FC2ブログ

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 7thLIVE TOUR Special 3chord♪ Glowing Rock! レポ

  • 2020/03/04(水) 20:11:37

   
デレマス01
幕張、名古屋と紡がれたアイドルマスターシンデレラガールズの7thライブツアーも遂にラスト。
会場は大阪の京セラドーム、オレがここに来るのは20年前の新日本プロレスの興行以来だ。
幕張はコミカル、名古屋はダンスがコンセプトとなっており、最後の2daysのテーマはロックだ。

デレマス02
https://idolmaster.jp/blog/?p=77423
セットリスト 1日目
https://idolmaster.jp/blog/?m=20200216
セットリスト 2日目
両日とも1曲目は「ガールズ・イン・ザ・フロンティア」、そしてデレマス史上初めての生バンド!
序盤から「オウムアムアに幸運を」や「Gaze and Gaze」といった初披露曲もあり油断出来ない。
アコースティックコーナーでは2日間で4曲披露されたが特に「エヴリデイドリーム」は感動した。

デレマス03 デレマス04
ソロ曲は両日入れ替わっているが、生バンドで演歌「おんなの道は星の道」というのも面白い。
「アンデッド・ダンスロック」などノリのいい曲ではステージから炎が上がり、本当に熱かったわw
個人的には「双翼の独奏歌」と「Trinity Field」は涙腺に来たね、照れる真礼たそが可愛かった。

デレマス05 デレマス06
終盤で印象的なのは初日が島村卯月の「HOT LIMIT」、さすがにはっしーの衣装は普通だね。
そして強烈だったのが2日目の星輝子の「X」、会場が真っ赤に燃え上がりオレも叫びまくった。
演者の松田颯水がアップになった時マイクが震えていたが見事に「紅だー!」と叫んでくれた。

デレマス07
こうして最高に熱い2日間が終わり7thライブツアーも終了、何とか6公演全通する事が出来た。
そんな中でもこの2日間は最高に熱い内容だったと思う、そして今年9月のライブ開催も決定。
まだ日時も会場も発表されていないけど、3chordの節目となりそうだしぜひ行きたいところだ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

リスアニ!ライブ2020 レポ

  • 2020/02/28(金) 01:19:32

   
リスアニ01
今年は2days開催となったリスアニ!ライブ、参加アーティスト数は3daysだった去年と同じだ。
そのため曲数が減らされるのではという心配もあったが、終わってみれば完全に杞憂だった。
日本武道館改修のため会場は幕張イベントホール、今年は会場の問題が常に付いて回るね。

リスアニ02 リスアニ03
リスアニ04 リスアニ05
https://www.livefans.jp/events/1215545
セットリスト
2daysのスタートは藍井エイルでさすがのパフォーマンスだった、「MEMORIA」はやっぱりいい。
May’nは選曲が良かったね、小倉唯は新曲の「I・LOVE・YOU!!」がライブ映えするし可愛い!
ClariSは初めてライブ後のインタビューに答えていたけど、更にファンが増えるんじゃないかな。

リスアニ06

リスアニ07 リスアニ08
今回のライブで個人的に一番見たかったのはアイマス765PROだ、セトリはほぼ予想通りだが。
それでも765PROがそこに居てくれるだけで満足だった、8月の単独2daysライブ行きたいなあ。
テンションが最高潮になったのはTrySailで初っ端から盛り上がったね、スフィアも楽しかった。

リスアニ09 リスアニ10
そんな多くの人気アーティストの中で強烈な光を放っていたのが、2日間でトリをとった二組だ。
リスアニからfripSideへ感謝を伝えた特別映像は良かったね、そして最高だったのがLiSAだ。
紅白の舞台を踏んでさらに高みに登ったと思う、さすがリスアニライブと思える2日間だったよ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

Afterglowスペシャルイベント いつも通りの放課後デイズ レポ

  • 2020/02/20(木) 21:02:35

   
アフグロ01
Bang Dream!のライブには何度も行っているが、最も生歌を聴く機会が無いのがAfterglowだ。
2018年1月のガルパライブ2日目で歌ってはいるが、オレはその時は初日にしか行けなかった。
それ以降ボーカル美竹蘭を演じるあやねるが人前で歌う事は無く、そのまま今に至っている。

アフグロ02
今回はそんなAfterglowが初めて5人揃うイベント「いつも通りの放課後デイズ」に参加してきた。
アニメや楽曲の収録の際も5人別々に録るそうなので、集まった所を見られただけでも嬉しい。
あやねるが歌に自信が無い事もあるが、ステージで歌うのは5人揃った時と決めていたらしい。

