アニメ感想 進撃の巨人 第12話 他(2013年6月28日)

  • 2013/06/30(日) 07:05:17

○ロウきゅーぶ! OVA
2期の放送がせまったロウきゅーぶのゲームに付属されたOVA、内容は完全にロリコン紳士向けだ。
次々に小学生の最高っぷりを見せつけるネタが繰り出されてきたが、内容は智花が中心だったかな。
昴が結構智花を意識し始めている気がしたな、まあ無意識とはいえあれだけアピールされたらねえw
34468675_1958346975_228large.jpg 34468675_1958346973_22large.jpg

34468675_1958346970_184large.jpg 34468675_1958346969_27large.jpg

○進撃の巨人 第12話
完全に暴走状態となった巨人エレン、そんな彼を上官に歯向かってでも守ろうとするミカサは健気だ。
意識が飛んでしまったエレンを必死に説得するアルミンだが、あの説得は彼にしか出来ないと思う。
今回は少し間延びした感じだったが、赤面するミカサというレアな物を見せてもらえたしまあいいか。
34468675_1958346916_212large.jpg 34468675_1958346914_249large.jpg

34468675_1958346912_4large.jpg 34468675_1958346909_230large.jpg

○宇宙兄弟 第63話
憧れていたシャロンに会えたせりかが生き生きとしていて良かったが、その分後半の落差が悲しい。
せりかの父親と同じ難病にかかっているようだが、ムッタやヒビトもかなりショックを受けそうだな。
しかしこの作品はもう少しテンポ良く進めてくれないかなあ、面白いんだけど展開が遅すぎだと思う。
34468675_1958346946_230large.jpg 34468675_1958346942_192large.jpg

34468675_1958346938_179large.jpg 34468675_1958346937_114large.jpg

△百花繚乱 サムライブライド 第12話(終)
序盤にメイドカフェをやってる頃は楽しめたんだが、中盤以降のシリアス路線で一気に失速したな。
メイドカフェを続けつつ武蔵達との戦いを中心にすれば良かったのにだんだんおかしくなっていった。
サムライブライドの設定も微妙だし2期を作った意味は無かったな、ぐつぐつさんだけが救いだった。
34468675_1958346961_220large.jpg 34468675_1958346958_146large.jpg

34468675_1958346957_176large.jpg 34468675_1958346955_42large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
◎よんでますよ、アザゼルさん。Z 第12話
◎翠星のガルガンティア 第12話
○波打際のむろみさん 第12話
○俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第12話
○惡の華 第12話
○キングダム2 第3話
○変態王子と笑わない猫。 第11話
○仮面ライダーウィザード 第40話
△這いよれ!ニャル子さんW 第11話
△ハヤテのごとく! Cuties 第11話
 総評
アザゼルは釘宮にアンアン言わせるスタッフに本気を感じた、ガルガンはピニオンが男前だったな。
むろみはノリや見せ方がエロアニメちっくで笑った、俺妹はあやせの告白があまりにも唐突過ぎた。
悪の花は仲村の家族がかなりいい人だった、キングダムは成が3人の絆を大事にしていて嬉しいね。
変猫は月子の母親に救いが欲しい、ウィザードはせっかくの女子高生ライダーのデザインが微妙。
ニャル子は大人しい時の可愛さはかなりのレベル、ハヤテはここに来て訳の分からない展開に…
34468675_1958346964_124large.jpg 34468675_1958346962_13large.jpg

34468675_1958346950_72large.jpg 34468675_1958346923_21large.jpg

34468675_1958346907_9large.jpg 34468675_1958346919_174large.jpg


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

オレが影響を受けたプロレスラー達

  • 2013/06/29(土) 01:32:09

先日久しぶりに後楽園ホールへプロレスを見に行った、一番の目当ては初代タイガーマスクだ。
大仁田厚の予想外の乱入や相変わらず黒い長州力など、なかなか見所の多い興行だったと思う。
考えてみればプロレスを見続けてもう30年になるが、その間にオレの好みもどんどん変わってきた。
34468675_1957001485_163large.jpg

というわけで、誰も興味はないと思うがこの30年でオレが影響を受けたレスラーは誰か考えてみた。


 初代タイガーマスク  得意技 : ローリングソバット、タイガースープレックスホールド
                34468675_1957001483_83large.jpg
オレが最も衝撃を受けたレスラーであり、プロレスを見るきっかけとなったのが初代タイガーマスクだ。
彼の試合のビデオが発売された時は狂喜乱舞したものだ、中身の佐山サトルの生き様も興味深い。
当時はマスクも持っていたなあ、同時期に始まったアニメ「タイガーマスク2世」は完全に霞んでいた。


 前田日明  得意技 : キャプチュード、フライングニールキック
                 34468675_1957001480_63large.jpg
前田日明の登場でオレの観戦は通常のプロレスから格闘系のUWFへ変わった、かっこよかったよ。
UWFが崩壊したあとのリングスももちろん見ていたが、カレリンとの引退試合は今でも忘れられない。
個人的には、数あるプロレスの入場テーマソングの中で彼の「キャプチュード」が一番好きだった。


 大仁田厚  得意技 : サンダーファイヤーパワーボム、DDO
                34468675_1957001477_60large.jpg
全日本プロレス時代は全く興味の無かった彼だが、FMWを立ち上げてからの大仁田劇場は秀逸だ。
電流爆破デスマッチは生で観戦すると中々の迫力で、川崎球場や西宮球場まで何度も通っていた。
ただ川崎球場のハヤブサとの引退試合以降の彼は好きじゃない、彼のカリスマ性はそこで終わった。


 ザ・ロック  得意技 : ピープルズエルボー、ロックボトム
                34468675_1957001474_122large.jpg
エンターテイメントプロレスに傾倒したオレが辿り着いたのはアメプロのWWF、その中心はロック様だ。
とにかく彼にしびれてアメリカ遠征したし、初来日時にはヤフオクで6万突っ込んだのもいい思い出だ。
すでに映画俳優活動がメインとなっているので、オレが見た試合が唯一の来日試合となりそうだな。


この4人が特にオレが影響を受けたレスラー達だが、同じプロレスでも見事にジャンルがバラバラだ。
それだけ手広く見てきたという事だな、博駅兄さんと会場で悪質にヤジりまくっていた頃が懐かしい。
東京へ転勤してDDTを中心に会場へ行く機会も増えた事だし、新たなスターが出てきて欲しいね。


人気ブログランキングへ

アニメ感想 中二病でも恋がしたい! 第13話 他(2013年6月25日)

  • 2013/06/27(木) 07:48:17

○中二病でも恋がしたい! 第13話(TV未放送)
DVD最終巻に収録された地上波最終話からの後日談、六花と勇太のイチャイチャぶりが半端ない。
泣きついてくる凸森を森夏が慰めるシーンは良かった、個人的には主役よりこの二人の方が好きだ。
まだ2期情報はあまり出てないけど緩い路線でいくようだし、1期と同じ失敗はしないんじゃないかな。
34468675_1957002993_45large.jpg 34468675_1957002990_199large.jpg

34468675_1957002987_9large.jpg 34468675_1957002983_102large.jpg

○革命機ヴァルヴレイヴ 第11話
前回のラストはかなり衝撃的だったが、あの展開でも暗くならずに気丈に振舞うサキが良かった。
対照的にショーコが一気に沈んだ感じだな、ショーコの父親は立派だったが彼女はまだまだ甘いね。
今回もラストで驚かされたが義務で結婚を申し込むってどうなん?っていうかあと2話で終わるのか?
34468675_1957003063_135large.jpg 34468675_1957003055_123large.jpg

34468675_1957003051_34large.jpg 34468675_1957003044_229large.jpg

○デート・ア・ライブ 第12話(終)
最終話は琴里中心の話だったな、義妹のお兄ちゃん大好き攻撃は結構な破壊力があって良かった。
逆に実妹や折紙は不遇だったね、十香は最後に見せ場を作ったがよしのんの方が印象に残ったな。
中途半端に終わるなあと思ったけど最初から変則2クールだったのか、意外と楽しめる作品だった。
34468675_1957003035_159large.jpg 34468675_1957003030_111large.jpg

34468675_1957003027_106large.jpg 34468675_1957003024_92large.jpg

△RDG レッドデータガール 第12話(終)
大きな盛り上がりもなく淡々と終わってしまった感じだ、しかも問題が解決したわけでもないんだよね。
これ原作の途中なのかな、都会に来てからが何とも微妙だったが結局最後まで惰性で見てしまった。
もし原作に続きがあっても読まなくてもいいかな、ヒロインの泉水子にあまり魅力を感じられなかった。
34468675_1957003007_210large.jpg 34468675_1957003005_91large.jpg

