アニメジャパン2014 in 東京ビッグサイト レポ [後編]

  • 2014/03/31(月) 07:46:05

34468675_2059626040_253large.jpg

34468675_2059626038_30large.jpg 34468675_2059626036_151large.jpg
上映が終わるまでに一度は見たいと思っていたパトレイバーが展示してあったのは嬉しかったね。
立っていた方が全体の大きさが分かりやすいんだけど、この状態でも十分見ごたえがあったよ。

34468675_2059626033_51large.jpg

34468675_2059626030_126large.jpg 34468675_2059626026_10large.jpg

34468675_2059626024_148large.jpg 34468675_2059626022_4large.jpg
多くのラブライバーで賑わっていたのがラブライブの部活部屋とライブに使用された衣装の展示だ。
特に衣装の方は見るだけでも一苦労だった、ちなみに隣にはアイカツの衣装も展示してあったよ。

    34468675_2059626003_25large.jpg        34468675_2059626002_186large.jpg

34468675_2059626001_109large.jpg 34468675_2059625998_160large.jpg
盛況と言えばコスプレエリアもかなりの人が集まっていた、ただ撮影待機列が多くで移動しにくい。
さすがにコミケやワンフェスほどの規模ではないけど、天気も良かったしコスプレ日和だったかな。

34468675_2059625996_129large.jpg 34468675_2059625994_25large.jpg

  34468675_2059625991_52large.jpg
今回これだけ人が集まった理由のひとつが、声優の登壇する多くのステージが開催されたからだ。
オレは艦これステージが当選したが、それ以外のブースも含めて一番見たのが上坂すみれだった。

34468675_2059625989_87large.jpg 34468675_2059625987_196large.jpg
2日目は始発で会場入りしてずっとオープンステージに張り付いていたため、体が固まってしまった。
オレの目当てはミルキィホームズやロボットガールズZ、そして一番人気の「みかくにんぐッ!」だ。
未確認で進行形のステージは場所の取り合いでかなり殺伐としたが、三人娘のトークで癒されたよ。


                 34468675_2060310180_106large.jpg
2日目の終了後は、じゃぐわーさんとプロレスラーのKUDOがいるエビスコ酒場で打ち上げをした。
チャンピオンベルトを持たせてもらったり色々話したりで楽しかったが、オレの体はボロボロだった。
来年の開催は分からないらしいけどあれば結局行っちゃうんだろうな、場所取り戦争はきついけど…


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

アニメジャパン2014 in 東京ビッグサイト レポ [前編]

  • 2014/03/30(日) 09:25:35

34468675_2059626091_87large.jpg

34468675_2059626090_249large.jpg 34468675_2059626088_130large.jpg
東京国際アニメフェアとアニメコンテンツエキスポが合流した「アニメジャパン2014」に行ってきた。
もともと石原都政で分裂したイベントだが合流は予想通り、来場者も2日間で11万人と盛況だった。
東京ビッグサイト最寄駅の国際展示場もコミケ仕様に模様替えされ、お祭りムードを演出していた。

34468675_2059626087_239large.jpg 34468675_2059626085_150large.jpg

34468675_2059626083_75large.jpg 34468675_2059626078_192large.jpg

34468675_2059626076_94large.jpg 34468675_2059626073_200large.jpg
会場内は大きなお友達ばかりで、東京国際アニメフェアに来ていた家族連れはほとんど見かけない。
オレはまず場内にある等身大フィギュアなどのスポットを回ってみたが、見た事がある物も多かった。

34468675_2059626071_6large.jpg 34468675_2059626070_172large.jpg

34468675_2059626068_14large.jpg 34468675_2059626065_193large.jpg

34468675_2059626062_129large.jpg 34468675_2059626057_197large.jpg
着ぐるみでは鉄板キャラのプリキュアも当然いたが、普段周りに集まるはずの子供たちは皆無だ。
意外だったのはコスプレをしたコンパニオンが少なかった事だ、撮影列が出来るのを防ぐためかな。

34468675_2059626054_202large.jpg 34468675_2059626051_165large.jpg

34468675_2059626050_190large.jpg 34468675_2059626043_198large.jpg

34468675_2059626046_183large.jpg 34468675_2059626047_87large.jpg
舞台探訪を特集したスペースは結構良かったな、まどマギのコラボケーキはちょっと欲しかった。
そんな中で一番壮観だったのが、ガールフレンド&ボーイフレンド(仮)のパネルの展示だったよ。

34468675_2059626016_10large.jpg 34468675_2059626018_132large.jpg

34468675_2059626014_225large.jpg 34468675_2059626012_211large.jpg

34468675_2059626010_6large.jpg 34468675_2059626008_225large.jpg
会場内で常に一番人が集まっていたのがアニプレックスブースだ、パネルや額の展示も良かった。
作品数が多いから誰が行っても好きな作品の展示が見つかると思う、人気作品もたくさんあるしね。


       34468675_2060305712_19large.jpg

                          後編へ続くよ


人気ブログランキングへ

アニメ感想 ディーふらぐ! 第12話(終) 他(2014年3月28日)

  • 2014/03/29(土) 07:42:20

◎ディーふらぐ! 第12話(終)
全く最終回らしくない終わり方だったな、オチが主人公達の話じゃなく東京ナナナのネタになるとは。
芦花達の幼少時代の話は面白かったな、タマちゃんが子供のころから全く変わってなくて笑った。
濃いキャラばかりの中で可愛さは高尾さんが最後までダントツだ、最後に西堀さんも見たかったな。
34468675_2060054775_75large.jpg 34468675_2060054774_8large.jpg

34468675_2060054773_157large.jpg 34468675_2060054770_231large.jpg

○ウィッチクラフトワークス 第12話(終)
完全にお姫様ポジションだった多華宮が主人公らしいところを見せたな、最後はへたれだったが。
ウィークエンドはいい感じの悪役だったが、かざねやクロノワールの方が何枚も上手で凶悪だった。
当初は敵だったKMM団の連中は最後まで美味しいキャラだった、きれいな終わり方だったと思うよ。
34468675_2060054790_134large.jpg 34468675_2060054788_36large.jpg

34468675_2060054785_138large.jpg 34468675_2060054783_88large.jpg

○ノラガミ 第12話(終)
夜トと蠃蚌の王道バトルは良かったな、ひよりを失った想いから冷徹になった夜トはイケメンだった。
小福も可愛かったけど1クール通してひよりが素晴らしいヒロインだったと思う、この子はまた見たい。
毘沙門やノラとの決着は全く付いてないし、続きも十分作れそうなんでぜひ2期もやって欲しいね。
34468675_2060054768_61large.jpg 34468675_2060054767_161large.jpg

34468675_2060054764_193large.jpg 34468675_2060054762_120large.jpg

○そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION- 第12話(終)
ニトロプラスのイメージキャラから遂にアニメになったそに子、とにかく終始まったりした内容だった。
最終話は第一宇宙速度のライブ回だったが、そに子が皆に愛されているのがよく分かる話だったな。
中盤まではただ退屈な話が多かったが中盤から雰囲気がいい話も増え、何だかんだで楽しめたよ。
34468675_2060054782_245large.jpg 34468675_2060054779_184large.jpg

34468675_2060054777_141large.jpg 34468675_2060054776_37large.jpg

△最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 第12話(終)
BPOから放送時間について言われたりと色々話題にはなったが、見ている人は少なかった感じだ。
美月が少しずつ夕哉に好意を持ち始め、日和との仲も深まっていくところはなかなか良かった。
ただエロにしろ恋愛模様にしろ中途半端だった感じかな、きれいにまとめた最終回ではあったと思う。
34468675_2060054761_235large.jpg 34468675_2060054759_216large.jpg

34468675_2060054758_24large.jpg 34468675_2060054757_211large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
◎咲-Saki-全国編 第11話
◎生徒会役員共* 第12話
○世界征服〜謀略のズヴィズダー〜 第11話
○ガンダムビルドファイターズ 第24話
○ゴールデンタイム 第23話
○マギ 第24話
○弱虫ペダル 第24話
△バディ・コンプレックス 第12話
△とある飛空士への恋歌 第12話
△ウィザード・バリスターズ〜弁魔士セシル〜 第11話
△仮面ライダー鎧武 第23話
△ダイヤのA 第24話
 総評
咲は急にラスボス臭漂う化物状態になってしまった、生徒会はウオミーにヒロイン力が増大中だ。
ズヴィズダーはこのままだとヤスはただのクズだ、GBFはいつも通りの名人の方が強かったと思う。
ゴンタは二次元くんだけが真っ当に見える、マギはアリババを救いに来たモルさんがかっこいい。
弱ペダは振り向きながらキメ顔をする泉田がやばい、バディコンはビゾンがもう駄目な感じになった。
セシルはもよよんの正体より作画の壊滅に驚いた、鎧武はミッチーとの敵対フラグが立ってきたな。
34468675_2060055466_49large.jpg 34468675_2060055463_98large.jpg