アフグロ03
5人のトークとドラマパートが終わった後はゲスト5人が加わり、さらにワチャワチャしていった。
そしてファンが誰もが望みつつも無いかなと思っていたAfterglowのライブ、盛り上がったなあ。
歌ったのは2曲だったけど無い可能性もあったしね、特に「Y.OL.O!!!!!」は全員ノリノリだったよ。

アフグロ04
前日Roseliaのライブでは家虎問題が起きたけど、トーク中心だからかこの日は大人しかった。
「えいえいおー!」の掛け声で目立とうとする人も居なかったし、あやねるもご満悦だったね。
西武ドームでは5人揃うか分からないけど、その日にはもっと多くのアフグロの曲が聴きたい。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

LoveLive! Series 9th Anniversary ラブライブ!フェス レポ

  • 2020/02/08(土) 01:34:15

   
34468675_2323575771_11large.jpg
ラブライブシリーズの9周年記念で開催されたラブライブ!フェス、そして再び集結したμ's。
発表されてから多くの意見があったし、ファイナルで終わって欲しかったという気持ちも分かる。
それでもスクフェス内でμ'sはずっと続いていたし、後に続いたAqoursもずっと頑張ってきた。

34468675_2323575770_58large.jpg

34468675_2323575769_235large.jpg 34468675_2323575768_46large.jpg
https://music-setlist.hatenablog.jp/entry/2020/01/19/160000_1
セットリスト
だからこそ想いがひとつとなるこの景色が見たかったし、もう一度μ'sに会えるのは嬉しかった。
デビュー曲「僕らのLIVE 君とのLIFE」から始まりトロッコでメドレー、そして「Snow halation」へ。
自然と涙が溢れてきた…スノハレは多くのカバーを聴いてきたけどやっぱりμ'sの曲なんだよ。

34468675_2323575766_71large.jpg 34468675_2323575764_250large.jpg
34468675_2323575763_96large.jpg 34468675_2323575762_133large.jpg
ラブライブが続いているのはAqoursの功績も本当に大きい、今回もAqoursファンは多かった。
Aqoursとしてだけではなくユニットでの活動も増えてきているし、かなり大変じゃないかと思う。
ユニットではSaint Snowのパフォーマンスが最高だった、虹ヶ先はともりるが圧倒的だったな。

34468675_2323575761_150large.jpg
μ'sのFinal Liveから4年、もう当時のようなパフォーマンスは出来ないだろうし望んでもいない。
それでも改めて「μ'sic Forever」と伝えてくれた9人には感謝しかない、正にいまが最高だった。
新プロジェクトも決まって今後どういった動きがあるかは分からないけど、盛り上がるといいな。

34468675_2323575760_186large.jpg


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

「魔法少女リリカルなのは」15周年記念イベント リリカル☆ライブ レポ

  • 2020/01/31(金) 21:52:22

   
なのは01
「魔法少女リリカルなのは」の放送から15年、今回初めてライブのみのイベントが開催された。
放送当時は「とらいあんぐるハート」のスピンオフで、プリティサミーと同じイメージで見ていた。
CCさくらと比較され批判された事もある、そんな中で独自の方向性で人気作品となっていった。

なのは02

なのは03 なのは04
https://www.livefans.jp/events/1218167
セットリスト
その過程で深く繋がっていった声優陣の絆を感じたね、特にゆかりんと奈々からは強く感じた。
初めて制作発表が行われた時は取材が少なくて、どうしようと不安だったという話は印象的だ。
そんな二人が一緒に歌っている姿は尊かった、奈々の楽曲に怯えるゆかりんには笑ったね。

なのは05 なのは06
なのは07 なのは08
前半がキャラソンで後半が主題歌・挿入歌という構成は分かりやすくて、大いに盛り上がった。
はやて一家が勢揃いしたのも貴重だったな、新旧リインフォースが揃うのは最初で最後かも。
小倉唯が歌った「Vivid Strike!」関連曲の反応が薄かったのは、ファン層が違うからなのかな。

なのは09
ストライカーズの面々は井戸端会議みたいなノリだったね、彼女達だけ完全に同窓会だった。
15年という長い時間、業界からひとりとして欠けることなく集まれたのは本当に凄い事だと思う。
劇場版も終わりひと区切りかと思ったら新プロジェクトが発足、まだまだ楽しませてくれそうだ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