34468675_1957002999_185large.jpg 34468675_1957002994_121large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
◎ちはやふる2 第24話
○とある科学の超電磁砲S 第11話
○やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第12話
○はたらく魔王さま! 第12話
○フォトカノ 第12話
○断裁分離のクライムエッジ 第12話
△銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第12話
△DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION 第12話
△うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE2000% 第12話
 総評
ちはやふるはクイーンと新の高度な戦いが面白かった、にこにこメガネってあだ名は秀逸だと思う。
超電磁砲は上条さんの前での美琴の表情が可愛い、俺ガイルはヒッキーにも救いが欲しいなあ。
魔王はエミリアがようやくヒロインっぽく見えた、フォトカノは深角が地味なせいか展開も地味だった。
クライムエッジは幼女の陵辱が半端なかったな、マジェプリは超巨乳と貧乳との格差が激しすぎた。
デビサバは全員生き返りしかハッピーエンドはないな、うたプリはセシルにスポットを当てすぎだな。
34468675_1957003037_238large.jpg 34468675_1957003010_149large.jpg

34468675_1957003020_189large.jpg 34468675_1957003018_45large.jpg

34468675_1957003040_127large.jpg 34468675_1957003013_130large.jpg


人気ブログランキングへ

2013年夏の新作アニメ選定

  • 2013/06/26(水) 07:48:07

あっという間に来期アニメ選定の時期になりました…3ヶ月ごとに同じ事を言っている気がするなあ。
とりあえず安定して楽しんでいる進撃の巨人やレールガンが引き続き放送してくれるのは嬉しい。
今期は最終的に25本の視聴本数に収まったけど、来期は視聴継続分6本を含めるとまた増えそうだ。



というわけで、来期スタートのアニメでまずは第1話を見てみる作品を書き出してみた。

 犬とハサミは使いよう
 BROTHERS CONFLICT
 義風堂々!!兼続と慶次
 たまゆら ~もあぐれっしぶ~
 Free!
 ステラ女学院高等科C3部
 ダンガンロンパ The Animation
 ローゼンメイデン
 恋愛ラボ
 戦姫絶唱シンフォギアG
 帰宅部活動記録
 サーバント×サービス
 きんいろモザイク
 幻影ヲ駆ケル太陽
 <物語>シリーズ セカンドシーズン
 げんしけん 二代目
 神さまのいない日曜日
 ファンタジスタドール
 ハイスクールD×D NEW
 有頂天家族
 てーきゅう
 ロウきゅーぶ!SS
 魔界王子
 ブラッドラッド
 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
 銀の匙
 超次元ゲイム ネプテューヌ
 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
 ガッチャマン クラウズ
 ふたりはミルキィホームズ
 君のいる町

   34468675_1957092029_188large.jpg    34468675_1957092025_52large.jpg

   34468675_1957092023_66large.jpg   34468675_1957092020_8large.jpg

新規作品にはあまりピンとくるものが無いけど、銀の匙や神様のいない日曜日あたりは楽しみだ。
ただ来期はシリーズ物の方は熱いね、ロウきゅーぶ、化物語、てーきゅう、たまゆらには期待したい。
しかし新番組だけで31本で継続作品と合わせて37本はさすがに厳しいな、こんなに見れるのかね…

            34468675_1957092018_167large.jpg


人気ブログランキングへ

プロレス観戦オフレポ

  • 2013/06/25(火) 07:57:10

ディズニーシー、麻雀と非常に限定されたオフ会を開催してきたが、今回もそんなオフ会を開催した。
それはスロレス観戦オフ、このオフ会のタイトルを見た時点で多くの人が興味を失ってしまう事だろう。
しかし今回、このメニアックな集まりに4人の参加者が集い、何とか無事オフ会開催の運びとなった。

34468675_1721909548_22large.jpg 34468675_1721909542_202large.jpg
                                   “ダッチワイフレスラー”ヨシヒコ
観戦に行ったのはDDTプロレス、今一番勢いのあるプロレス団体で内容も振り幅が大きくて楽しい。
特に、多くの人に実際に見てもらいたいと常々思っていた「ヨシヒコ」の試合があった事が嬉しかった。
会場も後楽園ホールというプロレスの聖地での開催だし、参加者にも大いに楽しんでもらえたと思う。

 34468675_1721909531_170large.jpg
その後少し時間もあったんで池袋のナンジャタウンへ足を伸ばしたが、その模様については次回で。
そしてこの日の打上げはプロレスオフ会に相応しい店「アントニオ猪木酒場」、もう見たまんまの店だ。
店内は多くの展示品が飾ってあり、ロープで囲まれたカウンターなどを見てテンションが上がったね。

34468675_1721909501_229large.jpg 34468675_1721909495_247large.jpg
店員の鳴らすゴングと共に入場、多くのモニターで懐かしいプロレスの試合が常に放送されていた。
店員と一緒に叫ぶ「1!2!3!サラダーッ!!」や「コブラツイスト」といった変わったメニューも多い。
とにかく参加者全員のプロレス知識が異常に高く、オタの集まりなのにアニメの話が一切出なかった。

           34468675_1721909487_148large.jpg

こんなオフ会が成り立つんだろうかと思っていたが、終わってみれば本当に楽しいオフ会となった。
一般人がプロレスを見る機会も減りジャンル自体が危険な状態だが、まだ捨てたもんじゃないね。
参加してくれたヤマKさん、じゃぐわーさん、ことすがさん、気遣い士人さん、ありがとうございました。


人気ブログランキングへ

コラボメニューまとめ「俺妹、ニャル子、ガルガンティア、はたらく魔王…etc」

  • 2013/06/24(月) 07:53:04

定期的にアップしているコラボメニューまとめ、また結構たまってきたのでここで書いておこうと思う。

 秋葉原パセラリゾート
34468675_1954359253_209large.jpg 34468675_1954359252_182large.jpg

34468675_1954359251_109large.jpg 34468675_1954359250_185large.jpg
秋葉原のパセラではシュタゲカフェを開催していたが、中でも緑色のゲルバナの出来は秀逸だった。
スタチャカフェではヴァルヴレイヴメニューを注文、狙っていたサキのコースターは当たらなかった。


 パティスリースワロウテイル
34468675_1954359249_198large.jpg 34468675_1954359248_92large.jpg

34468675_1954359247_28large.jpg 34468675_1954359246_224large.jpg

34468675_1954359245_24large.jpg 34468675_1954359244_150large.jpg
秋葉原のK-BOOKS前でコラボデザートを販売するデザート屋、もう少し販売日数を増やして欲しい。
ただケーキの出来はいいし味も美味いんだよね、だからこそ買うのにひと苦労する場合も結構多い。

               34468675_1954359243_160large.jpg
          GJ部のケーキはまさかの4時間待ちだったんで、さすがに諦めたよ…


 キュアメイドカフェ
34468675_1954359242_168large.jpg 34468675_1954359241_231large.jpg
老舗メイドカフェのこの店も定期的にコラボをやってくれるけど、店内撮影禁止なのが残念なところ。
ニャル子のコラボメニューの見た目のカオスさがいい感じだ、俺妹はメイドカフェらしいメニューだな。


 グッスマカフェ
34468675_1954359240_210large.jpg 34468675_1954359239_129large.jpg

34468675_1954359238_42large.jpg 34468675_1954359237_67large.jpg
モバマスコラボの時は尋常じゃない客入りだったけど、ここ最近は平日に行けばまったり入れる。
一時期テーブルごとで注文出来るコラボメニューが限定されたけど、そこは元通りになって良かった。

34468675_1954359233_155large.jpg 34468675_1954359232_136large.jpg
   はたらく魔王さまのコラボメニュー「エミリアのOL晩ごはん」…食べてて悲しくなった…

   34468675_1954359231_138large.jpg
              チェインバーへの搭乗はテンション上がったけどね。


人気ブログランキングへ

アニメ感想 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第11話 他(2013年6月21日)

  • 2013/06/23(日) 09:50:20

◎キングダム2 第2話
李牧と呂不韋の交渉が相譲らず凄かったな、確かに武人の入る余地がない政治的な攻防だった。
昔の信だったら有無を言わず飛びかかったんだろうけど、相手の凄みが分かるようになったようだ。
成は今後あの中に混ざっていけるようになるんだろうか、まだまだ今はお飾りの王に見えてしまうな。
34468675_1954359691_245large.jpg 34468675_1954359690_171large.jpg

