg 34468675_2313496683_230large.jpg
34468675_2313496682_1large.jpg 34468675_2313496679_112large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○鬼滅の刃 第16話
○BEM 第2話
△Re:ステージ! ドリームデイズ♪ 第3話
△可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 第3話
△ありふれた職業で世界最強 第3話
△MIX 第15話
△ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 第3話
△あんさんぶるスターズ! 第3話
△コップクラフト 第3話
△かつて神だった獣たちへ 第4話
△この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第17話
 総評
鬼滅は鬼を優しく滅ぼす炭治郎の姿勢がいい、BEMは思った以上にベラが学生を満喫してる。
Re:ステージは残されたサバゲ部はどうするのかな、変好きは真緒の変態属性が気になるね。
ありふれた職業はユエの可愛さだけでもっている、MIXはここでいきなり負けるかと思ったよ。
34468675_2313496678_105large.jpg 34468675_2313496675_166large.jpg
34468675_2313496696_62large.jpg 34468675_2313496674_201large.jpg
34468675_2313496694_57large.jpg 34468675_2313496677_17large.jpg


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「薄暮」 感想

  • 2019/07/25(木) 22:13:03

   
薄暮01
今回見に行った映画は「薄暮」、山本寛監督による被災地復興プロジェクト作品の最終作だ。
当初は2018年公開予定だったが、クラウドファンディングで資金が集まらず延期されていた。
今年の試写会では未完成だったりと残念な方向で話題になっていたが、完成したのだろうか。

薄暮02
内容は、福島に住むバイオリンが好きな女子高生の佐智は夕焼けがきれいに見える田園風景のバス停でキャンパスを持った高校生の祐介と出会い、少しずつ親しくなっていく展開だ。
佐智は音楽部の仲間と文化祭で披露する曲の練習をして、夜は祐介と一緒に帰るようになる。

薄暮03 薄暮04
変な先入観を持たないようにしたが、見終わってみると意外と悪くない映画じゃないかと思った。
お互いが相手の気持ちを探りながら踏み出しきれないもどかしい感じ、むず痒い青春物語だ。
田舎町の小さな恋の1ページを切り取ったような話だね、文化祭の演奏は映像が弱かったが。

薄暮05 薄暮06
主人公の二人は声優初挑戦であまり上手くはないが、逆に告白時の緊張感が伝わってきた。
他のキャストは人気声優ばかりでこちらは安定感があったね、田園風景もきれいで良かった。
ただ作品としては地味なので話題にはならないかな、上映館が少ないのが少しもったいない。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

藍井エイル LIVE TOUR 2019 “Fragment oF” in 神奈川県民ホール レポ

  • 2019/07/24(水) 22:18:57

   
エイル01
今回参加したライブは藍井エイルのLIVE TOUR 2019 “Fragment oF”、そのファイナル公演だ。
タイトル通り新しいアルバムの「Fragment」を引っ提げて、北海道から九州まで縦断してきた。
昨年の8月に復帰して久しぶりのライブツアーという事で、かなり力を入れて回ってきたようだ。

エイル02
https://music.jocee.jp/user/onchan/7a5246af6380195936c7
セットリスト
ライブはアルバム収録曲でもある「UNLIMITED」からスタート、のっけからかっ飛ばしていく。
そのまま「アイリス」から「SINGULARITY」と、アルバム収録曲を立て続けに披露していった。
もちろんアルバムは聴きこんでいたが、生で聴くのは初めてなのでじっくり堪能させてもらった。

エイル03
エイルは自分のライブは運動だと言っているが、飛び曲は結構集中していてかなり飛んだね。
そんな中で印象的なのが「MEMORIA」の演出で、バックの映像の壮大な感じがピッタリだった。
エイルの曲で一番好きな「MEMORIA」だけど、周りの景色が消えて鳥肌の立つ感覚だったよ。

エイル04
アンコールでは「グランベルム」のOP「月を追う真夜中」を披露、作品も盛り上がるといいけど。
ツアーの締めはこの日だけの曲「AURORA」、今回は聴けないと思っていただけに嬉しかった。
個人的には約1年ぶりとなるエイルの単独ライブだったけど、最高に楽しい音楽と運動だった。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

アニメ感想 荒ぶる季節の乙女どもよ。 第3話 他

  • 2019/07/23(火) 22:21:38

   
○荒ぶる季節の乙女どもよ。 第3話
相変わらずマリー節炸裂で面白い、和紗に振り回される感じになっている泉はちょっと可哀想。
泉に助言してあげる菅原はかっこいいな、曾根崎はどこかのタイミングで眼鏡外すのだろうか。
ひと葉はチャットの出会いでどうなることかと思ったが先生だとは…ここも今後は色々ありそう。
34468675_2313310539_254large.jpg 34468675_2313310538_68large.jpg
34468675_2313310536_11large.jpg 34468675_2313310535_155large.jpg

○彼方のアストラ 第3話
通信機を壊した犯人はユンファとウルガーが露骨に怪しいが、そこはあえて捻ってくるのかな。
ギスギスした空気を変えるアリエスはいい子だね、カナタも彼女に救われている部分も多い。
ウルガーが持っていた銃は父親に向けるものなのかな、どこの家庭も色々事情が複雑そうだ。
34468675_2313310555_60large.jpg 34468675_2313310552_216large.jpg
34468675_2313310551_63large.jpg 34468675_2313310550_96large.jpg