新日本プロレス WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム レポ

  • 2020/01/14(火) 22:26:58

   
新日本01
初代タイガーマスクでプロレスファンとなったオレにとって、プロレス=新日本プロレスだった。
ただそれは小学生の頃で、その後はデスマッチからアメプロ、格闘技まで幅広く見始めた。
もう何年も新日を見に行っていないオレだが、それでも東京ドーム大会への思い入れは強い。

新日本02 新日本03
今回獣神サンダー・ライガーの引退が決まり、数年ぶりに新日本プロレスを観戦する事にした。
初日には、新日と同じブシロード傘下となった女子プロレス「スターダム」の試合も行われた。
新日のリングで女子プロレスが見られる時代になるとは…個人的にはどんどん絡んで欲しい。

新日本04 新日本05
初のドーム2days興行だったが、そのせいで初日の結果がある程度読めてしまうのは問題だ。
古いプロレスファンのオレは過去の流れから今後の展開を予想し、結果を読んで見てしまう。
でも今の若いファンは純粋に強い方が勝つと一喜一憂しながら見ていた、それは正しい姿だ。

新日本06 新日本07
個人的には2日目の棚橋vsクリス・ジェリコがベストバウトだ、二人の技術が素晴らしかった。
両日見た感想は、客入りは初日の方が良かったが2日目のメインが一番盛り上がったと思う。
その後にKENTAを乱入させて会場の一体感を消した采配は、今の新日の自信の現れだろう。

新日本08
ライガーの引退試合を見届けられたのは良かったね、最後まで彼らしく普段通りに戦っていた。
他団体時代のジュニアをまとめた、ライガーのプロデューサーとしての手腕も素晴らしかった。
新しいファンを開拓した新日にはもうオレの居場所は無いかもしれないけど、いつかまた行こう。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

堀江由衣 LIVE TOUR 2019 文学少女倶楽部 レポ

  • 2020/01/07(火) 07:56:20

   
堀江01
ほっちゃんにとって2015年の「堀江由衣をめぐる冒険V」以来となるライブが決定、ライブツアーとしても7年ぶりとなる今回ツアータイトルは新アルバムの 「文学少女の歌集」から付けられた。
7年前のツアーや冒険Vも行ったしフェスでも見ていたが、やはり単独ライブは気持ちが昂るね。

堀江02
https://www.livefans.jp/events/1170954
セットリスト
オレは4公演のうち大宮初日と名古屋公演に参加、ツアーに複数回参加するのは久しぶりだ。
今回の公演は当然アルバム曲中心で、それ以外にいくつか歌ってくれるくらいだと思っていた。
ところが2曲目でいきなり「ヒカリ」が、そのまま「LOVE DESTINY」を聴き今日は違うと確信した。

堀江03 堀江04
また1曲目は「春夏秋冬」でスタートし、公演全体は四季のコーナーで割り振った選曲となった。
もちろんアルバム曲も歌ってくれたが、それ以上に鉄板曲の多いベストライブのようなセトリだ。
また幕間映像は、文学少女たちが謎解きをする「氷菓」のような映画の予告編というノリだった。

堀江05
17年振りの生バンドでのライブという事もあり、ほっちゃんのメンバーいじりも面白かったね。
そしてアンコールでは「For フルーツバスケット」を披露、これは誰にも予想出来なかったと思う。
最初から最後まで想像を大きく超える楽しいライブだったなあ、最高のライブ締めとなったよ。



愛知公演で十兵衛ちゃん2のED曲「心晴れて 夜も明けて」が聴けたのは本当に嬉しかった。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

See-Saw LIVE ~Dream Field 2019~ レポ

  • 2019/12/22(日) 10:14:26

   
シーソー01
See-Sawが活動を休止してから13年、その後梶浦由記と石川智晶はソロで活動し続けてきた。
オレは当時も梶浦ソングが好きだったので、ノワールや.hackの曲はかなり聴きまくっていた。
もちろんSee-Sawも好きだったが、生で聴く機会はおそらく無いんだろうなとずっと思っていた。

シーソー02
https://www.livefans.jp/events/1168006
セットリスト
そんな二人が一夜だけ再結成しライブを行うという、オレとしては何としても聴きたいライブだ。
二人がやり残したひとつアルバム「Dream Field」のライブ、今回のコンセプトはそこにあった。
1曲目の「優しい夜明け」から二度と聴けないかもという想いを胸に、全力で音楽を楽しんだ。