34468675_2060055474_112large.jpg 34468675_2060055468_135large.jpg

34468675_2060055472_231large.jpg 34468675_2060055473_124large.jpg


人気ブログランキングへ

2014年春の新作アニメ選定

  • 2014/03/28(金) 00:12:36

また新作アニメの選定時期になった、今回は放送中のアニメがほとんど入れ替わるイメージだ。
視聴継続は、弱虫ペダル、ニセコイ、ダイヤのAに仮面ライダー鎧武を含めて4作品と少なめだ。
ニコ動にいつものように新作アニメの紹介動画がアップされたんで、来期アニメの確認をしてみた。

        
              http://yaraon.blog109.fc2.com/blog-entry-22783.html

 ブレイドアンドソウル
 蟲師 続章
 ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース
 健全ロボ ダイミダラー
 星刻の竜騎士
 それでも世界は美しい
 ハイキュー!!
 ベイビーステップ
 ラブライブ!
 一週間フレンズ。
 彼女がフラグをおられたら
 マンガ家さんとアシスタントさんと
 棺姫のチャイカ
 風雲維新ダイ☆ショーグン
 エスカ&ロジーのアトリエ~黄昏の空の錬金術士~
 龍ヶ嬢七々々の埋蔵金
 ピンポン THE ANIMATION
 神々の悪戯
 デート・ア・ライブⅡ
 メカクシティアクターズ
 selector infected WIXOSS
 キャプテン・アース
 ご注文はうさぎですか?
 ノーゲーム・ノーライフ
 ブラック・ブレット
 悪魔のリドル
 極黒のブリュンヒルデ
 僕らはみんな河合荘
 魔法科高校の劣等生
 シドニアの騎士
 M3-ソノ黑キ鋼-

 34468675_2058586400_41large.jpg    34468675_2058586408_228large.jpg

  34468675_2058586414_134large.jpg     34468675_2058586411_158large.jpg
新規視聴作品は全部で31本、継続分と合わせて35本は今期視聴数とほぼ同じだからいけると思う。
ただ土日に集中する状況は変わってないため、週末にイベントがあった時は相変わらずきつそうだ。
新規作品で気になるのは「selector infected WIXOSS」と「ブラック・ブレッド」、他に良さげなのも多い。

 34468675_2058586405_80large.jpg     34468675_2058586404_19large.jpg
もちろん大本命はジョジョとラブライブだが、出来れば予想を覆す大当たり作品が出てきて欲しいね。


人気ブログランキングへ

アニメ感想 いなり、こんこん、恋いろは。 第10話(終) 他(2014年3月25日)

  • 2014/03/27(木) 00:07:54

○いなり、こんこん、恋いろは。 第10話(終)
消えそうなうか様のためにいなり達が力を尽くす描写は良かったな、初めてトシ様もいい神に見えた。
いなりは能力は消えたけど燈日はまだうか様が見えるんだよな、その辺の話がもう少し見たかった。
それでもきれいにまとめた終わり方だったと思う、個人的には墨染さんがいいキャラで気に入ったよ。
34468675_2059356720_212large.jpg 34468675_2059356716_13large.jpg

34468675_2059356714_231large.jpg 34468675_2059356712_179large.jpg

○ログ・ホライズン 第25話(終)
最後まで安定して楽しめた作品だ、今後シロエがアカツキとミノリのどちらかを選ぶ事はあるのかな。
今回登場した濡羽はシロエと同等に腹黒そうだ、彼女がこのまま敵であり続けるとやっかいそうだ。
個人的には五十鈴とルディのコンビが見ていて楽しかったな、とりあえず秋からの2期にも期待だ。
34468675_2059356703_27large.jpg 34468675_2059356698_181large.jpg

34468675_2059356697_108large.jpg 34468675_2059356694_81large.jpg

△ロボットガールズZ 第7~9話(終)
東映チャンネルで月1放送していたロボットパロディアニメの最終回、敵のボスキャラはゆかりんだ。
新たに登場したゲッちゃんはいいキャラだったな、怒りモードになると劇画調の顔になるのは笑った。
ロボットガールズ勢揃いの時に「いざ行けロボット軍団」が流れたのは良かった、そこそこ楽しめたよ。
34468675_2059356693_34large.jpg 34468675_2059356691_224large.jpg

34468675_2059356688_156large.jpg 34468675_2059356686_34large.jpg

△宇宙兄弟 第99話(終)
ほとんど原作のストックも無くなってきたし終わるにはこの辺だろう、このあとヒビトも出てないしな。
原作もそうだが正直惰性で見ている感じだった、つまらなくはないんだが淡々と進んでいく作品だ。
おそらく完結しない限り続きはやらないだろうな、その時アニメの方も見始めるかは微妙なところだ。
34468675_2059356685_166large.jpg 34468675_2059356683_252large.jpg

34468675_2059356681_52large.jpg 34468675_2059356679_131large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
◎凪のあすから 第24話
◎キルラキル 第23話
○未確認で進行形 第11話
○Wake Up, Girls! 第11話
○ニセコイ 第11話
○のうりん 第11話
○最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 第11話
○銀の匙 Silver Spoon 第10話
△鬼灯の冷徹 第11話
△桜Trick 第11話
△中二病でも恋がしたい!戀 第11話
△サムライフラメンコ 第21話
 総評
凪あすはさゆの告白と要の涙にうるっとしたよ、キルキルは四天王や流子と皐月の連携が熱かった。
未確認は最終回に向けていい引きだったな、WUGはよっぴぃも含め全力で戦わせてやりたかった。
ニセコイは小野寺の可愛さが増してきたように思う、のうりんは農の押しの強さが半端なかったな。
妹ちょは雪那の美月への宣戦布告が唐突に感じた、銀匙はもう2人が付き合ってるようにしか見えん。
鬼灯は女性に対しても分け隔てなくドSだった、桜Trickはキスがばれるのが遅すぎるくらいだと思う。
34468675_2059356673_4large.jpg 34468675_2059356710_149large.jpg

34468675_2059356707_109large.jpg 34468675_2059356706_231large.jpg

34468675_2059356672_119large.jpg 34468675_2059356675_82large.jpg


人気ブログランキングへ

2014年プロ野球 パ・リーグ順位予想

  • 2014/03/25(火) 23:39:56

ここ数年ドラフトの目玉がどんどん入るおかげで、セ・リーグ人気に追いつきつつあるパ・リーグ。
すでに抜いたと言う人もいるが、選手個人にスポットはあたるもののリーグ戦は注視されていない。
セ・リーグ編に続き、そんなまるで大リーグのような報道をされるパ・リーグの順位予想をしてみた。

   34468675_2058586398_151large.jpg


 福岡ソフトバンクホークス
孫オーナーの激のもと今年は優勝を求められているソフトバンク、ただ彼は口も出すが金も出す。
李大浩などなりふりかまわない補強で明らかに戦力は増大しているし、そろそろここが優勝しそうだ。

 埼玉西武ライオンズ
毎年優勝争いに加わってくるがあと一歩のところで勝てない印象だ、今年こその思いも強いだろう。
菊池がケガなく1年投げられれば優勝も近づく、あとは中村が復活出来るかどうかじゃないかな。

 北海道日本ハムファイターズ
優勝から最下位と極端な順位変動を起こした日本ハム、吉川に一昨年の活躍を期待するのは酷か。
皆の注目は今年も二刀流を継続する大谷だろうが、個人的には斎藤にひと花咲かせてもらいたい。

 東北楽天イーグルス
昨年の優勝の反動が今年は来る気がする、少なくともマーくんの穴を埋めるのは不可能だと思う。
ただルーキー松井がどれだけ投げられるのか楽しみではあるね、10勝以上は十分いけそうだな。

 千葉ロッテマリーンズ
昨年3位でさらに上位を目指すが、期待度が高いシーズンはだいたい下位に沈むのがこのチームだ。
涌井が復活するのか気になるが難しいだろうなあ、ダルビッシュとここまで差が付いてしまうとは…

 オリックス・バファローズ
上位に食い込めそうな大きな話題も無く普通に最下位に落ち着きそうな雰囲気、今年も金子頼みだ。
正直順位予想で毎年一番困るのがこのチームだ、突然上位に食い込んだりする時もあるからなあ。


こうして見るとやはりチームより選手個人が目立っている印象だね、だから結局テレビ中継も少ない。
まあ昔と違って野球の地上波放送自体ほとんど無くなったけどね、スカパーで見るのが一番早い。
そのうち大リーグのニュースと同じで、選手の個人成績しかニュースで扱われなくなったりして^^;


人気ブログランキングへ

2014年プロ野球 セ・リーグ順位予想

  • 2014/03/24(月) 07:54:27

マーくんやダルビッシュなど大リーグばかりが話題の野球界だが、日本のプロ野球も開幕を迎える。
オレも東京へ来てからスポーツ新聞を読まなくなり、情報はプロ野球ニュースとネットだけになった。
それでもファンとしてこの時期はプロ野球の順位予想をせずにはいられない、今回はセ・リーグ編だ。

