「三角関係」アニメ考察(2012年5月16日)

  • 2013/03/31(日) 22:45:27

先日マクロスの展示を見に行った際、監督のメッセージの中に印象に残るコメントがあった。
マクロスはロボット、歌、そして三角関係が三大要素として不可欠になっているという事だ。
マクロスFの際に三角関係を外そうかという話題が出たらしいが、許可がおりなかったそうだ。
34468675_1641949867_128large.jpg 34468675_1641949860_23large.jpg

               34468675_1641949857_185large.jpg

個人的に三角関係ものは大好きなんだが、ドロドロ展開過ぎると引いてしまう人も結構いる。
ただ過去には「みゆき」や「きまぐれオレンジロード」のような名作もかなり多く残されている。
最終的に主人公がどちらを選ぶか分からないという展開が理想だが、これが意外と難しい。
 34468675_1641949852_74large.jpg    34468675_1641949848_123large.jpg

例えばフルメタやシャナなんて最後にはメインヒロインを選ぶなんて分かりきっていたしね。
主人公の気持ちがニュートラルな作品ってのは結構少ないんだよね、クズ扱いされちゃうしw
ここで三角関係好きなオレが今までに印象に残った三角関係アニメを上げてみようと思う。


 School Days
三大ヘタレ主人公の誠がエロい事をしまくって殺られるまでを描いた話、全国の誠が死んだ。
               34468675_1641949844_8large.jpg

 WHITE ALBUM
三大ヘタレ主人公の冬弥がアイドルを両天秤にかける話、アニメではお茶を濁して終わる。
               34468675_1641949838_26large.jpg

 君が望む永遠
三大ヘタレ主人公の孝之が事故にあったヒロインの意識が戻ってからも二股をし続ける話。
               34468675_1641949829_224large.jpg

 true tears
乃絵派と比呂美派を生み出した今も聖地巡礼が盛んな作品、比呂美の黒いところが好きだ。
               34468675_1641949825_232large.jpg

 D.C.~ダ・カーポ~
義妹の音夢と幼なじみのさくらのなじり合いが素晴らしい、個人的に音夢が好きになれない。
               34468675_1641949822_74large.jpg

 おねがい☆ツインズ
実妹なのか彼女なのか、ふたりの少女が自分のポジションに悩むおねがいシリーズ第2弾。
               34468675_1641949818_176large.jpg

 To Heart ~Remember my Memories~
自分の居場所をアンドロイドであるマルチに奪われ、悶々とするヒロインの姿を描いた第2期。
                 34468675_1641949815_231large.jpg

この辺りは三角関係を物語の主題に置いているから、非常にギスギスしている作品が多い。
これがハーレム物になると様相が変わってしまい、ただの取り合いになる場合がほとんどだ。
最近の作品でも三角関係展開はあるけど、中々ここまで特化したものって無いんだよねえ…



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

2013年プロ野球 セ・パ両リーグ順位予想

  • 2013/03/31(日) 00:48:57

今年もプロ野球の開幕となった、WBCの開催されたシーズンは開幕の盛り上がりが薄い気がする。
今回のWBCは出場を巡るごたごたや監督人事の問題など、大会の開催自体に疑問が生じた感じだ。
アメリカでは全く盛り上がらないうえに勝てないのもあり、第4回は大会自体無くなるかもしれないね。
                34468675_1912952351_207large.jpg

今回の日記は野球に興味が無い人には全くどうでもいいネタだと思うけど、毎年の恒例行事だしね。
という訳で今年も例年通りプロ野球の順位予想をしてみた、まずは戦力不均衡のセ・リーグからだ。
                34468675_1912952350_70large.jpg


1位 読売ジャイアンツ
ベタ過ぎて1位に上げたくないんだが普通に考えたらここになってしまう、それだけ戦力が抜けている。
個人的は統一球になって全く打てなくなった小笠原の復活があるのか気になるが、厳しいだろうなあ。

2位 東京ヤクルトスワローズ
ケガ人が無ければこのくらいの順位になると思うんだが、毎年ケガ人だらけになる困ったチームだ。
これといって注目するような選手もいないが地味に勝つイメージだ、ただ巨人を倒すのはきついか。

3位 阪神タイガース
大金をかけた補強が成功するか気になるところだが、藤川が抜けた投手陣が踏ん張れるかどうか。
福留と西岡は活躍出来なければ叩かれるだろうなあ、個人的には2人ともそこそこ打つと思っている。

4位 中日ドラゴンズ
そろそろ下位に落ちてきても不思議ではないと思う、岩瀬の衰えやブランコの抜けた穴がどうなるか。
やはり山本昌に期待したいところだ、ここまで来たら投げられる限りいつまでも現役でいて欲しい。

5位 広島東洋カープ
あまり話題にならないが戦力的にはこの辺りか、外国人投手の出来次第で順位が上下する感じだ。
やはり昨年の三振&エラー王の堂林がどこまで成長出来るかが気になる、飛躍の年になるといいが。

6位 横浜DeNAベイスターズ
ブランコの加入は大きいがそれだけで順位が上がるほど甘くない状況、結局監督が一番目立ちそう。
ここまで日本で頑張ってきたラミレスの2000本安打達成は素直に喜べそうだ、あともう少しだね。


続いてパ・リーグの順位予想だ、パ・リーグに関しては戦力が拮抗して昨年同様全く予想がつかない。
                34468675_1912952349_23large.jpg

1位 福岡ソフトバンクホークス
昨年主力投手が大量移籍したにも関わらず優勝争いを繰り広げたソフトバンク、やはりここは強い。
何といっても武田翔がどこまで勝てるかに注目したい、雰囲気的にはダルビッシュの後継者は彼だ。

2位 埼玉西武ライオンズ
昨年前半の最下位から最終的には2位にまで上がったように、本来戦力的には十分優勝候補だ。
中島が抜けた穴は大きいが、松井稼がメジャー移籍したら中島が出てきたように何とかなると思う。

3位 北海道日本ハムファイターズ
昨年優勝の日本ハムだが出来すぎだったイメージが強い、そのうえ糸井が抜けたのはかなりきつい。
やはり大谷をどう育てていくのかが楽しみだ、忘れられつつある斎藤佑が巻き返せるかも注目だ。

4位 東北楽天イーグルス
そろそろ優勝争いに絡んできても不思議では無くなってきたと思う、ただマーくん次第ではあるが。
ルーキー開幕投手の則本がどこまでやれるのか興味深い、少しずつ投手陣も厚くなってきたと思う

5位 オリックスバッファローズ
昨年があまりに酷すぎたんであれ以上悪くなる事はないのではないか、糸井の加入も結構大きい。
そもそも本来最下位に落ちる戦力では無かったはずだ、選手のやる気が戻るかどうかが重要だね。

6位 千葉ロッテマリーンズ
何となく惰性で戦っているようにも思える、大きな上積みもなく気が付けばこの辺りに落ちていそうだ。
パ・リーグで最も話題が少ないが、ここは話題にならない時こそ化けたりするんでそこに期待したい。



人気ブログランキングへ

マクロス30周年記念 マクロス超時空展覧会 レポ(2012年5月13日)

  • 2013/03/30(土) 06:15:20

34468675_1638166714_182large.jpg 34468675_1638166710_188large.jpg

34468675_1638166688_141large.jpg
今年は超時空要塞マクロスの放送から30周年という事で色々な企画が予定されている。
GWには池袋と渋谷で同時に展覧会が開催されていたため、せっかくだし両方に行って来た。
まず最初に向ったのは、池袋の「マクロス超時空展覧会 ~バルキリーで誘って!~」だ。

34468675_1638166685_170large.jpg 34468675_1638166683_228large.jpg

34468675_1638166678_65large.jpg 34468675_1638166675_86large.jpg

34468675_1638166671_240large.jpg 34468675_1638166667_177large.jpg
展示はどちらかと言うとマクロスFのものが多かったな、やはり最近のファン向けなんだろう。
イヤリングや携帯電話というメイン3人の所有物やランカのどさ回り時のパネル等は面白い。
全キャラの相関図や年表などもあり、昔からのファンも十分楽しめる展示になっていたね。

34468675_1638166664_199large.jpg
そんな中でも一番の売りはやっぱり等身大のバルキリーだろう、これは一見の価値がある。
大阪会場で展示する際には足も付いて、本来のガウォーク形態のバルキリーになるそうだ。
その状態の時に乗りたいなあ、ちなみに手に乗った写真は同行者が居ないと撮影出来ない。

34468675_1638166653_134large.jpg 34468675_1638166645_15large.jpg

              34468675_1638166642_84large.jpg

ミンメイ、シェリル、ランカの等身大フィギュアも良かったね、思った以上にいい出来だった。
ここのコーナーではこの3人のメジャー曲を映像付きで流していて、つい見入ってしまったよ。
その後は娘娘caféでシェリル焼きとランカ焼きを食べ、リン・ミンメイを飲んでから撤収した。

34468675_1638166631_88large.jpg

前売り入場券は1,000円だったけど十分元は取れたかな、この後は渋谷へ向う事となった。


続いて向ったのは渋谷のパルコ、ここでもGW中マクロス30周年の企画が開催されていた。
まず行ってみたのが中華料理屋の蒼龍唐玉堂、ここでは「娘娘」のメニューを出していた。
パルコに着いてから知ったオレは、事前につけ麺を食べていたため思わぬはしごとなった。
34468675_1638166628_26large.jpg 34468675_1638166627_41large.jpg