34468675_1954359689_138large.jpg 34468675_1954359688_240large.jpg

○俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第11話
ひとり暮らしをする事になった京介の元へ加奈子、あやせ、黒猫と次々に女の子が押しかけてきた。
当然女の子同士が鉢合わせするわけだが、あやせと黒猫の戦いは彼女の座を争っているようだな。
改めて黒猫との交際を断った京介だけどやはり納得しかねるな、正妻の座は桐乃が堅守って事か。
34468675_1954359683_84large.jpg 34468675_1954359682_244large.jpg

34468675_1954359681_164large.jpg 34468675_1954359679_248large.jpg

○翠星のガルガンティア 第11話
再登場したクーゲルは人類銀河同盟の軍人としてまったくブレないな、その辺がレドと違うところだ。
コクピットを出て現地人と交流してしまったレドは、もうクーゲルと同じ行動を取るのは無理だろう。
やはりクーゲルと戦う事になるのかな、最終的にはレドはエイミーと地球で暮らす事を選択しそうだ。
34468675_1954359696_247large.jpg 34468675_1954359694_86large.jpg

34468675_1954359693_138large.jpg 34468675_1954359692_2large.jpg

△侵略!イカ娘 第14巻 付属OVA
原作に付属されたOVAの第二弾、やっぱりイカ娘の主題歌はULTRA-PRISMがいいと改めて思った。
いつも通りイカ娘の可愛さを堪能するだけの内容だが、今回は悟郎の母ちゃんのインパクトが強い。
元々大した話ではないのだからもっとイカ娘の可愛さを前面に出して欲しかった、とろこで3期は?
34468675_1954359678_125large.jpg 34468675_1954359677_229large.jpg

34468675_1954359676_155large.jpg 34468675_1954359675_40large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○よんでますよ、アザゼルさん。Z 第11話
○進撃の巨人 第11話
○ハヤテのごとく! Cuties 第10話
○変態王子と笑わない猫。 第10話
○惡の華 第11話
△這いよれ!ニャル子さんW 第10話
△波打際のむろみさん 第11話
△宇宙兄弟 第62話
△百花繚乱 サムライブライド 第11話
 総評
魔界バージョンのキヨコは可愛かったな、彼女達の前で床の肉片を食すアザゼルが哀れすぎた。
進撃は巨人化したエレンの制御は難しそうだな、ハヤテはマリアが若い事を久しぶりに思い出した。
変猫は梓のはりきりっぷりが可愛かった、悪の華は変態道を進む覚悟を決めた春日がかっこいい。
ニャル子は弱っている時は可愛いんだけどなあ、むろみは乙姫が復権するビジョンが全く見えない。
宇宙兄弟は悲しい展開に向かい始めたな、百花繚乱は武蔵達との戦いをメインにして欲しかった。
34468675_1954359698_44large.jpg 34468675_1954359674_238large.jpg

34468675_1954359686_230large.jpg 34468675_1954359673_167large.jpg

34468675_1954359684_21large.jpg 34468675_1954359687_181large.jpg


人気ブログランキングへ

映画「ハル」感想

  • 2013/06/22(土) 05:15:01

              34468675_1954359511_87large.jpg
今回見に行った映画は「ハル」、上映時間は1時間程度の中編アニメで上映館はかなり少なめだ。
東京でも新宿のみの上映だったため客席は結構埋まっていた、恋愛アニメなんで女性客が多めだ。
当初はG.I..ジョー2を見に行く予定だったが評判が芳しくないため、急遽この作品を見に行く事にした。

34468675_1954359510_213large.jpg 34468675_1954359508_157large.jpg
内容は、近未来の京都で恋人であるハルと死別したくるみのもとへ、「ロボハル」(ハルによく似たロボット)ことキューイチが心のケアに赴き、ハルを失って絶望していたくるみを癒していくという展開だ。
当初はロボハルを拒絶していたくるみが、ハルの過去の思い出と共にロボハルと心を通わせていく。

34468675_1954359507_179large.jpg 34468675_1954359506_115large.jpg
ストーリーはなかなかよく出来ていたが、いかんせん尺が短いのが非常にもったいない作品だった。
ロボハルとくるみが近づいていく描写は時間をかけて欲しかった、意外と簡単に仲が深まった印象だ。
まあその辺の理由は後半の展開である程度理解は出来るんだけどね、あの設定には結構驚いた。

34468675_1954359505_236large.jpg 34468675_1954359504_134large.jpg
ネタバレされると面白さが半減するタイプの作品かもしれない、久しぶりにこういったアニメを見たな。
くるみがせっかく可愛いのにキャラがはっきりしなかったのは残念だね、感情移入がしにくかった。
良質のアニメだと思うけどやはり中編じゃないほうが良かった、でもDVDレンタルする価値はあるよ。

                34468675_1954359503_183large.jpg


人気ブログランキングへ

まんパク(満腹博覧会)2013 レポ

  • 2013/06/21(金) 07:19:02

先日立川で開催された食の祭典「まんパク2013」に行ってきた、正直全く聞いた事がないイベントだ。
2年前に始まったイベントらしいが昨年は19万人も集まったようで、やはり土日は避けるのがベスト。
というわけで会社帰りに寄ってみることにした、個人的にメロンカレーライスを食べたかったからだ。

34468675_1951229701_76large.jpg 34468675_1951229699_242large.jpg
時間は19時を回っていたこともあり、会場内は酒を飲みながら食事を楽しむグループばかりだった。
さすがに平日の遅い時間だったため購入列は短めだった、熱い中並ぶのは大変だから良かったよ。
ただ敷地が広すぎて多少閑散としている感じもしたなあ、まあ土日になれば全然違うんだろうけど。

34468675_1951229698_59large.jpg 34468675_1951229695_253large.jpg

34468675_1951229694_244large.jpg 34468675_1951229692_69large.jpg
今回注文したのはメロンカレーライスと亀之助ラーメン、他に牛とん包と信玄パフェも食べてみた。
メロンカレーは茨城名産らしいけどほんと?味はメロン味とカレーの風味が合わさって微妙だった…
ラーメンは一番人気の店だったけど普通だったな、牛とん包や信玄パフェはなかなか美味しかった。

      34468675_1951229690_202large.jpg

どこかのシンガーソングライターが歌ってたけど、ラーメン博みたいにアイドルでも呼べばいいのに。
入場料500円と往復1時間半かけて行くほどでもなかったかな、ひとりで食える量なんて知れてるし。
まあ企画側もひとりで食いに来る客はあまり対象にしていないんだろうけどね…ぼっちを舐めるなよ!

            34468675_1951229673_15large.jpg


人気ブログランキングへ

アニメ感想 とある科学の超電磁砲S 第10話 他(2013年6月18日)

  • 2013/06/20(木) 06:08:45

◎とある科学の超電磁砲S 第10話
今回も美琴と麦野の戦いが熱い、麦野にとって学園順位第3位の美琴は一番目障りなんだろうね。
このレベルの戦いになると純粋に能力の差というよりも、策やひらめきの勝負になっている感じだ。
そしてついに登場した上条さん、美琴の笑顔は彼女が日常へ戻った実感を得たからなんだろうな。
34468675_1952519369_180large.jpg 34468675_1952519367_192large.jpg

34468675_1952519364_182large.jpg 34468675_1952519362_180large.jpg

○フォトカノ 第11話
今回は理想のお嫁さんキャラ梨奈の回だが、その設定に偽り無く今までで一番真っ当な子だった。
料理だけでなくスタイルや性格もいいというまさに万能ヒロイン、何気に内田を認識した能力も凄い。
ただ毎回ヒロインが可愛いだけに話数の少なさが残念だ、どうしても駆け足気味になるんだよなあ。
34468675_1952519390_156large.jpg 34468675_1952519387_80large.jpg

34468675_1952519378_7large.jpg 34468675_1952519376_124large.jpg

○やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第11話
あえて汚れ役を演じるヒッキーは大したものだな、あれだけ人の心の機微に敏感な主人公も珍しい。
相楽は次回で一気にボロが出そうだな、それに対してゆきのん達がどう対応するのか楽しみだな。
そんな中で回を追うごとに可愛さが増してきたガハマさん、積極的になった彼女が非常に良かった。
34468675_1952519357_188large.jpg 34468675_1952519354_179large.jpg