○通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? 第2話
新たなヒロインとしてワイズとポータが登場したが、何となく仲間になった感じでもったいない。
今後は彼女たちにスポットが当たるといいね、今回は母親のエロという飛び道具がやばかった。
さすがに全裸の実母とヌルヌルってキツ過ぎる、個人的にはワイズのツンデレっぷりが好みだ。
34468675_2313310548_104large.jpg 34468675_2313310547_93large.jpg
34468675_2313310546_198large.jpg 34468675_2313310545_107large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○キャロル&チューズデイ 第14話
○まちカドまぞく 第2話
○フルーツバスケット 第16話
△女子高生の無駄づかい 第3話
△ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第2話
△魔王様、リトライ! 第3話
△うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 第3話
△異世界チート魔術師 第2話
△Dr.STONE 第3話
△とある科学の一方通行 第2話
△グランベルム 第3話
 総評
キャロチューはキャロと父の再会が見たい、まちまぞくはシャミ子のぽんこつっぷりがいいね。
フルバは魚ちゃん花ちゃんの過去は興味深い、無駄女子高生はロリが甘える様子が可愛い。
ダンまちはあまりにも理不尽な開戦になったな、魔王様リトライは霧雨ゼロのキャラが濃いね。
34468675_2313310544_4large.jpg 34468675_2313310540_198large.jpg
34468675_2313310534_8large.jpg 34468675_2313310541_38large.jpg
34468675_2313310549_109large.jpg 34468675_2313310543_171large.jpg


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ミュージカル「少女革命ウテナ ~深く綻ぶ黒薔薇の~」 レポ

  • 2019/07/22(月) 20:28:35

   
ウテナ01
先日、ミュージカル「少女革命ウテナ~深く綻ぶ黒薔薇の~」の初回公演を観に行ってきた。
アニメ「少女革命ウテナ」を原作とした舞台で、昨年上演された「白き薔薇のつぼみ」の続編だ。
「白き薔薇のつぼみ」は生徒会編をまとめた話で、今回は黒薔薇編をまとめた話になっていた。

ウテナ02 ウテナ03
ウテナやアンシーなどメインキャストは前回と変わらず、新たに御影や暁生らが加わっている。
各キャラが心の闇をあばかれてウテナと決闘する黒薔薇編の展開を見事にやり切っていたね。
親友の梢とのやり取りや暁生の暗躍、合間に挟まれる七実のギャグエピソードも面白かった。

ウテナ04 ウテナ05
改めてウテナはミュージカルに合う作品だなと実感したね、合唱曲が使われるシーンもあった。
樹璃は前回同様イメージ通りだったが、今回増えた暁生と枝織のキャストもぴったりだと思う。
特に暁生はさらに重要な役どころになるし、続きがあるならこのままの俳優でいって欲しいね。

ウテナ06 ウテナ07
今回の観客もほとんどが女性だったけど、当時ウテナが好きだった男性ファンにも観て欲しい。
もちろんDVDでも見られるけど、やっぱりミュージカルは劇場で観るのが一番だと思ったね。
ここまで来たら最後までやってくれると思うけど、早い段階で続編の発表があると安心だなあ。

ウテナ08


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム」 感想

  • 2019/07/21(日) 12:17:30

   
うたプリ00
今回見た映画は「劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム」、うたプリの続編だ。
TVシリーズは4期まで放送されているが、今ではST☆RISH以外にもグループが登場している。
オレがここまで見続けてきたのは楽曲が好きなのもあるけど、ヒロインの春歌の魅力が大きい。

うたプリ01
そういう意味で言えば今回の映画は思っていたのと違った、事前に調べていなかったからなあ。
4期から繋がるST☆RISH、QUARTET NIGHT、HE★VENSの合同ライブが描かれた内容だ。
途中でこれはライブのみの作品だなと気付き、視聴モードからライブ鑑賞モードへ切り替えた。

うたプリ02 うたプリ03
うたプリ04 うたプリ05
楽曲は良かったし映像の演出も面白い、特にユニットをシャッフルした各曲は盛り上がったね。
いがみ合っていた3グループがよくここまで仲良くなったなあと、少し感慨深くなってしまった。
演者目線で会場の景色が見えるのは映像ライブならではだね、あの中にオレ達がいるのだw

うたプリ06
もちろん物語を見に行ったつもりだったので残念感はあった、春歌も一切本編に出てこないし。
その分スタッフロールで、舞台袖で全員を見守る春歌が見られた瞬間は本当に嬉しかったよ。
という訳でうたプリファンのためのFILMコンサートと考えた方がいいね、ファンなら行っておこう。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

アニメ感想 戦姫絶唱シンフォギアXV 第2話 他

  • 2019/07/20(土) 08:30:24

   
○戦姫絶唱シンフォギアXV 第2話
1期の第1話の翼と奏のライブを思い起こさせる展開だったね、今回の被害者数も半端ないが。
ライブシーンが良かっただけに、その後のモブ幼女が惨殺される展開との落差が凄かったな。
序盤の切ちゃんのポールダンス変身バンクから上がっていったテンションが急落してしまった。
34468675_2313195023_88large.jpg 34468675_2313195022_130large.jpg
34468675_2313195021_114large.jpg 34468675_2313195018_66large.jpg

○あんさんぶるスターズ! 第2話
Trickstarが学院を改革したいと考える訳がよく分かる回だった、紅月のライブはかっこいいが。
次のアイドルが控えているのに全員帰るってヤバいわ、しののんの笑顔と涙が切なすぎる。
朔間零は頼りになりそうだし他の三奇人も気になるね、あんずのセリフが増えたのは良かった。
34468675_2313195027_177large.jpg 34468675_2313195026_4large.jpg
34468675_2313195025_48large.jpg 34468675_2313195810_122large.jpg

△BEM 第1話
何度目のリメイクか忘れたが、今回はベラやベロのキャラデザと性格が大幅に変わっていた。
かなりクールな作品に仕上げているが今回の敵は騒がしかったな、ベロは達観し過ぎだろ。
ベラが可愛くなっていたが既に人間との違いなんて大した事ないのでは、とりあえずは様子見。
34468675_2313195016_83large.jpg 34468675_2313195015_131large.jpg
34468675_2313195014_51large.jpg 34468675_2313195013_16large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○からかい上手の高木さん2 第2話
○ダンベル何キロ持てる? 第3話
○Re:ステージ! ドリームデイズ♪ 第2話
△可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 第3話
△ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 第2話
△鬼滅の刃 第15話
△コップクラフト 第2話
△ありふれた職業で世界最強 第2話
△MIX 第14話
△かつて神だった獣たちへ 第3話
△この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第16話
 総評
高木さんはいつも以上に西片との距離が近かった、ダンベルは北斗の拳のパロディは笑った。
Re:ステージは仲間が増えていく過程は面白い、変好きはドSな感じの後輩もなかなか可愛い。
エルメロイ事件簿はグレイが思った以上に強い、鬼滅は蜘蛛の鬼と対話の余地はないのかな。
34468675_2313195009_177large.jpg 34468675_2313195017_149large.jpg
34468675_2313195012_21large.jpg 34468675_2313195010_2large.jpg
34468675_2313195011_178large.jpg 34468675_2313195024_74large.jpg