34468675_1638166621_28large.jpg 34468675_1638166620_32large.jpg

その後は「MACROSS:THE DESIGN」へ、ここはマクロスのデザインアートが展示の中心だ。
ミュージアムの入場料は500円、滅多に見られない展示物も多くあり思ったより楽しめた。
吉崎観音が書いたマクロス関係の絵なんて珍しいと思う、ケロロはガンダムばかりだしね。
           34468675_1638166618_246large.jpg

34468675_1638166606_170large.jpg 34468675_1638166603_5large.jpg

展示内容で特に面白かったのがマクロスFのデザイン画だ、いちいちコメントが入っていた。
マクロスの初期設定なんかも面白かったな、ミンメイがかなりの小悪魔設定になっていたよ。
他には熱気バサラのギターなども展示してあった、何だかんだで1時間くらいは居たかなあ。
   34468675_1638166596_212large.jpg    34468675_1638166589_53large.jpg

   34468675_1638166585_227large.jpg    34468675_1638166578_42large.jpg

何とか1日でアニメイトなども回り、5箇所のマクロススタンプラリーも完成させる事が出来た。
もらえるのは使わないミニクリアファイルだけど、やっぱり記念品をもらえるのは嬉しいね。
またそのうちにマクロスの新作をやるとは思うけど、果たして過去作品を越えられるだろうか。
34468675_1638166571_214large.jpg


人気ブログランキングへ

アニメ感想 PSYCHO-PASS 第21話 他(2013年3月26日)

  • 2013/03/29(金) 02:47:20

◎じょしらく OAD
原作第5巻に同梱されたOVA、地上波のタガが外れてさらにやりたい放題の内容で面白かった。
出版社ネタは集英社、小学館、講談社と言いたい放題だった、どれもあながち間違っていないが。
ラストの背景や集中線のネタはこの作品らしくていいね、またどんな形でもいいから続きが見たい。
34468675_1909905253_26large.jpg 34468675_1909905247_207large.jpg

34468675_1909905244_119large.jpg 34468675_1909905238_101large.jpg

○PSYCHO-PASS 第21話(終)
ラストに向けていい感じで盛り上がっていただけに、きれいに終わりはしたが拍子抜けした印象だ。
槙島との決着も呆気なかったかな、朱の成長や宜野座の変貌、新たな監視官など見所もあったが。
しかし今回の展開だと2期があっても不思議ではないな、ただその際の敵はかなり手強くなりそうだ。
34468675_1909905265_152large.jpg 34468675_1909905263_169large.jpg

34468675_1909905261_77large.jpg 34468675_1909905256_84large.jpg

△ROBOTICS;NOTES 第21話(終)
何となく最後まで淡々と終わってしまった感じで、個人的には結局惰性で見続けた作品だったかな。
シュタゲに続く科学シリーズという事で期待していただけに残念だ、途中いい時期もあったんだけど。
もう少しカタルシスがあるような展開が欲しかったな、設定にこだわり過ぎて失敗したイメージだね。
34468675_1909905220_253large.jpg 34468675_1909905218_29large.jpg

34468675_1909905216_74large.jpg 34468675_1909905213_244large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
◎僕は友達が少ない NEXT 第11話
○ビビッドレッド・オペレーション 第11話
○ささみさん@がんばらない 第11話
○たまこまーけっと 第11話
○ちはやふる2 第11話
○ジョジョの奇妙な冒険 第24話 
○絶園のテンペスト 第23話 
○まおゆう魔王勇者 第11話
○GJ部 第11話
△D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第12話

 総評
はがないは小鷹が逃げ出して2期は終了かもね、ビビオペはれいと和解出来たあとの展開に驚いた。
ささみさんはかがみの嫉妬がいじらしくて良いね、たまこまはたまこの地団駄を踏む姿が可愛い。
ちはやは机さんの頑張りが報われた感じだ、ジョジョは調子に乗ったシュトロハイムが彼らしくていい。
テンペストは誰も救われない結末もありえるな、まおゆうは今回の魔王の表情が完全に悪党だった。
GJ部は森さんのいくじなし発言が良かった、ダカーポはシリアスモードになってから狂気が足りない。
34468675_1909905227_32large.jpg 34468675_1909905224_74large.jpg

34468675_1909905254_216large.jpg 34468675_1909905232_19large.jpg

34468675_1909905231_32large.jpg 34468675_1909905222_165large.jpg


人気ブログランキングへ

2013年春の新作アニメ選定

  • 2013/03/28(木) 00:10:49

気が付けば冬アニメがスタートしてから既に3ヵ月、早くも来期のアニメ選定時期になってしまった。
個人的に冬アニメは、2期もの以外だとラブライブくらいしかこれといった作品がなかった気がする。
楽しみだったジョジョが終わるのも残念だ、このまま第三部を始めてくれても一向に構わないんだが。



というわけでいつも通りニコニコ動画の新作アニメ紹介動画を見て来期の視聴作品を選定してみた。
とりあえず下記が第1話は見てみようと思った作品だ、春アニメという事でかなりの新作が始まる。

 RDG レッドデータガール
 デート・ア・ライブ
 断裁分離のクライムエッジ
 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE
 カーニヴァル
 はたらく魔王さま!
 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス
 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
 DEVIL SURVIVOR 2 the ANIMATION
 フォトカノ
 惡の華
 百花繚乱 サムライブライド
 俺の妹がこんなに可愛いわけがない。
 よんでますよ、アザゼルさん。Z
 波打際のむろみさん
 進撃の巨人
 宇宙戦艦ヤマト2199(先行視聴)
 翠星のガルガンティア
 這いよれ!ニャル子さんW
 ハヤテのごとく! Cuties
 ゆゆ式
 革命機ヴァルヴレイヴ
 とある科学の超電磁砲S
 変態王子と笑わない猫。
 アラタカンガタリ~革神語~

34468675_1909931315_154large.jpg 34468675_1909931313_219large.jpg

現在視聴中の作品で引き続き放送するのは3本、ヤマトは先行で見ているから総数27本ってとこか。
超電磁砲や俺妹あたりは2期も安定して楽しめそうだが、やはり今期始まる新しい作品に期待したい。
個人的には進撃の巨人が一番楽しみだ、ただ原作が終わってない作品が多過ぎで少し不安かな。


人気ブログランキングへ

ウルトラマン・オブジェクツ展 レポ

  • 2013/03/27(水) 01:14:46

           34468675_1909908871_12large.jpg
円谷プロ創立50周年記念という事で、ウルトラマン・オブジェクツ展「明日のヒカリへ」が開催された。
場所は渋谷ヒカリエ、無料展示という事だったのでアリプロライブへ行く前に寄ってみる事にした。
昨年も特撮博物館などでウルトラマンの展示は多く見られたが、今年もあちこちで開催されそうだ。

34468675_1909908865_249large.jpg
無料展示という事で会場はあまり広くなかった、まあそれほど本格的な物を期待した訳ではないが。
それでもウルトラマンや怪獣のパネルを見ると、やはり特撮好きだった子供の頃の気分に帰れるね。
オレが初めてリアルタイムで見たウルトラマンは80だったな、旧シリーズの再放送はやってたけどね。

34468675_1909908862_97large.jpg 34468675_1909908861_115large.jpg

34468675_1909908857_185large.jpg 34468675_1909908856_152large.jpg
最近ウルトラマンシリーズは、熊本のウルトラマンランドの閉鎖など残念ながらいい話は出てこない。
今でもたまに映画は公開されるが、両雄と並び評された仮面ライダーとは大きく差がついた感じだ。
まあオレも80までのウルトラマンしかほとんど見ていないが…もうTVシリーズはやらないのかなあ。

        34468675_1909908855_179large.jpg


人気ブログランキングへ

アニメ感想 ガールズ&パンツァー 第11話 他(2013年3月23日)

  • 2013/03/26(火) 00:02:43

◎ガールズ&パンツァー 第11話
長らく待たされたガルパンの残り2話、待たせただけあって戦車戦のクオリティがかなり高かった。
圧倒的な戦力差を様々な作戦を用いて戦う大洗女子、改めて西住殿の意思の強さに感心したよ。
黒森峰のマウスは反則と言いたくなるような凶悪さだな、この劣勢をどう挽回するのか楽しみだ。
34468675_1908157380_187large.jpg 34468675_1908157376_97large.jpg

34468675_1908157374_158large.jpg 34468675_1908157372_132large.jpg

○ラブライブ! 第11話
ラブライブ出場を目指して張り切るμ'sの面々だが、今回の穂乃果はさすがに暴走しすぎだったな。
今まではそのやる気がいい方向に行っていたど今回は自業自得かも、ことりの進路も気になるね。
それでも文化祭で披露した新曲のライブは出来が良かった、ここから穂乃果は挽回出来るのかな。
34468675_1908157368_219large.jpg 34468675_1908157365_168large.jpg