34468675_1952519349_21large.jpg 34468675_1952519331_128large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
◎ちはやふる2 第23話
○銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第11話
○革命機ヴァルヴレイヴ 第10話
○はたらく魔王さま! 第11話
○デート・ア・ライブ 第11話
○うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE2000% 第11話
○DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION 第11話
△断裁分離のクライムエッジ 第11話
△RDG レッドデータガール 第11話
 総評
ちはやふるはやっと太一が報われた感じだね、次回クイーンと新の試合がどう描かれるか楽しみだ。
マジェプリはにゃんにゃん話すタマキがかなり可愛かった、ヴヴヴのラストはまさかの展開だったな。
魔王さまは鈴乃がどういう感じで心変わりするのかな、デートはあと1話で終わるのはきつそうだ。
うたプリはトキヤのカッコよさと春歌の健気さが良かった、デビサバは一気に仲間が死にだしたなあ。
クライムエッジは注射シーンの規制は仕方ないかな、RDGは怒った泉水子は凛々しくて良かった。
34468675_1952519402_157large.jpg 34468675_1952519372_102large.jpg

34468675_1952519413_96large.jpg 34468675_1952519329_65large.jpg

34468675_1952519392_30large.jpg 34468675_1952519409_182large.jpg


人気ブログランキングへ

皆のお勧めマンガが知りたい

  • 2013/06/19(水) 01:34:27

最近、たまたま土日で空いた日があると漫画喫茶にこもって読んでなかった漫画を読みまくっている。
途中まで読んで止まっていたドリフターズや、進撃の巨人、夏目友人帳、よつばとなど結構読めた。
前の会社で営業をやっていた頃は、それこそ読む本が無くなるくらい漫喫に行きまくっていたものだ。

                34468675_1951871698_155large.jpg

同じく途中まで読んでいたワンピースやNARUTO、H×Hなどは完結するまでは保留している状態だ。
どうせ既刊まで読んでも続きを読んでないと結局忘れちゃうからね、まあ完結はかなり先だろうけど。
今は最近開拓してなかった新規の漫画を読み始めたところだ、とりあえず下記漫画からスタートした。

 テラフォーマーズ
 ましろのおと
 俺物語
 グラゼニ
 デストロ246

      34468675_1951871707_179large.jpg     34468675_1951871701_10large.jpg

      34468675_1951871702_47large.jpg     34468675_1951871704_92large.jpg
今では漫画は超人ロック、ちはやふる、BLACK LAGOON、魔法少女プリティベルしか買っていない。
雑誌の方で追い続けている漫画もあるが、だんだんとその本数も少なくなってきているのが現状だ。
ラノベは大量に買って積んでいるのに漫画には手が伸びなくなってしまったのは、少しもったいない。

                   34468675_1951871706_116large.jpg
                      結局デストロ246は買ってきた。
というわけで、もうしばらくは定期的に漫画喫茶に通って新しい漫画に手を出していこうと思っている。
ここ数年ゲームは全くやらなくなったけど、漫画の方は再び熱が戻ってきたんで続けていきたいね。
アニメやラノベはそれなりに知っているが漫画には弱いんで、お勧めの漫画があれば教えて欲しい。

               34468675_1951871694_16large.jpg


人気ブログランキングへ  

ミルキィホームズLIVE 2013 in 刈谷 レポ

  • 2013/06/18(火) 00:29:04

オレが初めてミルキィホームズを見たのは、ちょうど3年半前のブシロードカードゲームLIVE2010だ。
まだミルキィホームズが3人しか居なかった頃で、その日の公開オーディションで4人目が決定した。
4人目の佐々木未来はいかにも垢抜けていなくて、正直この子はやっていけるのだろうかと思った。

34468675_1951817759_92large.jpg

その年のアニサマでは観客のほとんどが彼女達を知らず、完全にアウェイ状態だったのも懐かしい。
だからこそオレ達が応援してやらなければ!という想いでミルキアンになり、彼女達を応援し続けた。
そんな彼女達の日本武道館ライブを見届けたオレは、役目を終えた思いからミルキアンを卒業した。

34468675_1951817755_200large.jpg

その武道館ライブから1年、今回久しぶりにミルキィホームズのライブを見に行こうという気になった。
今回のライブはステージにセットを用意した舞台形式となっていたが、これが非常に面白かった。
この形式はほっちゃんのライブではお馴染みだが、普通に曲だけ歌うライブとまた違う楽しさがある。

34468675_1951817753_136large.jpg
     http://blog.livedoor.jp/animesong_gamesong/archives/27816452.html
                           セットリスト
久々のライブは本当に楽しくて、やはりオレはミルキィホームズが好きなんだなあと改めて思ったよ。
会場が小さい事もあって観客の一体感も凄かったし、オレも思っていた以上にテンションが上がった。
ミルキアンを卒業した気になっていたがどうも留年していたようだ、しばらくは卒業出来そうもないなw

34468675_1951817752_163large.jpg


人気ブログランキングへ

アニメ感想 惡の華 第10話 他(2013年6月15日)

  • 2013/06/17(月) 06:50:51

◎惡の華 第10話
春日のあそこまでの変態ぶりを見せられても折れない佐伯は、少しヤンデレが入ってる気がする。
しかしまさか全裸にされるとは思わなかったな、どちらも選べない春日の叫びが真に迫っていた。
春日は最後に仲村からも佐伯からも見捨てられた感じだったが、この緊張感は次回も続くのかな。
34468675_1951227115_187large.jpg 34468675_1951227113_10large.jpg

34468675_1951227112_233large.jpg 34468675_1951227111_166large.jpg

○俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第10話
飛ばされたと思っていたあやせ回があって良かった、加奈子とのフラグも立ったし京介はモテ期だな。
京介があやせにセクハラをしている時の表情が生き生きしていて笑った、ある意味ふたりのプレイだ。
前回から少しずつ桐乃の好感度も上がってきたね、しかし痛チャリに光規制が入ったのは驚いたわw
34468675_1951227110_249large.jpg 34468675_1951227109_8large.jpg

34468675_1951227108_69large.jpg 34468675_1951227106_34large.jpg

○キングダム2 第1話
王騎が戦死して終了した第1期、そこからシンもかなり成長したようだがまだまだ王騎の域は遠いな。
今後は李牧打倒を目的としていきそうだが、相手は天才軍師だけになかなか剣が届きそうもない。
羌瘣がかなり可愛くなっていた気がする、貂がシンの元に軍師として戻るのはいつになるのかな。
34468675_1951227137_193large.jpg 34468675_1951227134_81large.jpg

34468675_1951227131_16large.jpg 34468675_1951227129_177large.jpg

○ハイスクールD×D 第14話(TV未放送話)
原作の15巻に同梱されたOVA、7月の2期放送前にサービス的なエピソードを持ってきた感じだな。
一誠とアーシアが他のメンバーの仕事っぷりを見る話だったが、各ヒロインがいい味を出している。
まあ最終的におっぱいな話になるわけだが、その時の小猫ちゃんの不機嫌な様子が可愛かった。
34468675_1951227123_9large.jpg 34468675_1951227121_187large.jpg

34468675_1951227120_174large.jpg 34468675_1951227119_214large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○よんでますよ、アザゼルさん。Z 第10話
○波打際のむろみさん 第10話
○翠星のガルガンティア 第10話
○進撃の巨人 第10話
○ハヤテのごとく! Cuties 第9話
△這いよれ!ニャル子さんW 第9話
△宇宙兄弟 第61話
△仮面ライダーウィザード 第39話
△変態王子と笑わない猫。 第9話
△百花繚乱 サムライブライド 第10話
 総評
アザゼルは最後までぶれない変態話だったな、むろみは最後のイエティの嬉しそうな顔が良かった。
ガルガンはチェインバーのセリフに説得力があった、進撃はアルミンの演説は気合が入っていたな。
ハヤテはヒナギクの着替えが名所扱いになっていて笑った、ニャル子はクー子株が上がってきたな。
宇宙兄弟は悪くないが進み方が遅すぎる、ウィザードはインフィニティー化してからが無双過ぎた。
変猫は女の子は皆可愛いが話がよく分からない、百花繚乱はぎったんもマスター化するんだろうか。
34468675_1951227139_210large.jpg 34468675_1951227117_166large.jpg

34468675_1951227138_37large.jpg 34468675_1951227104_178large.jpg

34468675_1951227118_69large.jpg 34468675_1951227126_27large.jpg


人気ブログランキングへ

映画「言の葉の庭」感想

  • 2013/06/16(日) 01:14:30

               34468675_1951229688_52large.jpg
今回は秒速5センチメートルやほしのこえなどの新海誠の最新作、「言の葉の庭」を見に行ってきた。
この映画は上映時間46分と短めのため上映館も少なく、地方の人は見るだけでひと苦労の作品だ。
考えてみれば前作の星を追う子どもから2年も経ってるんだな、個人的には新海作品は結構好きだ。