        34468675_2057522977_38large.jpg


 読売ジャイアンツ
もうどうしようもなく安定してしまった巨人の強さ、残りの5球団全てがエースをぶつける必要がある。
個人的には井端が巨人でどういった活躍をするのか気になるが、まあレギュラーは片岡だろうね。

 広島東洋カープ
あえて広島をここまで上げたが消去法でいったらこうなった感じ、昨年より戦力も増していると思う。
大竹が抜けたのは大きいがもともと貯金が少ない投手だし大丈夫だろう、前田も来年メジャーかな。

 阪神タイガース
何だかんだでAクラスから落ちることはまず無いと思う、広島より実際は2位に近いかもしれない。
韓国から来た呉昇桓がどれほどの投手なのか楽しみだが、過大評価されている気がしてならない。

 東京ヤクルトスワローズ
昨年の最下位が悪すぎただけで本来ならAクラス争いをするチームだ、ただ毎年ケガ人が多すぎ。
バレンティンが昨年ほど打つとは思えないがそれでも40本は打つと思う、あとは投手陣の整備だ。

 中日ドラゴンズ
今年は若返りへの過渡期だと思う、今年の順位はどれだけ新戦力が出てくるかにかかっている。
そんな中で最年長の山本昌には頑張って欲しい、選手兼監督の谷繁がどこまでやれるかも注目だ。

 横浜DeNAベイスターズ
昨年の5位から勢いに乗って上へと行きたいところだがそう簡単では無さそうだ、投打に心許ない。
いつまでもエースが三浦だと言われるようでは話にならない、中畑政権も今年が勝負どころだな。


昨年同様に巨人以外はどこが上位に来ても全く不思議ではない、まあ横浜のAクラスは微妙だが。
話題の選手はパ・リーグに偏り始めているが、結局スポーツニュースのメインは巨人になるだろう。
順位予想には関係なく巨人を倒せるチームが出てきて欲しい、そろそろ広島の優勝が見たいなあ。


人気ブログランキングへ

アニメ感想 ガンダムビルドファイターズ 第23話 他(2014年3月21日)

  • 2014/03/22(土) 21:35:18

◎ガンダムビルドファイターズ 第23話
歴代ガンダムのキャラが大量に出演、そっくりさんというよりも平和なパラレル世界を見た気分だ。
幸せそうなエヴィン家やカッシュ家、そして何よりもバーニィ&クリスがアルを見守る姿に癒された。
セイとレイジのガンプラバトルなどいい雰囲気だっただけに、名人闇落ちとの対比が際立った感じだ。
34468675_2057545515_168large.jpg 34468675_2057545514_146large.jpg

34468675_2057545513_214large.jpg 34468675_2057545511_218large.jpg

34468675_2057545508_20large.jpg 34468675_2057545506_70large.jpg

○とある飛空士への恋歌 第11話
死亡フラグを立てまくっていたベンジーだがよく頑張った、カルも飛空士として一気に覚醒したね。
死を覚悟したクレアの告白の描写はきれいで良かったな、かつらを取ったら表情が一変したけど。
クレアが風の魔術が使える状態になればもう無敵だし、ここからは戦闘以外の問題が起きそうだ。
34468675_2057545501_123large.jpg 34468675_2057545500_46large.jpg

34468675_2057545498_126large.jpg 34468675_2057545497_218large.jpg

○生徒会役員共* 第11話
前回のハロウィンから1週でクリスマスに飛んだが、季節感を気にする作品でもないから問題ない。
サンタ姿のシノは可愛いがウオミーのヒロイン力にはかなわず、コトミの胸が結構あるのも意外だ。
ラストのキマシタワー展開は個人的に好きだね、照れ顔のアリアに本気で戸惑うスズが良かった。
34468675_2057545484_148large.jpg 34468675_2057545482_73large.jpg

34468675_2057545481_218large.jpg 34468675_2057545480_39large.jpg

△神さまのいない日曜日 第13話(TV未放送)
BD最終巻に収録された過去話3編で構成されるOVAだ、お約束の温泉エピソードも含まれている。
惰性で見ていた作品なんで思い入れは少ないが、アイの母親のアルファが出てきたのは良かった。
TV放送最終回は中途半端な感じで終わっているが、2期が制作されることは多分無いんだろうな。
34468675_2057545489_148large.jpg 34468675_2057545488_61large.jpg

34468675_2057545486_52large.jpg 34468675_2057545485_95large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○世界征服~謀略のズヴィズダー~ 第10話
○咲-Saki-全国編 第10話
○ノラガミ 第11話
○そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION- 第11話
○ディーふらぐ! 第11話
○弱虫ペダル 第23話
○ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル~ 第10話
△バディ・コンプレックス 第11話
△ゴールデンタイム 第22話
△マギ 第23話
△ウィッチクラフトワークス 第11話
△仮面ライダー鎧武 第22話
△ダイヤのA 第23話
 総評
ズヴィズダーは自らの信じる正義を貫く蓮華が良かった、咲はますます豊音を応援したくなった。
ノラガミはノラのやり口が思った以上に非道だ、そにアニは父親が登場した時の女児に癒された。
ディーふらぐはポニーよりツインテの方が強いだろ、弱ペダは泉田の筋肉見せが変態そのものだ。
セシルは黒幕は見えたがもよよんの正体は分からない、バディコンはそろそろヒナが寝返りそうだ。
マギは江炎に足蹴にされるアリババに笑った、ウィッチは弟子に甘いメデューサもついに激おこだ。
34468675_2057545504_151large.jpg 34468675_2057545491_146large.jpg

34468675_2057545495_122large.jpg 34468675_2057545503_234large.jpg

34468675_2057545494_232large.jpg 34468675_2057545493_234large.jpg


人気ブログランキングへ

映画「ロボコップ」 感想

  • 2014/03/22(土) 00:22:28

               34468675_2057522984_241large.jpg
今回見に行った映画は「ロボコップ」、1987年に公開された人気シリーズの1作目のリメイク作品だ。
当時は低予算で制作された作品だったが、その人気で2、3、そしてTVシリーズまで作られている。
オレは第1作は結構好きだったがそれ以降は結局見なかった、果たして今回のリメイクはどうだろう。

34468675_2057522983_197large.jpg
内容は、巨大企業オムニスコープが反対意見の多い軍用ロボットを普及させるため、爆弾によって重傷を負ったアレックス刑事をロボコップとして蘇らせ、彼の活躍で民意を覆そうとする展開だ。
アレックスは家族に再会出来た事を喜ぶが、会社側は彼を感情の無いロボットに変えようとする。

34468675_2057522982_173large.jpg 34468675_2057522981_215large.jpg
ロボコップのデザインはスタイリッシュになったが重厚感は無くなった、色も含め賛否両論な感じだ。
もちろんアクションも多いがどちらかと言うと家族愛がメインテーマだと思う、これはこれで悪くない。
犯罪者と戦うというよりも企業のエゴと戦うという感じで、そのあたりは昔のロボコップと異なっていた。

34468675_2057522980_151large.jpg 34468675_2057522978_71large.jpg
キャラ的にはサミュエル・L・ジャクソンが演じる国粋主義のキャスターの言動の危なさが印象的だ。
ロボコップのかっこよさではなく彼の葛藤を見せる映画だったかな、個人的には思ったより楽しめた。
昔のロボコップシリーズが好きだった人には合わないかもしれないが、大外れしない映画だと思う。


人気ブログランキングへ

映画「劇場版 薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹」 感想

  • 2014/03/21(金) 01:18:53

                34468675_2056463385_205large.jpg
今回見に行った映画は薄桜鬼第二章の士魂蒼穹、昨年8月に公開された京都乱舞の続編となる。
2008年にゲームで発売された作品が、多くの女性ファンの支持を受け劇場公開されるまでになった。
TVアニメの一期を新作映像で制作した第一章は非常に出来が良かっただけに、今回も期待大だ。

34468675_2056463384_9large.jpg 34468675_2056463382_44large.jpg
内容はTVアニメの2期にあたる部分で、新政府軍に追い込まれていく新撰組の姿が描かれている。
近藤勇の斬首や戊辰戦争までの流れは史実通りだが、その裏で綱道の羅刹計画が進行していく。
そんな中で必死に戦う土方と彼に付き従う千鶴、そして彼らと対峙する風間の三人が話の中心だ。

34468675_2056463381_10large.jpg 34468675_2056463379_80large.jpg
展開についてはTVシリーズと大幅に異なり、新撰組のメインキャラの戦いや散り際も変わっている。
尺の問題もあるのだろうが、土方以外の新撰組隊員の最期があっさりしすぎていて少し残念だった。
その代わり必死に土方を追う千鶴の健気な姿はよく描かれていた、土方の告白シーンも良かったな。