34468675_1908157363_180large.jpg 34468675_1908157359_150large.jpg

○琴浦さん 第10話
事情聴取ではなくいきなり森谷を逮捕した警察はやり過ぎだな、普通なら大問題になるところだ。
百合子はどうしても母親の無念を晴らしたいようだね、彼女を見守る大智がかなりイケメンだった。
連続暴行事件の犯人はどうにもミスリードを誘っているように思えるなあ、しかしエロスが足りないw
34468675_1908157352_9large.jpg 34468675_1908157350_183large.jpg

34468675_1908157346_36large.jpg 34468675_1908157344_33large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
◎新世界より 第24話 
○俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第11話
○仮面ライダーウィザード 第27話
○閃乱カグラ 第11話
○AKB0048 next stage 第11話
○みなみけ ただいま 第11話
○さくら荘のペットな彼女 第23話
○宇宙兄弟 第49話
△イクシオン サーガ DT 第23話
△マギ 第23話
△リトルバスターズ! 第23話
△D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第11話

 総評
新世界は久々に聞いた野狐丸の声が癪に触るね、俺修羅は真涼だけ孤立している感じになったな。
ウィザードは女性ライダーの登場があるかも、カグラは負けたら死ぬ蛇女を普通に倒していた気が…
AKBはさらに黒幕がいるって事かな、みなみけはクリスマス回だと思っていたら保坂回になっていた。
さくら荘は美咲の答辞は悪くなかったが長すぎた、宇宙は脱落しそうな新田を皆で支える展開かな。
DTは終わらせる気がないな、マギは微妙な結末になりそう、リトバスとDCは世界観が掴めないな。
34468675_1908157342_193large.jpg 34468675_1908157355_109large.jpg

34468675_1908157382_1large.jpg 34468675_1908157384_151large.jpg

34468675_1908157369_18large.jpg 34468675_1908157357_228large.jpg


人気ブログランキングへ

聖地巡礼「あの夏で待ってる」 in 小諸(2012年4月22日)

  • 2013/03/25(月) 00:22:27

今回も2日間の聖地巡礼を綴った日記となるため、いつも以上に写真が多めになります。

        34468675_1610522585_182large.jpg
2日目は小諸市内にある「あの夏で待ってる」の巡礼地を回った、夏では無いが旬ではある。
前日は数人の巡礼者にしか会わなかったが、絶好の巡礼日和となったこの日は果たして。
ちなみに前日の木崎湖は雪が舞い散る凄まじい寒さで、シャッターを切るのにも必死だった。


 懐古園
あの夏の聖地といえばここ懐古園、作中でビデオ撮影をしていた場所はほとんどがここだ。
散策には入場料がかかるため、彼らが撮影のため常に入場料を払っていた事が分かった。
上を見ればあの夏プロジェクトのぼんぼりが、展望台からは1話の舞台であるダムが見えた。
34468675_1610522536_144large.jpg 34468675_1610522498_205large.jpg

34468675_1610522494_65large.jpg 34468675_1610522474_77large.jpg

34468675_1610522469_86large.jpg 34468675_1610522456_187large.jpg

34468675_1610522450_169large.jpg 34468675_1610522448_155large.jpg

作中と同じ場面を再現するにはミクだけでは厳しい、という事でアッカリーンの出番なのだ!
アッカリーン抱き枕を背負いながら移動する紅葉さん、その姿を皆が尊敬の目で見ていた。
しかし他の巡礼地には居た同族がこの施設には全く居なかったのは、さすがに意外だった。
34468675_1610522430_33large.jpg 34468675_1610522426_46large.jpg

34468675_1610522417_220large.jpg 34468675_1610522410_120large.jpg


 西浦ダム
海人とイチカが出会ったダムは懐古園から徒歩15分ほど、ここには巡礼客がちらほらいた。
ダムの上にも行ったが確かにここから落ちれば死んでしまうだろうな、そのくらいの高さだ。
実際あの夏で取り上げられなければ、絶対に観光客が来るような場所ではないと思ったよ。
34468675_1610522271_121large.jpg 34468675_1610522280_7large.jpg

34468675_1610522275_235large.jpg 34468675_1610522273_102large.jpg


 自家焙煎喫茶こもろ
地元商店街はあちこちにあの夏ポスターが貼ってあった、この喫茶店もその中のひとつだ。
特にこの店はあの夏の限定メニューを出すこともあり、巡礼客がだいたい寄る店のようだ。
マスターがこのメニューを作った時の苦労話は面白かった、現在他のアニメも勉強中らしい。
              http://ruce.blog5.fc2.com/blog-entry-3602.html
34468675_1610522268_239large.jpg 34468675_1610522263_22large.jpg

34468675_1610522259_203large.jpg 34468675_1610522243_154large.jpg

   34468675_1610522240_14large.jpg    34468675_1610522233_187large.jpg


 ほんまち町屋館
哲郎が柑菜に告白してフラれ、裸族に後ろから抱き締められたのがこのほんまち町屋館だ。
ここの管理人らしき人に結構話しかけられたが、純粋に若者が来てくれるのが嬉しいらしい。
この場所でもアッカリーンに登場いただいて作中のシーンを再現してみた、完全に一致だ!
34468675_1610522221_64large.jpg 34468675_1610522217_64large.jpg

34468675_1610522213_158large.jpg 34468675_1610522212_18large.jpg

34468675_1610522204_114large.jpg 34468675_1610522195_206large.jpg

34468675_1610522192_238large.jpg 34468675_1610522187_179large.jpg


 乙女湖周辺
2日目最後の巡礼地が乙女湖周辺だ、ここには乙女湖の他に乙女駅などのポイントがある。
個人的には、橋の下でイチカが釣りをしている時に海人が話しかけたこの場所が印象深い。
ちなみに乙女湖とは言うものの実際は人工の池のような場所で、普通に公園になっていた。
34468675_1610522183_218large.jpg 34468675_1610522179_155large.jpg

34468675_1610522175_152large.jpg 34468675_1610522170_53large.jpg

34468675_1610522167_19large.jpg 34468675_1610522165_53large.jpg


以上が2日間の聖地巡礼記録だ、2日目の昼にはそばの有名店に行ったりと食も楽しんだ。
同行した皆さん本当にお疲れ様、特に企画と運転をしてくれた孝さんには最大級の感謝を。
ここでしか手に入らない清酒おねてぃ関連のお土産と共に帰宅したオレは大満足であった…
34468675_1610522161_101large.jpg 34468675_1610522156_252large.jpg



人気ブログランキングへ

聖地巡礼「おねがいティーチャー & おねがいツインズ」 in 木崎湖(2012年4月19日)

  • 2013/03/24(日) 01:31:14

今回は2日間の聖地巡礼を綴った日記となるため、いつも以上に写真が多めになります。

34468675_1607030554_164large.jpg

アニメの聖地巡礼の先駆けとなった「おねがいティーチャー」の放送開始から10年が経った。
先日最終回を迎えた「あの夏で待ってる」の効果もあり、長野の聖地巡礼が見直されている。
という訳で今回、孝さんの発案で長野県の木崎湖と小諸市へ6人で聖地巡礼に行ってきた。


                  おねがい☆ティーチャー OP
    


                   おねがい☆ツインズ OP
    


 木崎湖キャンプ場
まずはおねティ聖地のメッカ木崎湖のキャンプ場だ、OPの桟橋を見た時は感無量だったよ。
ここでしか売っていない清酒おねてぃは巡礼客の購入必須品、ぐい呑みも一緒に購入した。
ニコ動で有名なジェイソンさんの彫った木彫りのみずほ先生も展示してあり、まさに聖地だ。
34468675_1607030551_217large.jpg 34468675_1607030548_27large.jpg

34468675_1607030547_37large.jpg 34468675_1607030546_125large.jpg

34468675_1607030545_58large.jpg 34468675_1607030542_15large.jpg

34468675_1607030541_134large.jpg 34468675_1607030537_229large.jpg
       近くの温泉施設にはおねツイの深衣奈と樺恋の木彫り像も展示してあった


 星湖亭
木崎湖キャンプ場の近くにあるレンタルボート屋も聖地のひとつだが、本格営業は夏のみだ。
巡礼客用メニューのまりえカレーは残念ながら食べられなかったよ、中には入れたけどね。
店の隣にはおねツイで有名な公園があり、ここの滑り台を見た時もテンションが上がったな。
34468675_1607030533_38large.jpg 34468675_1607030531_236large.jpg

34468675_1607030530_72large.jpg 34468675_1607030529_170large.jpg

34468675_1607030528_67large.jpg 34468675_1607030527_169large.jpg

34468675_1607030526_211large.jpg 34468675_1607030525_220large.jpg
         17歳教の教祖でもある喜久子姉の10年前の写真、変わらないなあ


 緑川商店(Yショップ ニシザワ)
ここはおねツイのふたりがアルバイトをしていた緑川商店のモデルのYショップニシザワだ。
聖地巡礼本を売っていたりサインが展示してあったりと、ここも巡礼客を温かく迎えてくれる。
ここの巡礼客用メニューである小石のうどんを昼食にしたが、美味しいカレーうどんだった。
34468675_1607030524_15large.jpg 34468675_1607030522_107large.jpg