34468675_1951229686_104large.jpg
内容は、主人公タカオが雨の日に通う庭園で出会った謎めいた女性との交流が中心となっている。
庭園の一角で雨宿りをしながら靴のデザインを考えるタカオとビールを飲むユキノとの対比がいい。
タカオ役は入野自由、ユキノ役は花澤香菜で、ほとんどこのふたりだけで成り立っている作品だ。

34468675_1951229684_202large.jpg 34468675_1951229682_27large.jpg
ふたりの男女が出会って惹かれていく流れは、まさに深海作品の真骨頂といったところだと思う。
歳の差が大きく離れたふたりがお互い癒されていく様は良かったな、花澤さんには珍しい役だった。
そして何といっても相変わらず美しい風景描写、景色を見ているだけで深海作品と分かるんだよね。

34468675_1951229681_25large.jpg 34468675_1951229678_102large.jpg
ラストのタカオの叫びは唐突な感もあったが悪くなかった、ただふたりの結末は少し物悲しい感じだ。
舞台の80%くらいが雨の新宿御苑だったので、気が向いたら一度行ってみようかなと思っている。
6月21日発売のOVAの先行上映なんで、新海作品が好きな人はレンタルして見てもいいと思うよ。

                  34468675_1951229676_112large.jpg
             同時上映の短編「だれかのまなざし」も良かったよ。



人気ブログランキングへ

東京ドームVIPルームへ潜入(2012年7月21日)

  • 2013/06/15(土) 01:04:45

一般的に大きな施設にはVIP席がある、さらに大きな施設となると皇族用のロイヤルシート等もある。
そんな席に縁が無いオレだが、先日ありがたい事に東京ドームのVIP席で接待を受ける事になった。
入場ゲートからすでに一般席と違い、モギリの係員ではなくフロアの受付でキップの確認を受けた。

34468675_1709476987_239large.jpg

最初は個室から見るのかと思っていたが、個室と個別シート席がつながっている部屋になっていた。
VIP席の位置はバックネット裏の上の方で、球場全体を見下ろす事が出来て非常に見晴らしがいい。
そんな席で懐石弁当を食べつつワイン片手に野球観戦、どこのお大名様だよ!という感じだったな。

34468675_1709476986_20large.jpg 34468675_1709476983_196large.jpg

シートから隣を見れば皇族が来た際に使用されるロイヤルシートが、さすがに皇族は居なかったが。
セレブはいつもこんな感じで試合を見ているのかなあ、こんな生活してたら駄目人間になりそうだw
ちなみに見た試合は日本ハムVS楽天、地味な展開過ぎてVIP席の印象しか残らない観戦であった…

34468675_1709476981_28large.jpg


人気ブログランキングへ

6月9日(超人ロックの日)終了、皆のハンドルネームの由来は?

  • 2013/06/14(金) 00:04:37

6月9日は超人ロックの日、というわけでこの日久しぶりにハンドルネーム「ロック」で1日通してみた。
このロックというハンドルネームをオレが使っていたのはもう20年も前になる、パソコン通信全盛期だ。
これは超人ロックから拝借したハンドルネームだったが、ネットで使う分には全く不都合がなかった。
                   34468675_1949324885_195large.jpg

しかし当時まだ盛んではなかった「オフ会」に参加した際、自分のハンドルネームに違和感をもった。
参加者からロックさんと言われても、いやいやオレはそんないいもんじゃないよと思ってしまったのだ。
結局自分の好きなキャラの名前が自分に合うと思えなかったんだな、逆に申し訳ない気分になった。
                   34468675_1949324883_55large.jpg

当時のオレのハンドルネームを知っているのは今では博駅兄さんだけだ、付き合いも長くなったなあ。
その集まりも結局自然に消滅し、オレが新たにハンドルネームを必要とするのはその10年後となる。
すでにネットが全盛となった10年前、アニカラオフに参加するため新たな名前が必要となったのだ。
              34468675_1949324880_230large.jpg

もうここでは単純に名前の一部を使って「ヒロ」でいく事にした、呼ばれた時もすぐ反応出来るしね。
ただありがちな名前だけに騙りもあり、オフ会掲示板にオレの名で出会い系の宣伝をしたヤツもいた。
普通にオレが書いたと思われ、「ヒロさんなら許可するよ」と管理人に言われた時は複雑だったな^^;
             34468675_1949324879_88large.jpg

考えてみればオレの周りにも変ったハンドルネームの人も多い、まあネット上だけなら問題ないが。
でもオフ会で会うことを想定した場合、よっぽど変な名前にはしにくいと思うんだがどうなんだろう。
皆がどんな経緯でハンドルネームを決めたか興味があるね、変えたいと思ってる人もいるのかな。
                  34468675_1949324877_42large.jpg



人気ブログランキングへ

アニメ感想 はたらく魔王さま! 第10話 他(2013年6月11日)

  • 2013/06/13(木) 00:55:47

○宇宙戦艦ヤマト2199 第5章(第15話~第18話)
今回は、ヤマト側とガミラス帝国側の双方が内部で起きた騒乱の鎮圧に手一杯という感じだった。
かなり距離が縮まった古代と森に嫉妬する玲が良かったな、百合亜と真琴は相変わらず可愛い。
しかし今回ヤマトが行った作戦はさすがに無理だろってのが多かったな、あれが沖田イズムか…
34468675_1949323372_22large.jpg 34468675_1949323370_145large.jpg

34468675_1949323366_154large.jpg 34468675_1949323363_81large.jpg

○はたらく魔王さま! 第10話
魔王がプールでバイトすると聞き自分達も遊びに行くことにした女性陣、水着姿には格差があった。
たださすがにちーちゃんは大きすぎる気がするなあ、3人が入ったお化け屋敷はかなり恐かったわ。
結局魔王は1日バイトをして頑張っていたが、その分ルシフェルがどんどん駄目悪魔になってきた。
34468675_1949323359_37large.jpg 34468675_1949323355_64large.jpg

34468675_1949323353_136large.jpg 34468675_1949323349_141large.jpg

○断裁分離のクライムエッジ 第10話
祝のロリパンツをこれでもかと押し出してきたが、児ポ法が改正される前にやっちまえって事なのかw
そのうえ新たな幼女の投入とはね、プニプニした肌に甘い声とかセリフ回しもロリくさい感じだった。
しかし殺し屋のエミリーは「幼女つよい!」を体現したようなキャラだな、ラストの笑顔は可愛かった。
34468675_1949323402_169large.jpg 34468675_1949323400_82large.jpg

34468675_1949323398_222large.jpg 34468675_1949323395_203large.jpg

○デート・ア・ライブ 第10話
琴里が思っていた以上に強かったな、狂三は士道に助けられた事で心境の変化があるのだろうか。
シリアス回かと思っていたら後半の折紙が素晴らしかった、士道への病室でのエロ攻撃が最高だ。
それにしてもメインヒロインの十香が全然目立たないな、彼女の見た目も含めISの箒を思い出した。
34468675_1949323391_48large.jpg 34468675_1949323387_77large.jpg

34468675_1949323384_89large.jpg 34468675_1949323382_39large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○とある科学の超電磁砲S 第9話
○フォトカノ 第10話
○ちはやふる2 第22話
○やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第10話
○革命機ヴァルヴレイヴ 第9話
○銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第10話
○DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION 第10話
○うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE2000% 第10話
△RDG レッドデータガール 第10話
 総評
レールガンは美琴と麦野の戦いが面白い、アイテム4人がかりだと美琴だけでは勝てそうもないな。
フォトカノは舞衣が可愛すぎて1話だけでは物足りない、ちはやは詩暢と通じ合った感じで良かった。
俺ガイルは相模の相手を見て立ち回る態度にムカつく、ヴヴヴはあとひとりのパイロットは誰だろう。
マジェプリはイズルが気になって仕方ないケイが可愛い、デビサバはのっとられたイオがかっこいい。
うたプリはさすがに解散を賭けるのはやり過ぎでは、RDGは泉水子可愛い以外に見所がないなあ…
34468675_1949323378_81large.jpg 34468675_1949323375_87large.jpg