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「きみと、波にのれたら」 感想

  • 2019/07/19(金) 00:36:59

   
きみの波01
今回見たのは「きみと、波にのれたら」、「四畳半神話大系」等を手掛けた湯浅監督の作品だ。
監督の前作である「夜明け告げるルーのうた」もそうだが、良作を作る監督のイメージが強い。
主演声優がEXILE TRIBEの片寄涼太と元AKBの川栄李奈なのは、若干の不安を感じさせた。

きみの波02
内容は、サーフィンが好きな向水ひな子が海の見える町で独り暮らしを始めるも火事に巻き込まれてしまい、そこで出会った消防士の雛罌粟港と互いに惹かれ合い付き合い始める展開だ。
それから幸せな日々を過ごしていた二人だったが、ある日海の事故で港が命を落としてしまう。

きみの波03 きみの波04
TVドラマや実写映画でやっても不思議ではない恋愛映画で、非常にきれいにまとまっていた。
二人のイチャイチャする姿をガッツリ見る事になるので、そこに耐性がないときつく感じるかも。
お似合いの二人だったからこそひな子が可哀相に思えたなあ、港も最後までかっこいい男だ。

きみの波05 きみの波06
港の同僚・山葵や妹の洋子の恋愛模様もいいアクセントになっていたね、洋子が可愛かった。
片寄の演技は微妙だが川栄の演技はアニメ声優そのものという感じで、違和感は無かったよ。
今まで通好みの作品が多かった湯浅監督だけど、今作は一般にも十分受け入れられそうだ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

水瀬いのり LIVE TOUR 2019 Catch the Rainbow! 日本武道館2日目 レポ

  • 2019/07/18(木) 00:11:43

   
いのり01
今回参加したのは、水瀬いのりのライブツアー「Catch the Rainbow!」の日本武道館公演だ。
3都市4公演を巡ってきたライブツアーの締めくくりが、彼女にとって初の武道館公演となった。
オレが行ったのは2days公演の2日目だが、両日とも客席はびっしり埋まり18,000人を動員した。

いのり02
https://www.livefans.jp/events/1096074
セットリスト
ライブは新アルバムの1曲目「Step Up!」でスタート、いのりは赤いミニドレスで華麗に登場だ。
鉄板曲の「Ready Steady Go!」ではタオルを回し、会場のボルテージも一気に上がっていった。
中盤ではいつも以上にダンスを披露し、ショートムービーでは車を運転する姿も見せてくれた。

いのり03 いのり04
ストリングス隊と歌った「TRUST IN ETERNITY」や、7色ライト演出の「My Graffiti」も印象的だ。
この日の衣装もツアータイトルのRainbowにちなみ7色を使っており、可愛くてかっこよかった。
「harmony ribbon」では珍しく感極まる彼女の姿が見られ、ファンに感謝の想いを伝えてくれた。

いのり05
ダブルアンコールではデビュー曲の「夢のつぼみ」を披露、こちらこそありがとうと言う想いだ。
歌やダンスはもちろん心を掴むトークも含め、改めてデビューした頃に比べて成長を感じたよ。
「みんなも絶対、また私と同じ時間を過ごしてください!」、彼女の願いに少しでも応えたいね。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

アニメ感想 まちカドまぞく 第1話 他

  • 2019/07/16(火) 21:29:36

   
○まちカドまぞく 第1話
突然闇の一族の力に目覚めて魔法少女を倒す流れだったが、きらら系らしいほのぼのさだ。
周りも含めて特に大騒ぎすることもなく日常を過ごす緩さがいいね、シャミ子の性格も楽しい。
逆に魔法少女の桃は大雑把な感じの子だな、かなり慌ただしいノリだったけど悪くはなかった。
34468675_2312914009_174large.jpg 34468675_2312914008_237large.jpg
34468675_2312914005_122large.jpg 34468675_2312914004_184large.jpg

△通常攻撃が全体攻撃で二回攻撃のお母さんは好きですか? 第1話
実母とネットRPGを楽しむという現実にはありえない展開だが、かやのんボイスの母はありだ。
このままヒロインが母親だったらきついが、今後は主人公を見守る視点らしいのでひと安心。
第1話は何事もなくスタートした導入部なので、他のキャラが出てくるまで様子見という感じだ。
34468675_2312914003_159large.jpg 34468675_2312914002_83large.jpg
34468675_2312914001_189large.jpg 34468675_2312914000_152large.jpg

△ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ 第1話
すでに結構活躍し始めているベルなのに、まだあそこまで舐められたりするのは不思議だな。
まあそれをやっかんでの暴言だろうけど、明らかにホモくさいアポロンの差し金だったりして。
神様にも色々いるんだなと改めて思ったね、小競り合いみたいなものだし本筋はもっと後かな。
34468675_2312914026_251large.jpg 34468675_2312914024_208large.jpg
34468675_2312914022_60large.jpg 34468675_2312914020_46large.jpg

△とある科学の一方通行 第1話
禁書の3期よりはかなり話が分かりやすい、舞台が広がり過ぎると着いていくのも大変だしね。
アクセラレータはそれほど好きではないので、彼が活躍してもあまりテンションが上がらない。
ラストオーダーとの関係はほっこりする部分もあるけどね、上条さんとかも登場するのかな。
34468675_2312914014_44large.jpg 34468675_2312914013_49large.jpg
34468675_2312914012_158large.jpg 34468675_2312914010_232large.jpg