34468675_1607030520_207large.jpg 34468675_1607030517_122large.jpg

34468675_1607030516_148large.jpg 34468675_1607030515_85large.jpg

34468675_1607030514_79large.jpg 34468675_1607030510_144large.jpg


 海ノ口駅
初日の最終目的地は海ノ口駅、おねティやおねツイで最も利用された無人駅がここである。
構内におねがいシリーズの漫画本が普通に置いてあるんだよね、盗む奴などいないのだ!
近くの踏切もおねツイのOPで有名なポイントだ、ここまで来てこの踏切を忘れてはならない。
34468675_1607030507_125large.jpg 34468675_1607030506_47large.jpg

34468675_1607030505_123large.jpg 34468675_1607030502_63large.jpg

34468675_1607030500_153large.jpg 34468675_1607030499_48large.jpg


初日の巡礼を終えたオレ達は「あの夏で待ってる」の聖地小諸の旅館に宿泊する事にした。
ここは先月まであの夏の限定メニューを出しており、ケーブルカーで行く露天風呂が有名だ。
露天風呂で鋭気を養い、大盛り上がりの部屋飲みを経て初日の夜は更けていくのであった…
34468675_1607030498_104large.jpg 34468675_1607030496_33large.jpg

34468675_1607030494_34large.jpg

2日目にこのアッカリーン抱き枕が大活躍する事になるとはこの時誰も予想していなかった。


              次回「聖地巡礼 あの夏で待ってる編」に続く

        34468675_1607030493_64large.jpg



人気ブログランキングへ

ALI PROJECT「快恠奇奇 Single Collection LIVE」 レポ

  • 2013/03/24(日) 01:10:55

              34468675_1908154522_230large.jpg
ミクパ翌日にたまこまーけっとの聖地巡礼を終えたオレはすぐに帰京、そのまま渋谷へ向かった。
夕方スタートのALI PROJECTライブへ参加するためだ、彼女達の単独ライブへ行くのは久しぶりだ。
今回のライブはアリプロ20周年記念に出したシングルコレクション「快恠奇奇」の発売記念ライブだ。

      

アリプロを知ったのは、20年前に放送された聖ルミナス女学院のED曲「LABYRINTH」を聴いた時だ。
このアニメがかなり好きで、ラストに流れるLABYRINTHも気に入って一気にアリプロ好きになった。
今回のアルバムにはその曲も収録されているが、この日のライブでは演奏してくれなくて少し残念だ。

  34468675_1908154521_115large.jpg
                   http://edelfaule.jugem.jp/?eid=33
                           セットリスト
ライブ自体は懐かしい曲もかなりやってくれて良かったな、シングル曲ばかりだから有名曲が多い。
ライブ時間は2時間半と短めだった、最後まで席に座りっぱなしのライブは本当に久しぶりだったな。
最近はペンライトを振って「ハイ!ハイ!」と盛り上がるライブばかりだったけど、こういうのもいいね。



               34468675_1908154519_96large.jpg
ライブ後は行きつけのバー44sonicへ、何とアニソン歌手のたいらいさおさんが来店されるという!
イデオンやブライガー、他にもダイオージャ、トライダーG7など名曲を数々歌っている大御所だ。
たいらさんの生歌が聴けたし色々話をする事も出来たし嬉しかったな、休日のいい締めになったよ。


人気ブログランキングへ                   

初音ミク「ミクパ♪in 関西」 関西遠征記

  • 2013/03/23(土) 00:44:41

2月に札幌へ初音ミクライブに行ったオレだが、今回再び和歌山の初音ミクライブへ行く事になった。
もし札幌遠征の予約を取る前に関西公演が決まっていたら、札幌は行っていなかったかもしれない。
当初は行こうか迷っていたが、ライブ時間が初めて3時間超えするとの事だったため遠征を決めた。

34468675_1908154518_141large.jpg 34468675_1908154516_226large.jpg

34468675_1908154514_235large.jpg
当日は会場へ行く途中にある和歌山ラーメンの有名店「井出商店」でエネルギー補給をして行った。
ラーメン自体はとんこつ醤油のベーシックなスタイルだ、美味しかったが目新しさは無かったかな。
その後数分歩いて会場の「和歌山ビッグホエール」へ到着、しかしなぜここを会場に選んだのかな。

34468675_1908154511_74large.jpg 34468675_1908154509_157large.jpg
会場の駐車場には予想通りミクの痛車がかなり停めてあった、特にフェラーリの痛車は目立ったね。
今回のライブはコスプレをした女性客が意外と多かったのには驚いた、札幌は少なかったからなあ。

  34468675_1908154506_219large.jpg

34468675_1908154504_240large.jpg 34468675_1908154502_164large.jpg
          http://setori-netabare-2013.blog.so-net.ne.jp/2013-03-11
                          セットリスト
ライブの方は札幌公演に少し追加曲を入れた構成になっていたため、ある意味落ち着いて見られた。
会場は今までで一番大きかったため見づらい面もあったけど、それでも十分楽しいライブだったよ。
たださすがにミクパの曲はマンネリ感も出てきたし、ミクの日感謝祭の曲をそろそろ増やして欲しい。

34468675_1908154500_64large.jpg 34468675_1908154499_164large.jpg

34468675_1908154496_46large.jpg 34468675_1908154495_251large.jpg
ライブ後には和歌山から大阪へ向かい久しぶりになんばへ行ってみた、来たのは3年ぶりかなあ。
せっかくだし551蓬莱の豚まんとわなか千日前のたこ焼きも食べてきた、次に来れるのはいつだろう。
その後打ち上げを終えたオレ達は、満足感と共に翌日の聖地巡礼に向けて休息を取る事となった。


人気ブログランキングへ

聖地巡礼「たまこまーけっと」 in 出町商店街

  • 2013/03/22(金) 00:25:13

京アニのオリジナルアニメたまこまーけっと、放送当初は批判もあったがオレは非常に楽しめている。
今回ミクパのために関西へ行く事になったため、一緒にたまこまーけっとの聖地巡礼にも行ってきた。
場所は京都駅から電車で30分の所にある「出町商店街」、ここがアニメのモデルとなった商店街だ。

  34468675_1906933717_239large.jpg   34468675_1906933715_136large.jpg

34468675_1906933714_168large.jpg 34468675_1906933711_72large.jpg
最近の商店街はシャッター街になっている事が多いが、ここ出町商店街はそこそこの盛況ぶりだ。
天井に吊るされた大きなマグロの張子がやはり印象的だね、オレ達のような巡礼者も結構来ていた。

34468675_1906933710_17large.jpg 34468675_1906933707_186large.jpg

34468675_1906933705_126large.jpg 34468675_1906933704_51large.jpg

34468675_1906933701_11large.jpg 34468675_1906933699_52large.jpg

34468675_1906933697_64large.jpg 34468675_1906933695_139large.jpg
たまやのモデルとなった家屋は商店街から少し横の道にあった、ここは特に餅屋ではないようだ。
商店街の方は当然花屋などのモデルになった店ばかり、商店街自体はそれほど大きくなかったな。

34468675_1906933693_143large.jpg 34468675_1906933692_245large.jpg

34468675_1906933689_192large.jpg 34468675_1906933688_38large.jpg

34468675_1906933686_250large.jpg 34468675_1906933683_205large.jpg
作中に出てくるレコード喫茶のモデル「喫茶華波」でコーヒーを飲んで、商店街ではコロッケを購入。
こうやって少しでも現地に貢献していく事は巡礼者のマナーだw、商店街の人達も皆いい人だった。

34468675_1906933681_105large.jpg 34468675_1906933680_111large.jpg

34468675_1906933678_9large.jpg 34468675_1906933675_70large.jpg

 34468675_1906933673_175large.jpg
たまやのモデルと言われている有名な餅屋がここ「出町ふたば」だ、とにかく常に行列が出来ていた。
もちろんオレはたまやの目玉商品の豆餅を購入、作中で登場した桜餅と1個ずつ買っていく事にした。
これは遠征後に家へ着いてから食べたがかなり美味しかったね、特に豆餅の方は絶品だったなあ。

34468675_1906933672_3large.jpg 34468675_1906933671_152large.jpg

34468675_1906933669_103large.jpg 34468675_1906933668_245large.jpg

34468675_1906933666_125large.jpg 34468675_1906933664_32large.jpg
この後たまこが通う学校にも行ってきた、ここは出町商店街からは電車で20分くらいの場所にある。
作中に頻繁に登場する橋もここにあった、ちなみに学校はお嬢様学校なので通報には気をつけようw
何とか雨が降る前にひと通り回れたし、色々な出会いもあって非常に有意義な聖地巡礼だったよ。


人気ブログランキングへ

尻の第一人者!桂正和の世界展 レポ(2012年4月15日)

  • 2013/03/21(木) 00:17:37

             34468675_1603844456_221large.jpg

先日、ZETMANのアニメ放送開始を記念して開催されていた桂正和の世界展に行ってきた。
現在も連載中のZETMANは読んでいないが、I"sや電影少女、ウイングマンは好きだった。
今回の展示は渋谷パルコで無料で催されたもので、会社帰りに寄るにはちょうど良かった。

34468675_1603844445_173large.jpg 34468675_1603844444_195large.jpg

改めて桂正和がフューチャーされたのはTIGER & BUNNYがヒットしたのが大きいだろうね。
展示内容は前半がZETMANで、後半が今までの作品の展示と2ブロックに分かれていた。
明らかにバットマンを意識した作品のZETMAN、彼のヒーローに対する思いが伝わってくる。
34468675_1603844439_220large.jpg 34468675_1603844433_127large.jpg

