アニメ感想 中二病でも恋がしたい! 第4話 他(2012年10月30日)

  • 2012/10/31(水) 21:55:45

◎中二病でも恋がしたい! 第4話
新たに同好会入りした森夏のキャラが予想以上に凄かった、まあ真っ当な子が来る会じゃないしね。
癒し系がくみん先輩だけになってしまった、しかし先輩と早苗がアニメのオリキャラってのは驚きだ。
今後はオリジナル展開で進んで行くんだろうね、とりあえず今後のモリサマーの活躍が楽しみだよ。
34468675_1812667180_113large.jpg 34468675_1812667175_70large.jpg

34468675_1812667173_215large.jpg 34468675_1812667169_104large.jpg

◎武装神姫 第4話
ケンカをしてしまったレーネとアイネスが、公園で開催される神姫のレースに参加するという展開だ。
気が付いたらクララがかませ犬扱いになっていて笑った、解説のイーア姉さんもいいキャラだったな。
皆がレースに夢中になっている中、ひとりワラシベ長者をしていたアンはさすが正妻といった感じだ。
34468675_1812667167_53large.jpg 34468675_1812667160_207large.jpg

34468675_1812667154_248large.jpg 34468675_1812667150_73large.jpg

◎妖狐×僕SS 第13話(TV未放送)
DVDの7巻に収録されたTV未放送話で、主要キャラがほぼ登場する3本の短編で構成されていた。
御狐神と付き合い始めたばかりの凜々蝶は初々しくて可愛かったが、やはりイチオシはカルタだね。
完全にネタ要員と化した陽炎も何だかんだで一番存在感があったと思う、結構笑わせてもらったよ。
34468675_1812667256_128large.jpg 34468675_1812667251_154large.jpg

34468675_1812667249_177large.jpg 34468675_1812667244_141large.jpg

○ひだまりスケッチ×ハニカム 第4話
今回は水泳大会の話だったが、全校生徒の参加ではないため全員の水着回にはならなかったな。
ヒロと夏目の絡みが、正妻が愛人にクギを刺しに行ったように見えたのはオレが汚れているからか…
個人的にはゆのと撮影をしていた中山さんが可愛かった、今期は何気に出番が多い気がするね。
34468675_1812667211_247large.jpg 34468675_1812667204_244large.jpg

34468675_1812667200_209large.jpg 34468675_1812667197_143large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
◎絶園のテンペスト 第4話 
○ジョジョの奇妙な冒険 第4話 
○To LOVEる-とらぶる-ダークネス 第4話 
○ソードアート・オンライン 第17話
○リトルバスターズ! 第4話
○ハヤテのごとく!CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU 第4話
○BTOOOM! 第4話
○バクマン。3 第4話
○K 第4話  
○ROBOTICS;NOTES 第3話
○めだかボックス アブノーマル 第3話
○PSYCHO-PASS 第3話

 総評
テンペストは昔の吉野の調査能力が凄かった、ジョジョは修行とジャック戦はもう少し尺が欲しいな。
とらぶるはヤミとみかんは修正だらけだった、SAOは子安のねっとりとした悪人っぷりが素晴らしい。
リトバスは人気のクドは顔見せ程度だったな、ハヤテはオタトークだらけで個人的には面白かった。
BTOOOMは本気の坂本の能力が半端ない、バクマンのPCPは確かにクレームが多そうな漫画だな。
Kは社に余裕が消えたな、ロボノはMr.プレアデスがかっこいい、めだかは先輩もいいヤツになったな。
34468675_1812667223_99large.jpg 34468675_1812667229_71large.jpg

34468675_1812667215_115large.jpg 34468675_1812667190_181large.jpg

34468675_1812667238_95large.jpg 34468675_1812667232_26large.jpg


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

電撃文庫 秋の祭典2012

  • 2012/10/30(火) 22:16:24

34468675_1811817814_200large.jpg
前日に花咲くいろはの湯涌ぼんぼり祭りに参加し、東京へ帰還したのは次の日の午後2時半頃だ。
本来は痛Gふぇすたで1,000台の痛車を見るつもりだったが、思ったより帰るのが遅くなってしまった。
そちらのイベントはさすがに諦めたが、秋葉原で開催された電撃文庫秋の祭典には十分間に合った。

34468675_1811817810_214large.jpg 34468675_1811817806_140large.jpg

34468675_1811817801_34large.jpg 34468675_1811817795_99large.jpg
今回も多くのコスプレをしたスタッフが迎えてくれた、普段あまり見ないコスの子もいて結構楽しい。
春にはトークイベントに2つ当選したが今回は全滅、前回のイベントの時より応募が増えたのだろう。
しかしひとつも当たらないとはなあ・・・ミニゲームはあまり面白そうなのがなくて今回はパスしたよ。

34468675_1811817788_43large.jpg 34468675_1811817783_58large.jpg

34468675_1811817775_99large.jpg 34468675_1811817767_88large.jpg
毎回やっているパネル絵の展示は今回もやっていたね、ひみつの小部屋も定番化してきた感じだ。
小部屋の中で思ったが、最近の作品はパンチラや全裸シーンがほとんどの作品にある気がする。
今期の新作アニメ「さくら荘のペットな彼女」のヒロイン・ましろの部屋は非常に雑然としていたな。

34468675_1811817762_7large.jpg
前回は終了間際に並ばずに買えた卓上カレンダーが今回は並ばないと買えず、しかも売り切れた。
明らかに前回より客が増えていたのだろう、もう終了したが幕張メッセの電撃20年祭が心配だったな。
なんとか卓上カレンダーや海賊本は手に入れたし、遠征帰りの無料イベントとしては悪くなかったよ。


人気ブログランキングへ

アニメ感想 ヨルムンガンド PERFECT ORDER 第3話 他(2012年10月27日)

  • 2012/10/29(月) 23:24:06

◎ヨルムンガンド PERFECT ORDER 第3話
いつも笑顔を崩さなかったココが今回初めて大きく動揺したな、それだけ仲間達が大切なのだろう。
ヘックスに対して本気になったココのやり様は確かに凄かった、CIAが危険視するのもよく分かる。
ココ達と行動を共にしていた事で、アールはスパイでもココ達に欠かせない仲間になっていたんだな。
34468675_1809058997_113large.jpg 34468675_1809058991_236large.jpg

34468675_1809058985_44large.jpg 34468675_1809058978_110large.jpg

◎神様はじめました 第4話
白蛇の神使・瑞希に花嫁としてさらわれた奈々生だが、何だかんだで神様らしくなってきた気もする。
巴衛を信頼する奈々生と彼女を守ろうとする巴衛、二人の関係も少しずつ変わってきた感じだね。
ラストの手を繋ぐ描写は良かったなあ、しかし貧乏とはいえ奈々生に友人がいない理由が分からん。
34468675_1809058970_164large.jpg 34468675_1809058965_49large.jpg

34468675_1809058962_162large.jpg 34468675_1809058955_20large.jpg

○エウレカセブンAO ユングフラウの花々たち
9月に発売されたゲームに同梱されたOVA、アオ達3人の休日を描いていて仲の良さが微笑ましい。
11月中旬には最終話の放送が予定されているが、やはりこの3人には幸せになって欲しいと思うね。
今回は終始女装するはめになったアオだが、その姿はエウレカそっくりで親子なんだなと実感したよ。
34468675_1808428274_136large.jpg 34468675_1808428269_128large.jpg

34468675_1808428268_236large.jpg 34468675_1808428264_203large.jpg

○ガールズ&パンツァー 第3話
戦車部員同士の戦いはなかなか面白かったが、場合によってはケガでは済まなそうな武道だな。
戦車の中を可愛くしたりするあたりは女の子らしかった、各チームの戦車も個性的で良かったな。
他校は真っ当な戦車ばかりのようだね、次回はいきなり強豪校との対決だがどちらに転ぶんだろう。
34468675_1809059046_204large.jpg 34468675_1809059039_58large.jpg

34468675_1809059038_204large.jpg 34468675_1809059035_251large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
◎マギ 第3話 
○となりの怪物くん 第4話
○イクシオン サーガ DT 第3話 
○新世界より 第4話 
○さくら荘のペットな彼女 第3話
○キングダム 第21話
○お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 第3話 
○仮面ライダーウィザード 第8話
○トータル・イクリプス 第16話
○CODE:BREAKER 第3話
○宇宙兄弟 第29話
△好きっていいなよ。 第3話

 総評
マギはモルジアナが解放されたようで良かった、怪物くんは夏目が自由奔放で明るいし好きだね。
DTは姫様が年齢の割りにかなり大人なんだよな、新世界は世界観が見えてきて面白くなってきた。
さくら荘はましろの思考が分からん、キングダムは安定してるな、おにあいはアナの笑顔が良かった。
ウィーザードはフェニックスが強くて初めて苦戦した感じだ、TEは中国娘が予想以上にチョロかった。
CBは決めゼリフ言い過ぎw、宇宙はいよいよ月へ出発だな、好きなよはあさみ以外好きになれない。
34468675_1809059002_222large.jpg 34468675_1809059008_51large.jpg