34468675_2056463378_227large.jpg 34468675_2056463377_243large.jpg
構成として3人を中心にしたのは間違いなかったと思うが、他のキャラのファンは物足りないかもね。
オレのように千鶴を愛でたい人間にとっては、彼女の魅力を十分に堪能出来る映画になっている。
もしTVシリーズは好きだったけど映画は見ていないって人がいたら、ぜひ第一章から見て欲しいね。


人気ブログランキングへ

アニメ感想 キルラキル 第22話 他(2014年3月18日)

  • 2014/03/19(水) 23:08:22

◎キルラキル 第22話
初っ端から涙もろい鮮血や縫の切れ顔など見所満載だ、皆でコロッケを食べるシーンも良かった。
中でも一番印象に残ったのが流子と皐月の絡みだ、皐月を姉と呼ぼうとして照れる流子が可愛い。
プリキュアのような同時変身をした二人は最高だったな、最後をかっさらっていくマコも流石だった。
34468675_2056706041_202large.jpg 34468675_2056706040_201large.jpg

34468675_2056706039_246large.jpg 34468675_2056706038_158large.jpg

○中二病でも恋がしたい!戀 第10話
勇太への想いが蘇った七宮が可愛かったな、ここから失恋の流れになるのがちょっと可哀相だ。
モリサマと凸森のやり取りは相変わらずで微笑ましいが、七宮の事も気遣うモリサマはいい子だな。
無駄に三角関係にされて六花に泣かれる展開でも困るが、七宮にも救いのあるラストにして欲しい。
34468675_2056706029_124large.jpg 34468675_2056706027_194large.jpg

34468675_2056706026_43large.jpg 34468675_2056706024_70large.jpg

○ノラガミ OVA 第1話
原作第10巻に同梱されたOVAでひよりの高校入学直後の話で、ノリはほとんどギャグアニメだった。
ひよりが夜トに神憑り(乗り移り)される展開だったが、夜トのやりたい放題具合が半端なかったな。
ノリノリのひより(見た目だけ)の姿はかっこよかったわ、完全に高校デビューに成功してしまったw
34468675_2056706034_109large.jpg 34468675_2056706033_229large.jpg

34468675_2056706031_93large.jpg 34468675_2056706030_223large.jpg

○凪のあすから 第23話
残り2話でだいたいどう結ばれるのか見えてきた感じだ、ただ紡までエナを持つのはどうかと思うが。
紡とちさきがお似合い過ぎて要の入る余地は全く無いように思える、普通にさゆを幸せにしてやれと。
美海はもう失恋の目しか見えないんだよなあ、まなかが恋心を取り戻してきれいに収まるのかな。
34468675_2056706022_18large.jpg 34468675_2056706021_47large.jpg

34468675_2056706020_19large.jpg 34468675_2056706019_36large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○未確認で進行形 第10話
○Wake Up, Girls! 第10話
○ニセコイ 第10話
○のうりん 第10話
○銀の匙 Silver Spoon 第9話
○いなり、こんこん、恋いろは。 第9話
○鬼灯の冷徹 第10話
○最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 第10話
△サムライフラメンコ 第20話
△桜Trick 第10話
△ログ・ホライズン 第24話
△宇宙兄弟 第98話
 総評
未確認は小紅の可愛さと紅緒のヤバさが増量中だ、WUGはせっかくのライブ回なのに作画ががが…
ニセコイは置いてかれた小野寺が可哀相過ぎる、のうりんは校長が見た目も中身も味皇だったな。
銀匙は離農の描写がシビアだった、いなこんはどう考えてもいなりより桃山さんの方がいい子だわ。
鬼灯は主要メンバーのダイエット描写が面白かった、妹ちょは美月が兄をかなり意識し始めたな。
サムメンコはあの少年は幻ではないだろうな、桜Trickはコトネとしずくの方が微笑ましくて好きだ。
34468675_2056706016_48large.jpg 34468675_2056706043_188large.jpg

34468675_2056706037_12large.jpg 34468675_2056706035_97large.jpg

34468675_2056706042_104large.jpg 34468675_2056706018_24large.jpg


人気ブログランキングへ

プロレスラーの飲食店を巡る(谷津嘉章、川田利明、松永光弘)

  • 2014/03/18(火) 20:57:23

今年に入ってキラー・カーンやグレート・カブキといった名レスラーの経営する居酒屋へ行ってきた。
両店ともに人気繁盛店となっているが、レスラーの経営する飲食店は基本的に厳しい場合が多い。
そんな中でも頑張っている3人のレスラーの店を回ってきた、もちろん本人が切り盛りしている店だ。

 「ホルモン焼 壱鉄」 谷津嘉章
34468675_2056463180_237large.jpg 34468675_2056463177_83large.jpg
                         http://ittetsu.net/
アマレスのオリンピック代表で鳴り物入りでプロレス界入りしたが、トップに立てなかった谷津嘉章。
新日本、全日本、SWS、SPWF、WJと流れ、PRIDEにも参戦したが結局「凄いヤツ」にはなれなかった。
そんな彼が店長を務めているホルモン焼き屋の壱鉄に、現役のプオタ仲間2人と一緒に行ってきた。

34468675_2056463176_83large.jpg
金曜の夕飯時なのに客がオレ達だけで正直ヤバイと思った、その後に2組来たがいかにも寂しい。
塩ホルモンなどのホルモンは美味かったが立地が悪いのだろうか、そしてこの日閉店が決まった。
飲食業でも凄いヤツにはなれなかったが、閉店までの2週間が賑わったのが救いかな…オリャ!


 「麺ジャラスK」 川田利明
 34468675_2056463187_48large.jpg

34468675_2056463185_57large.jpg 34468675_2056463183_242large.jpg
                      http://orenooudou.com/
全日本プロレスで三沢や小橋と四天王プロレスを繰り広げた川田利明、もう現役の四天王はいない。
彼は引退と口に出さないがもうリングに上がる事はないだろう、それだけ皆が身体を酷使していた。
そんな彼が奥さんと始めた店「麺ジャラスK」、ラーメン屋なのか居酒屋なのか未だによく分からない。

34468675_2056463182_131large.jpg 34468675_2056463181_221large.jpg
場所は成城学園前から徒歩20分程とそこそこ歩く、プロレスファンでも何度も通うのは厳しい場所だ。
料理は唐揚げとラーメンがメインであとはおつまみ程度、海老ラーメンは思ったより美味しかった。
平日でも客は来ていたが、三千円のTシャツを買わないと写真が撮れないってのは厳しい…シャー!


 「ミスターデンジャー」 松永光弘
34468675_2056463192_8large.jpg

34468675_2056463190_131large.jpg 34468675_2056463189_99large.jpg
                         http://www.mrdanger.jp/
空手家としてリングに上がりながら、その後は生粋のデスマッチファイターとして活躍した松永光弘。
彼が考案したピラニア、ワニ、サソリ&サボテン等のデスマッチはマニアの中で非常に好評だった。
そんな奇抜なアイディアマンがその後飲食店の経営者に転身、まさかの大成功を収める事となった。

34468675_2056463188_193large.jpg
日曜日のオープン時間に行ったが、開店30分くらいですぐに20人ほどの客が一杯になり驚いたよ。
注文した二千円セットのステーキは柔らかくて美味しい、フォークで切るような肉ではなかったね。
全ての肉を彼が焼いているのに写真まで撮らせてくれる、一般客が多いし本当の人気店だった。


こうして回ってみると、同じプロレスラーが経営する店でも全くスタンスが異なるのがよく分かった。
本人が出てない店はだいたい潰れちゃうし、プロレスラーの名前だけで客が入る時代ではないね。
行きたかった店はひと通り回れたし、次はブル中野の経営するガールズ婆バーにでも行こうかな。


人気ブログランキングへ

ザ・グレート・カブキの居酒屋「かぶき うぃず ふぁみりぃ」 訪問

  • 2014/03/17(月) 07:55:20

34468675_2055909865_3large.jpg 34468675_2055909861_69large.jpg

34468675_2055909859_43large.jpg 34468675_2055909855_11large.jpg

34468675_2055909852_155large.jpg 34468675_2055909848_221large.jpg
昭和のプロレスファンなら誰もが知っているプロレスラー「ザ・グレート・カブキ」、現在は引退して飯田橋にちゃんこ居酒屋「かぶき うぃず ふぁみりぃ」を経営しており、今回初めて訪問してきた。
店の看板がいかにもプロレスラーっぽくていいね、店内も現役時代の写真などが多く貼ってあった。

34468675_2055909831_235large.jpg
そんな中にどうにも気になる帽子が飾ってあった、カウボーイハットと言えばハンセンかテリーだ!
カブキさんに聞いたところスタン・ハンセンから貰った物だそうだ、帽子の上の方にはサインもある。
被っていいか尋ねると普通にOK、ロングホーンサインを出しつつハンセンの帽子を被らせてもらった。