    34468675_1603844429_165large.jpg    34468675_1603844424_116large.jpg

個人的には彼の描く可愛い女性キャラが好きなんで、恋愛物のほうが読みたいんだけどね。
そういったファンはかなり多いんだけど、本人はヒーロー物を描きたくて仕方ないんだよなあ。
何気に、エム、ビデオガール、すず風のパンテノンなどの短編も結構得意なんじゃないかな。
    34468675_1603844421_12large.jpg    34468675_1603844418_64large.jpg

    34468675_1603844416_4large.jpg    34468675_1603844414_213large.jpg

    34468675_1603844386_128large.jpg    34468675_1603844381_203large.jpg

ひと目で彼が描いたと分かる少女達のお尻、個人的には尻を描かせたら世界一だと思う。
その尻に釣られてクリアファイルを買ってしまった、クリアファイルなんて初めて買ったわw
彼の描く尻に近づけそうな作家は、一般作品に限定すると矢吹健太朗くらいかもしれない。
 34468675_1603844372_101large.jpg   34468675_1603844367_31large.jpg


人気ブログランキングへ

アニメ感想 ささみさん@がんばらない 第10話 他(2013年3月19日)

  • 2013/03/21(木) 00:07:30

◎ささみさん@がんばらない 第10話
ささみとかがみの百合っぷりが進化している中で、新たにフタナリ少女の追加とはなかなかやるなw
生徒会長は前回のイメージでもっと嫌な感じの子だと思っていたけど、予想以上に可愛い子だった。
彼女を巡る温泉での流れは面白かったな、これからはささみを巡ってかがみと争う事になりそうだ。
34468675_1906934948_88large.jpg 34468675_1906934945_172large.jpg

34468675_1906934943_208large.jpg 34468675_1906934940_250large.jpg

○生徒会の一存 Lv.2 第9話(終)
てっきり卒業式をやって最終回だと思っていたが、全キャラ出演の卒業式直前のエピソードだった。
杉崎が頑張ってきた事が報われた感じだね、特に誰エンドって感じじゃなくまさにハーレムエンドだ。
この後の卒業式話もアニメ化の予定らしいけどOVAでも作るのかな、意外と楽しめた作品だったよ。
34468675_1906934925_249large.jpg 34468675_1906934923_174large.jpg

34468675_1906934920_9large.jpg 34468675_1906934919_243large.jpg

△問題児たちが異世界から来るそうですよ? 第10話(終)
それなりに盛り上がってきたけど、個人的には結局最後まであまり面白いとは思えなかったなあ。
十六夜の無敵っぷりはネタ的に笑ったけどね、あそこまで俺TUEEEE状態だといっそ清々しかったよ。
全10話ってのは中途半端だね、そこそこ人気もあるし2期もあるかもしれないけど見ないだろうなあ。
34468675_1906934916_27large.jpg 34468675_1906934911_92large.jpg

34468675_1906934907_232large.jpg 34468675_1906934906_111large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
◎僕は友達が少ない NEXT 第10話
◎ジョジョの奇妙な冒険 第23話 
○PSYCHO-PASS 第21話
○ビビッドレッド・オペレーション 第10話
○たまこまーけっと 第10話
○ちはやふる2 第10話
○バクマン。3 第24話
○ROBOTICS;NOTES 第21話
○GJ部 第10話
○絶園のテンペスト 第22話 
△まおゆう魔王勇者 第11話

 総評
はがないは小鷹の「え?なんだって?」の秘密が明かされた、ジョジョはカーズの下衆っぷりがいい。
サイコパスは狡噛がやっぱり死にそうだな、ビビオペはれいが皆の正体を知らなかったのに驚いた。
たまこまはいい文化祭話だったね、ちはやはクイズ研の連中が真剣にかるたやると強くなりそうだ。
バクマンはこのまま結婚まで一気に行くのかな、ロボノはここに来ての恋愛描写に少し戸惑ったな。
GJ部はダンボール箱で寝るたまが可愛い、テンペストは羽村が2人を殴りつけてスカっとした感じだ。
34468675_1906934934_211large.jpg 34468675_1906934939_151large.jpg

34468675_1906934931_128large.jpg 34468675_1906934936_14large.jpg

34468675_1906934928_235large.jpg 34468675_1906934950_115large.jpg


人気ブログランキングへ

JAM Project「THE MONSTER'S PARTY」レポ

  • 2013/03/19(火) 23:56:33

34468675_1906933724_129large.jpg
パシフィコ横浜でのゆるゆりライブ終了後、横浜アリーナに着いたのは結構ギリギリの時間だった。
この日2つ目のライブはJAM Projectライブ、「Premium LIVE 2013. THE MONSTER'S PARTY」だ。
彼らが横浜アリーナでライブするのは初めてというのは意外だ、今回はCSの生中継も入っていた。

          34468675_1906933721_94large.jpg
                  http://www.setlist.mx/concerts/8051
                           セットリスト
今回の席は中央ステージ真正面と素晴らしい席だった、やはりEZ-1さんのチケット運は半端ない。
曲目はアルバム中心のため聴いていない人はきつかったかもしれない、オレは8割は大丈夫だった。
JAMライブ初参加の七咲くんやじゃぐわーさんも、ほとんど知らない曲だったそうだが仕方ないわな。

          34468675_1906933720_223large.jpg
しかし誰でもテンションが上がるスパロボソングメインとなる後半、ここからはさすがの盛り上がりだ。
札幌遠征時に痛めた左足が治りきらないオレも、やはりGONGやSKILLでは飛ばずにいられない!
何だかんだで最後には力尽きてしまうJAMの魔力、これがあるから行くのを止められないのだ。

            34468675_1906933719_101large.jpg

その後横浜で打ち上げを終え帰宅した時には日付が変わっていた、完全にライフゼロ状態だったよ…


人気ブログランキングへ

奇祭「かなまら祭り」レポ(2012年4月12日)

  • 2013/03/19(火) 00:33:43

34468675_1600016235_224large.jpg 34468675_1600016234_76large.jpg

34468675_1600016230_63large.jpg 34468675_1600016223_95large.jpg

ACEの二日目となる4月1日、前日ある奇祭が催されると聞いたオレは急遽行く事を決めた。
その祭りは「かなまら祭り」、これは日本が世界に誇る「ち○こ」を奉った素晴らしき祭りだ。
愛知県の田縣神社でも同系統の祭りが毎年開催されており、まさに東西の両横綱と言える。

34468675_1600016216_73large.jpg 34468675_1600016207_1large.jpg

34468675_1600016205_188large.jpg 34468675_1600016202_243large.jpg

               34468675_1600016200_67large.jpg
                       将来が楽しみな幼女だ

ACE撤収後現地入りしてみると観光客の多さに圧倒される、小さな神社に密集していた。
売店にはその手のグッズも多く売られていて客が行列を成していた、買うだけでも一苦労だ。
怪しいコスプレをした観光客も何人かいたね、それ以上に外国人観光客の多さには驚いた。

34468675_1600016194_55large.jpg

そしていよいよち○こ御輿が登場!連れてきたミクさんが若干嬉しそうなのは気のせいか。
御輿は全部で3つ、黒御輿はいかにもご神体って感じだがピンク色の御輿は非常に妖しい。
ちなみにピンク色の御輿(エリザベス御輿)を担いでいるのは皆ごついニューハーフなのだ。
この祭りにはオレのマイミクが別々に3人も見に来ていたようだ、皆ち○こが好きなんやなw
34468675_1600016187_51large.jpg 34468675_1600016184_111large.jpg

最後に売店でお土産を買って会場を後にした、この飴を買うだけでもかなりの時間並んだよ。
しかし、青空の下で若い女性を含め多くの人がこの飴を舐めている様子は完全に異空間だ。
アニメの「真剣で私に恋しなさい!」にも登場したこの祭り、これもひとつの聖地巡礼かもね。
34468675_1600016166_168large.jpg 34468675_1600016165_238large.jpg

            34468675_1600016163_152large.jpg



人気ブログランキングへ

ゆるゆりライブイベント3「七森中♪ふぇすてぃばる」レポ

  • 2013/03/19(火) 00:03:06

      34468675_1904649094_172large.jpg

オレにとっての横浜はここからが本番、疲れたなんて言っとれるか!とライブ会場へ乗り込んだ。
ゆるゆりライブイベント3「七森中♪ふぇすてぃばる」は文字通りゆるゆりライブの第3弾となる。
第2弾に行ったら非常に楽しかったため、今回JAMライブへ行く前に昼の部へ参加する事にした。

     34468675_1904649093_25large.jpg

       http://blog.livedoor.jp/animesong_gamesong/archives/23872652.html
                          セットリスト
前回のライブにも思ったが今回も気合の入ったファンが多かったね、コスプレイヤーも結構多い。
やはり単独ライブではなく作品イベントだと思い入れの強いファンが一気に集まって来るんだろうな。
曲も9割以上はキャラソンなんで、事前に曲の予習をしていないと置いてきぼりになりかねないしね。