34468675_1809059057_105large.jpg 34468675_1809059020_5large.jpg

34468675_1809059051_155large.jpg 34468675_1809059013_204large.jpg


人気ブログランキングへ

花咲くいろは聖地巡礼 in 湯涌温泉

  • 2012/10/28(日) 22:32:44

34468675_1808401608_94large.jpg 34468675_1808401607_54large.jpg

34468675_1808401603_74large.jpg 34468675_1808401599_90large.jpg
せっかく湯涌まで行ったのだから当然花咲くいろはの舞台探訪も行ってきた、まずは金沢市内だ。
緒花たちが通う学校のモデルや、徹が出席していた友人の結婚式場など意外と多くの舞台があった。

34468675_1808401598_15large.jpg 34468675_1808401595_182large.jpg

34468675_1808401593_228large.jpg 34468675_1808401592_40large.jpg
今回宿泊したのは、作中に登場した結名の実家でもある旅館「ふくや」のモデルとなった秀峰閣だ。
この日のここに泊まれるのは本当に凄い事だ、フロントにはいろはのグッズなども普通に売っていた。
通常の日と違い料理に手間をかけれないとの事だったが、晩御飯は十分に美味しい料理だったよ。

34468675_1808401589_50large.jpg 34468675_1808401588_155large.jpg

34468675_1808401587_46large.jpg 34468675_1808401585_58large.jpg

34468675_1808401584_16large.jpg 34468675_1808401582_207large.jpg
ぼんぼり祭りの次の日に改めて作中の舞台を回ったが、前日の喧騒がまるで嘘のような光景だ。
街は意外と狭くて一本道なので、キャプ画を見落とす事も無くまったり回る事が出来て良かった。

34468675_1808401578_72large.jpg 34468675_1808401576_106large.jpg

34468675_1808401571_102large.jpg 34468675_1808401570_115large.jpg

34468675_1808401568_192large.jpg 34468675_1808401565_157large.jpg
ぼんぼり祭りの会場となった湯涌稲荷神社は数人の巡礼者がいるくらいで、かなり撮影も楽だった。
考えてみればキャパ5百人くらいの街に7千人も押し寄せて来ていたんだから、本当に凄いよなあ。
ぼんぼり祭りの最終地点・玉泉湖も静寂につつまれていたよ、お焚きあげの跡は炭が残るばかりだ…

34468675_1808401561_234large.jpg 34468675_1808401559_129large.jpg
こうして今回の聖地巡礼は終わった、戦利品は劇場版の限定チケットと金沢カレー&柚子乙女だ。
実は今回の聖地巡礼では北國新聞社の取材を受けたんだが、先日その掲載写真が送られてきた。
オレ達の勇姿が載ってしまった北國アクタス11月号、北陸に痛々しい足跡を残してしまったようだ。

               34468675_1808401553_17large.jpg


人気ブログランキングへ

花咲くいろは聖地巡礼 湯涌ぼんぼり祭り

  • 2012/10/27(土) 22:55:08

34468675_1808401680_243large.jpg 34468675_1808401678_60large.jpg

34468675_1808401675_143large.jpg 34468675_1808401672_55large.jpg
花咲くいろはの作中で描かれ昨年実際に開催された「ぼんぼり祭り」が今年も開催される事になった。
地元の新聞でも大々的に宣伝され、金沢駅では記念キップが売られ臨時バスが何台も出ていた。
今回初参加となったオレは、同行者達とゴーゴーカレーの本店で鋭気を養い現地へ向かう事にした。

34468675_1808401670_181large.jpg 34468675_1808401667_219large.jpg

34468675_1808401662_215large.jpg 34468675_1808401661_223large.jpg
湯桶温泉へ行く前に、ちょうど金沢市内で開催中だった花咲くいろはのパネル展にも寄ってみた。
花咲くいろはの聖地のひとつでもある西岸駅のミニチュアは精巧だったね、50万くらいする限定品だ。
ちなみに西岸駅ではいろはの痛電車が運行中だったが、湯桶から2時間かかるし今回は諦めたよ。

34468675_1808401647_51large.jpg 34468675_1808401642_106large.jpg

34468675_1808401639_58large.jpg 34468675_1808401638_74large.jpg
いよいよ湯涌温泉に到着、すでに多くの宿に痛車が止まっていて、ついに来たんだと感慨深かった。
いろはの痛車がもちろん多かったが、この日現地に来ていた岸田メルの痛車が最も目立っていた。
緒花のチェーンアートが展示してあったり、豆爺の案山子が屋根の上にあったりと色々見所も多い。

34468675_1808401637_1large.jpg 34468675_1808401635_143large.jpg

34468675_1808401629_107large.jpg 34468675_1808401628_21large.jpg
声優イベント抽選付きの劇場版前売券を狙う多くのファンが形成していた物販列は何と3時間待ちだ。
その物販列を通り過ぎてまずはお目当てのひとつnano.RIPEのライブへ、ここも人が多かった。
TARI TARIやtrue tearsの曲も交え1時間半、無料ライブでこれだけやってくれるとは思わなかったよ。

34468675_1808401624_89large.jpg 34468675_1808401622_100large.jpg

34468675_1808401619_133large.jpg 34468675_1808401616_58large.jpg

34468675_1808401614_9large.jpg 34468675_1808401612_123large.jpg
そしていよいよぼんぼり祭りの本番、昨年は5千人集まったらしいが何と今回は7千人の来場者が!
アニメで見た通りの祭りが目の前で行われ感無量だ、関係者の挨拶の感じだと来年もやりそうだな。
しかし幼女の後をつけて行くオタ達のあまりに怪しい姿は、完全に百鬼夜行にしか見えなかったなあ。

34468675_1808401611_142large.jpg 34468675_1808401609_27large.jpg

お焚きあげで空へ登っていくオタの煩悩のこもった願い、第2回のぼんぼり祭りはこうして終わった。


人気ブログランキングへ

映画「アイアン・スカイ」感想

  • 2012/10/25(木) 23:07:46

                34468675_1804100392_50large.jpg
今回見に行った映画は、CGトレーラーを流し寄付金を集めた事で話題になった「アイアン・スカイ」だ。
世界中のファンから1億円を集め制作費の一部にあてたこのやり方は、他のメディアにも使えそうだ。
こういった馬鹿馬鹿しいB級SF作品は好きなんで、あまり過度な期待をせずに見に行く事にした。

34468675_1804100391_73large.jpg
内容は、アメリカ大統領の選挙キャンペーンで月へ着いた黒人ジェームズが月の裏側に潜伏するナチス残党に捕まるところから始まり、彼から集めた情報をきっかけに地球侵攻を始めるという展開だ。
地球への攻撃に備え、主人公レナーテと将来の総統クラウスが地球へ先行して向かう事になる。

34468675_1804100389_232large.jpg 34468675_1804100388_56large.jpg
お馬鹿映画かと思いきやかなりまっとうに作ってあった、宇宙船での戦闘もかなり力が入っている。
選挙対策として戦争を喜ぶアメリカ大統領が良かった、アメリカに対してはかなり皮肉たっぷりだ。
北朝鮮がUFOは将軍様が製作したと言い出したのは笑ったね、各国の首脳同士の会談面白かった。

34468675_1804100386_156large.jpg 34468675_1804100385_46large.jpg
ヒロインのレナーテはかなり可愛かったね、ナチスの描写に関しても陰湿さは全くなくて良かったな。
正直ナチス側に肩入れしたくなる作品だった、テロリストとは一切交渉しないアメリカ様はさすがだ。
笑いどころも多く皮肉もたっぷりでなかなか面白い映画だった、B級SF映画はこうありたいものだね。


人気ブログランキングへ

アニメ感想 アクセル・ワールド OVA EX01 他(2012年10月23日)

  • 2012/10/24(水) 23:30:29

◎アクセル・ワールド OVA EX01
9月に発売されたゲームに同梱されたOVA、時間軸は能美を倒したTVシリーズのしばらく後くらいだ。
アクセル・ワールドとは別の界に飛ばされた4人の話だったが、チユのタクミの扱いの酷さに笑った。
放送時より先輩とチユがかなり仲良くなっていたのが印象的だね、番外編として十分面白かった。
34468675_1806803821_159large.jpg 34468675_1806803818_244large.jpg

34468675_1806803813_77large.jpg 34468675_1806803809_27large.jpg

◎To LOVEる-とらぶる-ダークネス 第3話
相変わらず光修正だらけで裸はほとんど見えないが、逆に下着の描写がエロく見えるようになった。
モモの仕掛けで小手川がかなり積極的になっていたが、完全にリトにメロメロになっている感じだな。
その様子をよだれを垂らして覗くモモがいいね、しかしDVDではどこまで修正が消えるのか気になる。
34468675_1806803791_118large.jpg 34468675_1806803788_141large.jpg