34468675_2055909844_78large.jpg 34468675_2055909842_229large.jpg

34468675_2055909836_190large.jpg 34468675_2055909834_104large.jpg


テンションの上がったところでメニューを拝見、飲物の中にかぶきハイボールという特殊メニューが。
さっそく注文したところカブキの毒霧(緑と赤)にちなんだハイボールが登場、これはちょっと驚いた。
持ち帰りやキープが出来る焼酎「東洋の神秘」にも惹かれたがこちらは自重、家で飲まないしなあ。

34468675_2055909826_239large.jpg 34468675_2055909815_114large.jpg

34468675_2055909824_100large.jpg 34468675_2055909819_246large.jpg
料理も何点か注文したが、店の売りであるかぶちゃん煮込みやカブキちゃんこは当然食べてきた。
回転えび固めの名前は笑ったね、元女子プロレスラーの元気美佐恵が作ったタマゴ焼きも美味い。
途中で東京女子プロレスの山下実優が来店して少し話もした、彼女は「のの子」とエース争い中だ。
          34468675_2055909813_212large.jpg

そしてこの店の一番の肴であるカブキさんのプロレストーク、これが裏話満載で本当に面白かった。
各テーブル順番に来てくれるため30分くらい話せたと思う、周りの客皆がテンション上がりまくりだ。
興奮してヤバげな話まで聞いてしまい同行した博駅兄さんに突っ込まれたが、全てに答えてくれた。

34468675_2055909810_10large.jpg


人気ブログランキングへ

アニメ感想 世界征服~謀略のズヴィズダー~ 第9話 他(2014年3月14日)

  • 2014/03/16(日) 00:21:01

○世界征服~謀略のズヴィズダー~ 第9話
ズヴィズダーとホワイトライトが同じ施設に慰安旅行に行く話で、お互いの構成員が結構多かった。
話数的にはそろそろお互いの正体が分かる頃だが、明日汰と蓮華の関係はどうなっていくのかな。
第1話の冒頭シーンに繋がりそうな終わり方だったが、次回からシリアスになる可能性もありそうだ。
34468675_2055912084_101large.jpg 34468675_2055912083_33large.jpg

34468675_2055912081_14large.jpg 34468675_2055912079_32large.jpg

○ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル~ 第9話
ようやくセシルの過去に起きた事件が明かされたが、思った以上に大きな勢力が裏にいるようだな。
セシルを心配する穂樽はデレ期に入ったが、柄工双刑事は悩みつつもあっさりセシルを裏切ったな。
能力が複数発現するセシルはやはり色々と秘密がありそうだ、ここからもよよんはどう動くのかな。
34468675_2055912077_136large.jpg 34468675_2055912076_36large.jpg

34468675_2055912075_85large.jpg 34468675_2055912074_138large.jpg

○咲-Saki-全国編 第9話
はっちゃんの能力が発動しても相変わらず空気を読まない和、あそこまで動じないのは本当に凄い。
遂に大将戦となったが序盤は意外と地味な展開だったな、そんな中で豊音が声は可愛いのに怖い。
こんな魔物たちを相手にする末原を思わず応援したくなったよ、しかし嶺上開花って簡単そうだなw
34468675_2055912073_102large.jpg 34468675_2055912072_43large.jpg

34468675_2055912071_195large.jpg 34468675_2055912069_17large.jpg

○BAYONETTA Bloody Fate
昨年劇場公開されたゲーム「ベヨネッタ」のアニメ化作品で、魔女ベヨネッタの戦いが描かれている。
ガンアクション、バイクアクションなどベヨネッタをいかにスタイリッシュに描けるかが作品の根幹だ。
ライバルのジャンヌもかっこよかったし話はともかく勢いはあった、まあ基本は原作ファン向けかな。
34468675_2055932729_220large.jpg 34468675_2055932728_155large.jpg

34468675_2055932727_87large.jpg 34468675_2055932726_182large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○ガンダムビルドファイターズ 第22話
○弱虫ペダル 第22話
○ノラガミ 第10話
○ディーふらぐ! 第10話
○生徒会役員共* 第10話
○そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION- 第10話
○とある飛空士への恋歌 第10話
△ゴールデンタイム 第21話
△ダイヤのA 第22話
△仮面ライダー鎧武 第21話
△バディ・コンプレックス 第10話
△ウィッチクラフトワークス 第10話
△マギ 第22話
 総評
GBFはF91の分身とエクシアのトランザムの戦いが熱かった、弱ペダは御堂筋が想像以上にキモい。
ノラガミは白くなった雪音が別人のようだ、ディーふらぐはタマちゃんとゲロ子のキャラが濃すぎだ。
生徒会は個人的には畑とカエの絡みが一番良かった、そにアニは猫に特化した話で癒されたな。
飛空士は男性陣の死亡フラグが立ちまくってやばい、ゴンタは急に変わった香子の真意が気になる。
バディコンは相変わらず展開が王道なロボ物だ、ウィッチはクロノワールのモヒカン拷問が恐ろしい。
34468675_2055912367_36large.jpg 34468675_2055912359_197large.jpg

34468675_2055912360_126large.jpg 34468675_2055912364_253large.jpg

34468675_2055912358_41large.jpg 34468675_2055912366_98large.jpg


人気ブログランキングへ

映画「魔女の宅急便」 感想

  • 2014/03/15(土) 01:47:14

               34468675_2055909807_21large.jpg
今回見に行った映画は実写版「魔女の宅急便」、有名なアニメ版ではなく原作小説準拠の作品だ。
当初見に行く予定は無かったが、映画の日でもあり時間調整にちょうど良かったため見る事にした。
誰もがジブリ版の魔女の宅急便を思い浮かべてしまうため前評判は最悪だが、果たしてどうだろう。

34468675_2055909802_50large.jpg
内容は、魔女と普通の人間の間に生まれた少女キキが10歳になり、1年間の魔女修行に黒猫のジジと共に旅立ち辿り着いた町で宅急便を始めるというアニメを見た人なら誰もが知っている展開だ。
町ではパン屋を営むおソノ、空を飛ぶことに憧れるとんぼ、歌えなくなった歌手タカラ達と出会う。

34468675_2055909800_18large.jpg 34468675_2055909797_73large.jpg
アニメ版と異なり魔女を恐れる人間も多く、謂れのない批難を受け悩むキキの姿が印象に残った。
つらくあたる連中がいる中で、おソノやとんぼとの交流で立ち直っていくキキの頑張りは良かったな。
後半の嵐の中で荷物を運んだり、歌手のタカラが突然復活する演出は微妙だったが、許容範囲だ。

34468675_2055909794_98large.jpg 34468675_2055909789_4large.jpg
とにかくキキ役の小芝風花の演技が素晴らしかった、全く違和感が無かったし気が強くて可愛い。
飛行シーンのCGはもう少し頑張って欲しかったがジジのCGはよく出来ていた、本物は使えないしね。
正直全く期待していなかった分楽しめたよ、映画の日の料金1,000円分は十分元は取れたと思う。


人気ブログランキングへ

映画「ホビット 竜に奪われた王国」 感想

  • 2014/03/13(木) 23:05:04

                 34468675_2055159431_68large.jpg
今回見に行った映画は「ホビット 竜に奪われた王国」、ロード・オブ・ザ・リング前日譚の第二章だ。
前作は人物紹介や仲間同士が認め合うところで終わったため、今回からが本筋に突入と言える。
第一章は海外では成功したが日本の客入りはいまひとつだった、果たして第二章はどうだろうか。

34468675_2055159429_70large.jpg
内容は、前作で何とかオークの追跡から逃れたビルボ達が改めて邪竜スマウグに支配されたドワーフの王国・エレボールを目指す展開で、彼らの後を今回もオーク達が執拗に追いかけてくる。
道中ではエルフとも出会い、ロード・オブ・ザ・リングにも登場したレゴラス達とは対立する事になる。

34468675_2055159428_158large.jpg 34468675_2055159425_211large.jpg
上映時間は今回も約3時間あるが次々に事件が起きて飽きさせる事はない、その分疲れもするが。
指輪を手に入れたビルボはどんどん頼もしくなってきたが、その分ドワーフの駄目っぷりが目立つ。
前作でビルボと分かり合ったトーリンが財宝に魅入られ始めた感じだが、第三章でどうなるのかな。

34468675_2055159422_92large.jpg 34468675_2055159420_162large.jpg

34468675_2055159419_57large.jpg
今回の一番の目玉は邪竜スマウグとの戦いだ、何とかスマウグを出し抜こうとするビルボもいい。
残念ながら非常にいい所で終わってしまうが、ひと通り役者も出揃ったしあとは完結を待つのみだ。
2015年春に公開予定の第三章「ゆきて帰りし物語」が楽しみだな、見るなら3Dの方がお勧めだよ。


人気ブログランキングへ

アニメ感想 未確認で進行形 第9話 他(2014年3月11日)