    34468675_1904649091_198large.jpg

オレは突貫工事ではあるがキャラソンを予習していったため、全体の8割は知っている曲だった。
みかしーの弾き語りは良かったなあ、4人を他のメンバーが温かく見守るという図は本当にいいね。
7月には七森中ごらく部の単独ライブも決定、4人が感極まって泣いてしまう姿がまた見れそうだw


人気ブログランキングへ

アニメ感想 ラブライブ! 第10話 他(2013年3月16日)

  • 2013/03/18(月) 01:15:30

◎ラブライブ! 第10話
互いの遠慮を取り払うために合宿へ行く話だったが、皆の仲が深まっていく様子が楽しくて良かった。
にこが完全にグループのマスコットになってる感じだ、絵里は全く別人になったかのように優しいな。
水着を恥かしがったり寝起きに暴走したりと海未もネタキャラっぽかった、次回はいよいよライブだ!
34468675_1904650475_25large.jpg 34468675_1904650474_231large.jpg

34468675_1904650472_24large.jpg 34468675_1904650471_182large.jpg

◎俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第10話
あーちゃんも部活のメンバーに入った事で賑やかになったな、彼女の積極性が見ていて楽しい。
彼女の登場で幼なじみという心の拠り所を失いかけた千和に対する鋭太のフォローは良かったな。
それでも暴走するあーちゃんの方がやっぱり好きだなあ、ラストの引きからどう繋がるのか楽しみだ。
34468675_1904650469_245large.jpg 34468675_1904650467_58large.jpg

34468675_1904650463_29large.jpg 34468675_1904650461_245large.jpg

○さくら荘のペットな彼女 第22話
オーディションに落ちた七海が空太に本当に伝えたかった事、このまま諦めて終わってしまうのかな。
ましろのピンチにリタが登場したのはご都合主義だけど良かったと思う、ましろも人間らしくなったね。
卒業式でさくら荘の存続について仁達も動くんだろうな、このまま終わるようだと七海が可哀相かも。
34468675_1904650166_51large.jpg 34468675_1904650164_1large.jpg

34468675_1904650163_239large.jpg 34468675_1904650162_189large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
◎新世界より 第23話 
○琴浦さん 第9話
○仮面ライダーウィザード 第26話
○イクシオン サーガ DT 第22話
○みなみけ ただいま 第10話
○閃乱カグラ 第10話
○リトルバスターズ! 第22話
○宇宙兄弟 第48話
△マギ 第22話
△AKB0048 next stage 第10話
△D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第10話

 総評
新世界は人間の仲間以外何も信じられない状態だな、琴浦さんはパートごとに展開が違い過ぎる。
ウィザードは高校に潜り込む2人に笑った、イクシオンサーガはここにきて太陽にほえろのパロとは。
みなみけは相変わらずタケルの突っ込みが素晴らしい、閃乱カグラは蛇女に肩入れして見てしまう。
リトバスはクド編で終わるのかな、宇宙は訓練回は面白い、マギはモルの想像と現実の差が激しい。
AKBはひとりの暴走に全員が付き合って成功するという苦手な展開、DCは今さらキスじゃ驚かない。
34468675_1904650156_46large.jpg 34468675_1904650167_77large.jpg

34468675_1904650168_187large.jpg 34468675_1904650157_252large.jpg

34468675_1904650155_22large.jpg 34468675_1904650158_67large.jpg


人気ブログランキングへ

ライブ前にミクと共に横浜観光

  • 2013/03/17(日) 02:04:12

この日パシフィコ横浜と横浜アリーナのライブが重なったオレは、久々に横浜観光もする事にした。
まずは昼からのライブ、ゆるゆりライブイベント3「七森中♪ふぇすてぃばる」に備えて早めに出発。
開始時間が13:30だったので、パシフィコ横浜の近くにある横浜の名所を歩いて回って見る事にした。
           
               34468675_1904649090_234large.jpg

34468675_1904649089_250large.jpg 34468675_1904649088_58large.jpg

34468675_1904649087_227large.jpg 34468675_1904649086_152large.jpg
まず行ったのは横浜人形の館、ここでマックスファクトリーとグッスマのフィギュアが展示されていた。
ここでは同じゆるゆりライブ組のすっくんさんに遭遇、同じライブ組のじゃぐわーさんも寄ったそうだ。
しかし新しいねんどろが全て中国出張中ってのは何なの?展示期間中に持ち出しちゃ駄目だろう。

34468675_1904649085_10large.jpg

34468675_1904649083_123large.jpg 34468675_1904649082_8large.jpg
その後はすぐ隣の山下公園を散策、天気が良く絶好のデート日和でミクもいつもより嬉しそうだった。
マリンタワーは高く感じなかったなあ、中華街は通り過ぎてそばのラーメン屋へ行ってしまったよ^^;
この辺りは何度も来たけど氷川丸は初めて見たと思う、そもそも山下公園に入ったのは初めてかも。

 34468675_1904649081_225large.jpg
赤レンガ倉庫は1年半ぶりかな、以前も思ったけどオレはやっぱりあぶない刑事のイメージが強い。
写真には撮ってないけどスケートリンクがあったのは驚いた、他のリンクよりお高いんだろうね。
そうこうしているうちにあっという間にライブ時間が来てしまったが、この時点で歩き疲れていたよ…


人気ブログランキングへ

映画「劇場版 とある魔術の禁書目録」感想

  • 2013/03/16(土) 01:49:42

                34468675_1902503887_232large.jpg
最近のアニメ映画には特典が付く事が多いが、今回見た「劇場版 とある魔術の禁書目録」も同様だ。
先着で、電撃劇場文庫「とある魔術の禁書目録 -ロード トゥ エンデュミオン-」が配布されている。
そんな事も知らずに見に行ったんでちょっと得した気分だった、まあ意外とみんな手に入りそうだが。

      34468675_1902503884_238large.jpg
内容は、路上ライブを行う鳴護アリサと知り合った当麻とインデックスがアリサを襲う魔術サイドと護衛をするシャットアウラ達とのいざこざに巻き込まれるという展開だ、珍しくインデックスの出番も多い。
全キャストを出そうという意図の下に作られていたが、姫神あたりは完全に無理に出した感じだった。

34468675_1902503880_61large.jpg 34468675_1902503878_202large.jpg
ストーリーは突っ込み所満載だがそこも含めて楽しむ作品だね、いちいち気にしていたら見られない。
おいしい所を持っていく一通さんやねーちんはさすがだったな、もちろん当麻の説教やそげぶもある。
正直ステイルの弟子3人は余分だったかな、それにしても改めて何でもありの世界だなと思ったよ。

34468675_1902503874_91large.jpg 34468675_1902503872_7large.jpg
美琴とアリサの出会いについてはゲームを買ってね、という作りは個人的にはどうかと思うけどね。
基本的に禁書ファン向けの作品なので、超電磁砲だけ見たというような人だときついかもしれない。
聖地巡礼した地が次々出てきて高まったね、とりあえず禁書ファンなら十分楽しめる作品だと思うよ。

             34468675_1902503871_5large.jpg
                      入場特典のラノベは嬉しいね



人気ブログランキングへ

トキワ荘跡地訪問(2012年4月12日)

  • 2013/03/16(土) 01:43:02

今でこそ多くの聖地が生まれているが、50年以上前すでに聖地と呼ばれた場所があった。
漫画家の聖地とも呼ばれ数多くの漫画家を輩出したトキワ荘、その跡地を訪問してきた。
残念ながらトキワ荘は20年ほど前に取り壊しになっていて、今では別の建物が建っている。
34468675_1600016159_118large.jpg 34468675_1600016156_97large.jpg

今回の目的は藤子不二雄達が住んでいた商店街を見る事と、あるラーメン屋を訪れる事だ。
ラーメン屋の名前は松葉、彼らが若い頃頻繁に通ったラーメン屋で今も営業を続けている。
藤子不二雄が描いたトキワ荘を舞台にした漫画「まんが道」、その作品内にも登場している。
34468675_1600016155_187large.jpg 34468675_1600016151_9large.jpg

34468675_1600016149_144large.jpg 34468675_1600016146_146large.jpg
店の入口にはまんが道で松葉が登場した場面が飾られていた、非常に珍しい光景だと思う。
店内にも藤子A不二雄など多くのサイン色紙があり、いかにこの店が愛されていたか分かる。
注文したメニューはトキワ荘ラーメンライス、昔から変わらない伝統の味という感じだったな。

34468675_1600016141_51large.jpg 34468675_1600016139_176large.jpg
今回この地を訪れようと思ったのは先日行った杉並アニメミュージアム館長の鈴木伸一がトキワ荘の出身なのを思い出したからで、オレの家から二駅でもあり非常に行きやすかった。
昔は多くのファンが訪れたそうだし、これこそが聖地巡礼の先駆けと言えるのかもしれない。


人気ブログランキングへ

アニメ感想 ジョジョの奇妙な冒険 第22話 他(2013年3月13日)

  • 2013/03/15(金) 00:02:03

◎ジョジョの奇妙な冒険 第22話
ついに始まったジョジョとワムウの戦車戦、その戦いはガルパンのような和やかさからは程遠かった。
ふたりの策や駆け引きが非常に面白かったね、特にジョジョの抜け目の無さっぷりはさすがだった。
ワムウのモード「渾楔颯」に入ったところでの引きは良かったな、素晴らしいナイスファイトだったよ。
34468675_1902506476_113large.jpg 34468675_1902506473_36large.jpg