34468675_1806803769_140large.jpg 34468675_1806803768_63large.jpg

◎ジョジョの奇妙な冒険 第3話
名ゼリフのオンパレードだね、展開は早いがここは入れて欲しいという部分はきっちり描かれている。
特にスピードワゴンという名解説者が入ってきた事で、内容についてかなり分かりやすくなったと思う。
ジョジョを読んだ事のない人にも好評のようだし、この盛り上がりのまま突き進んでいって欲しいね。
34468675_1806803763_241large.jpg 34468675_1806803737_48large.jpg

34468675_1806803729_231large.jpg 34468675_1806803724_69large.jpg

○ソードアート・オンライン 第16話
アスナを救うため新たなゲーム世界に入ったキリト、ユイ復活は少し呆気ない気もするけど嬉しいね。
チート状態で臨む事になったキリトだけど、まあ主人公だしこれくらいのサービスはありだと思うよ。
しかし第1話の時点では妹がここまで絡んでくるとは思わなかったな、NO.1ヒロインになれるだろうか。
34468675_1806803722_113large.jpg 34468675_1806803719_33large.jpg

34468675_1806803716_133large.jpg 34468675_1806803712_28large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○中二病でも恋がしたい! 第3話
○BTOOOM! 第3話
○PSYCHO-PASS 第2話
○武装神姫 第3話
○バクマン。3 第3話
○リトルバスターズ! 第3話
○ひだまりスケッチ×ハニカム 第3話
○ハヤテのごとく!CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU 第3話
○K 第3話 
○ROBOTICS;NOTES 第2話
○絶園のテンペスト 第3話 
○めだかボックス アブノーマル 第2話

 総評
中二病はくみん先輩のゆるさが結構好きだね、BTOOOMは出てくる連中が皆一癖ありそうで面白い。
サイコパスは狡噛が思ったよりいいヤツで意外だった、神姫はお風呂シーンに湯気はいらないだろw
バクマンは高木と岩瀬がいいライバル関係になったな、リトバスは姉御が個性的でいいキャラだね。
ひだまりは吉野屋先生が飛ばしてるな、ハヤテはヒナギクの作画は安定しなかったが展開は好きだ。
Kは狗朗のキャラが崩れてきた、ロボノはテンションがまだ低い、絶園は吉野の考えが読めないな。
34468675_1806803688_145large.jpg 34468675_1806803798_232large.jpg

34468675_1806803686_60large.jpg 34468675_1806803695_110large.jpg

34468675_1806803701_248large.jpg 34468675_1806803707_24large.jpg


人気ブログランキングへ

つり球聖地巡礼 in 江の島

  • 2012/10/23(火) 21:22:53

TARI TARIの聖地である江の島は同時につり球の聖地でもある、あまり見ていた人はいなかったが。
せっかくだからこちらの舞台写真も撮影してきた、ちなみにこの日はスタンプラリーの最終日だった。
8月末まではTARI TARIのスタンプラリーもやってたんだよね、正直そっちの方がやりたかったなあ。
34468675_1804100383_46large.jpg 34468675_1804100382_253large.jpg

34468675_1804100381_156large.jpg 34468675_1804100380_161large.jpg

小田急の片瀬江の島駅は龍宮城のような駅舎になっている、江の島が龍神を祭っているからだろう。
つり球のキービジュアルは弁天橋の入口だ、ここは多くの観光客が記念写真を撮る撮影スポットだ。
つり球の登場人物が巫女をやっているのは江島神社だ、龍神の銭洗いの賽銭箱もここにあった。
34468675_1804100377_73large.jpg 34468675_1804100376_155large.jpg

34468675_1804100375_194large.jpg 34468675_1804100374_150large.jpg

江の島名物といえば間違いなくしらすだ、という訳でせっかくだし生しらす丼を食べていく事にした。
普通のしらす丼は食べた事があるが生しらす丼は初めてだ、他の参加者も初めての人が多かった。
まあ正直1回食べればいいかな、生よりも普通に釜揚げしたしらすの方が美味しいと皆思ったようだ。
34468675_1804100372_120large.jpg

その後は江ノ電に乗って他の地を回ったわけだが、ついでにイカ娘の聖地である駅にも寄ってみた。
由比ヶ浜駅はイカ娘のオープニングに出てくる駅だ、海の家レモンがある所は遠いんで今回はパス。
しかし江ノ電はほとんどが無人駅で全然乗車券の確認をされなかったが、本当に大丈夫なのかね。
34468675_1804100368_198large.jpg 34468675_1804100367_237large.jpg

最終的に江ノ電の七ヶ浜駅でスタンプラリーが完成、もらった景品はつり球のホモホモしいうちわだ。
最終日という事で駅員が2セットくれたが全くいらねえ^^;、完成させてももらわない参加者もいたよ。
帰りは台風の影響で電車が遅れたり止まったりで大変だった、それでも楽しい聖地巡礼だったなあ。

34468675_1804100365_65large.jpg


人気ブログランキングへ

アニメ感想 となりの怪物くん 第3話 他(2012年10月20日)

  • 2012/10/22(月) 22:31:07

◎となりの怪物くん 第3話
ハルに惚れてしまった雫が可愛い、ハルに遠回しに断られても真っ直ぐに向かっていく姿勢がいい。
前回から引き続き登場のあさ子もテンションが高くて好きだ、不良連中も意外といいヤツが多かった。
しかしハルは全く物怖じしないなあ、いきなり野郎に押しかけられた雫の父親が不憫でならない。
34468675_1803230352_100large.jpg 34468675_1803230351_180large.jpg

34468675_1803230349_187large.jpg 34468675_1803230348_251large.jpg

◎マギ 第2話
やり手なのかと思っていたジャミルが普通にクズ野郎だった、ゴルタスを刺し殺すのかと思ったよ。
彼を出し抜いたアリババはかっこよかった、モルジアナが解放されるのはまだしばらくかかるのかな。
ダンジョン脱出は思ったより呆気なかったが、新たな世界へ旅立つ展開がRPGっぽくて結構好みだ。
34468675_1803230345_140large.jpg 34468675_1803230343_244large.jpg

34468675_1803230340_147large.jpg 34468675_1803230336_205large.jpg

○さくら荘のペットな彼女 第2話
普通の可愛い子に振り回されるだけならともかく、それが天才となると距離を感じてしまうだろうね。
周りの人が才能を持った人間ばかりだと、その中にいる凡人の自分と比較して卑下してしまいそうだ。
ただ空太は一般人だけど突っ込みのスキルは素晴らしいと思うw、あとななみんも結構可愛かった。
34468675_1803230360_177large.jpg 34468675_1803230358_96large.jpg

34468675_1803230356_129large.jpg 34468675_1803230355_109large.jpg

○輪廻のラグランジェ -鴨川デイズ-
3人娘のTVシリーズの1期と2期の合間を描いた内容で、劇場でも2週間ほど上映されたOVAだ。
この子達の中心はやはりまどかで、ランとムギナミだけで会う時の微妙な距離感が何ともいえない。
間違いなく2期が始まる前に見ておくべき作品だったな、しかしOVAの中でも鴨川押しは凄かったわ。
34468675_1803230331_194large.jpg 34468675_1803230330_201large.jpg

34468675_1803230328_215large.jpg 34468675_1803230323_102large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
◎神様はじめました 第3話
○お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 第2話 
○イクシオン サーガ DT 第2話 
○ガールズ&パンツァー 第2話 
○ヨルムンガンド PERFECT ORDER 第2話 
○好きっていいなよ。 第2話 
○キングダム 第20話
○新世界より 第3話 
○CODE:BREAKER 第2話 
△トータル・イクリプス 第15話 
△宇宙兄弟 第28話
△仮面ライダーウィザード 第7話

 総評
神様は沼皇女がほっちゃんボイスで可愛さが増量した、おにあいはテンポが良くて見ていて楽しい。
イクシオンは全玉が死んだEDが可哀相過ぎる、ガルパンはチームごとに個性があって面白いな。
ヨルムンはヨナが結構ピンチだ、好きなよはキス盛りすぎ、キングダムは王騎の存在感が半端ない。
新世界は少しずつ世界観が見えてきた、CODEはあおばの言う事をろくに聞かない桜にイラっとする。
TEは新キャラ投入だが展開は地味だ、宇宙は進みが遅いなあ、ウィザードはだんだん飽きてきた。
34468675_1803230317_30large.jpg 34468675_1803230369_45large.jpg

34468675_1803230363_161large.jpg 34468675_1803230333_79large.jpg

34468675_1803230322_63large.jpg 34468675_1803230353_239large.jpg


人気ブログランキングへ

TARI TARI聖地巡礼 in 江の島

  • 2012/10/21(日) 07:44:34

 34468675_1800980233_217large.jpg
個人的には前期一番好きなアニメはTARI TARIだ、そんなオレが聖地巡礼へ行くのは当然なのだ。
聖地巡礼の目的地は江ノ島と鎌倉、TARI TARI以外にも数多くの作品の舞台になっている場所だ。
という訳で夕方には台風が上陸するという悪条件の中、5人の巡礼者達が江ノ島へ向かうのだった。