△異世界チート魔術師 第1話
新たにスタートした異世界転生アニメだが、主人公が転生をあっさり受け入れていて笑った。
ヒロインと一緒に連れて行かれるのは結構珍しいかな、最初から当たり前のようにチートだが。
目新しい部分は今のところ無いので、このまま進むと惰性で見続けて記憶に残りそうもない。
34468675_2312914019_23large.jpg 34468675_2312914018_91large.jpg
34468675_2312914017_222large.jpg 34468675_2312914016_178large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○荒ぶる季節の乙女どもよ。 第2話
○彼方のアストラ 第2話
○キャロル&チューズデイ 第13話
○炎炎ノ消防隊 第2話
△フルーツバスケット 第15話
△グランベルム 第2話
△Dr.STONE 第2話
△女子高生の無駄づかい 第2話
△うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 第2話
△魔王様、リトライ! 第2話


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」 感想

  • 2019/07/15(月) 08:00:59

   
青ブタ01
今回見に行った映画は「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」、TV版の続編となる。
TV放送時から続編の劇場公開が決まっていたため、TV版は謎が残る形で最終回となった。
あまり話題にはなっていないがTV版は悪くなかったし、劇場版も酷い事にはならないと思う。

青ブタ02 青ブタ03
内容は、クリスマス間近の12月に咲太の彼女・麻衣が家に来ていたところ、咲太の初恋相手である大学生の翔子が泊めて欲しいと訪ねてきて、揉めた末そのまま居候として留まる展開だ。
一方、咲太の知り合いの中学生であるもう一人の翔子は重い病気を抱え入院する事となる。

青ブタ04 青ブタ05
TV版で語られなかった二人の翔子の関係や、咲太の胸の傷の理由が判明してスッキリした。
ただ咲太だけでなく麻衣や翔子それぞれが大変な思いを抱えていて、見ているのが辛くもある。
特に大きな選択を迫られた咲太はきつかったと思うし、そこを乗り越えてのラストは感慨深い。

青ブタ06 青ブタ07
すでに救われている朋絵やのどかの元気な様子は救いだったね、花楓も前に進んでいたし。
原作はこの後も続いているけど、アニメはキリよく終わった感じだしおそらく続きは無さそうだ。
もやっとするような展開もあるけど、TV版を楽しめた人は見に行った方がいいんじゃないかな。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

アニメ感想 ヴィンランド・サガ 第1~3話 他

  • 2019/07/13(土) 09:29:14

   
○ヴィンランド・サガ 第1~3話
3話一挙放送という事で世界観が非常に分かりやすかった、その分来週から放送休止だが…
トールズ含め同郷のヤツラもほぼ全滅しそうだ、トルフィンはここからどう逃げ延びるのかな。
登場するおっさんたちが皆キャラが濃くていいね、先は長いし丁寧にやってくれればいいかな。
34468675_2312718340_73large.jpg 34468675_2312718339_212large.jpg
34468675_2312718338_105large.jpg 34468675_2312718337_33large.jpg
34468675_2312718335_4large.jpg 34468675_2312718334_176large.jpg

○コップクラフト 第1話
刑事のバディもので掴みはなかなか良かったと思う、異世界と繋がってる設定はいるのかな。
ティラナは気が強くて戦闘力もあるしいいね、ケイは切れ者だけどまだそこまでの印象はない。
今後は色々な事件を追うのかそれともラスボスがいるのか、とりあえずこのノリでいって欲しい。
34468675_2312718333_119large.jpg 34468675_2312718332_185large.jpg
34468675_2312718331_24large.jpg 34468675_2312718330_163large.jpg

○からかい上手の高木さん2 第1話
最初からイチャイチャしまくりの第2期がスタート、二人の前の席に座ってたらイライラしそう。
特に高木さんがかなり仕掛けてきているね、もう自分の好意がばれても全然構わない感じだ。
高木さんきっかけに多くの派生作品が登場したけど、やっぱり本家のこの作品が至高だね。
34468675_2312718314_10large.jpg 34468675_2312718312_187large.jpg
34468675_2312718311_217large.jpg 34468675_2312718310_230large.jpg

△Re:ステージ! ドリームデイズ♪ 第1話
小説が原作のアイドル作品で、既にライブも2回行われているようで満を持してのアニメ化だ。
中学1年という事でキャラデザは幼めかな、アイドルを拒否する舞菜と姉の関係は気になるね。
アイカツ系の雰囲気かな、ライブに行きたくなるくらい盛り上がるといいけどとりあえず様子見。
34468675_2312718320_215large.jpg 34468675_2312718318_3large.jpg
34468675_2312718316_133large.jpg 34468675_2312718315_216large.jpg

△八月のシンデレラナイン 第12話(終)
作画が微妙だと言われ続けたがそれほど気にならなかったな、面白いかどうかは置いといて。
最終話で控え組にも出番があったのは良かったね、団長はまさにドカベンの岩鬼枠だった。
強豪校が強く見えないのは最後まで気になったが、野球作品としては無難な出来だったと思う。
34468675_2312718325_31large.jpg 34468675_2312718324_154large.jpg
34468675_2312718323_157large.jpg 34468675_2312718321_162large.jpg

△戦姫絶唱シンフォギアXV 第1話
誰もが思い描くイメージ通りのシンフォギア第1話だったのでは、相変わらずテンションが高い。
ただ内容が頭に入って来ないのも相変わらずで、そのせいで毎回途中から置いて行かれる。
どこかのタイミングで未来と敵対する事になるんだろうけど、いい感じの最終章になるといいな。
34468675_2312718329_119large.jpg 34468675_2312718328_118large.jpg
34468675_2312718327_70large.jpg 34468675_2312718326_72large.jpg