シーソー03

シーソー04 シーソー05
トークパートは交互に語る形式だったが、二人のスタンスや思い出など興味深い話ばかりだ。
バンドメンバーも豪華なミュージシャンばかりで、とにかく音の全てが重厚なコンサートだった。
終盤の「記憶」から「君がいた物語」のパートでは、こみ上げてくるものを抑えられなかったね。

シーソー06
多くの人に知られるきっかけとなったガンダムSEEDの二曲も披露され、大いに盛り上がった。
自分たちの趣味で久しぶりに組み楽しんだ二人は、またそれぞれの活動に戻っていくのだろう。
また一緒にライブをやる事は無いかもしれないけど、フェスとかにはたまには出て欲しいなあ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」 感想

  • 2019/12/16(月) 07:35:01

   
ナウシカ01
歌舞伎役者の尾上菊之助が五年越しで公演にこぎつけた新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」、初めてこのニュースを聞いた時はかなり驚いたがどんな舞台になるのか非常に興味があった。
7巻に及ぶ原作のストーリー全てを昼の部・夜の部通しで舞台化、休憩含め約8時間の公演だ。

ナウシカ03
オレは昼夜の通し券を確保して観劇に向かったが、観客の95%くらいは女性客だったと思う。
開幕はアレンジされた映画のテーマ曲に合わせて紗幕の向こうに腐海をイメージした舞台美術や巨大な王蟲の抜け殻が登場、蟲の描写が非常によく出来ていて幻想的な光景だった。

ナウシカ04 ナウシカ05
役者はもちろん男性なのだが、クシャナ役の中村七之助は凛々しくてイメージピッタリだった。
一般的に知られる金色の野に降り立つまでは昼の部の序盤で、むしろそれ以降の方が長い。
昼の部では舞台に水槽を使ったシーンもあり、全員水浸しになりながら演じたのは凄かった。

ナウシカ06
登場人物やストーリーはきちんと原作準拠になっていて、実写版のナウシカとも言えると思う。
この作品のセリフ回しが歌舞伎に合ってるというのは面白い発見だった、よく作りこんだなあ。
戦闘やガンシップなどの大道具も含め、原作未読だと昼の部の方が楽しめるんじゃないかな。

ナウシカ07
菊之助が2日前の公演で骨折をしたため、メーヴェの飛行シーンなどが無くなったのは残念だ。
それでも公演が中止にならなかっただけでも良かった、菊之助のナウシカ愛が伝わってきたよ。
映画館での上映も決定したし興味を持った人は行ってみては、ただあくまでも歌舞伎だからね。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

Roselia×RAISE A SUILEN合同ライブ「Rausch und/and Craziness」 レポ

  • 2019/12/11(水) 21:08:09

   
ロゼ01
今回参加したライブはBanG Dream!の2バンド“Roselia”と“RAISE A SUILEN”の合同ライブだ。
ライブ名は「Rausch und/and Craziness」、バンドリの中でも曲の強い2組だけに期待度も高い。
オレが行ったのは2日目だが、初日の漏れ聞こえてくる声はどれも満足感に満ちたものだった。

ロゼ02
https://www.livefans.jp/events/1160847
セットリスト
この日は前日と変わりRASからのスタート、「Invincible Fighter」で一気に会場も爆上げだ。
以前は前座として登場する事も多かったが、気が付けばRoseliaとためを張るほどになった。
RASの曲だけでなくAfterglowの「Y.O.L.O!!!!!」を歌ったり、他バンドの曲を披露出来るのも強い。

ロゼ03

ロゼ04 ロゼ05
もうひとつRASのライブで印象に残ったのが楽器のソロパートだ、特にドラムは凄かったね。
そんな熱い前半が終わり幕間はいつも通りの面白ネタ映像、中の人のお馬鹿っぷりが楽しい。
雰囲気が落ち着いたところで後半のRoseliaがスタート、初っ端の「Legendary」でぶち上がる。

ロゼ06
次々と襲い来る熱い曲の熱波は、「熱色スターマイン」と「FIRE BIRD」で最高潮に狂い咲いた。
最後は両バンドが揃っての「R・I・O・T」と「BLACK SHOUT」、合同ライブならではの光景だった。
そして来年には待ち望んだ全バンド集結の合同ライブが決定、何としても西武ドームへ行くぞ!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ANIMAX MUSIX 2019 YOKOHAMA レポ