 江島神社付近
まずは江の島へ架かる弁天橋へ、和奏が自転車で通ったこの橋はこんな日でも観光客が多かった。
売店の通路を抜けるとそこには江島神社の鳥居が見えてくる、横の通路にかかる橋も要チェックだ。
辺津宮の龍神の賽銭箱には硬貨を洗ってから賽銭を投入するんだが、誰も賽銭は入らなかった^^;
34468675_1800980228_204large.jpg 34468675_1800980227_160large.jpg

34468675_1800980225_29large.jpg 34468675_1800980222_110large.jpg

34468675_1800980213_13large.jpg 34468675_1800980212_245large.jpg


 あぶらや
江の島の最深部には和奏の実家のモデルである「あぶらや」がある、毎日ここから学校へ通うのか…
この日はTARI TARIイベントが江の島であったため、店内はP.A.WORKSの袋を持ったオタばかりだ。
ここでは作中にも出てきた白玉ぜんざい抹茶アイス添えを注文、結構暑い日だったし美味かったね。
34468675_1800980211_217large.jpg 34468675_1800980209_109large.jpg

34468675_1800980206_161large.jpg 34468675_1800980197_203large.jpg

34468675_1800980196_134large.jpg 34468675_1800980187_240large.jpg


 岩棚
あぶらやから下ると海岸と同じ高さに隆起した岩棚に到着する、ここは作中で来夏が滑ったところだ。
残念ながらこの日は台風が接近中のため岩棚への立ち入りは禁止になっていた、まあ仕方ないか。
ここまで来るのは思ったより大変だった、ただ島内のエスカレーターで金を取るのはどうかと思うわ。
34468675_1800980183_83large.jpg 34468675_1800980182_87large.jpg

34468675_1800980180_235large.jpg 34468675_1800980177_156large.jpg


 江の島海岸沿い
弁天橋を渡り江の島を出た後は海岸付近で撮影を行ったが、さすがにサーファー達が多かったね。
橋の下でバーベキューをやっている連中は明らかにオレ達と人種が違ったよ、相容れない存在だなw
これで江の島付近からは撤収したが、後で烏帽子岩を見るのを忘れた事に気付き少し後悔している。
34468675_1800980175_173large.jpg 34468675_1800980173_187large.jpg

     34468675_1800980171_234large.jpg  34468675_1800980169_21large.jpg


 江の島駅付近
江の島駅の付近は印象に残ったシーンが多い、屋外での合唱やショウテンジャーの舞台がここだ。
ショウテンジャーの回は特に好きだったな、ここはかなり自動車の往来が激しくて結構危なかった。
せっかく5人いたんでショウテンジャーをやろうかと思ったが、さすがに他人に撮影を頼み難かった^^;
34468675_1800980167_241large.jpg 34468675_1800980165_15large.jpg

34468675_1800980161_121large.jpg 34468675_1800980156_13large.jpg

34468675_1800980154_133large.jpg 34468675_1800980152_192large.jpg


 鎌倉高校前駅
続いて江ノ電に乗ったオレ達は鎌倉高校前駅へ、ここはスラムダンクのオープニングも有名な所だ。
ここから見る江の島や海岸は本当にきれいだった、フィギュア撮影のロケーション的にもいい場所だ。
しかしこの交通量の道路を馬で駆け抜けた紗羽の度胸は尋常じゃない、っていうか100%捕まるわw
34468675_1800980151_105large.jpg 34468675_1800980149_37large.jpg

34468675_1800980142_51large.jpg 34468675_1800980137_155large.jpg

34468675_1800980119_181large.jpg 34468675_1800980113_119large.jpg


 鎌倉駅
再び江ノ電で終点の鎌倉駅を目指す一行、江ノ電は線路や電車の真横を人が歩く驚きの電車だ。
そして鎌倉駅に到着、和奏が作中で食べていた鎌倉コロッケを購入したが普通に美味しかったよ。
駅前の公園は来夏がひとりで歌っていた公園だ、こんな賑やかな場所でアカペラで歌うって凄いわ。
34468675_1800980106_194large.jpg 34468675_1800980099_55large.jpg

34468675_1800980096_166large.jpg 34468675_1800980091_210large.jpg

34468675_1800980062_37large.jpg 34468675_1800980060_174large.jpg


 浄智寺
TARI TARI最後の巡礼地は紗羽の実家のモデル浄智寺だ、この辺りでさすがに雨が降ってきた。
門はそのまんまだけど建屋の形状は違うようだ、ここから馬で鎌倉高校まで行くなんて無理無理w
しかしこのくらいの施設で拝観料200円は取り過ぎじゃないかなあ、再訪するオタも少ないだろうね。
34468675_1800980057_137large.jpg 34468675_1800980052_47large.jpg

34468675_1800980049_163large.jpg 34468675_1800980046_41large.jpg

天気は微妙だったけどいい聖地巡礼になった、同行してくれた皆さん本当にありがとうございました。


人気ブログランキングへ

じょしらく リアルロフトプラスワンイベント

  • 2012/10/19(金) 21:36:15

             34468675_1799975649_148large.jpg
やりたい放題やりウザく終了していったじょしらく、その監督の水島努のトークイベントに行ってきた。
このイベントはアニメ10話で新宿のアングラな場所として紹介された新宿ロフトプラスワンが会場だ。
アニメの舞台探訪とも言えるが、それ以上に水島監督のここだけのぶっちゃけトークが楽しみだった。
34468675_1799975646_2large.jpg 34468675_1799975643_212large.jpg
                              この影は黒ネズミ(米国)と青ネコ(日本)の戦いだった!

狭いロフトにキャパオーバーと思われる170人が詰め込まれ、今回のイベントの人気ぶりが分かる。
ロフトイベントに慣れたblue boxさんの力で何とか行けたが、発売して数分で瞬殺されたからなあ。
そんな凄まじい競争率の中で参加出来たこのイベント、予定時間を越えて3時間以上もやってくれた。
34468675_1799975639_81large.jpg 34468675_1799975633_7large.jpg

実際ネタに出来ない裏話ばかりで本当に面白かった、モザイクがかかっていた場面も全て見れたし。
ゲストにマリーさん役の佐倉綾音も来たが彼女のノリもかなり良かった、彼女と乾杯も出来たしね。
とにかく水島監督の男気があふれるイベントだった、彼の言う通り怒られる部分なんて全くないぞ!
34468675_1799975630_218large.jpg 34468675_1799975624_76large.jpg
少し内容に触れると、CBC(中部の放送局)だけセシウムの言葉にピー音入れられた事や2期があれば尖閣問題入れたい事などかな、ココロコネタも結構触れて声優を叩く連中に苦言を呈していた。
とにかく3時間笑いっ放しのイベントだったよ、売上は良くも悪くもないらしいけど2期を期待したいね。


人気ブログランキングへ

アニメ感想 めだかボックス アブノーマル 第1話 他(2012年10月17日)

  • 2012/10/19(金) 00:07:54

○めだかボックス アブノーマル 第1話
1期は惰性で最後まで見た感が強いだけに2期についても正直不安が大きいが、第1話は良かった。
ただめだかメインではなく鍋島が中心の話だっただけに、次回以降の本筋でどうなるか分からない。
1期よりもバトル展開が多めになりそうだが、そういったジャンプ展開にオレが付いて行けるかどうか…
34468675_1799975602_106large.jpg 34468675_1799975596_115large.jpg

34468675_1799975589_239large.jpg 34468675_1799975583_211large.jpg

○PSYCHO-PASS 第1話
虚淵脚本の近未来を舞台にしたアクション作品という感じだ、潜在する犯罪係数の考え方は面白い。
ヒロインのあかねの考え方が甘過ぎてイラっとするが、彼女がどう変わっていくのかは興味深いね。
1話目からレイプや惨殺シーンがあって虚淵らしいといったところか、今後も更に加速していきそうだ。
34468675_1799975682_26large.jpg 34468675_1799975681_223large.jpg

34468675_1799975680_149large.jpg 34468675_1799975679_100large.jpg

○ハイスクールD×D 第13話 TV未放送
2期も決定したHDDの原作第13巻に同梱されたOVAは、とにかくおっぱいにこだわった話だったな。
捕らえた犯罪者の世界中の女の子を巨乳にするという考えに感銘を受けた一誠がらしくて笑った。
リアスとアーシアの関係がギスギスしてなくていいね、おっぱいネタに敏感な子猫ちゃんも可愛いわ。
34468675_1799975709_226large.jpg 34468675_1799975704_227large.jpg

34468675_1799975698_136large.jpg 34468675_1799975695_205large.jpg

○ROBOTICS;NOTES 第1話
シュタゲの次作という事でハードルが上がり過ぎてしまった感じのこの作品、その辺は可哀相だな。
今のところロボット選手権に向けて頑張るヒロインの青春物っぽいが、このまま進む事は無さそうだ。
カオスヘッドの「その目だれの目?」というセリフが出てきたのは驚いた、しかし主人公コンビが微妙…
34468675_1799975674_21large.jpg 34468675_1799975666_162large.jpg