△可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 第1話
ヒロインそれぞれが特殊性癖を持っている設定だと思うが、ドMくらいならマシかもしれないな。
他の子たちの秘密はまだ判明してないけど、その状態の女の子同士も絡んでくると面白そう。
個人的には妹が気に入ったけどメインヒロインではないんだろうなあ、まったり見ていく感じだ。
34468675_2312718308_217large.jpg 34468675_2312718307_76large.jpg
34468675_2312718305_35large.jpg 34468675_2312718303_92large.jpg

△ありふれた職業で世界最強 第1話
冴えない主人公がモンスターを食うごとにレベルアップという仕組みが、かなり強引に思える。
あっという間に性格の曲がったチート能力者になりそうだが、好きになれそうもないキャラだな。
裏切り者が誰かは気になるね、金髪の子が相棒になりそうだが盾の勇者の亜流という感じだ。
34468675_2312718349_244large.jpg 34468675_2312718347_67large.jpg
34468675_2312718346_105large.jpg 34468675_2312718345_164large.jpg

△あんさんぶるスターズ! 第1話
今期の覇権候補とも言われるソシャゲ作品のアニメ化だが、正直あまり印象に残らなかった。
もちろんアイドルがメインなのは分かるが、あそこまであんずを無個性にしなくてもいいのでは。
プロデュースを始めると少しは変わってくるのだろうか、ヒロインが踏みつぶされたのは驚いた。
34468675_2312718344_199large.jpg 34468675_2312718343_250large.jpg
34468675_2312718342_130large.jpg 34468675_2312718341_28large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○ダンベル何キロ持てる? 第2話
○かつて神だった獣たちへ 第2話
△この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第15話
×ナカノヒトゲノム【実況中】 第1話
×胡蝶綺 ~若き信長~ 第1話


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」 感想

  • 2019/07/11(木) 22:59:28

   
ガルパン01
今回見に行った映画は「ガールズ&パンツァー 最終章」の第2話、1年半ぶりの新作となった。
今のところ全6話の制作が決まっているが、このペースだと完結に10年かかると言われている。
せめて1年に1話くらいで制作して欲しいけど、それでクオリティが落ちると本末転倒だしねえ。

ガルパン02 ガルパン03
内容は、新たにサメさんチームを加えて冬季無限軌道杯に参加した大洗女子学園が初戦の相手BC自由学園に苦戦する中、相手校の情報を聞いたみほが新たな作戦を立てる展開だ。
大会には過去に戦った対戦相手がほぼ出場しており、どのチームも順当に勝ち上がっていく。

ガルパン04 ガルパン05
相変わらず臨場感のある戦車戦は見応えがあったね、BC自由学園のキャラも魅力的だった。
日常パートも見所が多く、みほと愛里寿のボコランド巡りや桃の実家エピソードが印象的だ。
サメさんチームは仲間になったばかりで失敗もあるけど、反省を活かした今後の活躍に期待。

ガルパン06 ガルパン07
劇場版では仲間だった他校のどこが勝ち上がってきて戦うことになるのか、そこも楽しみだ。
特に大洗女子を尊敬し目標としている知波単学園の成長が目覚ましくて、応援したくなったね。
今回も非常に続きが気になる終わり方だったし、何とか早い時期に続きを見させて欲しいなあ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

アニメ感想 彼方のアストラ 第1話 他

  • 2019/07/10(水) 21:32:22

   
○彼方のアストラ 第1話
無限のリヴァイアスや無人惑星サヴァイヴを思い出す展開だ、宇宙に放り出されるのは怖い。
9人それぞれが印象に残ったし、1話を見ただけで全員思い出せるキャラ付けは上手いと思う。
カナタのようにやる時はやる主人公はいいね、この困難をどう乗り越えていくのか楽しみだ。
34468675_2312588602_94large.jpg 34468675_2312588600_54large.jpg
34468675_2312588599_230large.jpg 34468675_2312588598_82large.jpg
34468675_2312588597_182large.jpg 34468675_2312588595_112large.jpg

○ダンベル何キロ持てる? 第1話
完全に出オチのような作品だが1話はその勢いで持ってかれた感じ、女の子もエロ可愛いしね。
朱美の筋肉フェチっぷりがキモくて笑った、街雄はイケメンだがアイコラみたいな体だったな。
ただ同じような展開が続くと飽きるのも早そう、今後出てくる子がどう盛り上げてくれるかだね。
34468675_2312588574_250large.jpg 34468675_2312588573_233large.jpg
34468675_2312588572_135large.jpg 34468675_2312588571_143large.jpg

○女子高生の無駄づかい 第1話
ちおちゃんやあそびあそばせを思い出させる女子高生ギャグアニメだね、望が正にバカだった。
ヲタやロボもよく彼女に付き合ってるなあと感心した、ダメ教師ワセダですら心配するレベルだ。
何気にロリが可愛くて癒しになってくれそう、こういう頭カラッポにして見れるアニメは大事だね。
34468675_2312588560_231large.jpg 34468675_2312588559_131large.jpg
34468675_2312588557_46large.jpg 34468675_2312588556_175large.jpg

○荒ぶる季節の乙女どもよ。 第1話
下ネタのオンパレードだが、それをギャグとしてではなく真っ当に扱っているのは珍しいと思う。
せっかくイケメンな感じで登場したのに、幼馴染にオナニーを見られてしまった泉は可哀想だ。
セックスに興味がある新菜は自分から動いたりするのかな、悶々とした少女たちの物語だね。
34468675_2312588594_71large.jpg 34468675_2312588593_1large.jpg
34468675_2312588592_179large.jpg 34468675_2312588590_135large.jpg

○Dr.STONE 第1話
導入部はから主役が大樹のように思えたが、千空がこの世界をどう変えていくかという作品か。
石化した状態で意識が残っているって地獄だと思うわ、数千年耐えた二人の精神は凄まじい。
これから仲間が増えていくようだが、原作は読んでいないのでどう展開していくのか楽しみだ。
34468675_2312588579_145large.jpg 34468675_2312588578_223large.jpg
34468675_2312588577_140large.jpg 34468675_2312588575_218large.jpg

△ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 第1話
ウェイバーがロードへ変わった経緯を描いた内容で、どちらかというと第0話という感じだった。
ライネスとの関係やエルメロイII世を名乗った理由は知らなかったので、ありがたかったね。
弟子のグレイの設定もほとんど知らないが、そこは事件を解決しながら明かされていくのかな。
34468675_2312588570_123large.jpg 34468675_2312588569_206large.jpg
34468675_2312588568_82large.jpg 34468675_2312588566_97large.jpg

△炎炎ノ消防隊 第1話
どうしてもプロメアの設定を思い浮かべてしまう作品だね、どちらが先かはこの際置いとくが。
身内で対立する展開かと思っていたので、特殊消防隊の仲間たちが皆いい感じで良かった。
人体発火現象に森羅が見た謎の存在は関わってくるのかな、女性陣はなかなか可愛かった。
34468675_2312588565_140large.jpg 34468675_2312588564_33large.jpg
34468675_2312588562_98large.jpg 34468675_2312588561_84large.jpg

△グランベルム 第1話
ロボットたちが争う異空間に巻き込まれた満月だが、別に異世界ものという訳ではなさそうだ。
ワタルを思い出すようなロボットのフォルムに懐かしさを感じるね、主人公機もかっこよかった。
日常生活で満月と新月が親しくなっていく流れが楽しみだ、とりあえず最後まで見るつもり。
34468675_2312588589_122large.jpg 34468675_2312588588_52large.jpg
34468675_2312588586_220large.jpg 34468675_2312588585_222large.jpg

△うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 第1話
出会った魔人族の少女ラティナを引き取って育てるという、デイルの子育てアニメという感じか。
ラティナが可愛い幼女だからまだ見られるが、これがクソガキだったら作品が成り立たないな。
この子が徐々に成長していくそうだがどこまでやるのかな、惰性で見続ける作品になりそうだ。
34468675_2312588550_87large.jpg 34468675_2312588549_4large.jpg
34468675_2312588548_138large.jpg 34468675_2312588547_183large.jpg

△魔王様、リトライ! 第1話
自分が作ったゲーム内の魔王になってしまうという、ここ数年で何度も見たような第1話だった。
見た目がおっさんなのは珍しいが魅力はあまり感じられなかったかな、アクもちょっと地味だ。
話自体はサクサク進んだが印象に残ってないなあ、他キャラが出てくるまで何とも言えないね。
34468675_2312588555_54large.jpg 34468675_2312588554_150large.jpg
34468675_2312588553_186large.jpg 34468675_2312588551_248large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○鬼滅の刃 第14話
○フルーツバスケット 第14話
△ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第37話


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「メン・イン・ブラック : インターナショナル」 感想

  • 2019/07/08(月) 20:13:35

   
メン01
今回見に行った映画は「メン・イン・ブラック : インターナショナル」、シリーズの第四弾となる。
過去三作はウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズが主演を務めたが、今作は別主人公だ。
主演は「マイティ・ソー」シリーズに出演していた二人で、作中にはソーのパロディネタもあった。

メン02
内容は、幼い頃にエイリアンの監視を任務とする「MIB」の存在を知った女性が新人エージェントMとして組織の一員となり、世界を救った事もある先輩エージェントHとバディを組む展開だ。
二人はMIB内部のスパイが最強の武器を手に入れようとしている事を知り、阻止に立ち向かう。

メン03 メン04
舞台がロンドン支部なのでスピンオフ的扱いの作品だが、雰囲気はきちんとMIBだったと思う。
ただ凄腕のはずのエージェントHがそうは見えなかったり、敵のキャラが弱かったりが難点だ。
様々な武器なども過去作品と変わり映えがせず、内容も含め目新しさはあまり感じなかった。

メン05 メン06
武器商人の元カノに子供の頃に出会ったエイリアンなど、面白そうな要素はあったんだけどね。
正直無理にメインに女性を絡ませる最近の風潮はどうなんだろう、男二人で良かったと思うわ。
今までのMIBシリーズを見ていなくても大丈夫だけど、最初にこの作品を進める事は無いかな。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ランティス祭り2019 レポ

  • 2019/07/07(日) 12:30:46

   
ランティス01
今回参加したライブは「ランティス祭2019」、ランティスの20周年を記念した3DAYSのライブだ。
5年前に開催されたランティス祭の盛り上がりも記憶に残っていて、非常に楽しみにしていた。
開演前にはガルパンなどのイベントもあり、フェスらしく食事やアルコール類も販売していた。

ランティス02
https://aniuta.co.jp/contents/248364
セットリスト
3日間のスタートを切ったのは茅原実里、ここで鉄板曲と言える3曲を披露して大いに高まった。
ところが初日はそこから納得しがたい展開が続く、持ち曲の多いアーティストにも1曲しか割り当てなかったり、その1曲があまり知られていない選曲だったりと客に不満がたまっていった。

ランティス03 ランティス04
ランティス05 ランティス06
最後はAqoursがきれいに収めはしたが、ネット上でも多くの問題点が指摘される初日となった。
そんな中でFaylanの「mind as Judgment」を聴けたのは嬉しかったな、元気になって良かった。
初日の声を聞いたからか2日目はかなり改善されていたね、北宇治カルテットは盛り上がった。

ランティス07 ランティス08
ランティス09 ランティス10
新谷良子に「スケッチスイッチ」を歌わせたのはいい選曲だね、2日目は男性声優が強かった。
そして3日目は遂にSOS団が5人集結、小野Dはともかく杉田が来るかが最後まで不安だった。
「ハレ晴レユカイ」を5人が歌い踊る姿には感動したなあ、SOS団の時間はずっと泣いていたよ。