  • 2014/03/12(水) 23:26:38

○未確認で進行形 第9話
許嫁の件で喜んだり泣いたりする小紅が可愛かったな、真白の言う通りデレ期が到来した感じだ。
このはも悪い子ではないけど空気が読めないだけにやっかいだ、まあ三角関係にはならないと思う。
紅緒は小紅が泣いてる時のキレ方がやばかった、今後は白夜に対するあたりが厳しくなりそうだ。
34468675_2055160192_157large.jpg 34468675_2055160190_239large.jpg

34468675_2055160189_176large.jpg 34468675_2055160180_65large.jpg

○Wake Up, Girls! 第9話
ここまで被災地のアイドルだという事を描いてくるとは思わなかった、やはり舞台には行ってみたい。
てっきり夏夜の当番回だと思っていたが、真由がI-1クラブを辞めた理由が明かされる回だったな。
菜々美が光塚の保留を決める話は別で作って欲しかったが、ようやく全員の結束が固まったようだ。
34468675_2055160230_176large.jpg 34468675_2055160226_18large.jpg

34468675_2055160224_132large.jpg 34468675_2055160218_21large.jpg

○ニセコイ 第9話
楽の約束の相手は小野寺だと思っていたが千棘の線も出てきたな、どちらとも約束してたりして。
今回はラブコメではお約束の温泉回だったが、日本昔話みたいな湯気はDVDでは消えるのかな。
ババ抜きの時の小野寺や千棘の表情、集とるりのやり取りなど温泉以外の部分も面白かったよ。
34468675_2055160209_124large.jpg 34468675_2055160207_15large.jpg

34468675_2055160202_154large.jpg 34468675_2055160203_91large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○のうりん 第9話
○中二病でも恋がしたい!戀 第9話
○サムライフラメンコ 第19話
○キルラキル 第21話
○鬼灯の冷徹 第9話
○いなり、こんこん、恋いろは。 第8話
○銀の匙 Silver Spoon 第8話
△凪のあすから 第22話
△ログ・ホライズン 第23話
△桜Trick 第9話
△最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 第9話
△宇宙兄弟 第97話
 総評
のうりんは泥水浴と田を守る展開のギャップが激しい、中二病は四宮の恋心が戻ってしまいそうだ。
サムメンコは後藤さんの彼女ネタが予想外の結末に、キルラキルはどんな状況でもマコは強いわ。
鬼灯はお香のタッチネタが南によく似ていた、いなりはこのままうか様ネタをメインでやって欲しい。
銀匙はこのまま駒場は退学していってしまうのかな、凪あすはまなかの光のない目がちょっと怖い。
桜Trickは2人の仲は隠せるレベルではない、妹ちょは兄貴が弁当を残した理由を伝えて欲しかった。
34468675_2055160201_39large.jpg 34468675_2055160193_13large.jpg

34468675_2055160210_1large.jpg 34468675_2055160213_107large.jpg

34468675_2055160195_14large.jpg 34468675_2055160216_8large.jpg


人気ブログランキングへ

アイドルマスター M@STERS OF IDOL WORLD 2014 レポ

  • 2014/03/11(火) 22:00:16

34468675_2055206144_17large.jpg 34468675_2055206141_63large.jpg

34468675_2055206138_143large.jpg 34468675_2055206135_134large.jpg
ラブライブ、ゆかりんに続き3週連続でさいたまスーパーアリーナのライブに臨む事になったオレ。
今回参加したライブはアイドルマスターの765プロ、モバマス、グリマス、3チームの合同ライブだ。
3週目にしてようやく晴れたさいたまスーパーアリーナには、日本全国からアイマスPが集結した。

34468675_2055206133_157large.jpg 34468675_2055206131_113large.jpg

34468675_2055206129_57large.jpg 34468675_2055206127_162large.jpg
物販エリアの横に設置された展示コーナーを見てから入場、入口付近には愛あふれる花が一杯だ。
最近はシンデレラガールズ(モバマス)の人気が一気に上がってきたうえ、劇場版にミリオンライブ(グリマス)の面々が登場したこともあり、765プロメンバー以外のファンも本当に多くなってきた。

34468675_2055206125_171large.jpg 34468675_2055206123_251large.jpg
                  http://www.animate.tv/news/details.php?id=1393142389
                            セットリスト
昨年の幕張メッセライブ以来久しぶりのアイマスライブとなったが、そのボリュームが半端なかった。
メンツが増えた事もあり何と5時間の長丁場、曲数も54曲と今までで最大のアイマスライブとなった。
モバマス、グリマスの曲も覚えていったが、とにかく曲が多くて全体の6割しか曲が分からなかった。

34468675_2055206119_251large.jpg 34468675_2055206115_135large.jpg
でもそんな事は全く関係ないくらい楽しいライブだったね、特にメドレーコーナーは高まりまくったよ。
残念だったのは、ディアリースターズで日高愛を演じた戸松遥が来た2日目に行けなかった事かな。
次は、今回欠席した秋月律子役の若林さんも含めた真のオールスターズでのライブが見たいね!

                  34468675_2055206112_183large.jpg


人気ブログランキングへ

映画「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」 感想

  • 2014/03/10(月) 23:32:32

                      34468675_2053899790_117large.jpg
今回見に行った映画は「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」、名作「キック・アス」の続編だ。
前作は単館上映ながら口コミでどんどん広まっていき、最後は日本中で公開されるほどだった。
特にクロエ演じるヒット・ガールが素晴らしく、今回の続編にも大いに期待して映画館へ向かった。

34468675_2053899787_226large.jpg
内容は、ヒーローに復帰したキック・アスことデイブはヒーロー仲間のストライプス大佐達と「ジャスティス・フォーエバー」を結成、一方ヒット・ガールことミンディは普通の女子になろうと努力を始める。
前作で父親を殺されたクリスはマザー・ファッカーへ変身しキック・アスへの復讐を狙うという展開だ。

34468675_2053899784_103large.jpg 34468675_2053899783_197large.jpg
子役からいい方向に成長しているクロエは相変わらず可愛かったな、主役は完全にヒット・ガールだ。
ジム・キャリー演じるストライプス大佐はいいキャラだったが、出番が思ったより少なくて残念だった。
またヒット・ガールが鬱々とする展開が長く、理不尽な死やムカつく友人など納得いかない面もある。

34468675_2053899781_203large.jpg 34468675_2053899779_24large.jpg
マザー・ファッカー率いる悪の組織は悪くなかっただけに、もう少し正義と悪との対決が見たかった。
個人的には前作のようなカタルシス溢れる展開を期待していただけに、正直拍子抜けした感じだ。
前作が大好きだったからハードルを上げ過ぎてしまったかな、ただ周りの評判は総じて良かったよ。


人気ブログランキングへ

アニメ感想 ノラガミ 第9話 他(2014年3月7日)

  • 2014/03/09(日) 20:38:43

◎ノラガミ 第9話
死に瀕した夜トのため大黒が頭を下げたり、兆麻と真喩が駆け付けたりと皆の懸命な姿が印象深い。
中でも夜トと雪音を二人とも助けるという姿勢がブレないひよりが凄かった、野良の思惑は外れたな。
やさぐれていた雪音が素直になったシーンは良かったね、ひよりが喜ぶ姿を見て嬉しくなったよ。
34468675_2053900668_209large.jpg 34468675_2053900667_179large.jpg

34468675_2053900666_154large.jpg 34468675_2053900665_13large.jpg

○ガンダムビルドファイターズ 第21話
前回のラストから激しい戦いになると思っていたら、予想外のイチャイチャな戦いになってしまった。
もう少し緊迫した戦闘が見たかったけどアイラが幸せそうだからいいか、レイジはかっこよかったな。
二人の別空間での会話はぜったいやると思ったね、レイジはアイラを異世界へ連れて帰るのかな。
34468675_2053900684_116large.jpg 34468675_2053900683_245large.jpg

34468675_2053900682_133large.jpg 34468675_2053900680_37large.jpg

○ディーふらぐ! 第9話
風間の妹が登場して妹回になるかと思ったら今回も高尾さん回だった、高尾さんの胸力が半端ない。
怯えてお兄ちゃんに助けを求める之江は可愛かったな、でもツートップの牙城は崩せそうもないな。
ツートップの片割れ船掘さんのギッチギチ具合も見事だったわ、ん?最強の闇?知らない子ですね。
34468675_2053900676_251large.jpg 34468675_2053900675_211large.jpg

34468675_2053900673_208large.jpg 34468675_2053900671_185large.jpg

○リトルバスターズ!EX 第1~2話
リトバスRefrainに全8話で収録されるOVAで、スパイを名乗る少女・朱鷺戸沙耶のエピソードだ。
朱鷺戸との宝探しがトンデモ設定になっているが、リトバスの世界観も判明しているし違和感はない。
今後は理樹と朱鷺戸の過去や闇の執行部あたりが話の中心になりそうだ、まあまったり見ていくよ。
34468675_2053913157_177large.jpg 34468675_2053913155_175large.jpg