34468675_1799975661_228large.jpg 34468675_1799975657_54large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
◎中二病でも恋がしたい! 第2話
◎絶園のテンペスト 第2話 
◎K 第2話 
◎BTOOOM! 第2話
○ソードアート・オンライン 第15話 
○バクマン。3 第2話 
○To LOVEる-とらぶる-ダークネス 第2話 
○ジョジョの奇妙な冒険 第2話
○ひだまりスケッチ×ハニカム 第2話
○リトルバスターズ! 第2話 
○ハヤテのごとく!CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU 第2話
○武装神姫 第2話

 総評
中二病は現実と妄想の戦闘のギャップがいい、テンペストはこっそりメールを送る妹が可愛いのに…
Kは2話でいきなりコメディ調になったな、BTOOOMのヒミコは逆恨みで島流しにされたように思える。
SAOは妹が想像以上に可愛かった、バクマンはずっとエイジ無双だ、とらぶるは相変わらず白いね。
ジョジョはサクサク進むな、ひだまりはお風呂シーンが多いね、リトバスはこまりのポンコツさがいい。
ハヤテは原作未読者には意味不明な展開かも、武装神姫は触手シーンがあるとは思わなかった。
34468675_1799975577_128large.jpg 34468675_1799975578_166large.jpg

34468675_1799975685_136large.jpg 34468675_1799975693_138large.jpg

34468675_1799975622_106large.jpg 34468675_1799975652_196large.jpg


人気ブログランキングへ

映画「ハンガー・ゲーム」感想

  • 2012/10/17(水) 20:37:19

               34468675_1799975621_249large.jpg
バトル・ロワイヤルやバトルランナーと似ていると言われる「ハンガー・ゲーム」を見に行ってきた。
もちろん製作側はバトル・ロワイヤルを参考にした事は全く無いと言っているが、真相は分からない。
原作小説はアメリカの若者に異常に売れたそうだが、やはりこういった設定の作品は受けるのだろう。

34468675_1799975619_105large.jpg
内容は、主人公のカットニスがハンガー・ゲーム(12地区から選ばれた男女一組がテレビ中継される中で最後の1人になるまで殺し合いを強制される)に選ばれた妹の代わりに立候補するという展開だ。
選ばれた24人は12地区を収める政府に連れて行かれ、2週間の訓練後にゲームに参加させられる。

34468675_1799975618_210large.jpg 34468675_1799975613_183large.jpg
設定はいいんだが主人公目線で話が進むため、他の参加者の掘り下げが全くなかったのが残念だ。
同盟を組んだりするのは分かるが、その相手を簡単に信用し普通に睡眠を取るってのはどうなんだ?
そういった意味では殺し合いなのに緊張感があまり無い、ただの荒くれ連中が襲ってくる感じだった。

34468675_1799975609_77large.jpg 34468675_1799975608_196large.jpg
カットニスと一緒に戦ったピーターと故郷に居る彼女の恋人との三角関係の方が緊張感があるかも。
政府側の過剰な介入も気になった、彼らの演出で殺し合いもせずに死んでいく連中がもったいない。
そんな感じで脚本に問題があるように感じたなあ、まあ来年公開予定の2も一応見るつもりだけどね。


人気ブログランキングへ

アニメ感想 さくら荘のペットな彼女 第1話 他(2012年10月14日)

  • 2012/10/15(月) 22:53:36

◎さくら荘のペットな彼女 第1話
さくら荘に下宿する空太が生活能力0のヒロインましろや破天荒な下宿人達に悩まされるラブコメだ。
この手の作品の王道展開である意味安心して見れた、愛玩動物のようなましろの行動が可愛いね。
全裸を見られても全く動じないヒロインって意外と珍しいな、クラスメイトの七海は勝ち目が薄そうだ。
34468675_1799564753_137large.jpg 34468675_1799564746_242large.jpg

34468675_1799564744_126large.jpg 34468675_1799564740_77large.jpg

◎イクシオン サーガ DT 第1話
タイトルも地味だし全く期待していなかった作品だが、想像の斜め上を行くような馬鹿アニメだった。
てっきり王道ファンタジーかと思っていたらオープニング曲から飛ばしまくり、企画したヤツは凄いな。
今後はDTとEDの戦いがメインになるのかな、かっこよく登場し片玉を失ったEDが哀れでならない。
34468675_1799549682_124large.jpg 34468675_1799549640_21large.jpg

34468675_1799549637_217large.jpg 34468675_1799549634_210large.jpg

○To LOVEる-とらぶる-ダークネス 第1話
地上波で大丈夫か?と言われていたこの作品、AT-Xの放送も含めて予想通り光渡しだらけだった。
それでも十分エロいしヒロイン達も可愛い、やはりモモとヤミをメインにしたのが成功の理由だと思う。
個人的には以前から言っていた通りOVA化が理想だった、その分DVDの売上は上がりそうな感じだ。
34468675_1799549704_159large.jpg 34468675_1799549702_131large.jpg

34468675_1799549691_29large.jpg 34468675_1799549684_252large.jpg

○ヨルムンガンド PERFECT ORDER 第1話
今回の話は完全に1期最終話の続きだったな、CIAに繋がっているアールは生き残れるのだろうか。
この世界に失望したカレンの次の就職先は意外だった、まあ嫌な世界でも生きなきゃならないしね。
CIAの新たなキャラで登場したヘックスはかなりやり手っぽいな、しかしこの世界の女性陣は強すぎw
34468675_1799564176_94large.jpg 34468675_1799564173_93large.jpg

34468675_1799564099_161large.jpg 34468675_1799564091_94large.jpg

○ガールズ&パンツァー 第1話
淑女のたしなみとして戦車道が普通にあるというぶっとんだ設定が凄い、これも武道の一環なのだ。
戦車道を専攻した女の子が結構多かったし、全てのキャラを把握するのは簡単ではなさそうだな。
意外だったのはパンチラ描写などが一切無かったことだ、その姿勢を最後まで貫けるのだろうか。
34468675_1799549631_75large.jpg 34468675_1799549545_190large.jpg

34468675_1799549541_240large.jpg 34468675_1799549534_244large.jpg

○マギ 第1話
王道少年マンガらしいアニメだね、ここからだんだんと腐女子御用達の作品となっていくんだろうか。
アリババが自分の意思でモルジアナ達を助けるところをアラジンが見守る展開は結構良かったな。
個人的にジャンプ的な王道作品はあまり得意ではないだけに、数話で切ってしまう可能性もあるね。
34468675_1799564219_10large.jpg 34468675_1799564215_133large.jpg

34468675_1799564197_181large.jpg 34468675_1799564190_241large.jpg

○好きっていいなよ。 第1話
今期は少女マンガ原作の作品が多いが、最近の少女マンガは皆最初からヒロインとキスするんだな。
めいに付きまとったストーカーは確かにキモいが大和も似たようなもんだろうw、やはりイケメンなら…
苦手な作風の作品かと思いきや結構面白かった、この後めいが延々といじめられる展開は嫌だな。
34468675_1799564087_143large.jpg 34468675_1799564078_126large.jpg

34468675_1799564075_89large.jpg 34468675_1799564063_196large.jpg

△CODE:BREAKER 第1話
主人公・大神の能力やライバルになりそうなヤツも含めて、いわゆる中二病アニメって感じの内容だ。
1話はいつかどこかで見たような展開だった、このまま普通のバトル物になったら切るかもしれない。
ヒロインの桜も文武両道、容姿端麗と完璧過ぎて、可愛いとは思うけどいまいち乗り切れないなあ…
34468675_1799549750_178large.jpg 34468675_1799549739_191large.jpg

34468675_1799549720_254large.jpg 34468675_1799549713_113large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
◎キングダム 第19話
○新世界より 第2話 
○となりの怪物くん 第2話 
○神様はじめました 第2話 
○仮面ライダーウィザード 第6話
△宇宙兄弟 第27話


人気ブログランキングへ

Fate/ZERO- 第四次聖杯戦争展- レポート

  • 2012/10/14(日) 21:04:11

               34468675_1799564682_196large.jpg

先日、名古屋で先行して開催された「Fate/ZERO- 第四次聖杯戦争展-」を池袋へ見に行ってきた。
並ぶだろうし早めに行こうと思っていたが、寝坊したため会場に着いたのは開場時間の10時だった。
そこには予想通り長蛇の列が、結局会場に入れたのは11時となったがまあこれくらいならいい方か。

34468675_1799564679_182large.jpg 34468675_1799564675_128large.jpg

多くの連中が早く来た理由のひとつがこの日の声優トークショーの抽選だ、オレは普通に外れたが…
展示内容は各マスターの道具やセイバー、ギル様の等身大フィギュアなどがあり、全て撮影自由だ。
途中には簡単なルート分岐があり、全ての展示をきっちり見るためには再入場しなければならない。