34468675_1949323394_39large.jpg 34468675_1949323360_115large.jpg

34468675_1949323380_71large.jpg 34468675_1949323409_254large.jpg


人気ブログランキングへ

映画「オブリビオン」感想

  • 2013/06/12(水) 00:23:53

               34468675_1949324876_98large.jpg
今回見に行った映画はトム・クルーズ主演の「オブリビオン」、PRのためにトムも来日した作品だ。
今年は地球が廃墟になっていたり人類が滅亡しかけたりという世紀末を描いた映画が多いらしい。
この作品もそういった作品のひとつで、個人的に好きなジャンルだがチープになりそうな懸念もある。

34468675_1949324875_239large.jpg
内容は、異星人の攻撃で人類の大半が地球から土星の衛星タイタンへ移住する事になった中、地球に残って哨戒任務にあたっていた主人公ハーパーが墜落してきた宇宙船を発見するという展開だ。
宇宙船からひとりの女性を救出した事で、記憶を失っていたハーパーは世界の秘密に近づいていく。

34468675_1949324874_222large.jpg 34468675_1949324872_106large.jpg
ジュリアの救出により、ハーパーの恋人兼同僚のヴィクトリアが追い込まれていくのは可哀相だった。
敵だ思っていた連中が実は…という展開はよくあるけど、自分の正体も分からないってのはいいね。
荒廃した地球や宇宙船などの映像はさすがにきれいだったが、内容はそこに追いつかなかったかな。

34468675_1949324871_61large.jpg 34468675_1949324869_204large.jpg
全体的に思っていたより淡々としていた印象だった、もちろん派手なシーンもあるけど意外と地味だ。
ハーパーの正体やラストなど予想外の展開もあったけど、もうひと盛り上がり欲しい作品だったな。
それなりに面白かったけど何か足りないんだよなあ、すぐにオレの記憶からも消えそうな作品だった。


人気ブログランキングへ

シルク・ドゥ・ソレイユ「マイケル・ジャクソン ザ・イモータル」感想

  • 2013/06/11(火) 03:00:21

 34468675_1948192214_232large.jpg
マイケル・ジャクソンが亡くなってから早5年、オレにとっては永遠のスーパースターがマイケルだ。
実際に彼のライブに行ったのは1回だけだが、東京ドームでの彼の勇姿は今も目に焼きついている。
そんな彼が生前にコラボを熱望していたのが、エンターテイメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」だ。

34468675_1948192213_230large.jpg 34468675_1948192212_39large.jpg
そんな彼の願いを叶えるために企画されたステージが、「マイケル・ジャクソン:ザ・イモータル」だ。
この公演はアクロバティックなパフォーマンスと生演奏に加え、マイケルの曲や映像を使用している。
2011年からスタートしたワールドツアーが今回初上陸、もちろんオレはすぐにチケットを入手した。



シルク・ドゥ・ソレイユの公演を見に行くのは今回が初めてだったが、映像の使い方が凄かったね。
パフォーマンスも見応えがあるし、サーカス的な物と思っていたオレのイメージとは全く異なっていた。
それぞれのパフォーマンスがマイケルのダンスや楽曲をリスペクトしていて、気持ちよかったなあ。

34468675_1948192209_27large.jpg 34468675_1948192208_40large.jpg

34468675_1948192207_212large.jpg 34468675_1948192206_222large.jpg
観客もマイケルファンばかりで非常に居心地のいい空間だった、久しぶりにマイケルの曲に浸ったよ。
残念なのは席が4階サイド側だった事かな、ステージ正面から見る観客のための構成になっていた。
期待し過ぎていたんで想像を超えるほどではなかったけど、MJファンにとって至福の時間だったよ。

34468675_1948192205_68large.jpg


人気ブログランキングへ

アニメ感想 よんでますよ、アザゼルさん。Z 第9話 他(2013年6月8日)

  • 2013/06/10(月) 00:22:47

◎よんでますよ、アザゼルさん。Z 第9話
回を増すごとにやりたい放題になってきたアザゼルさん、今回の変人48面相は変態過ぎて吹いたわ。
あれほど変態なのに芥辺と渡り合える実力、最近動じなくなったさくちゃんもさすがにびびってたな。
黒消しばかりが目に付いたがDVDでは無修正になるのだろうか、変態空間も含めとにかく酷すぎたw
34468675_1948138620_100large.jpg 34468675_1948138617_191large.jpg

34468675_1948138616_110large.jpg 34468675_1948138615_118large.jpg

◎進撃の巨人 第9話
予想通り、巨人から救出されたエレンに対してミカサとアルミン以外の連中はびびりまくっているな。
確かに今の段階では人間とは思えないからなあ、ラストの巨人化でさらに立場は悪くなりそうだ。
初登場のリヴァイの戦いぶりはかっこよかったね、ノリノリのハンジは人間の奇行種のように見えたw
34468675_1948138600_171large.jpg 34468675_1948138594_51large.jpg

34468675_1948138590_108large.jpg 34468675_1948138588_205large.jpg

○俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第9話
黒猫に別れをきりだされた京介の落ち込みっぷりは凄かった、まあ何もかもがいきなりだったしなあ。
普段と違って真摯に京介に向き合ってくれた桐乃は良かったな、いつもこうなら本当に可愛いのに。
桐乃の本心も判明したし京介と桐乃の関係も変わっていきそうだが、黒猫との復縁は難しいのかな。
34468675_1948138605_1large.jpg 34468675_1948138604_154large.jpg

34468675_1948138603_150large.jpg 34468675_1948138601_210large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
◎波打際のむろみさん 第9話
○翠星のガルガンティア 第9話
○惡の華 第9話
○ハヤテのごとく! Cuties 第8話
○仮面ライダーウィザード 第38話
○這いよれ!ニャル子さんW 第8話
○宇宙兄弟 第60話
△変態王子と笑わない猫。 第8話
△百花繚乱 サムライブライド 第15話
 総評
むろみはワイズマンの変態っぷりとイエティの可愛さが光ったね、最近ベテラン声優の変態役多いw
ガルガンはヒディアーズの正体は予想外だ、惡の華は屋外で叫ぶ佐伯さんは必死すぎてやばいな。
ハヤテはハムの露出が多かったな、ウィザードは知人に対してかっこよく登場した晴人が気まずい。
ニャル子は変身したシャンタッ君は男の娘なのかな、宇宙兄弟は砂漠での競技はきれいに終わった。
変猫はどのヒロインも何だか面倒な子に思えてきた、百花繚乱はマスターサムライの大安売りだな。
34468675_1948138609_164large.jpg 34468675_1948138613_147large.jpg

34468675_1948138607_75large.jpg 34468675_1948138610_124large.jpg

34468675_1948138612_3large.jpg 34468675_1948138587_243large.jpg


人気ブログランキングへ

ミクカフェ in 六本木ヒルズ レポ

  • 2013/06/09(日) 00:13:44

先日、六本木ヒルズの森美術館でLOVE展という展覧会と共にミクカフェが期間限定でオープンした。
LOVEには全く興味が無いがミクには興味津々なので、連休明けの土曜日に行ってみることにした。
その日森美術館では他にもミュシャ展を開催していたが、そちらの展覧会は凄い行列になっていた。

             34468675_1948191520_192large.jpg

ミクカフェは六本木ヒルズの52階にあるため、展望階へ行くための入館料1,500円が必要になる。
すでにこの時点でハードルが高い、しかもこの日は雨だったので外の景色もろくに見えなかった。
まあコラボメニューに出費はつきものなので諦めたが、カフェに行くだけならこの値段は高いよなあ。

34468675_1948191516_52large.jpg

34468675_1948191515_4large.jpg 34468675_1948191512_130large.jpg
ここにはジョジョ展やドラクエ展の時も来たけど、ドラクエ展の時は臨時のルイーダの酒場だったな。
展示中のミク等身大フィギュアはイベントに引っ張りだこで、先日もニコニコ超会議で見たばかりだ。
備え付けのプレイヤーでミクの楽曲を聴くことも出来るが、使ってる人はひとりもいなかったなあ。

34468675_1948191510_46large.jpg 34468675_1948191508_170large.jpg

34468675_1948191506_176large.jpg 34468675_1948191503_222large.jpg
今回注文したのは39カレー、ミクのピタサンド、ミクのどら焼き、そしてドリンクの「ツインテール」だ。
見ての通り「はちゅねミク」をデザインしたメニューがほとんどだ、カレーにはネギ1本が付いてくる。
もちろんお高いため、酒も飲んでないのに結構な出費になるのはコラボメニューならいつもの事だ。