34468675_2053913154_218large.jpg 34468675_2053913153_170large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○弱虫ペダル 第21話
○世界征服~謀略のズヴィズダー~ 第8話
○咲-Saki-全国編 第8話
○生徒会役員共* 第9話
○ウィッチクラフトワークス 第9話
○仮面ライダー鎧武 第20話
○とある飛空士への恋歌 第9話
○ダイヤのA 第21話
△ゴールデンタイム 第20話
△ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル~ 第8話
△バディ・コンプレックス 第9話
△マギ 第21話
△そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION- 第9話
 総評
弱ペダは転倒の言い訳をしない金城が男らしかった、ズヴィズダーはファルコンの強さが圧倒的だ。
咲は全く空気を読まない和に皆が振り回されてるな、生徒会はウオミーの出番が益々増えそうだ。
ウィッチはりのんが霞の師匠だったのが意外だ、鎧武は兄さんが一番世界の事を考えていると思う。
飛空士はキスの後の正体判明はきついな、ゴンタは香子はいい女になってきたのに万里はやばい。
セシルはもよよんのラスボス臭が半端ない、そにアニは面白くなかったがそに子のコスは良かった。
34468675_2053900662_38larg.jpg 34468675_2053900679_67large.jpg

34468675_2053900663_254large.jpg 34468675_2053900685_233large.jpg

34468675_2053900670_210large.jpg 34468675_2053900677_102large.jpg


人気ブログランキングへ

田村ゆかり LOVE♡LIVE 2014 in さいたまスーパーアリーナ レポ

  • 2014/03/08(土) 09:50:39

34468675_2053899778_112large.jpg

34468675_2053899776_207large.jpg 34468675_2053899775_67large.jpg
今回参加したライブは田村ゆかりのLOVE♡LIVE 2014、会場はさいたまスーパーアリーナだ。
前の週に大雪の中ラブライブイベントで行ったばかりだが、まさか2週続けての大雪になるとは…
ゆかりん自身、「ラブライバーは大変だね♪」と思っていたら自分に跳ね返ってきたと笑っていた。

           34468675_2053899774_137large.jpg
             http://blog.livedoor.jp/animesong_gamesong/archives/36418177.html
                            セットリスト
今回のライブのセットリストは、昨年11月に発売されたアルバム「螺旋の果実」の曲が中心だった。
それ以外には古めの曲もあって仲間の王国民達は喜んでいたよ、オレは知らない曲だったけどw
それでも鉄板曲は何度ライブで聴いても盛り上がるね、特にYou&Meの盛り上がりはいつでも凄い。

          34468675_2053899772_209large.jpg
ゆかりんのMCも「アヘ顔ダブルピース」をしたり、「ファッ!?」と言い出したりと自由過ぎて笑った。
ほっちゃんファンはネタバレしなくて民度が高いと言っていたから、今回の映像ネタは黙っておこうw
昨年6月に同会場で行われたライブ以来の参加だったけど、今回もいつも通り楽しいライブだったよ。

                 34468675_2053899771_203large.jpg

           大阪で嫌な事件があったけど頑張って欲しいね


人気ブログランキングへ

アニメ感想 のうりん 第8話 他(2014年3月4日)

  • 2014/03/06(木) 22:58:19

◎のうりん 第8話
ベッキーがやりたい放題の大暴れな内容だった、特に後半の林檎を煽りまくるシーンは良かったな。
林檎も農たちの事をデブとかでか乳とか普通にディスっていて笑った、パロもいい感じだったと思う。
斎藤千和の演技もテンション高かったな、エンディングのベッキーの顔は色々とギリギリ過ぎたわ。
34468675_2053380274_31large.jpg 34468675_2053380273_191large.jpg

34468675_2053380272_140large.jpg 34468675_2053380271_126large.jpg

○中二病でも恋がしたい!戀 第8話
凸森がモリサマを本物と認識した回以来の2人のメイン回だったが、やはりこのコンビは好きだなあ。
今回登場した偽モリサマはかなりやばい子だな、凸森がモリサマに助けを求めたシーンは良かった。
結局凸森はモリサマが本物であって欲しいんだろうなあ、非常にあざとい回だったけどオレは好きだ。
34468675_2053380269_171large.jpg 34468675_2053380268_81large.jpg

34468675_2053380264_5large.jpg 34468675_2053380262_205large.jpg

○キングダム2 第39話(終)
正直急に最終回になった印象だ、原作のストックはまだ結構あるからもう少し続くと思っていた。
羌瘣の出番が少しでもあって良かったな、信と蒙恬、王賁のライバル関係も見ていて楽しかった。
完全にオレ達の戦いはこれからだ!エンドだったし、しばらく置いてからぜひ3期は作って欲しい。
34468675_2053380280_45large.jpg 34468675_2053380278_146large.jpg

34468675_2053380277_67large.jpg 34468675_2053380276_100large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○キルラキル 第20話
○Wake Up, Girls! 第8話
○ニセコイ 第8話
○鬼灯の冷徹 第8話
○未確認で進行形 第8話
○銀の匙 Silver Spoon 第7話
○凪のあすから 第21話
○ログ・ホライズン 第22話
○いなり、こんこん、恋いろは。 第7話
△サムライフラメンコ 第18話
△最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 第8話
△宇宙兄弟 第96話
△桜Trick 第8話
 総評
キルラキルは皐月と流子が制服を替えて戦う展開が熱い、WUGはまだプロ意識が足りなく思える。
ニセコイは鶫がチョロ可愛かったな、鬼灯はマキのPVがきゃりーぱみゅぱみゅを思い起こさせる。
未確認はキスに対する羞恥心が完全に無くなってきたな、凪あすはまなかの様子が少しおかしい。
ログホラはアカツキかミノリのどちらかなんて選べない、いなりは怒った時の墨染の表情が良かった。
サムメンコはウルトラマン展開の最終回っぽい、妹ちょはドクターフィッシュでイク女の子はやばい。
34468675_2053380281_37large.jpg 34468675_2053380284_66large.jpg

34468675_2053380275_134large.jpg 34468675_2053380261_226large.jpg

34468675_2053380270_47large.jpg 34468675_2053380282_87large.jpg


人気ブログランキングへ

映画「モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-」 感想

  • 2014/03/05(水) 23:34:24

                     34468675_2053377876_160large.jpg
今回見に行った映画は劇場版のモーレツ宇宙海賊、正直映画になるほど売れたかなという印象だ。
もちろん個人的には好きだったが地味な作品だったため、続編が作られるとは思っていなかった。
オレが映画館に行ったのは公開2日目で客の入りは上々、今後もこの入りが続いて欲しいところだ。

34468675_2053377874_18large.jpg 34468675_2053377873_138large.jpg
内容は、宇宙海賊の仕事で身元不明の連中に狙われる少年・無限彼方を救出した茉莉香が、無限博士の遺産や頻発する航路事故の謎を、弁天丸クルーやヨット部仲間と解き明かしていく展開だ。
オリジナルストーリーで、チアキやマミ、ヨット部の先輩達も含めメインキャラはほぼ登場している。

34468675_2053377871_182large.jpg 34468675_2053377868_164large.jpg
基本的に主人公は無限彼方で、彼が成長するよう茉莉香たちがサポートするという感じだったな。
電子戦は面白かったが、その分ヨット部員の出番が多すぎて弁天丸クルーが目立たなかった。
敵の退場が意外と呆気なくて、彼方とスカーレットとの絡みが中途半端になってしまった気がする。

34468675_2053377867_247large.jpg 34468675_2053377866_50large.jpg
でも後半でチアキがヨット部員と駆け付けたシーンは熱かったね、チアキの船長姿がかっこいい。
話自体は悪くなかったけど後半に詰め込み過ぎた感じかな、ラストが駆け足に感じたのは残念だ。
ただ評価も高いし面白かったのは間違いないから、TV版が好きだった人は十分楽しめると思うよ。


人気ブログランキングへ

JAM Projectライブ 2014 THUMB RISE AGAIN in 日本武道館 レポ

  • 2014/03/04(火) 21:50:30

           34468675_2053377881_180large.jpg
久しぶりに日本武道館で開催されたJAM Projectライブ、彼らのライブに参加するのは約1年ぶりだ。
当初、今回のライブは昨年発売されたアルバム「THUMB RISE AGAIN」のツアーファイナルだった。
その後3ヶ所での追加公演が発表されたが、規模的には間違いなく今回のツアーで最大公演となる。

          34468675_2053377880_218large.jpg
JAMの日本武道館公演は今回で4回目、前回の公演時には水木一郎達が来ていたのを思い出す。
松本梨香が居た頃のJAMライブは見た事が無いんで、いつかは彼女と一緒のライブも見てみたい。
ちなみに今回の席はアリーナの後方、それほどいい席ではないが5人の姿は十分近くに感じられた。

    34468675_2053377878_71large.jpg
                    http://www.livefans.jp/events/187807
                       セットリスト
直前までラブライブの勉強をしていたためJAMの新作アルバムを聴いたのはたった3日間だけだ。
それでも空いた時間にリピートしてほぼ全曲頭に入ったため、ライブも存分に楽しむ事が出来たよ。
何だかんだ言って終盤の鉄板曲の連続は本当に盛り上がる、疲れていても飛ばずにはいられない!