34468675_1799564560_5large.jpg 34468675_1799564558_172large.jpg

34468675_1799564556_219large.jpg 34468675_1799564487_236large.jpg

各サーヴァントの使う宝具も展示してあったが、キャスターとアサシンの宝具は今回初めて見たね。
キャスターの魔導書は本当に不気味だった、アサシンの仮面の方はみんな楽しそうに付けていた。
エクスカリバーやセイバー・モータード・キュイラッシェはこの手の展示では定番になってきた感じだ。

34468675_1799564483_221large.jpg 34468675_1799564475_253large.jpg

34468675_1799564355_51large.jpg 34468675_1799564352_138large.jpg

会場内で今回一番行列が出来ていたポイントがギル様の愉悦部屋だ、ここに座って撮影が出来る。
逆にほとんど一緒に撮影する人がいなかったのがさくらの蟲部屋、雁谷のおじさんの凄さが分かる。
最後に聖杯を見てから原画展示コーナーへと繋がっていく、展示鑑賞時間は賞味30分くらいだった。

34468675_1799564350_117large.jpg 34468675_1799564347_94large.jpg

34468675_1799564338_164large.jpg 34468675_1799564332_152large.jpg

しかしオレにとって本当に厳しかったのはここからだった、コラボメニューの待機列が半端なかった。
コラボメニューを注文するために列に並んだ時間は何と2時間半!さすがにこれはきつかったわ。
しかも大判焼きに至っては注文後更に2時間かかるという…オレは運よくすぐにもらう事が出来たが。

34468675_1799564250_116large.jpg 34468675_1799564245_230large.jpg

コラボメニューを食べた後に会場へ再び行ってみると行列は全く無かった、やっぱり朝だけだったか。
再入場して全ての展示物を見て、物販で愉悦麻婆豆腐を買って撤収…すでに時間は15時過ぎだ。
会場にいた5時間のうち4時間が待ち時間、コラボメニューのためとはいえ非常にきつい時間だった。

                 34468675_1799564225_148large.jpg


人気ブログランキングへ

アニメ感想 中二病でも恋がしたい! 第1話 他(2012年10月9日)

  • 2012/10/11(木) 23:37:12

◎中二病でも恋がしたい! 第1話
とにかく中二病描写が非常に痛々しいw、二人の設定が黒龍や邪眼に偏り過ぎている気もするが。
そんな子なのに六花が小動物っぽくて可愛いい、今後も新たな中二病患者が現れるのだろうか。
勇太の過去がばれての鬱展開とかにはならないで欲しいな、内容よりも可愛い子で萌える作品だね。
34468675_1794202454_40large.jpg 34468675_1794202452_102large.jpg

34468675_1794202434_180large.jpg 34468675_1794202418_153large.jpg

◎ジョジョの奇妙な冒険 第1話
まさか今この作品がアニメ化されるとは思わなかったが、波紋時代が好きなオレは非常に嬉しい。
作中に効果音の字幕を入れたのは凄いな、1部の子供時代をテンポよく一気に駆け抜けた感じだ。
ディオの声が子安に合わない気がするがそのうち慣れるだろうね、名ゼリフ盛り沢山の1話だった。
34468675_1794202960_109large.jpg 34468675_1794202957_143large.jpg

34468675_1794202953_74large.jpg 34468675_1794202935_220large.jpg

◎武装神姫 第1話
始まってすぐに思い出したのがエンジェリック・レイヤーだ、武装神姫の視点から見た作品なんだな。
神姫がかなり人間っぽく描かれていて可愛いが、マスター達人間側の描写の方は少なくなりそうだ。
戦闘はなかなか良かったと思う、とりあえず身の回りの世話までしてくれる神姫が欲しくなったよ。
34468675_1794202408_19large.jpg 34468675_1794202397_166large.jpg

34468675_1794202391_226large.jpg 34468675_1794202386_245large.jpg

◎絶園のテンペスト 第1話
追放された魔法使いの姫君・葉風が、妹の仇を討つため彼女と契約した少年を指示して戦う話かな。
主人公の吉野はその復讐劇に巻き込まれるわけだが、彼の立ち居地は今後どうなっていくんだろう。
葉風がひょうひょうとしていていいキャラだね、真広の妹・愛花が殺された秘密は明かされるのかな。
34468675_1794202505_212large.jpg 34468675_1794202488_25large.jpg

34468675_1794202482_156large.jpg 34468675_1794202460_112large.jpg

○お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 第1話
とにかくAパートの秋子の残念な妹っぷりが半端なかった、まるで中妹がそのまま続いているようだ。
Bパートで何の説明もなく3人ヒロインが追加されたが、彼女達については今後説明されるのだろう。
よくあるハーレム系ラブコメだが主人公は好意を知っててもそれをかわすタイプだね、まあ様子見か。
34468675_1794203057_24large.jpg 34468675_1794202978_28large.jpg

34468675_1794202974_249large.jpg 34468675_1794202971_6large.jpg

○K 第1話
オサレっぽいアニメだね、ただあまりにも男性キャラが多すぎて乙女ゲーのような雰囲気がする。
主人公の社がどんな人物なのかはまだよく分からない、あとネコが擬人化される理由もありそうだ。
水晶を覗き見るアンナは可愛かった、弁当を持って社を追っていた菊理はヒロインになれるのかな。
34468675_1794203110_196large.jpg 34468675_1794203101_193large.jpg

34468675_1794203068_232large.jpg 34468675_1794203064_86large.jpg

○BTOOOM! 第1話
リアルボンバーマンのような展開だったな、主人公の竜太がクズ人間過ぎて全く可哀相に思えない。
現実社会から追い出された連中が集められている感じだが、中には望んで参加したヤツもいそうだ。
バトルロワイヤルのような世界だが、そんな中でラストに出たヒロインと共闘とかになっていくのかな。
34468675_1794203260_176large.jpg 34468675_1794203256_14large.jpg

34468675_1794203192_88large.jpg 34468675_1794203127_147large.jpg

○ひだまりスケッチ×ハニカム 第1話
まあ良くも悪くも今まで通りのひだまりスケッチだった、過去作品が好きなら間違いなく楽しめる。
個人的にはそこそこ好きな作品なんだが、その内容はいつも見終わった後に全く残っていない。
今後も特に感想らしい感想は出てこないかもしれないなあ、空気のように何となく見ているアニメだ。
34468675_1794202833_189large.jpg 34468675_1794202818_163large.jpg

34468675_1794202804_109large.jpg 34468675_1794202697_109large.jpg

○ハヤテのごとく!CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU 第1話
ハヤテのTVシリーズも今回で3期目、安定しているとも言えるが惰性になってきたとも言えると思う。
今回はそれなりに面白かったが、原作を読んでいない人にとっては千桜やルカがピンとこないだろう。
基本はオリジナル展開で進むようだね、まあ期待し過ぎずにまったりと見ていく事になるだろうなあ。
34468675_1794202876_168large.jpg 34468675_1794202867_210large.jpg

34468675_1794202849_53large.jpg 34468675_1794202842_1large.jpg

○リトルバスターズ! 第1話
原作をやったファン達からは結構好評のようだが、個人的にはそれほど面白いとは感じなかった。
ただ全体の楽しい雰囲気は伝わってきたし、この手の作品は後半で一気にスパートがかかるしね。
次回以降の日常パートがもっと楽しめるといいんだけどなあ、とりあえず最後まで見ていく予定だ。
34468675_1794202572_34large.jpg 34468675_1794202544_127large.jpg

34468675_1794202537_183large.jpg 34468675_1794202526_112large.jpg

△バクマン。3 第1話
最終章としてスタートしたが亜豆がらみの話はいまいち盛り上がらない、仕事断っちゃ駄目だろ^^;
そんな中で相変わらずカッコイイのが新妻エイジだ、彼を越えるなんてそう簡単に出来ないだろう。
どうせ恋愛話をやるなら蒼樹紅の話の方が見たいよ、とりあえず次回以降は熱い展開を期待したい。
34468675_1794202928_218large.jpg 34468675_1794202908_115large.jpg

34468675_1794202899_238large.jpg 34468675_1794202896_249large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○ソードアート・オンライン 第14話


人気ブログランキングへ

ミュージカル「らき☆すた≒おん☆すて」感想

  • 2012/10/10(水) 23:04:15

 34468675_1794202691_121large.jpg
先日鷲宮の土師祭に行った際、一生懸命宣伝をしていたらき☆すたミュージカルを見に行ってきた。
キャストは一般オーディションで決めたという「らき☆すた≒おん☆すて」、非常に駄目臭がする。
当初は全く行く予定は無かったが、たまたま某所で招待券をもらったので無料ならと行く事になった。

34468675_1794202689_222large.jpg 34468675_1794202676_147large.jpg
会場は東映ヒーローのステージでお馴染みの東京ドームシティ内のシアターGロッソという劇場だ。
700人くらい収容出来る劇場だが、土曜日の昼のステージでも客入りは2、3割といったところだった。
オレが行った時は客入りが厳しかったが、その後は口コミでだんだんと客が多くなっていったそうだ。