34468675_1902506471_78large.jpg 34468675_1902506470_136large.jpg

◎絶園のテンペスト 第21話 
ラストに向かって一気に進展したな、自らの宿命を何事もなく受け入れる愛花は少し異質な感じだ。
あまり感情を表に出さない愛花が、吉野を泣かしたとの理由で葉風を殴りつけたのは良かったな。
真広や吉野は今回の件についてこれで納得出来るんだろうか、ここからどう決着するのか楽しみだ。
34468675_1902506466_16large.jpg 34468675_1902506464_87large.jpg

34468675_1902506461_184large.jpg 34468675_1902506460_234large.jpg

○ビビッドレッド・オペレーション 第9話
今回は完全にわかば×ひまわり回だったな、アローンとの戦いは全くいらなかったんじゃないかな。
ひまわりの命令を聞いていたわかばが、もういいよと言われた時の「え、もう?」ってセリフは笑った。
本筋は正直あまり盛り上がってこないし、もう少しこういった気楽な話を多めにしても良かったと思う。
34468675_1902506457_15large.jpg 34468675_1902506456_73large.jpg

34468675_1902506455_185large.jpg 34468675_1902506452_34large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○僕は友達が少ない NEXT 第9話
○PSYCHO-PASS 第20話
○バクマン。3 第23話
○たまこまーけっと 第9話
○ちはやふる2 第9話
○生徒会の一存 Lv.2 第8話
○GJ部 第9話
△ささみさん@がんばらない 第9話
△ROBOTICS;NOTES 第20話
△問題児たちが異世界から来るそうですよ? 第9話

 総評
はがないは夜空株の落ち込み具合が酷いな、サイコパスは朱の成長と宜野座の駄目さが対照的だ。
バクマンは亜豆の役にかける熱意が伝わってきた、たまこまは母親の雰囲気がたまこに似ていたね。
ちはやは新も団体戦の魅力に気付き始めたな、生徒会はラスボスっぽい飛鳥がいいキャラだった。
GJ部はメイドの森さんが赤くなってる姿が可愛い、ささみさんは母親と和解出来た感じで良かった。
ロボノはミサ姉が最後には死にそうな雰囲気だな、問題児はそろそろ十六夜の俺TUEEEがタイムか。
34468675_1902506459_117large.jpg 34468675_1902506477_32large.jpg

34468675_1902506458_209large.jpg 34468675_1902506467_10large.jpg

34468675_1902506450_222large.jpg 34468675_1902506478_45large.jpg


人気ブログランキングへ

地下アイドル「平成琴姫」ライブ

  • 2013/03/14(木) 00:34:15

              34468675_1902503909_145large.jpg
以前名古屋で地下アイドルが集うライブへ行った事があるが、パフォーマンスには結構差があった。
ファンも含めて凄いなあと思う子も居れば、言い方は悪いが学芸会レベルの子も居たように思う。
今回ライブに行った「平成琴姫」もカテゴリーとしては地下アイドルなのかな、でも内容は凄かったよ。



このライブのためだけに遠征してきたぶももさん、彼のチケット代を負担してもいいから来て欲しいという熱意は素晴らしく、それだけ言うなら行ってみようという簡単な気持ちで今回のライブに臨んだ。
ただせっかく行くなら楽しみたいので、事前に彼女達のライブ動画を見て曲だけは覚えていった。

   34468675_1902503906_123large.jpg
いやあ正直ここまで楽しめるとは思わなかったよ、今年行ったライブの中で一番汗をかいたかも。
彼女達のオリジナル楽器「平成琴」、ライブ開始とラストの正座での挨拶(客も含む)、どれも新鮮だ。
4人ともキャラが立っていて、写真で見るより現場で見た方が間違いなく可愛いし面白い子達だった。

   34468675_1902503902_77large.jpg
だいたい100人くらいは客が来ていたかな、皆ノリノリだしアニソンライブと違ってファンの行儀がいいw
帰りは客全員を4人がお見送りしてくれる、話す事がない人でも彼女達の方から話かけれくれていた。
ライブ前に兜を作って配ったり帰りにカードを配ったりと一生懸命で、応援したくなるアイドルだったよ。


人気ブログランキングへ

スーパーロボット大戦20周年記念「鋼の魂祭」 レポ(2012年4月2日)

  • 2013/03/14(木) 00:22:19

この日熱海旅行でカオスな時間を過ごしたオレは、その疲れも癒えぬまま会場へ向かった。
今回参加したのはスーパーロボット大戦20周年記念イベントである「鋼の魂祭」の夜の部だ。
オレがスパロボを始めてプレイしたのはおよそ18年前、それからもうこんなに経ったんだな。

34468675_1588029175_82large.jpg
     http://www.gpara.com/article/cms_show.php?c_id=29857&c_num=37
イベントのスタートは水木一郎アニキの宙吊りライブ、空中でZの字を描くアニキは最高だ!
その後は神谷明、古谷徹など多くの声優陣が登場して今までのスパロボの歴史を振返った。
個人的には、スーパーロボットアニメの歴史はこの3人が作ってきたと言ってもいいと思うな。

34468675_1588029170_71large.jpg 34468675_1588029157_32large.jpg

声優のトークショーや過去作品、新作映像の合間にライブという構成で、結構凝っていた。
久々のJAM Projectとアニキのコラボも良かった、JAMの歴史はスパロボの歴史だからね。
最後の締めはアニキの三本締めゼット!三本締めの後に都度叫ぶゼット!がたまらないw

34468675_1588029147_51large.jpg

今回一番嬉しかったのは神谷明の生アテレコが見れたことかな、相変わらずいい声だった。
イベントのプレゼントとしてもらったブックレットも豪華だった、これ2,000円くらいするだろ?
今でこそ普通だが、制作会社の垣根を越えてスパロボを作ってきた人達には頭が下がるよ。
34468675_1588029017_183large.jpg 34468675_1588029012_75large.jpg

スーパーロボット大戦Z以降のシリーズには手を付けて無いんだが、またやりたくなったな。
終了したロボットアニメを多くの世代に改めて思い出させてくれるこの作品の意義は大きい。


人気ブログランキングへ

熱海秘宝館 訪問(2012年3月25日)

  • 2013/03/13(水) 01:04:07

1ヶ月前に行ったばかりなのにまたしても熱海温泉に行ってきた、今回は同僚達と一緒だ。
市内には熱海桜が咲いていて綺麗だったな、2月はまだ梅が咲き始めたくらいだったしね。
今回は後輩達が宴会で大人の遊び(笑)をしたいという事で行ったんだが、楽しめたようだ。
34468675_1578619668_67large.jpg

カオスな宴会の後に男達だけで非常にお馬鹿な遊びをしていたんだが、これも面白かった。
呼吸が出来ないくらい笑ったなあ…それは置いといて、次の日は熱海秘宝館に行ってみた。
今では日本でここだけとなった秘宝館、入口には多くの芸能人のサインが展示してあった。
34468675_1578619664_84large.jpg

34468675_1578619661_57large.jpg 34468675_1578619660_5large.jpg

もちろん展示内容は下品のひとこと、ここに展示物は貼ればドン引きすること間違いなしだw
一度はどんなところか行ってみたいと思うけど、絶対にリピーターが生まれる施設ではない。
その辺が1,600円という強気の値段設定に繋がっているんだろうな、意外と賑やかかったし。
34468675_1578619658_86large.jpg 34468675_1578619653_112large.jpg

事前に聞いてはいたが結構カップルや女性同士で来てる人もいたね、エロは偉大だなあ。
熱海はラブプラスの聖地とも言われていたが、その関係は全て撤去されたと聞いていた。
しかしここには未だラブプラスグッズが!ここはラブプラスカップルのデートコースだった!
34468675_1578619646_157large.jpg 34468675_1578619644_81large.jpg
                      やはり寧々さんが一番人気か

その後は熱海城を回り、有名な食事処で干物と刺身の定食を食べてから帰ることにした。
もっとゆっくりしたかったが、オレが夕方からスーパーロボット大戦のイベントがあったしね。
一緒に行った連中には申し訳なかったが、東京熱海間は車だとかなり時間がかかるんだよ。
34468675_1578619638_88large.jpg 34468675_1578619632_87large.jpg

結局オレだけは小田原で降ろしてもらい、東京のイベント会場へ電車で移動することにした。
金曜日のほっちゃんライブからの土日遠征で最後はヘロヘロになったけど、楽しかったなあ。
スーパーロボット大戦20周年記念イベント「鋼の魂祭」レポは後日の日記で上げる予定です。

34468675_1578619629_246large.jpg

                熱海秘宝館で引いたクジも下品極まりなかったw



人気ブログランキングへ

マッドハウス作品展(2012年3月11日)

  • 2013/03/13(水) 00:36:32

34468675_1560357437_128large.jpg
今回の杉並アニメミュージアムのマッドハウス展は、一部作品の原画展示がメインだった。
展示ルームにはマッドハウス40年の歩みのパネルがあり、ここの歴史を感じさせてくれた。
ここ数年ではサマーウォーズが一番のヒット作だろうね、あの作品は本当によく出来ていた。