      34468675_1948191501_163large.jpg
売店ではねんどろいどを大量に売っていて、初音ミクの一番最初のねんどろいどもたくさんあった。
まあ展示はほとんどないだけに、コラボメニューに興味が無ければわざわざ行く必要はないかな。
土曜日でも空いていたし、入場料を払ってまで高い物を食べに来る連中はやはり奇特なのだろう…

           34468675_1948191500_186large.jpg


人気ブログランキングへ

歴代のアーノルド・シュワルツェネッガー映画を思い出してみる

  • 2013/06/07(金) 00:30:23

久しぶりに映画の主役復帰したシュワちゃんだが、何だかんだで彼の作品は当たりが多いと思う。
ジャッキーやスタローンは外れ作品も結構あるんだが、シュワちゃんの映画はどれも結構面白い。
決して演技が上手い方ではないが雰囲気がいいんだろうね、あと映画に恵まれた面もあると思う。

     34468675_1946533241_27large.jpg   34468675_1946533238_185large.jpg
ターミネーター、コマンドー、プレデターあたりは何回もテレビ放送しているし、見た人も多いだろう。
よく比較されるスタローンはロッキーやランボーシリーズがあるが、シュワちゃんは単発が多いかな。
自分が過去に見たシュワちゃんの登場作品を挙げてみた、カメオ出演した作品も含むともっと多い。

 コナン・ザ・グレート
 ターミネーター
 コマンドー
 ゴリラ
 プレデター
 バトルランナー
 ツインズ
 トータル・リコール
 キンダガートン・コップ
 ターミネーター2
 ラスト・アクション・ヒーロー
 ジュニア
 トゥルーライズ
 イレイザー
 ジングル・オール・ザ・ウェイ
 バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲
 エンド・オブ・デイズ
 ターミネーター3
 エクスペンダブルズ2
 ラストスタンド

     34468675_1946533237_84large.jpg   34468675_1946533233_75large.jpg

     34468675_1946533231_253large.jpg   34468675_1946533228_59large.jpg
個人的に好きな彼の作品はやはりターミネーター2とプレデターだ、特にプレデターは何回も見たな。
あの作品を初めて劇場で見たときは衝撃的だったね、シュワちゃんが手も足も出ない敵に驚いたよ。
ある意味シリーズとして続いている唯一の作品かもね、まあ次からシュワちゃんは全く出てないが。

                  34468675_1946533226_184large.jpg
州知事の任期が終わり俳優に本格復帰した彼だが、初っ端のラストスタンドがこけたのは痛いな。
内容は良かったと思うだけに彼の人気が落ちたのかもしれないが、出来れば今後も頑張って欲しい。
エクスペンダブルズでスタローンも頑張ってるし、2人のお爺ちゃんの活躍がまだ見続けたいところだ。


人気ブログランキングへ

映画「ラストスタンド」感想

  • 2013/06/06(木) 00:45:02

              34468675_1946529028_83large.jpg
今回見に行った映画は「ラストスタンド」、アーノルド・シュワルツェネッガーが久々に主役を演じた。
ターミネーター3以来の主役だというから実に10年振りになるわけで、さすがに年をとった感じだった。
興行収入は厳しいようだが、65歳という年齢でもアクション映画で主役を張るんだから大したものだ。

34468675_1946529022_20large.jpg
内容は、かつて敏腕刑事だったレイが年を重ねて田舎町ソマートンの保安官として過ごしていたところ、移送中だった麻薬王が時速300kmの最新車を奪って逃亡しレイの住む町へ向かうという展開だ。
町には麻薬王の部下達が武装をして集結してくるが、彼らをレイ達が少人数で迎え撃つ事になる。

34468675_1946529019_94large.jpg 34468675_1946529015_130large.jpg
武装集団とレイ達の銃撃戦は、仲間達もいつ死んでも不思議ではない状態で緊張感があったな。
麻薬王や彼を追うFBIのボスもキャラが立っていたが、何よりシュワちゃんの相変わらずの存在感!
麻薬王の逃亡を防ぐため最後の砦(ラストスタンド)としてレイが立ちはだかるシーンはかっこいい。

34468675_1946529004_22large.jpg 34468675_1946529001_147large.jpg
とにかくシュワちゃんが銃撃戦やカーチェイス、そして肉弾戦とこれでもかというくらい頑張っている。
無敵なヒーローではなく年をとった元ヒーローといった感じで、今のシュワちゃんらしい役どころだ。
個人的にはかなり面白かった、彼のファンやアクション映画好きはDVDでもいいから見て欲しいね。


人気ブログランキングへ

アニメ感想 とある科学の超電磁砲S 第8話 他(2013年6月4日)

  • 2013/06/05(水) 00:18:54

◎とある科学の超電磁砲S 第8話
能力者集団アイテムのひとりブレンダの戦い方が面白かったが、それを苦にしない美琴も凄かった。
一通さんには歯が立たなかったが改めて美琴の強さを思い知ったね、やはりレベル5は半端ないわ。
美琴とアイテムとの戦いはここから本格化するのかな、他の3人の能力がどんな物なのか楽しみだ。
34468675_1946530976_97large.jpg 34468675_1946530973_234large.jpg

34468675_1946530971_174large.jpg 34468675_1946530962_170large.jpg

○フォトカノ 第9話
ののかエピソードは、最初から高感度MAXなんでふたりのイチャイチャっぷりを見る展開だったな。
無意識に肌を見せたり大食いだったりと奔放なののかは可愛いね、手ブラのあざとさも素晴らしい。
今後も安定して楽しめそうだけど、だんだんと普通の恋愛アニメになってきたのが少し残念かな。
34468675_1946530934_127large.jpg 34468675_1946530927_172large.jpg

34468675_1946530923_199large.jpg 34468675_1946530920_95large.jpg

○やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 第9話
俺ガイルは八幡を祭りに誘った結衣が頑張ってて可愛い、ただ八幡はあえて避けている感じだ。
結衣の友達が八幡を値踏みしていたのはムカツクけど、男女関係なくああいった事ってあるよな。
八幡は結衣や雪乃の想いを察してあえて言わせないようにしているが、こういう主人公は珍しいね。
34468675_1946530956_72large.jpg 34468675_1946530952_119large.jpg

34468675_1946530942_224large.jpg 34468675_1946530937_95large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○ちはやふる2 第21話
○はたらく魔王さま! 第9話
○銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 第9話
○デート・ア・ライブ 第9話
○DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION 第9話
○革命機ヴァルヴレイヴ 第8話
△うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE2000% 第9話
△RDG レッドデータガール 第9話
△断裁分離のクライムエッジ 第9話
 総評
ちはやは個人戦の進みは結構早そうだな、あの状態から千早がどこかまで頑張れるのか楽しみだ。
魔王はエミリアの同僚が結構うざかった、マジェプリはイズルとテオーリアを気にするサキがいいね。
デートはさすがに琴里の正体は予想してなかった、デビサバはアルコルとのやりとりが面白かった。
ヴヴヴは少し展開が落ち着いてきて物足りない、うたプリはやっぱり1000%の方が断然曲が好きだ。
RDGは意外にもSF的な話になってきた、クライムエッジは戦闘描写にあまりピンとこないんだよなあ。
34468675_1946530985_239large.jpg 34468675_1946530906_237large.jpg

34468675_1946530915_178large.jpg 34468675_1946530981_41large.jpg

34468675_1946530986_94large.jpg 34468675_1946530912_121large.jpg


人気ブログランキングへ

スーパーロボット魂2013 レポ

  • 2013/06/04(火) 00:44:46

今年で16年目となるアニソンLIVE「スーパーロボット魂」、今年は始めて東京で2days開催された。
今回の東京公演は、初日がリアルロボットで2日目がスーパーロボット系作品と大きく分けていた。
初日のリアルロボット系作品は今まで生で聞く機会も多かったので、今回は2日目に行く事にした。

34468675_1944377059_104large.jpg 34468675_1944377057_176large.jpg
                 http://www.setlist.mx/concerts/10723
                          セットリスト
出演者は水木一郎や影山マサノブ、堀江美都子はもちろん、ささきいさおといった大御所も来場した。
マジンガーZやゲッターロボ、ガオガイガー、アクエリオンといった王道ソングのオンパレードだった。
個人的に一番期待していたのが、機甲創世記モスピーダのOP「失われた伝説(ゆめ)を求めて」だ!