 34468675_1794202615_8large.jpg
キャストは無名と言えども事務所に所属しているアイドル達なので、素人っぽさはさすがに無かった。
内容は、らきすたメンバーが文化祭に向けてダンスの練習をしたり、カードバトルをしたりする展開だ。
区切りであきらが登場してお馬鹿をやるという構成だ、もちろんメインキャストには持ち歌があった。

34468675_1794202610_44large.jpg 34468675_1794202583_215large.jpg
この公演は鉄子の部屋のような形式で日替わりゲストが来るんだが、この日は無名アイドルだった。
やはり次の日の大葉健二が見たかった、それでも無料で見るなら十分楽しいミュージカルだと思う。
さすがに6,800円は高いが5,000円くらいなら行っていいと思えた、女の子達は一生懸命やっていたよ。

34468675_1794202579_119large.jpg


人気ブログランキングへ

ゆるゆり・アイドルマスター・TIGER&BUNNYコラボメニュー

  • 2012/10/09(火) 23:04:58

34468675_1790370297_196large.jpg 34468675_1790370294_213large.jpg

34468675_1790370292_196large.jpg 34468675_1790370286_130large.jpg
いつものようにコラボメニューを食べにグッ鉄カフェやナンジャタウンに行ってきたんで、そのレポを。
まずはグッ鉄カフェ、最近までこの間行った初音ミク以外にゆるゆり、アクセル・ワールド、ソードアート・オンラインと開催していたが、今後も4作品のコラボを同時に行うという方向でやっていくのだろう。

34468675_1790370278_144large.jpg 34468675_1790370276_147large.jpg

34468675_1790370270_1large.jpg 34468675_1790370268_93large.jpg

34468675_1790370266_152large.jpg
ヤマKさんやそーよしさんと行った時に、SAOの缶バッジ引換券を持って行き忘れたのは痛かった。
ゆるゆりコラボは五目ご飯の割高感が半端なかったな、ミルキィの監獄メニューを彷彿とさせたよ。
\アッカネーン/のデザートセットはクラゲパンツがシュール過ぎるw、無論おぱんちゅは回収だ!

34468675_1790370262_192large.jpg 34468675_1790370260_237large.jpg

34468675_1790370256_124large.jpg 34468675_1790370254_251large.jpg
ナンジャタウンでは8月からTIGER&BUNNYコラボを継続中だが、9月にコラボメニューが一新された。
今回のメニューは個人的に気に入ったものが少なく、ロックバイソンと折紙メニューのみ食べてきた。
劇場版公開に伴うコラボだが、この時点ではまだそれほど盛り上がっている感じではなかったな。

34468675_1790370247_225large.jpg 34468675_1790370244_254large.jpg

34468675_1790370241_33large.jpg 34468675_1790370238_200large.jpg

34468675_1790370236_75large.jpg 34468675_1790370235_158large.jpg
また22日にはアイドルマスターのコラボもスタート、コラボメニューはタイバニよりも力が入っていた。
ネタ的に笑ったのが千早のデザートの720円という値段だね、牛乳も付いていて千早いぢめが酷いw
ナンジャは今月からまどかマギカのコラボもスタートしたし、またぼったくられに行く事になりそうだ。


人気ブログランキングへ

アニメ感想 神様はじめました 第1話 他(2012年10月5日)

  • 2012/10/08(月) 21:09:31

◎神様はじめました 第1話
住むところが無くなってしまったのに奈々生に悲壮感が全くないね、こういう明るい女の子は好きだ。
とにかくテンポが良くて見ていて楽しかった、ヒロインも可愛かったが鬼切と虎徹コンビも良かったな。
あまり恋愛メインにして欲しくないところだけど少女マンガ原作だしどうかなあ、とりあえず期待したい。
34468675_1790370225_137large.jpg 34468675_1790370223_238large.jpg

34468675_1790370222_76large.jpg 34468675_1790370218_190large.jpg

○新世界より 第1話
序盤から能力で人が死にまくったり、田舎の里で暮らす不思議な子供達などホラーな雰囲気がいい。
ひぐらしやAnother、屍鬼のような作品は大好きなんで、個人的にはそういった方向に進んで欲しい。
まだ設定については全く明かされていないが掴みは悪くなかったし、このまま見続けていこうと思う。
34468675_1790370234_218large.jpg 34468675_1790370232_97large.jpg

34468675_1790370227_182large.jpg 34468675_1790370226_83large.jpg

○となりの怪物くん 第1話
雫とハルの関係が一気に進み過ぎた感じだが原作もこうなのかな、ハルの性格はまだ掴めないな。
人付き合いの苦手な二人の恋愛模様が中心になるんだろうね、そこに金髪が絡んでくるんだろう。
1話の段階では普通の少女漫画展開で新鮮味は無かったが、とりあえずもう少し様子を見てみるよ。
34468675_1790370312_32large.jpg 34468675_1790370309_30large.jpg

34468675_1790370306_68large.jpg 34468675_1790370302_59large.jpg

○謎の彼女X OVA 第1話
原作の9巻に同梱されたOVAの第1巻、テレビシリーズと同様に卜部と椿がいちゃいちゃする話だ。
ゲストキャラでディスコミュニケーションの戸川と松笛が登場するが、知らない人には意味不明だね。
すでにラブラブ状態になっている二人なんで、卜部の可愛さを久々に堪能したい人にはいいと思うよ。
34468675_1790370351_48large.jpg 34468675_1790370347_149large.jpg

34468675_1790370345_91large.jpg 34468675_1790370342_156large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
○宇宙兄弟 第26話
○キングダム 第18話
○トータル・イクリプス 第14話
○仮面ライダーウィザード 第5話


人気ブログランキングへ

映画「TIGER&BUNNY -The Beginning-」感想

  • 2012/10/07(日) 21:28:40

         34468675_1790370338_70large.jpg
先日会社帰りに新宿で劇場版TIGER&BUNNY-Beginning-を見てきたが、7割くらい女性客だった。
始まった当初はここまで女性層にうけるとは思わなかったなあ、企画側もそうだったみたいだしね。
テレビシリーズは明らかに2期を見越したラストだったが、劇場版はどういった作りにするのかな。

34468675_1790370329_141large.jpg
内容は、ベテランヒーローのワイルド・タイガーと新人ヒーローのバーナビーが対立しながら事件を解決していくという説明もいらない展開だが、今回の犯罪者は劇場版オリジナルで手ごわい能力者だ。
ヒーロー同士の仲が決して良くない頃の話で、後のヒーロー達の結束を思うと少し懐かしくなったな。

34468675_1790370327_2large.jpg 34468675_1790370323_23large.jpg
全く相容れない二人だが、どちらかというと虎徹の方がバーナビーを徐々に理解していく感じだった。
個人的には虎徹と友恵との回想シーンが印象に残ったね、そして何といってもパオリンの可愛さだw
今回はバーナビーの過去は明かされず、ウロボロスの件も含めまだ物語の序章といった感じだった。

34468675_1790506926_180large.jpg 34468675_1790370315_81large.jpg
単純な総集編じゃなくてなかなか面白かった、それにしても折紙先輩の役立たずっぷりは何なの^^;
来秋に続編が決定しているが、このペースでは次作でTVシリーズのラストまで行く事はなさそうだ。
続編は完全に展開を変えるのか、あるいはそれ以降もまだまだ続ける気なのか気になるところだね。


人気ブログランキングへ

東京スカイツリー観光 最上部へミクと共に

  • 2012/10/04(木) 23:14:48

34468675_1787989904_226large.jpg
2012年5月に展望台として開業した東京スカイツリー、未だにチケットを買うにはかなり時間がかかる。
しかしそこは東京に住んでいるという地の利をいかして、あまり待ち時間もなく入場する事が出来た。
開場の8時より15~30分早く行き、天望デッキからすぐに展望回廊まで行けば8時半には最上階だ。

34468675_1787989900_52large.jpg 34468675_1787989877_89large.jpg

34468675_1787989858_195large.jpg 34468675_1787989854_67large.jpg
展望デッキまでならネットの時間指定で入場も可能だが、500円高いうえに先まで予約でいっぱいだ。
そこから展望回廊へ行くには改めてチケット購入になるんで、結局9時以降は1時間くらい待たされる。
そういった諸々の待ち時間を経ずに最上階に着いたんで、気分はいいし見晴らしもいいし最高だ!