  • 2019/12/04(水) 21:36:31

   
アニマ01
今回行って来たライブは「ANIMAX MUSIX 2019」の横浜アリーナ公演、毎年恒例のライブだ。
神戸公演は時間を短縮して2日間に分けられたが、この日はガッツリ5時間の長丁場となった。
それでこそANIMAX MUSIXだ、参加アーティストも多いし何だかんだで行けば毎回楽しい。

アニマ02
https://www.livefans.jp/events/1195031
セットリスト
この日も強かったのは様々なコーナーやアーティスト同士のコラボ曲だ、一番の見所だしね。
まずは「真赤な誓い」、そしてプリパラからアイカツへのメドレーでテンションも一気にアップ。
少年サンデー特集では、halcaが歌った神のみ中川かのんの「ハッピークレセント」が良かった。

アニマ03 アニマ04
スタァライト九九組がゾンビランドサガのOP曲「徒花ネクロマンシー」歌ったのは驚いたなあ。
シークレットは声優の富田美憂が登場、デビュー曲の放課後さいころ倶楽部のOPを披露した。
大橋彩香と三森すずこがゆゆゆの「ホシトハナ」を歌ったのも印象的だ、続編のアニメ化まだ?

アニマ05 アニマ06
コラボ曲のラストを飾ったのはGRANRODEO×畠中祐が歌う「紅蓮の弓矢」、これは熱かった。
ライブ締めはfripSideの超電磁砲メドレー、fripはANIMAX MUSIXと育ってきたイメージが強い。
これぞアニソンフェスのあるべき姿と思うくらい楽しいライブだったね、最後まで盛り上がったよ。

アニマ07


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

アイドルマスター シンデレラガールズ 7thLIVE TOUR Special 3chord♪ Funky Dancing in 名古屋ドーム レポ

  • 2019/11/28(木) 22:23:06

   
デレ名古屋01
9月の幕張公演からスタートしたデレマスの7thライブツアー、今回はナゴヤドームで2daysだ。
今回のコンセプトは「Funky Dancing!」という事で、ヒップホップのノリを押し出した公演となった。
オープニングも、ちひろさんがラップ調で注意事項をアナウンスするという演出からスタートだ。

デレ名古屋02
https://gdaymatee.com/music/deremas7th-nagoya/
セットリスト
開幕はDJぴにゃとキャスト33名の「ミラーボール・ラブ」でスタート、巨大ミラーボールが光る。
今回は「輝く世界の魔法」や「Flip Flop」、「メッセージ」など、Remixバージョンが多かったね。
新キャストの2人が懸命に歌っている姿も印象深い、MCではキャラへの想いも伝えてくれた。

デレ名古屋03 デレ名古屋04
初披露の楽曲も多かったが特に会場がざわついたのが「バベル」の演出だ、歓声が凄かった。
そして2日間で最大のサプライズとも言えるDJ KOOの登場と、そこからの「EZ DO DANCE」!
2日目に到っては終盤のDJコーナーで再登場して、TRFの楽曲まで披露するのだから驚いた。

デレ名古屋05 デレ名古屋06
ラストは4周年曲「TRUE COLORS」からの「お願い!シンデレラ」、こうして公演は幕を閉じた。
当日券が販売され心配されたナゴヤドーム公演、蓋を開けてみればギッシリ埋まっていたね。
終わってみれば非常に満足度の高い2日間となった、このまま大阪ドーム2daysに乗り込むぞ!

デレ名古屋07


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」3rdスタァライブ “Starry Diamond” レポ

  • 2019/11/25(月) 21:23:42

   
レヴュスタ01
2017年に発表され舞台やアニメなどのメディアミックスでファンを増やしてきた「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」、今回の3rdスタァライブ "Starry Diamond"の会場は早くも横浜アリーナだ。
2ndライブではTV版で使用されたレヴュー曲を殺陣を演じながら歌ってくれたのが印象深い。

レヴュスタ02
https://aniuta.co.jp/contents/274356
セットリスト
今回は、アプリゲームに登場している聖翔音楽学園以外の3校も集まる豪華なライブとなった。
第1部はスタァライト九九組単独のライブで「舞台少女心得」からスタート、他の仕事で間に合わなかったみもりんが予定より早く「Fly Me to the Star」で合流した瞬間は大歓声が起きたよ。