この曲を歌うアンディ小山さんをいつか生で見たいと思っていたが、今回ついにその機会が訪れた。
会場内も期待に満ちた空気になっていたが、アンディさんは期待以上にかっこよく歌ってくれたよ。
スーパーロボット魂に行ったのは今回初めてだったが、想像以上に盛り上がって本当に楽しかった。

                 34468675_1944377055_182large.jpg
最新アニメや声優の曲もいいけど、こういう懐かしい王道アニソンは時代を超えて歌い継がれていく。
今回のライブは明らかに年齢層が高かったけど、その分アニソンに対する愛が満ち溢れていたね。
来年また行くかは分からないけどいつまでも続いて欲しい、スーパーロボット魂はそんなライブだ。

          34468675_1944377053_120large.jpg


人気ブログランキングへ

映画「アイアンマン3」感想

  • 2013/06/03(月) 00:34:08

              34468675_1944375628_76large.jpg
今回見に行った映画は「アイアンマン3」、マーベルコミックの人気シリーズも今回がラストとの噂だ。
ただアベンジャーズ2に向けてハルク、マイティ・ソー、キャプテンアメリカの続編もあるし、疑わしい。
何にしろ現在マーベルコミック映画の中心となる作品で、今回もアメコミファンの期待を受けていた。

34468675_1944375627_179large.jpg
内容は、アベンジャーズとロキらの戦いから1年後、爆破テロを仕掛けるマンダリンというテロリストが現れ世間を騒がせている中、パニック障害を患ったトニーがマンダリンに宣戦布告するという展開だ。
また、恋人ペッパーのところには彼女を研究に誘うため旧知であるキリアンという科学者が現れる。

34468675_1944375625_244large.jpg 34468675_1944375622_82large.jpg
今回の映画はスーツを着てのアクションはかなり少なく、トニーの人間ドラマが中心となっていた。
少しずつマンダリンやキリアンの正体も見えてくるが、トニーが病気の影響もあり思うように動けない。
派手なバトルを期待すると肩透かしを食うと思うが、トニーが困難を乗り越えていく姿は良かったな。

34468675_1944375620_161large.jpg 34468675_1944375618_91large.jpg
最近のマーブル映画はスパイダーマンのように主人公の葛藤を中心にする事が多いイメージだね。
この映画も同様だったが、その分後半にアイアンマンスーツを着て戦うトニーがかっこよく見えた。
シリーズが好きな人なら十分に楽しめると思う、アベンジャーズ2の予習として見るのもいいかもね。


人気ブログランキングへ

アニメ感想 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第8話 他(2013年5月31日)

  • 2013/06/02(日) 14:16:01

◎俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第8話
京介がケガをしたシーンが描かれなかったのが不満だ、綾瀬の家でのやり取りはやって欲しかった。
神猫姿で普通に出歩くのはさすがに引かれるだろ^^;、黒猫をいじる日向がノリノリで可愛かったね。
このまま黒猫無双が続くかと思いきやいきなりの急展開、京介もさすがに納得いかないだろうなあ。
34468675_1944376352_154large.jpg 34468675_1944376350_42large.jpg

34468675_1944376349_113large.jpg 34468675_1944376348_11large.jpg

○進撃の巨人 第8話
アルミンの機転や発想はさすがだね、ジャンは指揮官向きだがアルミンは作戦参謀に向いてそうだ。
サシャは巨人の恐ろしさで動けなくなったが、ミカサとアニの冷静な対処能力は飛びぬけているな。
ミカサがラストで見せた少女らしい表情は良かったな、しかし次回のエレンは針のムシロだろうね。
34468675_1944376342_95large.jpg 34468675_1944376341_65large.jpg

34468675_1944376340_27large.jpg 34468675_1944376337_115large.jpg

○咲-Saki- 阿知賀編 第16話(終)
ついに決着がついた阿知賀編の最終話、ようやくシズの能力が判明したがあれはかなり有効だな。
最後まで地味だった阿知賀だけど、考えてみれば一番バランスのいいチームなのかもしれない。
これで咲本編と時間軸が重なったわけだが、決勝戦がアニメ化される日は果たして来るのだろうか。
34468675_1944376347_149large.jpg 34468675_1944376346_85large.jpg

34468675_1944376344_222large.jpg 34468675_1944376343_179large.jpg

○ハヤテのごとく! Cuties 第7話
ルカのメイン回だが、原作未読者にはルカがなぜハヤテとここまで親しいのか分からないだろうな。
アイドルをしているルカのプロ意識がよく出ていたね、ステージではハヤテが目立ちすぎだったが。
ハヤテ3期はこの方向で行けば良かったのにな、ただ原作もアニメも完全に惰性感が漂っているが…
34468675_1944376358_88large.jpg 34468675_1944376357_43large.jpg

34468675_1944376356_69large.jpg 34468675_1944376355_164large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○波打際のむろみさん 第8話
○惡の華 第8話
○翠星のガルガンティア 第8話
○よんでますよ、アザゼルさん。Z 第8話
○這いよれ!ニャル子さんW 第7話
○宇宙兄弟 第59話
△百花繚乱 サムライブライド 第8話
△変態王子と笑わない猫。 第7話
△仮面ライダーウィザード 第37話
 総評
むろみは水陸両性動物に対するあたりの強さは凄いな、シーラカンスは引き篭もりは治らなそうだ。
惡の華は登下校時のやってしまった感が半端ない、ガルガンはレドとエイミーが離れたのが意外だ。
アザゼルは予想通り女性キャラがビッチばかり、ニャル子は水着姿のニャル子の迫り方がさすがだ。
宇宙兄弟は3人の過去話が良かった、百花繚乱は胤舜の性格が予想と違ってかなり可愛かったな。
変猫は小豆梓の扱いがちょっと可哀相だ、ウィザードはカラス襲撃シーンに漫画調になって驚いた。
34468675_1944376354_71large.jpg 34468675_1944376353_138large.jpg

34468675_1944376362_240large.jpg 34468675_1944376361_253large.jpg

34468675_1944376336_206large.jpg 34468675_1944376335_100large.jpg


人気ブログランキングへ

歴代のジャッキー・チェン映画を思い出してみる

  • 2013/06/01(土) 00:32:02

ジャッキー・チェンは今回のライジング・ドラゴンで本格的なアクションから卒業すると発表している。
エクスペンダブルズ3の出演なども決まっているが、今年で59歳だし第一線を退く頃合かもしれない。
考えてみれば、オレが今までに見た映画の中で一番多く主演を張っていたのはジャッキーだと想う。

                     34468675_1942881537_172large.jpg
おそらく初めて見た映画は蛇拳だと思う、あの頃の拳法シリーズが一番好きだという人も結構多い。
個人的にはプロジェクトAが一番好きだったな、サモハンやユンピョウも登場してお祭り感があった。
オレが何本くらいジャッキー映画を見たのか思い出してみたが、さすがに内容は忘れた物が多いね。

 スネーキーモンキー 蛇拳
 ドランクモンキー 酔拳
 クレージーモンキー 笑拳
 五福星
 プロジェクトA
 スパルタンX
 大福星
 七福星
 ポリス・ストーリー/香港国際警察
 サンダーアーム/龍兄虎弟
 プロジェクトA2 史上最大の標的
 サイクロンZ
 ポリス・ストーリー2/九龍の眼
 プロジェクト・イーグル
 ポリス・ストーリー3
 シティーハンター
 酔拳2
 レッド・ブロンクス
 ラッシュアワー
 ラッシュアワー2
 メダリオン
 香港国際警察/NEW POLICE STORY
 ラッシュアワー3
 ドラゴン・キングダム
 ベスト・キッド
 ライジング・ドラゴン

        34468675_1942881535_148large.jpg        34468675_1942881533_185large.jpg

        34468675_1942881532_206large.jpg        34468675_1942881530_218large.jpg
今までに見た本数は26本だったがやはり古めの作品が多い、近年は微妙な作品も増えたからなあ。
レッド・ブロンクス以降はハリウッドへ進出したが、大成功とまではいかなくてもよくやってきたと思う。
中にはラッシュアワーのようなヒット作もあったし、これだけ多くの作品に出演してきたのだから凄い。

  34468675_1942881528_18large.jpg 34468675_1942881527_238large.jpg
アクションゲーム「スパルタンX」が流行ったり、シティーハンター実写版をやったりと話題も多かった。
映画のラストに流されるNG集もジャッキー映画の定番として認知されているし、非常にファン思いだ。
日本では石丸さんの吹き替えのイメージが強いジャッキー、今後も面白い作品を作り続けて欲しい。

                 34468675_1942881526_99large.jpg


人気ブログランキングへ