34468675_1787989850_103large.jpg 34468675_1787989838_4large.jpg

34468675_1787989832_63large.jpg 34468675_1787989829_235large.jpg
とにかく時間を忘れてミクとの記念写真を撮りまくったね、天気は狙い通り快晴で絶好の撮影日和だ。
しかしさすがに観光地だけあって一人で来ている人は見かけなかったな、やはりミクが居て良かった。
結局1時間以上は展望回廊で撮影していたかな、展望デッキへ降りた時はすでに9時半過ぎだった…

34468675_1787989823_104large.jpg 34468675_1787989805_122large.jpg
展望デッキへ戻ってきたオレはスカイアイスを食べたり、透明な床から下を見たりして楽しんできた。
さすがにレストランでの食事は高すぎて止めておいたよ、ここまでにそこそこお金を使うわけだしね。
実際展望デッキまでは2,000円、展望回廊へ行くにはさらに1,000円と結構お金がかかるからなあ。

34468675_1787989801_139large.jpg 34468675_1787989799_103large.jpg
ひと通り見て回ってから地上まで降りてきたが、その頃にはすでに入場整理券が配布されていた。
ついでにソラマチタウンを見て回ったがこっちも人が多いね、ラーメンの六厘舎も1時間待ちだった。
驚いたのは売店の品揃えだね、各テレビ局ごとの売店がありけいおんグッズなんかも充実している。

34468675_1787989792_74large.jpg 34468675_1787989776_170large.jpg

34468675_1787989769_117large.jpg 34468675_1787989764_66large.jpg
東京スカイツリーを出たオレは歩いて浅草方面へ向かい、駒方どぜうで柳川なべを食べる事にした。
その後はじょしらく&ももクロコラボ中の浅草演芸場へ、痛人力車が並ぶ光景は壮観だったなあ。
浅草の有名店のどら焼きとお土産を買ったオレは、人力車に乗る事もなく家路へと着くのであった。

34468675_1787989756_169large.jpg


人気ブログランキングへ

アニメ感想 じょしらく 第13話 他(2012年10月2日)

  • 2012/10/02(火) 23:46:38

◎じょしらく 第13話(終)
今期安定して楽しませてくれた作品だ、最終回もやりたい放題過ぎて放送出来ないネタもあったとか。
今回はとにかくウザンヌのウザさが際立っていたな、秋葉原ネタに関しては少し大人しめだったかな。
寄席の舞台を写しながら終わっていく演出が良かった、難しいかもしれないが2期もやって欲しいね。
34468675_1787989918_149large.jpg 34468675_1787989913_250large.jpg

34468675_1787989909_224large.jpg 34468675_1787989907_60large.jpg

○戦国コレクション 第26話(終)
どんな武将が登場するのか、どんなネタをやるのかなど毎回趣向をこらしていて非常に面白かった。
最終回は今までの全キャラのその後を見せてくれたBパートが良かった、見てきた甲斐があったね。
当初は全く期待していなかったが大きく化けてくれた作品だったと思う、新たなキャラで2期も見たい。
34468675_1787989700_36large.jpg 34468675_1787989698_146large.jpg

34468675_1787989695_9large.jpg 34468675_1787989661_2large.jpg

○貧乏神が! 第13話(終)
周りの人間を省みない市子が成長していく様は良かったな、嵐丸が登場してさらに良くなったと思う。
ジャンプ系アニメという事でジャンプパロを使いまくりだったが、それが異常に良く出来ていて笑った。
原作のストックも結構あるらしいし2期は普通にやるだろうね、まずは原作付属のOVAとか出しそうだ。
34468675_1787989657_113large.jpg 34468675_1787989652_130large.jpg

34468675_1787989648_142large.jpg 34468675_1787989645_253large.jpg

○DOG DAYS’ 第13話(終)
1期で不評だったシリアス要素を廃し、最後までまったりと楽しい世界を貫いたのは正解だったと思う。
ただあまりにキャラが多すぎて個々の描写が薄くなった感もある、特にナナミはそんな感じだった。
代わりにベッキーやクーベルはかなり恵まれていたね、またそのうちまったりと3期も始まりそうだな。
34468675_1787990131_231large.jpg 34468675_1787990019_141large.jpg

34468675_1787990016_32large.jpg 34468675_1787990015_40large.jpg

○ココロコネクト 第13話(終)
作品の内容以外の部分で話題になってしまったのは残念だが、最後まで結構面白かったと思う。
原作が終わってない事もあって彼らが何に巻き込まれているのかは不明のままだが、仕方ないか。
今後14話以降の製作も予定されているが、そこに繋げるための最後の終わり方は不穏だったな…
34468675_1787989964_36large.jpg 34468675_1787989960_78large.jpg

34468675_1787989955_45large.jpg 34468675_1787989951_191large.jpg

○この中に1人、妹がいる! 第12話(終)
登場する女の子がビッチ揃いだと視聴者に言われた作品だが、最終的には本当の妹は判明したな。
個人的には柚璃奈の黒さが好きだね、淫乱シュークリームは最後までメインヒロインっぽく無かった。
妹は判明したがヒロインを選択しないハーレムエンドで終わらせた感じだ、そこそこ楽しめたかな。
34468675_1787989944_125large.jpg 34468675_1787989930_197large.jpg

34468675_1787989927_218large.jpg 34468675_1787989925_210large.jpg

○境界線上のホライゾンII 第13話(終)
点蔵と傷アリのエピソードは今回でひと段落した感じだ、宗茂と��に関してもきれいに納まったかな。
戦闘はホライゾンの大砲よりも二代の強さの方が印象に残ったね、相変わらずよく動いていたよ。
ただどんどんストーリーには置いてかれているわ…多分新キャラも多く出たし3期もあるんだろうな。
34468675_1787989754_178large.jpg 34468675_1787989715_37large.jpg

34468675_1787989710_152large.jpg 34468675_1787989706_69large.jpg

△恋と選挙とチョコレート 第12話(終)
中盤くらいまでは結構面白かったんだが、千里メインの話になってから一気に盛り下がっていった。
せっかくあれだけヒロインがいるんだからもう少し上手くやれなかったか、色々ともったいない作品だ。
もう少し選挙を中心にしても良かったと思うんだが、まあ根本的に千里エンドではどうにもならないか。
34468675_1787989644_178large.jpg 34468675_1787989642_76large.jpg

34468675_1787989640_119large.jpg 34468675_1787989637_64large.jpg

△カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ 第13話(終)
最初うちは盛り上がったんだがどうにも戦闘描写がいまひとつだった、ヒロイン達は可愛いんだが。
ただそれなりに無難にまとめてはいたんで気に入った人も結構いると思う、アテナも可愛かったしね。
キスアニメだと思って見ればまた感想も違ってくるかもしれない、いっその事ラブコメ中心だったらな。
34468675_1787990012_114large.jpg 34468675_1787990004_18large.jpg

34468675_1787989974_202large.jpg 34468675_1787989969_80large.jpg

 その他のアニメの最新話評価
◎ソードアート・オンライン 第13話
○エウレカセブンAO 第22話


人気ブログランキングへ

歴代刑事ドラマ考察

  • 2012/10/01(月) 00:50:58

今回ラストを迎えた踊る大走査線、この作品は今までの刑事ドラマの中でも最も売れたシリーズだ。
最近ではめっきり減った刑事ドラマだが、それでもこのジャンルはドラマの王道で途切れる事は無い。
歴代の人気作品の推移を見ると、時代によって製作される作品の内容が変わっているのが分かる。
34468675_1783689397_176large.jpg 34468675_1783689392_206large.jpg

34468675_1783689390_215large.jpg 34468675_1783689388_208large.jpg
刑事ドラマの走りでもあるGメン‘75や特捜最前線は刑事課全体が集団で事件解決にあたる作品だ。
その流れは太陽にほえろや西武警察にも続いていくが、ここでガラッと変わるのが解決の手段だ。
地道な捜査で犯人を追う作品から、拳銃を撃ちまくり爆発も起きる石原軍団の作品が主流となった。

34468675_1783689386_242large.jpg 34468675_1783689384_72large.jpg
凶悪犯と常に戦い殺伐とした展開が続けば、次第に力を抜いた刑事ドラマも見たくなるというものだ。
そんな中人気があったのがコメディのトミーとマツ、そしてコメディ色が強めのあぶない刑事だった。
踊る大走査線は系統としてコメディとシリアスが同居したあぶない刑事の流れを汲んだものだと思う。

34468675_1783689380_16large.jpg 34468675_1783689379_41large.jpg

34468675_1783689375_103large.jpg 34468675_1783689373_28large.jpg
その後は拳銃を普通に撃ちまくる刑事に現実味がなくなったのか、人情物へと作品がシフトする。
今まで刑事ドラマを見ていた層が、はぐれ刑事やはみだし刑事で癒される年代になったのだろう。
そして今、刑事ドラマの主流は古畑任三郎や相棒のように事件の推理を楽しむような作品となった。

34468675_1783689371_73large.jpg 34468675_1783689366_127large.jpg
そういった一般的な刑事ドラマの枠外として、スケバン刑事や宇宙刑事シリーズも忘れられない。
人気アイドル達を生み出したスケバン刑事、人気が再燃した宇宙刑事ギャバン、共に名作だった。
今後、踊る大捜査線や相棒の次に大ヒットする刑事ドラマがどんなタイプになるのか楽しみだな。


人気ブログランキングへ