レヴュスタ03 レヴュスタ04
第1部は途中にMCを一切入れず、何と1時間半ぶっ続けで歌い続けるという驚きの構成だった。
第1部終了後に20分の休憩を挟んで第2部がスタート、シークフェルト音楽学院、凛明館女学院、フロンティア芸術学校が交互に曲を披露してくれてが、強い曲が多くて皆高まっていたね。

レヴュスタ05
アルバム「ラ・レヴュー・エターナル」の混成で歌うレヴュー曲は各校の殺陣が見事だったよ。
個人的には、2ndライブで聴けなかった「Circle of the Revue」がやっと生で聴けて嬉しかった。
来年には総集編&新作アニメの制作も決定、ラストソング「Star Divine」はずっと飛んでいた。

レヴュスタ06
挨拶では仲間の絆を感じたみもりんが流した涙が尊かったな、九九組全員の成長を感じたね。
しかし一気に規模が大きくなってきたなあ、とりあえず来年の新作舞台は何とか見に行きたい。

レヴュスタ07


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

スフィア 10th anniversary Live tour 2019 “A10tion!” in 幕張イベントホール 2日目 レポ

  • 2019/11/18(月) 23:21:14

   
スフィア01
今回参加したライブはスフィアの結成10周年記念ライブツアー「A10tion!」、その最終公演だ。
新しいアルバム「10s」を引っ提げて9公演、今年2月に活動再開してからは本当に精力的だ。
あやひの結婚や美菜子のイギリス留学など話題も多く、来年は全曲ライブも決定している。

スフィア02
https://www.livefans.jp/events/1085443
セットリスト
ライブは10sのリード曲「Music Power→!!!!」からスタート、初っ端に相応しい綺麗な曲だと思う。
そこからは4人それぞれがリードボーカルを務める曲を披露し、会場も一気に温まっていった。
ソロコーナーでは、好きなシンフォギアXVのED曲「Lasting Song」が聴けたのも嬉しかったな。

スフィア03 スフィア04
スフィアのライブではお馴染みのコント劇では、CAのアナウンスをほっちゃんが担当、そしてこの日だけのサプライズで宮野真守がパイロットの声を充てていてファンもかなり驚いていたね。
劇はデビュー時にタイムスリップする内容で、「Future Stream」が聴けるとは思わなかった。

スフィア05
ルーレットで決めた日替わり曲「キミが太陽」も個人的に好きだし、終盤は飛びまくっていたよ。
最後は「LET・ME・DO!!」で締め、10sの曲を中心としたいつも通り楽しいスフィアのライブだった。
まだまだ続ける気満々だし、おもしろベテラン声優アイドルユニットを今後も応援していきたい。

スフィア06


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ClariS LIVE Tour 2019 ~libero~ in Zepp Tokyo 2日目 レポ

  • 2019/11/11(月) 19:10:17

   
クラリス01
今回参加したのはClariSのライブツアー「libero」、そのファイナルとなるZepp Tokyo公演だ。
当初の開催日は台風19号の影響で中止となったが、すぐに振替公演が決まったのは凄い。
振替日はちょうど天皇即位の行事で祝日だったので、特に調整する必要なく行けて良かった。

クラリス02
https://ranking.zonosite.com/2019/09/28/post-3583/#1022_Zepp_Tokyo
セットリスト
ClariSのライブは物語仕立てで表現していく事が多いが、今回のコンセプトはLIBERO(自由)。
ダンス講座を開催して一緒に踊ったりグッズを手渡しされたりと、ファンも自由に楽しんでいた。
アコースティックではカレンちゃんのデビュー曲「Clear Sky」を披露、二人とも感慨深そうだ。

クラリス03
ClariSの二人がステージ上でいつも以上に自由に歌っている姿は、本当に楽しそうだったね。
ラストはオレ妹のOP曲「reunion」で締め、"君とまた物語が始まるの"とファンへ伝えてくれた。
泣いている顔を見たくないので笑顔の絶えないステージにしたいと言っていたのが印象深い。

クラリス04
二人の気持ちはもちろん、スタッフの絶対にやるという意気込みを感じられたライブだったよ。
「ROCK! LINK! BEAT!」をテーマとした来年のツアーも決定、また新しいClariSが見られそうだ。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

バンダイナムコエンターテインメントフェスティバル レポ

  • 2019/11/08(金) 07:44:30

   
バンナム01
先日バンダイナムコのアイドル、楽曲提供アーティストが集結した「バンダイナムコエンターテインメントフェスティバル」が東京ドーム2daysで開催され、オレもその両日を見に行ってきた。
アイマスシリーズを中心に作品の枠を越えたアーティストが共演し、大いに楽しませてくれた。