同日に上坂すみれのライブもあって後ろ髪を引かれたが、やはりJAMライブの安定感は素晴らしい。
最低でも年に1回くらいはJAM Projectのライブで運動しないとね、だんだん身体も重くなってきたがw
今年はランティス祭りもあるけど、アニサマも10周年だし久しぶりにSKILLを歌いに来て欲しいなあ。

      34468675_2053377877_157large.jpg


人気ブログランキングへ

アニメ感想 ウィッチクラフトワークス 第8話 他(2014年2月28日)

  • 2014/03/02(日) 22:37:48

○ウィッチクラフトワークス 第8話
毎回見るたびに綾火の仄への溺愛を感じるが、中学時代から探し続けていたとは思わなかったな。
綾火達が仄を探している中にモブでKMM団が出てきて笑った、しかし凍子も火苗も付き合い良いな。
たんぽぽはサブヒロインのようになってきたな、結局は霞もKMN団を受け入れざるを得なかったか。
34468675_2052327182_29large.jpg 34468675_2052327179_228large.jpg

34468675_2052327180_196large.jpg 34468675_2052327178_192large.jpg

○ダイヤのA 第20話
フォークを手に入れ今年の夏は活躍すると思った丹波だが、あんな事故が起こるとは思わなかった。
ベンチから真っ先に飛び出したのが監督だったのが印象的だ、厳しくも温かい監督の姿が見えた。
しかしいくらなんでも投手層が薄すぎじゃないかな、さすがに野手を登板させる事はないと思うが。
34468675_2052327175_43large.jpg 34468675_2052327173_222large.jpg

34468675_2052327172_245large.jpg 34468675_2052327169_74large.jpg

○バディ・コンプレックス 第8話
敵のヒロインと二人きりで無人島で遭難…有名なところではアスラン&カガリだが、本当にベタだな。
正直いつまでヒナヒナ言い続けるのかイライラしていたが、今回出会った事で多少落ち着くといいが。
今度はヒナが青葉と対峙した時に躊躇するんだろうな、ここからビゾンが闇落ちしていくのが哀れだ。
34468675_2052327165_54large.jpg 34468675_2052327164_11large.jpg

34468675_2052327162_178large.jpg 34468675_2052327161_79large.jpg

○ロボットガールズZ 第4~6話
最初に擬人化されたチームT(ガイキング、ガ・キーン、バラタック、ダンガードA)はやはり地味だな。
アニメ化は彼女達が主役では無理だったかな、ミネルバXとグレちゃんがZを奪い合う話は良かった。
今回はあまり地下帝国の連中が目立たなかったな、しかし月1回放送では忘れられてしまいそうだ。
34468675_2052327159_135large.jpg 34468675_2052327158_201large.jpg

34468675_2052327157_183large.jpg 34468675_2052327156_80large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○ガンダムビルドファイターズ 第20話
○ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル~ 第7話
○とある飛空士への恋歌 第8話
○ゴールデンタイム 第19話
○弱虫ペダル 第20話
○ディーふらぐ! 第8話
○ノラガミ 第8話
○生徒会役員共* 第8話
△マギ 第20話
△仮面ライダー鎧武 第19話
△世界征服~謀略のズヴィズダー~ 第7話
△咲-Saki-全国編 第7話
△そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION- 第8話
 総評
GBFはアイラが完全に強化人間と同じ扱いだな、セシルはなっちが弁魔士を目指した理由が予想外。
飛空士はもう少しファウストとの会話が欲しかったな、ゴンタは岡ちゃんの怒りが理不尽に思えた。
弱虫は山岳が勝ち組主人公のポジションだ、ディーふらぐは高尾部長の残念な感じが可愛かった。
ノラガミは相手を威圧する小福の表情が良かった、マギはシェヘラザートが可愛い268歳だったわ。
ズヴィズダーは征服完了の基準がよく分からない、そにアニはCパートが無ければ微妙な話だった。
34468675_2052327177_245large.jpg 34468675_2052327176_46large.jpg

34468675_2052327167_58large.jpg 34468675_2052327168_34large.jpg

34468675_2052327166_223large.jpg 34468675_2052327160_34large.jpg


人気ブログランキングへ

ワンダーフェスティバル2014[冬] レポ

  • 2014/03/01(土) 11:06:54

34468675_2052291496_181large.jpg 34468675_2052291495_7large.jpg
大雪が積もる中、オレは都知事選と東映ヒーローワールドへ行った後にワンフェス会場へ向かった。
雪の中で開場を待つ気は無かったからだが、4時間も開場を屋外で待ち続けたえこくんは凄いわ。
幕張メッセに雪が積もる光景は2度と見る事は無いだろうな、まあそんな度々あっても困る訳だが。

34468675_2052291494_35large.jpg 34468675_2052291491_227large.jpg

       
最近のワンフェスの目玉になりつつあるグッスマステージでのイベント、特に今回は艦これが人気だ。
オレが見たのはWake Up Girls!、蒼き鋼のアルペジオ、そしてキルラキルのステージイベントだ。
特に最前列で見たキルラキルのステージは最高に面白かった、柚姉のやる気の無さが半端ないw

34468675_2052291489_143large.jpg

     34468675_2052291488_45large.jpg 34468675_2052291487_21large.jpg

34468675_2052291486_252large.jpg 34468675_2052291485_222large.jpg
ワンフェスの展示も艦これが中心だったな、グッスマのフィギュアを見るために50分待ちとか無いわ。
グッスマ以外のブースも艦これ関係であればかなり賑わっていたね、キャンギャルも大人気だった。
ワンフェス恒例のグッスマカフェのコラボ食品も艦これだったため、今回は久しぶりに食べなかった。

34468675_2052291482_241large.jpg 34468675_2052291480_107large.jpg

34468675_2052291479_150large.jpg 34468675_2052291478_51large.jpg

34468675_2052291477_223large.jpg 34468675_2052291476_102large.jpg

34468675_2052291473_221large.jpg 34468675_2052291472_72large.jpg
前回に続いて進撃の巨人の展示もあったな、ボーメ氏が製作した歴代フィギュアの展示も良かった。
通路では二足歩行ロボットに人が集まっていた、ガイナックス製作のネギマンのブースも印象的だ。
3DCGアニメで製作予定の6HPや海洋堂ブースでは、地下アイドルっぽい子達がライブをしていた。



      34468675_2052291470_11large.jpg        34468675_2052291468_196large.jpg

34468675_2052291467_51large.jpg 34468675_2052291466_59large.jpg
今回は一般ブースへ行く時間が無くて、必然的に企業ブースのキャンギャルを多く見る事になった。
そんな中でも電撃文庫ブースのキャンギャルのコスプレはさすがだ、ヒロインのパターンが多いしね。
3月には春の電撃祭もあるしまた色々なコスが楽しめそうだ、ももクロライブと被るのが問題だが…

34468675_2052291464_17large.jpg 34468675_2052291462_169large.jpg

34468675_2052291461_171large.jpg 34468675_2052291460_66large.jpg

34468675_2052291459_169large.jpg 34468675_2052291458_165large.jpg

34468675_2052291455_93large.jpg 34468675_2052291454_178large.jpg
個人的に気になったフィギュアを上げてみたが、やはり今回買えなかった雪ミクのfigmaは欲しいね。
ヨスガノソラの春日野穹はエロ可愛くて気に入った、まどマギのドールは5体並んでいると壮観だ。
全く買う予定は無いがFREEのフィギュアは出来がいいと思ったね、ただ彩色が無いと下着っぽいな。

     34468675_2052291453_202large.jpg          34468675_2052291450_163large.jpg

     34468675_2052291449_204large.jpg            34468675_2052291448_201large.jpg

     34468675_2052291445_254large.jpg            34468675_2052291442_159large.jpg
今回のコスプレは屋外を使わず2階通路を使う事になりかなり狭かったが、その分周りやすかった。
ただ狭い分人気の可愛い子に並ぶ列が多くて撮影する気になれなかった、あれはハードルが高い。
結構レベルの高い子が多かったが全く撮れなかったし、ネットを見てもあまり写真が落ちてなかった。

      34468675_2052291441_195large.jpg
まあオレはそに子のおっぱいと写真が撮れればいいんだけどね、般若面も貸し出していて笑った。
当初は雪の影響でどうなるかと思ったけど無事開催されて良かったよ、年に2回のお祭りだしね。
とにかく艦これに席巻されたワンフェスだった、次回のワンフェスの頃は何が流行っているのかな。


人気ブログランキングへ