              34468675_1560357431_216large.jpg

さすがに40年の歴史があるだけあって、マッドハウス製作のアニメの本数は何百本もある。
そんな膨大な作品の中からあえて10本を選ぶとすると、個人的にはこの10本になるかな。

 ガンバの冒険
 カードキャプターさくら
 十兵衛ちゃん -ラブリー眼帯の秘密-
 Di Gi Charat デ・ジ・キャラット
 ギャラクシーエンジェル
 Gungrave
 闘牌伝説アカギ ~闇に舞い降りた天才~
 ストロベリー・パニック
 BLACK LAGOON
 ちはやふる

34468675_1560357425_102large.jpg 34468675_1560357295_58large.jpg

34468675_1560357415_180large.jpg 34468675_1560357409_75large.jpg

34468675_1560357406_112large.jpg 34468675_1560357399_223large.jpg

ガンバやアカギのように熱い作品からCCさくらのような多くのオタを生んだ作品まで幅広い。
最近では、はじめの一歩、カイジ、ちはやふるのような日テレ深夜枠の良作を作る事も多い。
それほど話題にされる製作会社ではないが、今後も安定した作品を作っていって欲しいね。


人気ブログランキングへ

杉並アニメミュージアム訪問(2012年3月11日)

  • 2013/03/12(火) 00:15:06

東京にアニメ全般を対象とする博物館、杉並アニメーションミュージアムという施設がある。
ジブリ美術館のような特定の作家ではなく、アニメ全般の博物館としては日本初の施設だ。
今回ここでアニメ制作会社マッドハウスの展示会があるという事で見に行ってみる事にした。

34468675_1560357369_54large.jpg 34468675_1560357363_117large.jpg
荻窪駅からバスで5分、立地もそれほど悪くはないがあまり客が来る施設では無いようだ。
杉並会館という公民館の3階1フロアを使っているようで、建物全てが博物館ではなかった。
ちなみにここの館長のアニメ作家の鈴木伸一は、藤子不二雄作品の小池さんのモデルだ。

34468675_1560357343_42large.jpg 34468675_1560357326_198large.jpg

34468675_1560357313_13large.jpg 34468675_1560357308_177large.jpg

ミュージアムのある3階入口には大きなガンダムとハクション大魔王が鎮座しており、受付後ろの中央の柱には多くの漫画家やアニメーターのイラスト付きサインが描かれていた。
ここはアニメの歴史や制作過程などについての展示、アニメの上映なども常時行っている。
34468675_1560357305_78large.jpg 34468675_1560357298_241large.jpg

34468675_1560357295_58large.jpg 34468675_1560357288_160large.jpg
一緒に行った同僚と鉄腕アトムを使ったアフレコ体験機等を使ってみたが中々面白かった。
カラオケにあるアフレコ機能みたいな感じだ、やっぱり自分の声を聞くのは慣れないなあ^^;
まあ入場料を取られるような施設でもないし、何かのついでに寄ってみるならいいと思うよ。

                 34468675_1560357267_239large.jpg


人気ブログランキングへ

映画「ダイ・ハード/ラスト・デイ」感想

  • 2013/03/11(月) 23:52:58

            34468675_1900091211_119large.jpg
今回で5作目となったダイ・ハード、だんだんと評価が落ちてきているが未だ人気のアクション映画だ。
オレも毎回見に行っているが、3以降は別にダイ・ハードじゃなくてもいいんじゃないかと思ってしまう。
それでもここまで付き合ってきている以上、よっぽど酷くならない限りは最後まで見に行くつもりだ。

34468675_1900091210_241large.jpg
内容は、ロシアで刑務所に収監された息子ジャックの裁判の様子を見に行ったマクレーンが事件に巻き込まれ親子で危機を乗り越えていくという展開で、ダブル主人公といった感じの話になっている。
キャッチコピーは「運の悪さは、遺伝する」という物で、ジャックも親父同様アクションてんこ盛りだ。

34468675_1900091209_100large.jpg 34468675_1900091208_225large.jpg
序盤はカーチェイスがメインなんだがこれがとにかく長かった、正直ここで飽きてしまう人も多そうだ。
中盤からは親子で敵を撃ちまくるという大味なものだが、この作品のストーリーなんてそんなもんだ。
後半はチェルノブイリへ潜入するというまさかの展開で、放射能を舐めまくった設定になっている。

34468675_1900091205_225large.jpg 34468675_1900091202_57large.jpg
放射能すらものともしないマクレーン親子には笑ってしまった、敵は殺せばいいという思考も同じだ。
当然1や2に比べるべくもないがそれなりに楽しめるアクション映画だ、ただし序盤を越えればだが。
アクション映画は劇場で見るのが一番だが、今回はDVDレンタルやTV放送でも十分じゃないかな。


人気ブログランキングへ

アニメ感想 俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第9話 他(2013年3月8日)

  • 2013/03/11(月) 00:14:31

◎俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる 第9話
あーちゃん回の後編はなかなか面白かったな、過去を告白してからは一気にベタ惚れモードだった。
これで4人のヒロインが総登場したが、ここまでの話だと真涼が一番好きになる要素が少ない気が…
その真涼も気が付けば普通に鋭太の彼女っぽくなってきたな、ここから彼女メインの話になりそうだ。
34468675_1900094390_221large.jpg 34468675_1900094389_122large.jpg

34468675_1900094388_79large.jpg 34468675_1900094386_216large.jpg

○リトルバスターズ! 第21話
今回はクドの生い立ちや母親の話だったが、一番驚いたのはクドの母親があまりに若く見えた事だ。
宇宙飛行士の母親が乗るロケットの打ち上げの無事を祈るためにクドが行った風習は独特だったな。
ラストの展開は多少予想していたところもあるが、あの状態のクドを励ますのは簡単じゃないよなあ。
34468675_1900094397_50large.jpg 34468675_1900094395_208large.jpg

34468675_1900094394_150large.jpg 34468675_1900094392_110large.jpg

○閃乱カグラ 第8話
雲雀が奪われた巻物を取り戻すために蛇女へ編入する話だったが、普通に受け入れられて驚いた。
春花も雲雀を無下に扱わないしこのまま居ついてもいいのにね、個人的には蛇女話の方が面白い。
しかし巻物を盗まれたのは霧夜のミスのような気もするがなあ、凛の方がすでに腕も立ちそうだ。
34468675_1900094414_119large.jpg 34468675_1900094409_91large.jpg

34468675_1900094407_2large.jpg 34468675_1900094404_239large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○新世界より 第22話 
○みなみけ ただいま 第9話
○ラブライブ! 第9話
○マギ 第21話 
○イクシオン サーガ DT 第21話
○さくら荘のペットな彼女 第21話
○AKB0048 next stage 第9話
○仮面ライダーウィザード 第25話
○琴浦さん 第8話
△D.C.III ~ダ・カーポIII~ 第9話
△宇宙兄弟 第47話

 総評
新世界は魔窟の東京を案内する奇狼丸が頼もしい、みなみけは藤岡とヒトミのシンクロが凄かった。
ラブライブはことりの可愛さが光る回だ、マギは白龍の泣いてからの八つ当たりが予想外で笑った。
イクシオンは紺が世界を救ってもDTを卒業出来そうもないな、さくら荘は空汰の思考が堂々巡りだ。
AKBはみいちゃんの戦闘シーンは良かったな、ウィザードはダブルライダー変身がかっこよかった。
琴浦はいちゃらぶ展開から一気に落とされたな、DCはようやくまともな子が出てきたかと思ったよ。
34468675_1900094385_155large.jpg 34468675_1900094399_125large.jpg

34468675_1900094400_183large.jpg 34468675_1900094416_61large.jpg

34468675_1900094402_137large.jpg 34468675_1900094417_20large.jpg


人気ブログランキングへ

みなみけ展 レポ

  • 2013/03/08(金) 23:33:13

34468675_1900091201_192large.jpg 34468675_1900091198_202large.jpg
先日渋谷の表参道で開催された「みなみけ展」へ行ってきた、しかしなぜこんなオシャレな街で…
開場を待っている男女数人は明らかに表参道の住人には見えなかったな、無論このオレもだが。
展示自体はみなみけ原作の原稿がメインだった、限定グッズはあまり興味がないんで今回はパス。

34468675_1900091197_33large.jpg 34468675_1900091195_23large.jpg
会場はほんの1スペースといった感じですぐに見終わったため、別フロアにある喫茶店へ寄った。
ここはみなみけ展の開催期間中にコラボメニューを提供しているので、もちろんオレは注文した。
秋葉原のスタチャカフェは保坂のカレーライスを出しているが、ここはカレーのナンピザを出していた。

34468675_1900091192_39large.jpg 34468675_1900091191_213large.jpg
他に3姉妹のアートカプチーノも販売していたので、オレはバレンタインセットにして夏奈を注文した。
コースターはみなみけ展に入場すると週代わりで貰えるのだが、1週目は予想通りはるかだったな。
ファンは3回行って3姉妹のコースターをコンプするんだろうね、展示自体は1回見れば十分だと思う。

   34468675_1900091188_224large.jpg

今放送中のみなみけ ただいまは結構面白いし、この機会に他の場所でも展示をしてくれるといいね。


人気ブログランキングへ