バンナム02 バンナム03
https://ranking.zonosite.com/2019/10/19/post-3940/
セットリスト
初日はアイマスSideMやテイルズといった女性向けコンテンツがメインで、女性客も多かった。
ガンダムSEEDを代表して歌ったTMRの西川兄貴はさすがのパフォーマンスで盛り上がったね。
それでもこの日の主役はやはりSideMの315プロの面々だ、男性ファンもついてるのが大きい。

バンナム04

バンナム05 バンナム06
オレにとっての本番は何と言っても2日目、タイトルの垣根を超えアイドルがこの場に集まった。
初っ端は765ASが「READY!!」を披露、この日は次に何が飛び出してくるか分からない仕様だ。
ゼノグラシアの楽曲が歌われたのは良かったね、当時は叩かれたが再評価してみるべきでは。

バンナム07

バンナム08 バンナム09
デレマスは「Star!!」、そしてミリマスは何と「Welcome!!」が1曲目、ここで来るとは思わなかった。
シャニマスは大きな会場での初お披露目という感じで、各ユニットが熱く可愛く歌ってくれたね。
とにかくシャニマスは曲が強い、今までCDでしか聴けなかったけど生で聴いて改めて思ったよ。

バンナム10 バンナム11
バンナム12 バンナム13
そんなアイマス勢に負けない輝きを放ったのが、ラブライブサンシャイン代表のGuilty Kissだ。
初披露曲も含め全6曲、確実にアイマスPも虜にしたし彼女たちを召喚したのは大正解だった。
アイカツもソロ曲まで歌ってくれてアイカツおじさんも大歓喜、ワンダーモモイも懐かしかった。

バンナム14
2日間ともにほとんどの曲に作品の映像が流れていたから、より思い入れが上がるんだよね。
そしてその2日間を引っ張っていたのはやはり765ASだと思う、そしてアイマスは来年15周年だ。
今回は“あの大切な言葉”をとっておこうと話した繪里子さん、その日は必ず来ると願っている。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

早見沙織 Special Live 2019 “CHARACTERS” レポ

  • 2019/11/01(金) 07:51:43

   
はやみん01
今回参加したのは、早見沙織が演じてきたキャラクターにスポットを当てたキャラソンライブだ。
はやみんの歌唱力は誰もが認めるところで、4月に見に行ったライブも素晴らしいものだった。
その歌唱力から、最近では歌うキャラだからキャスティングされたのではと思われるくらいだ。

はやみん02
https://ranking.zonosite.com/2019/10/16/post-3848/
セットリスト
ライブは赤髪の白雪姫の主題歌「やさしい希望」からスタート、いきなりキャラソンじゃないなw
キャラソンとしては、二曲目のSTAR DRIVERのワコが歌う「木漏れ日のコンタクト」が最初だ。
個人的に聴きたかった曲のひとつなので嬉しかったな、キャラソン以外も結構歌っていたね。

はやみん03 はやみん04
はやみん05 はやみん06
イカロスや結、あやせ、ハクアの曲は刺さるファンが多くて周りですすり泣く声も聞こえてきた。
ずっとソロ曲を歌っていたので、「secret base ~君がくれたもの~」は意外な選曲で驚いた。
新曲も含めて全19曲、他にも聴きたいキャラソンはあったけど権利関係が難しいんだろうな。

はやみん07
覆面系ノイズ、俺ガイル、魔法科、よりもい、そしてデレマスの高垣楓などは聴きたかったなあ。
まあ無理なのは分かっていたけど過剰に期待してしまったかも、もちろんライブは楽しかった。
こういったコンセプトのライブは他のアーティストにもやって欲しいね、はやみんに感謝したい。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

D4DJ 2nd LIVE -Nonstop Night- レポ

  • 2019/10/23(水) 06:56:06

   
D4DJ01.png
DJをテーマにしたブシロードの新たなプロジェクト「D4DJ」、今回その2ndライブに行って来た。
昼の部「Day Party」はユニットの紹介が中心で、オレの行った夜の部はライブがメインだった。
最初からそのつもりで夜の部を選んだが、やはり昼の部とは大きく盛り上がりが違ったようだ。