ランティス11 ランティス12
ランティス13 ランティス14
そこからGuilty Kiss、スフィア、大橋彩香と飛びまくりJAMで締め、3日目は本当に楽しかった。
アイカツやmilktubのファンは思うところもあるだろうけど、右肩上がりに良くなったイベントだ。
ただ次回は休憩を減らしてアーティストに曲数を割り振って欲しい、そこが一番の課題だった。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

アニメ感想 この音とまれ! 第13話(終) 他

  • 2019/07/05(金) 23:31:37

   
○この音とまれ! 第13話(終)
分割2クールとは言えここで終わるのかって感じだった、演奏の反応がどうだったか気になる。
チカのケガで演奏がバラバラになる所を止めたのが光太なのが良かった、努力の成果だな。
個々が奮起して立て直した演奏を聴いて滝浪も変わりそうだ、10月からの2期も楽しみだね。
34468675_2312353686_117large.jpg 34468675_2312353685_220large.jpg
34468675_2312353684_191large.jpg 34468675_2312353682_234large.jpg

△ぼくたちは勉強ができない 第13話(終)
1クール目のラストはひと通りのキャラの見せ場があったが、最後は文乃が全て持っていった。
ここ数話は真冬やあすみ、うるかメインの話が多かったし、理珠はほとんどマスコット扱いだな。
最近は鈍感な主人公が疎まれる傾向だし、成幸がこの調子だと10月からの2期はつらいかも。
34468675_2312353680_175large.jpg 34468675_2312353679_248large.jpg
34468675_2312353678_24large.jpg 34468675_2312353677_29large.jpg

△進撃の巨人 第59話(終)
これにて第一部完というようなラストだったが、今後についてもアニメ化するとは思わなかった。
夢を叶えたアルミンや海に驚くミカサの表情が良かったね、一方エレンは決意を改めた感じだ。
ウォールマリア奪還と歴史が判明した後のエピローグという感じだったな、続きは来年10月か。
34468675_2312353668_16large.jpg 34468675_2312353665_63large.jpg
34468675_2312353664_159large.jpg 34468675_2312353663_103large.jpg

△ワンパンマン 第24話(終)
原作は未完だし中途半端に終わるのは仕方ないけど、2期はやっぱりガロウの物語だったな。
サイタマの強さを一番理解しているのはキングだろうね、ラストのワンパンはかっこよかった。
武道大会をだらだら続けなかったのは良かったと思う、ストックが溜まったら続きが見たい。
34468675_2312353676_56large.jpg 34468675_2312353675_163large.jpg
34468675_2312353673_62large.jpg 34468675_2312353670_147large.jpg

△KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- 第12話(終)
終盤で判明した世界観については最後までよく分からなかったが、終わり方はきれいだった。
シンの謝罪に対して泣いていたモブ子たちが応援してくれるのはいいね、可愛い子ばかりだし。
ルヰと仁のやり取りが何気に微笑ましかった、セプテントリオンというチーム名はいい感じだね。
34468675_2312353690_141large.jpg 34468675_2312353689_35large.jpg
34468675_2312353688_99large.jpg 34468675_2312353687_214large.jpg

△かつて神だった獣たちへ 第1話
盛り上がるかどうかは置いといて分かりやすい導入部だった、裏切りまで数話は欲しかったな。
神と言われても戦争用の獣形態兵士という感じで、キリングバイツのイメージに近かったかも。
仲間との描写がもう少しあれば今後出てくる敵にも思い入れが持てたのにな、現状は様子見。
34468675_2312353694_52large.jpg 34468675_2312353693_222large.jpg
34468675_2312353692_15large.jpg 34468675_2312353691_145large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○MIX 第13話
○鬼滅の刃 第13話
△八月のシンデレラナイン 第11話
△この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第14話


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「劇場版 誰ガ為のアルケミスト」 感想

  • 2019/07/04(木) 22:43:00

   
アルケ01
今回見に行ったのは「劇場版 誰ガ為のアルケミスト」、ソシャゲが原作となっている作品だ。
総監督はマクロスシリーズの河森正治で、彼とって初のゲーム原作タイトルの映画化となる。
ゲーム本編のメインストーリーから数年後という設定らしいが、そこはあまり気にしなくていい。

アルケ02 アルケ03
内容は、暗黒竜デストルークに魔法を封じられてしまった異世界のバベル大陸を救うため、魔法使いのリズに召喚された女子高生のカスミがリズやガンナーのエドガーと共に戦う展開だ。
ゲームをベースにした世界観については序盤に説明されるため、置いてきぼり感はなかった。

アルケ04 アルケ05
異世界召喚された女子高生が世界を救う王道ファンタジーなので、全体的に目新しさはない。
ただ設定をうまく生かしつつきれいにまとめているので、ゲーム原作としては及第点だと思う。
それが面白さに繋がれば良かったんだけどね、カスミが覚醒していく流れは悪くなかったけど。

アルケ06 アルケ07
戦闘描写は河森作品らしい場面も多かったね、終盤で一気にキャラが増えたのはご愛嬌か。
これをきっかけにゲームを始める人はあまり居なさそうだけど、原作ファンには好評のようだ。
久しぶりにこの手のファンタジー作品を見た気がする、きちんと完結させたところは良かった。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

あまんちゅ! 聖地巡礼 in 道の駅 伊東マリンタウン

  • 2019/07/03(水) 23:12:03

   
この日地元の友人たちと熱海温泉で一泊する予定となったオレは、合流前に伊東へ向かった。
目的は「あまんちゅ!」の1期、2期にそれぞれ一度登場した「伊東マリンタウン」を訪れるためだ。
伊東駅から海岸線を10分ほど歩き目的地に到着、早めの時間だったが既にかなりの暑さだ。

あまんちゅ01 あまんちゅ02
あまんちゅ03 あまんちゅ04
あまんちゅ05 あまんちゅ06
明るい色の建物が並ぶ様子は作中でも印象深い、朝9時でも駐車場は結構埋まり始めていた。
大きなエイの看板があるが綺麗な海を印象付けるものかな、近くに水族館がある訳ではない。
個人的に印象深い作中でぴかり達が座っていた広場は、実際はごく普通のスペースだったな。