D4DJ02.jpg D4DJ03.jpg
https://www.4gamer.net/games/456/G045645/20191015112/
セットリスト
現在5つのユニットが活動しており、この日は各ユニットがオリジナル2曲とカバー3曲を披露。
雰囲気はアニクラ的なノリなので選曲が大事だが正直弱かった、もちろん良い曲もあったが。
昭和アニソンや一般曲が悪いとは言わないが、客層を考えればもう少し選びようがあると思う。

D4DJ04.jpg
オリジナル曲は良いだけにもったいない、そういう意味ではまだまだこれからのコンテンツだ。
そんな中で愛美がメインをはるPeaky P-keyの盛り上がりは凄かった、トリだけの事はある。
Merm4idのセクシー路線もいいね、個人的にはHappy Around!の西尾夕香の成長に乾杯だ。

D4DJ05.jpg
5つのユニットそれぞれに属性があるのはバンドリに近い、そして早くも新ユニットが決まった。
ただバンドリやレヴュスタに並ぶコンテンツになるかは分からない、アニメ化するかどうかかな。
それでもHARUCA改めおゆちゃんが羽ばたいて行く姿を見たいので、応援はしていきたいね。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

劇団四季「ライオンキング」 感想

  • 2019/10/21(月) 19:41:55

   
ライオン00
昔から気になっていたミュージカル、劇団四季の「ライオンキング」をようやく見に行ってきた。
日本では1998年からロングラン公演が続いており、劇団四季を代表する演目になっている。
ちなみにオレが劇団四季のミュージカルを見に行くのは、「オペラ座の怪人」以来数年ぶりだ。

ライオン01
そもそもオレが今作に興味を持ったのは、2000年の「めちゃイケ」企画で岡村が出演した時だ。
そして今年映画「ライオンキング」を見てストーリーを把握し、ようやく見に行く決意が出来た。
大井町にある劇場に到着してみると修学旅行生でいっぱいで驚いた、平日は学生が多そうだ。

ライオン02 ライオン03
舞台はやはり初っ端の楽曲「サークル・オブ・ライフ」が始まるところで、一気に惹きこまれた。
ライオンキングを見に来たと感じた瞬間だ、そして赤子のシンバが掲げられる有名なシーンへ。
ステージの床が空いて崖がせりあがってきたのは凄かったな、宝塚劇場でも見た仕掛けだ。

ライオン04 ライオン05
シンバ役の子とスカーの憎めない悪党っぷりが印象に残ったね、ハイエナダンスも良かった。
「し~んぱ~いないさ~!」のシーンも含めよく見かける場面や楽曲も次々に出てきて楽しい。
そして演じている俳優の鍛えぬいた体と身体能力、そして歌唱力、全てが合わさっての舞台だ。

ライオン06
やはり舞台やミュージカルは楽しいなと改めて感じたよ、今回は最高峰の舞台のひとつだしね。
冬にはアナ雪の公演も決まっているし、またタイミングが合えば四季ミュージカルを見に行こう。


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

大橋彩香 5th Anniversary Live ~ Give Me Five!!!!! ~ レポ

  • 2019/10/10(木) 22:01:50

   
大橋01
今回参加したライブは「大橋彩香 5th Anniversary Live ~ Give Me Five!!!!! ~」、彼女のアーティストデビュー5周年記念ライブで会場はパシフィコ横浜、昨年5月以来の単独ライブとなる。
今回のライブは市販のペンライトは使用禁止で、この日販売したものだけが使用可能だった。

大橋02
https://ranking.zonosite.com/2019/09/29/post-3604/
セットリスト
開演時には彼女のデビューの軌跡を辿るMV映像を流していたので、一気に盛り上がったな。
ライブは変好きのオープニング曲「ダイスキ。」からスタート、まず可愛いはっしーから登場だ。
その後アコースティックで聴かせてくれたり、かっこよくダンスしたりと色々な姿を魅せてくれる。

大橋03 大橋04
終盤は熱い曲の連発で会場も熱狂、特に鉄板曲「ワガママMIRROR HEART」は凄まじかった。
スクリーン映像などを使う演出も多くて面白かったね、パフォーマンスも格段に向上していた。
ライブ中に会場内を動画で撮ってツイートしたりと、はっしーも心から楽しんでいるようだった。

大橋05
アンコール時には念願のフライングを達成出来たが、どう見ても吊られてるだけだったなあw
「3rdフルアルバム」の制作も決定したし、来年は新しいアルバムを引っ提げてのライブだね。
ただ物販など運営の問題もあったようだし、ペンライトの件も含めその辺は改善して欲しいな。

大橋06


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村