あまんちゅ07 あまんちゅ08
あまんちゅ09 あまんちゅ10
あまんちゅ11 あまんちゅ12
基本的な営業時間は9時からだけど、隣の温泉施設は朝風呂もやってるし利用しやすかった。
ぴかり達が入っていたジャグジー風呂は予約貸切制のようだ、さすがにおっさん独りは辛いw
店内の食事処は11時からなのでそれまでは温泉でのんびり、ゆったりとした時間が過ごせた。

あまんちゅ13 あまんちゅ14
あまんちゅ15 あまんちゅ16
あまんちゅ17 あまんちゅ18
観光用に遊覧船はるひら丸イルカ号も停泊していたが、どのくらいの利用客がいるのかなあ。
残念だったのは、恋人の聖地「伊東マリンロード」が台風の影響で通行止めになっていた事だ。
モニュメントの撮影はしたかったなあ、恋人の聖地は独りで遠征してくるおっさんに冷たかった。

あまんちゅ19 あまんちゅ20
レストランで食べた漁師の漬け丼はインパクトがあったね、伊豆高原ビールも美味しかった。
11時を過ぎると観光客も多くなってきたので撤収、何となくそのまま沼津駅まで行ってしまった。
あまんちゅ!の聖地巡礼だったのに、なぜか沼津のラブライブカフェで締めとなってしまったよw


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

アニメ感想 盾の勇者の成り上がり 第25話(終) 他

  • 2019/07/02(火) 22:04:56

   
○盾の勇者の成り上がり 第25話(終)
グラスとの一騎討ちで相手の世界の事情も垣間見えたが、こちらの勇者達と覚悟が違ったな。
ラルク達もいいヤツだったし後に仲間になりそう、リーシアはポンコツっぽいけど使えそうだ。
最後にラフタリアが尚文に自分の気持ちをぶつけたシーンは良かったな、ぜひ2期が見たい。
34468675_2312254648_125large.jpg 34468675_2312254647_152large.jpg
34468675_2312254646_230large.jpg 34468675_2312254645_49large.jpg

○からくりサーカス 第36話(終)
全43巻を36話にまとめたためあちこち吹っ飛ばされたが、終盤は丁寧に描かれていたと思う。
白金がディアマンティーナを見て醜い自分を自覚したのは皮肉だな、勝との会話が印象的だ。
ラストで幸せそうな鳴海としろがね、そして成長した勝、何だかんだで正に大団円と相成った。
34468675_2312254665_99large.jpg 34468675_2312254664_63large.jpg
34468675_2312254663_50large.jpg 34468675_2312254662_70large.jpg

△世話やきキツネの仙狐さん 第12話(終)
基本的にまったり仙狐に癒されるだけの作品なので、面白いかどうかという尺度で見なかった。
最終話も戻って来ないと思わせておいて結局帰ってくる王道パターンだが、それでいいと思う。
オレも仕事から帰ったら仙狐に癒されたいと思う視聴者が続出する、罪作りな作品だったかも。
34468675_2312254644_65large.jpg 34468675_2312254643_101large.jpg
34468675_2312254642_14large.jpg 34468675_2312254641_166large.jpg

△叛逆性ミリオンアーサー 第23話(終)
分割の2期目は1期のキチガイじみた展開が少なくなって残念、弱酸性はいつも通りだったが。
団長アーサーの狂いっぷりが控えめになった印象だ、妖精合体のくだりが長すぎた気がする。
ナックラヴィがキワドイ水着に着替え団長と合体したのは良かったが、あっさり終わった感じだ。
34468675_2312254660_176large.jpg 34468675_2312254659_3large.jpg
34468675_2312254657_208large.jpg 34468675_2312254654_137large.jpg

△賢者の孫 第12話(終)
シンが強いのはいいとして、アルティメットマジシャンズのメンバーがさすがに多過ぎるのでは。
その割に回復役がシシリーだけとはバランスが悪いよね、学生だけに色々任せ過ぎだと思う。
シシリーは可愛かったけど他のキャラは魅力を感じなかったなあ、惰性で見続けてしまったよ。
34468675_2312254653_217large.jpg 34468675_2312254651_216large.jpg
34468675_2312254650_28large.jpg 34468675_2312254649_55large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○フルーツバスケット 第13話
○キャロル&チューズデイ 第12話
△ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風 第36話
△この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 第13話


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

映画「Fate/kaleid liner Prisma☆Illya プリズマ☆ファンタズム」 感想

  • 2019/07/01(月) 18:27:38

   
プリファン01
今回見たのは「Fate/kaleid liner Prisma☆Illya プリズマ☆ファンタズム」、OVAの先行上映だ。
プリズマ☆イリヤのキャラが総出演する、「カーニバル☆ファンタズム」系統のコメディ作品だ。
プリヤの前作だった雪下の誓いは面白かったが、今作はネタ作品なので気楽に見に行った。

プリファン02
大ネタとしては綺礼が皆にラーメンを食わせるものと、桜の兄が色々な仕事を体験するものだ。
とにかくこの二人の出番が多くてげんなりする、特に桜の兄の話は繰り返しがしつこ過ぎた。
雪下の誓いもイリヤはほぼ出なかったが、今作ではイリヤ達の出番を削る理由が分からない。

プリファン03 プリファン04
プリヤのファン層を理解していないのではと思った、コメディやるならメインは女の子達だろう。
イリヤやクロの出番が後半まで無いってどんな判断だ、ゴレンジャイネタとかそのまんまだし。
カーニバル☆ファンタズムを意識したんだろうけど、テンポが悪く冗長でドタバタ感も無かった。

プリファン05 プリファン06
サブキャラを活かしきれていなかったし、望んでいた三人娘のイチャイチャも一切見られない。
1時間という上映時間を長く感じた人が多かったのではないだろうか、途中で時計見ちゃったし。
ここのところシリアス展開が多かったからこその今作だろうけど、これでは本末転倒だと思う。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村